概要

SDN コントローラと、それらが備える API を活用して、既存のネットワークでも自動化をはじめとする高機能化と運用管理のシンプル化を実現できます。

ポイント

  • 動的なサービスの追加や変更が可能になり、迅速なビジネス展開を支える IT インフラへ進化
  • 作業の自動化を促進し、業務の効率向上や、日常の運用管理にまつわる作業ミスの防止を実現
  • 既存のネットワーク資産(機器、運用)を活かしながら、新たな仕組みをリスクを最小限に抑えつつ追加可能
  • 無駄のないシステム投資、運用コストやアプリケーション開発にかかるコスト抑制を実現

運用イメージ

構成が複雑になっている既存のネットワーク環境でも、SDN プラットフォームを介在させることで自動化や効率化を実現し、アプリケーションからの簡便な利用が可能になります。成熟化したそれぞれの機能は、従来通り活用できます。