IT 認定とキャリアパス

350-050 CCIE Wireless

CCIE Wireless 筆記試験

試験番号 350-050 CCIE Wireless
試験終了予定日:2015年9月13日
関連資格 CCIE Wireless
試験時間 120 分 (90 - 110 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

Cisco CCIE® Wireless 筆記試験(350-050)バージョン 2.0 は 80 〜 110 問で構成される 2 時間の試験です。この試験では、ワイヤレス エンジニアが複雑なエンタープライズ WLAN ネットワークの計画、設計、導入、操作、トラブルシューティングに必要な専門知識を備えていることを認定します。

試験の内容

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 25%     1.0   802.11 ワイヤレス テクノロジーの
                       計画および設計

      • 1.1   WLAN の組織および規制
         
      • 1.2   IEEE 802.11 規格およびプロトコル
         
      • 1.3   ワイヤレス セキュリティの概念とプロトコル
        • 1.3.a   L2/L3/L4 のトラフィック制限
        • 1.3.b   管理アクセスの制限
        • 1.3.c   レイヤ 2/3 のセキュリティ
        • 1.3.d   WPS、MFP および NAC
           
      • 1.4   ワイヤレス ソリューション要件の計画および設計
        • 1.4.a   お客様の要件に基づいたサービスと設計の
                      推奨事項の作成
        • 1.4.b   あいまいさと情報ギャップの特定
        • 1.4.c   導入されている IP ネットワーク インフラストラクチャ
                     およびテクノロジーと比較した、提案されているテクノロジーの
                     相互運用性の評価
        • 1.4.d   導入モデルの提案
           
      • 1.5   RF プランニング
        • 1.5.a   事前サイト調査のタスクおよび目標の定義
        • 1.5.b   サイト調査の実施
        • 1.5.c   AP の数量、配置、アンテナ タイプの決定
        • 1.5.d   RF 運用モデルの立案
          • 1.5.d (i)   無線リソース管理(自動 RF、手動、ハイブリッド、
                             TPC、および DCA)
          • 1.5.d (ii)   チャネルの使用(レーダーおよびその他の Wi-Fi 以外の
                             干渉)
          • 1.5.d (iii)   出力レベル、オーバーラップ
             
        • 1.5.e   既存の RF 環境の監査および最適化
           
        • 1.5.f   屋内および屋外向けの RF 設計
           
  • 7%     2.0   WLAN をサポートする L2/L3
                      ネットワーク インフラストラクチャの
                      設定およびトラブルシューティング

      • 2.1   WLAN をサポートする有線インフラストラクチャの設定および
                  トラブルシューティング
        • 2.1.a   VLANs
        • 2.1.b   VTP
        • 2.1.c   STP
        • 2.1.d   Etherchannel
        • 2.1.e   HSRP
        • 2.1.f   VSS
           
      • 2.2   ネットワーク インフラストラクチャのキャパシティ プランニング
         
      • 2.3   さまざまなデバイスのネットワーク接続性の設定および
                  トラブルシューティング
        • 2.3.a   WLAN クライアント
        • 2.3.b   スタンドアロン WLC
        • 2.3.c   統合型 WLC
        • 2.3.d   Lightweight APs
        • 2.3.e   自律 AP
           
      • 2.4   AP への PoE の設定およびトラブルシューティング
         
      • 2.5   スイッチング インフラストラクチャの QoS の設定および
                  トラブルシューティング
         
      • 2.6   スイッチング インフラストラクチャのマルチキャストの設定および
                  トラブルシューティング
         
      • 2.7   IPv4 の基本接続の設定およびトラブルシューティング
        • 2.7.a   サブネット化
        • 2.7.b   スタティック ルーティング
        • 2.7.c   基本的な OSPF
        • 2.7.d   基本的な EIGRP
           
      • 2.8   IPv6 の基本接続の設定およびトラブルシューティング
        • 2.8.a   サブネット化
        • 2.8.b   スタティック ルーティング
           
      • 2.9   有線セキュリティの設定およびトラブルシューティング
        • 2.9.a   ACL
        • 2.9.b   dot1x と MAC フィルタリング
  • 14%     3.0   インフラストラクチャ アプリケーション
                       サービスの設定および
                       トラブルシューティング

      • 3.1   DNS、DHCP、NTP、syslog、SNMP の設定およびトラブルシューティング
         
      • 3.2   AAA サーバ インフラストラクチャの設定およびトラブルシューティング
        • 3.2.a   クライアント認証
        • 3.2.b   管理認証
        • 3.2.c   dot1x および WebAuth の PKI 基本設定
           
  • 7%     4.0   自律型導入モデルの設定および
                      トラブルシューティング

      • 4.1   管理アクセスの設定およびコントロール
         
      • 4.2   ネットワーク サービスの設定およびトラブルシューティング
        • 4.2.a   NTP
        • 4.2.b   syslog
           
      • 4.3   異なるモードやロールの設定およびトラブルシューティング
        • 4.3.a   ルート
        • 4.3.b   WGB
        • 4.3.c   ブリッジ
           
      • 4.4   SSID と MBSSID の設定およびトラブルシューティング
         
      • 4.5   セキュリティの設定およびトラブルシューティング
        • 4.5.a   L2 セキュリティ ポリシー
        • 4.5.b   アソシエーション フィルタ
        • 4.5.c   MFP
        • 4.5.d   ピアツーピア ブロッキング
        • 4.5.e   ローカル RADIUS
        • 4.5.f   dot1x プロファイル
           
      • 4.6   無線の設定およびトラブルシューティング
         
      • 4.7   IGMP スヌーピングの設定およびトラブルシューティング
         
      • 4.8   QoS の設定およびトラブルシューティング
         
      • 4.9   WDS(L2)の設定およびトラブルシューティング
         
      • 4.10   自律型から統合型へのアップグレード
         
  • 21%     5.0   統合型導入モデルの設定
                       およびトラブルシューティング

      • 5.1   管理アクセスの設定およびコントロール
         
      • 5.2   ネットワーク サービスの設定およびトラブルシューティング
        • 5.2.a   NTP
        • 5.2.b   SYSLOG
        • 5.2.c   DHCP
        • 5.2.d   DNS
           
      • 5.3   インターフェイスの設定およびトラブルシューティング
         
      • 5.4   ユニファイド AP の設定およびトラブルシューティング
        • 5.4.a   Dot1x
        • 5.4.b   ローカルで有効な証明書
        • 5.4.c   Office extend
        • 5.4.d   AP モード
        • 5.4.e   AP 認証および許可
        • 5.4.f   ハイ アベイラビリティ
        • 5.4.g   ロギング
        • 5.4.h   ローカルおよびグローバルの設定
           
      • 5.5   AP グループの設定およびトラブルシューティング
         
      • 5.6   WLAN の設定およびトラブルシューティング
        • 5.6.a   クライアントの除外
        • 5.6.b   ロード バランシング
        • 5.6.c   帯域選択
        • 5.6.d   パッシブ クライアント
        • 5.6.f   DHCP ポリシー
        • 5.6.g   マルチキャスト VLAN
        • 5.6.h   無線ポリシー
           
      • 5.7   H-REAP の設定およびトラブルシューティング
        • 5.7.a   ローカルの許可
        • 5.7.b   H-REAP グループ
        • 5.7.c   H-REAP ローカル スイッチング
        • 5.7.d   アドレス ラーニング
           
      • 5.8   無線の設定およびトラブルシューティング
        • 5.8.a   クライアント リンク
        • 5.8.b   出力
        • 5.8.c   チャネル設定
        • 5.8.d   アンテナ選択
        • 5.8.e   ビーコン
        • 5.8.f   データ レート
        • 5.8.g   チャネル ボンディング
        • 5.8.h   Cleanair
          • 5.8.h (i)   EDDRRM
          • 5.8.h (ii)   干渉物の検出
          • 5.8.h (iii)   電波品質
             
      • 5.9   RRM と自動 RF の導入
        • 5.9.a   国の選択
        • 5.9.b   CHD、DCA および TPC
        • 5.9.c   RF グループ
        • 5.9.d   プロファイル
           
      • 5.10   クライアントへのローカル DHCP サービスの導入s
         
      • 5.11   セキュリティの設定およびトラブルシューティング
        • 5.11.a   L2 セキュリティ ポリシー(IEEE 802.11i、スタティック/
                       ダイナミック WEP、MAC フィルタリングなど)
        • 5.11.b   AAA(WLC から RADIUS または LDAP)
        • 5.11.c   ローカル EAP 認証(ローカル ユーザ リストおよび
                       外部 LDAP)
        • 5.11.d   ピアツーピア ブロッキング
        • 5.11.e   L3 セキュリティ ポリシー(WebAuth およびパススルー)
        • 5.11.f   WPS 設定(IDS)
        • 5.11.g   ACL(インターフェイス、CPU および WLAN)
        • 5.11.h   NAC
        • 5.11.i   MFP
           
      • 5.12   モビリティの設定およびトラブルシューティング
        • 5.12.a   L2/L3 ローミング
        • 5.12.b   マルチキャストの最適化
        • 5.12.c   モビリティ グループのスケーリング
        • 5.12.d   リリース間コントローラ モビリティ グループ
           
      • 5.13   コントローラの冗長性とフォールバックの設定および
                   トラブルシューティング(AP とクライアント)
         
      • 5.14   有線とワイヤレス ゲストの設定およびトラブルシューティング
         
      • 5.15   マルチキャストの設定およびトラブルシューティング
         
      • 5.16   QoS の設定およびトラブルシューティング
        • 5.16.a   BW プロファイル(メタル)
        • 5.16.b   EDCA
        • 5.16.c   BW 制限
        • 5.16.d   ユーザごとの BW ロール
           
      • 5.17   メッシュの設定およびトラブルシューティング
        • 5.17.a   AP 許可
        • 5.17.b   BGN
        • 5.17.c   イーサネット ブリッジング
        • 5.17.d   シリアル バックホール
           
  • 12%     6.0   WCS の設定
                       およびトラブルシューティング
     

      • 6.1   管理アクセスの設定およびトラブルシューティング
        • 6.1.a   AAA
        • 6.1.b   仮想ドメイン
           
      • 6.2   NTP の設定およびトラブルシューティング
         
      • 6.3   基本運用の実行
        • 6.3.a   テンプレートおよびテンプレート グループの作成と導入
        • 6.3.b   フロア カバレッジ案の作成
        • 6.3.c   建物およびフロア マップの準備
        • 6.3.d   WCS へのコントローラの導入
        • 6.3.e   ハイ アベイラビリティ
        • 6.3.f   AP 配置
        • 6.3.g   ライセンス管理の理解
        • 6.3.h   メッシュ モニタリング
        • 6.3.i   監査
           
      • 6.4   メンテナンス操作の実行
        • 6.4.a   バックアップ
        • 6.4.b   WCS のアップグレード
        • 6.4.c   WLC のアップグレード
        • 6.4.d   MSE のアップグレード
        • 6.4.e   クライアントのトラブルシューティング
        • 6.4.f   AP 変換
        • 6.4.g   ロギング
           
      • 6.5   セキュリティ管理
        • 6.5.a   監査の設定
        • 6.5.b   不正の検出、分類、および管理
        • 6.5.c   アラート
        • 6.5.d   アラームとイベント
        • 6.5.e   セキュリティ インデックス
        • 6.5.f   IDS および WIPS
        • 6.5.g   RF 管理
          • 6.5.g (i)   RRM イベント
          • 6.5.g (ii)   Cleanair
        • 6.5.g   サービス レベル
           
      • 6.6   MSE の導入
        • 6.6.a   管理アクセスの設定およびトラブルシューティング
        • 6.6.b   ネットワーク サービスの導入
        • 6.6.c   メンテナンス操作の実行
           
  • 14%     7.0   WLAN サービスの設定
                       およびトラブルシューティング
     

      • 7.1  サービスの特性、機能、および制限の把握
         
      • 7.2   自律型導入の音声
        • 7.2.a   RF 設計上の考慮事項
        • 7.2b   VoWLAN をサポートするネットワーク インフラストラクチャの導入
        • 7.2.c   一般的な構成設定
        • 7.2.d   セキュリティ設定
        • 7.2.e   CAC
        • 7.2.f   音声導入の監査
           
      • 7.3   ユニファイド導入の音声
        • 7.3.a   RF 設計上の考慮事項
        • 7.3.b   VoWLAN をサポートするネットワーク インフラストラクチャの導入
        • 7.3.c   一般的な構成設定
        • 7.3.d   セキュリティ設定
        • 7.3.e   CAC
        • 7.3.f   音声導入の監査
           
      • 7.4   ビデオ
        • 7.4.a   RF 設計上の考慮事項
        • 7.4.b   VoWLAN をサポートするネットワーク インフラストラクチャの導入
        • 7.4.c   一般的な構成設定
        • 7.4.d   CAC
           
      • 7.5   コンテキスト認識サービス
        • 7.5.a   RF 設計上の考慮事項
        • 7.5.b   ロケーション
        • 7.5.c   通知
           
  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • 特になし

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから、日本語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム