課題

  • 急激なビジネスの変化に IT システムが追従できない
  • アプリケーションごとのインフラ展開に時間がかかりすぎる
  • グループ会社ごとに類似の基幹システムがサイロ的に存在する

解決

  • オーケストレータ ソフトウェアと SDI 技術を活用し、アプリケーションの特性に合わせたネットワーク、サーバ、ストレージの総合的なインフラ運用を実現
  • 基幹システムの迅速な展開と効率的な運用をサポート

導入製品

効果

  • 急激なビジネスの変化にも対応でき、生産性が 30% 向上
  • 基幹システムの運用管理工数を約 40% 削減
  • 複数のグループ会社のシステムを共通基盤上で論理分割し、効率的な運用を実現

SAP システムの各テナント向け自動プロビジョニング

各テナントはサービス カタログを選択するだけで、SAP アプリケーションを含むシステムが自動的にプロビジョニングされます。また、Cisco ACI により、物理/仮想にとらわれず、ネットワークを含めたプロビジョニングが可能です。