IT 認定とキャリアパス

CCNP Cloud

CCNP Cloud 認定

高度なクラウドの知識とスキルを習得

Certification Listing

クラウドを採用することで、新しい役割と責任が求められるようになります。クラウド エンジニアには、プライベート、パブリック、およびハイブリッドの各クラウド モデルを操作し、Intercloud ソリューションを活用できるスキルが必要です。CCNP Cloud 認定はラボ ベースのトレーニングと認定を行うプログラムで、クラウド エンジニア、クラウド管理者、クラウド設計者、およびデータ センターで作業するアーキテクトを対象としています。このプログラムでは、クラウドおよび Infrastructure-as-a-Service の設計、プロビジョニング、自動化、および管理を行うために必要な知識とスキルが得られます。エンドツーエンドのクラウドおよび Intercloud の事例経験を持つ唯一の企業から習得してください。

認定条件

有効な CCNA Cloud 認定、またはいずれかの Cisco CCIE 認定が認定条件となります。

試験および推奨トレーニング *

試験 推奨トレーニング
300-460 CLDINF Implementing and Troubleshooting the Cisco Cloud Infrastructure (CLDINF pop up)
300-465 CLDDES Designing the Cisco Cloud (CLDDES)
300-470 CLDAUT Automating the Cisco Enterprise Cloud (CLDAUT)
300-475 CLDACI Building the Cisco Cloud with Application Centric Infrastructure (CLDACI)
※ 日本におけるトレーニングの開催予定につきましては、コース スケジュール pop up を参照してください。

Cisco Learning Network のリソース

ラーニング パートナーのコンテンツ

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Implementing and Troubleshooting the Cisco Cloud Infrastructure (CLDINF) 1.0

このコースを修了すると、クラウドサポートエンジニアは クラウドサービスプロバイダーにおいて クラウドインフラストラクチャを構築、運用、およびトラブルシューティングできるようになります。
» 詳しくはこちら popup
» コース スケジュール popup

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

300-460 CLDINF

The Implementing and Troubleshooting the Cisco Cloud Infrastructure (300-460 CLDINF) 試験では、物理および仮想データセンターを含むクラウド インフラストラクチャの設定、ストレージ インフラストラクチャと接続の実装、ネットワーク インフラストラクチャと接続の実装、コンピューティングの実装、クラウドのワークフローやアプリケーションのトラブルシューティング、インフラストラクチャ運用ドメインの識別を行うための知識と技能が問われます。

300-465 CLDDES

Designing Cisco Cloud Infrastructure (300-465 CLDDES) 試験では、クラウドと自動化プロセス設計への要件の変換、プライベート クラウド インフラストラクチャの設計、パブリック クラウド インフラストラクチャの設計とクラウド セキュリティ ポリシーの設計、仮想化および仮想ネットワーク サービスの設計を行うための知識と技能が問われます。

300-470 CLDAUT

Automating the Cisco Enterprise Cloud (300-470 CLDAUT) 試験では、プライベート IaaS のプロビジョニング、カタログ スケーリングを使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ネットワーク自動化を使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ハイブリッド IaaS のプロビジョニング、アプリケーションのプロビジョニングとライフサイクル管理を行うために必要な知識と技能が問われます。

300-475 CLDACI

Building the Cisco Cloud with Application Centric Infrastructure (300-475 CLDACI) 試験では、ACI のアーキテクチャ、ファブリック トポロジと物理トポロジ、ACI の設計と設定、ノースバウンド API を使用した APIC の自動化、ACI 統合、ACI の 2 日目の運用を行うための知識とスキルが問われます。

再認定

プロフェッショナル レベル (CCDP, CCNP Cloud, CCNP Collaboration, CCNP Data Center, CCNP Routing and Switching, CCNP Security, CCNP Service Provider, CCNP Wireless) のシスコ技術者認定の有効期限は 3 年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行の 642-XXX または 300-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の CCIE 筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験に合格
  • 現行の CCDE 実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

現在よりも上位レベルの認定に合格することで再認定を取得した場合、現在の認定の有効期限は、新たに取得した上位レベルの認定資格の有効期限と同じになります (たとえば、CCNA Routing and Switching 認定の有効期間が 1 年残っている状態で、CCIE 認定に合格した場合、CCIE 認定と CCNA Routing and Switching 認定の両方とも、CCIE の合格日から 2 年間有効となります)。「再認定を受けるには」 も合わせて参照してください。

シスコ技術者認定 CCNA CCNP CCIE 学習情報サイト シスコラーニングネットワーク

ご自身の情報を
ご確認ください

シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

トラッキング システム