IT 認定とキャリアパス

CCNA Service Provider

CCNA Service Provider 認定の概要

CCNA Service Provider 認定を取得する利点と要件を説明します。 [3:25、英語]

Certification Listing CCNA

Cisco Certified Network Associate Service Provider (CCNA® SP) は、サービス プロバイダー業界の最新のコア ネットワーキング テクノロジーやトレンドを重視した試験です。シスコの基本的なサービス プロバイダー向け次世代ネットワークを設定し導入する能力がテストされます。

認定条件

特にありません。

試験と推奨トレーニング

試験 推奨トレーニング
640-875 SPNGN1 popup Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks, Part 1 (SPNGN1)
640-878 SPNGN2 popup Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks, Part 2 (SPNGN2)
※ 日本におけるトレーニングの開催予定につきましては、コース スケジュール pop up を参照してください。
※ 更新された ICND1、ICND2、CCNA Composite 試験は、その他のシスコ アソシエイトレベル認定に適用できます。詳しくは アソシエイトレベル試験 ロジック ツール [英語] を参照してください。

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks, Part 1 (SPNGN1)

SPNGN1 コースでは、IP 次世代ネットワーク (IP NGN) アーキテクチャを学習します。サービスプロバイダーが最新の拡張性および信頼性の高いネットワークを構築するのに役立ちます。
» コース スケジュール popup

Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks, Part 2 (SPNGN2)

SPNGN2 コースでは、サービス プロバイダー ネットワークの構築やシスコ サービス プロバイダー IP NGN アーキテクチャに関する主要なコンポーネントについて学習します。
» コース スケジュール popup

自習教材

シスコ ラーニング ネットワーク

ラーニング パートナー コンテンツ

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

640-875 SPNGN1

「Building Cisco Service Provider Next Generation Networks(SPNGN1)Part 1」(640-875)はCCNA SP 認定に関連する試験です。この試験では、サービス プロバイダー ネットワークをサポートするために必要な基本知識とスキルが問われます。この試験は制限時間 90 分で 65 〜 75 問が出題されます。

640-878 SPNGN2

「Building Cisco Service Provider Next Generation Networks(SPNGN2)Part 2」(640-875)は、CCNA SP 認定に関連する試験です。この試験では、サービス プロバイダー ネットワークの導入とサポートに必要な知識とスキルが問われます。この試験は制限時間 90 分で 65 〜 75 問が出題されます。

再認定

CCNA Service Provider 認定の有効期間は3年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行のアソシエイト レベル試験の 1 つ (ICND1 試験を除く) に合格
  • 現行の 642-XXX または 300-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の 642-XXX シスコ スペシャリスト試験の 1 つ (Sales Specialist、MeetingPlace Specialist、Implementing Cisco Telepresence Installations [ITI]) に合格
  • 現行の CCIE 筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験に合格
  • 現行の CCDE 実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

現在よりも上位レベルの認定に合格することで再認定を取得した場合、現在の認定の有効期限は、新たに取得した上位レベルの認定資格の有効期限と同じになります (たとえば、CCNA Routing and Switching 認定の有効期間が 1 年残っている状態で、CCIE 認定に合格した場合、CCIE 認定と CCNA Routing and Switching 認定の両方とも、CCIE の合格日から 2 年間有効となります)。「再認定を受けるには」 も合わせて参照してください。

シスコ技術者認定 CCNA CCNP CCIE 学習情報サイト シスコラーニングネットワーク

ご自身の情報を
ご確認ください

シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

トラッキング システム