概要

アプリケーションの利用状況に応じて動的にネットワークの帯域制御を行い、通信品質を高い水準で保ちます。

ポイント

  • アプリケーションを問わずに利用可能ビデオ会議、Web 会議、音声通話、仮想デスクトップ(VDI)など
  • ユーザ側の設定や対応は一切不要
  • ネットワークの設計、構築段階における QoS の設定が不要設計の工数を減らして迅速な展開が可能に
  • ネットワーク全体で十分な帯域があれば、緊急時の有線制御などでも安定した通信を維持

対応製品

運用イメージ

  1. ビデオ会議が始まります(アプリケーションが起動します)。
  2. 呼制御サーバから SDN コントローラへ QoS のポリシー設定要求が送られます。
  3. ネットワーク上のスイッチ、ルータ各機器にビデオ通信の優先設定が自動適用されます。
  4. ユーザは最適な通信品質でビデオ会議を行えます。
  5. ビデオ会議が終了(アプリケーションを終了)すると、QoS ポリシーは自動的に元の状態に戻ります。