Cisco Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module(APIC-EM)は、高いオープン性とプログラマビリティを備え、ネットワーク構成の自動化とプロビジョニングの簡素化を促進します。

SDN におけるポイント:

【SDN テクノロジーを低リスクで導入】

  • 帯域制御(QoS)やセキュリティ構成、WAN プロビジョニングを大幅に簡素化
  • ネットワークのエンド ツーエンドで、セキュリティと脅威の修正を自動化
  • 通信パスの可視化により、ネットワークの迅速なトラブル シューティングを実現
  • オープン API とプログラマビリティにより、迅速なイノベーションを実現
  • 既存のインフラストラクチャをサポートし、コスト抑制、資産保護を実現
  • ネットワーク機能設定を意識させることなく、ポリシー ルールに基づいた構成展開が可能

【他の SDN コントローラとの連携】

  • Cisco Prime Infrastructure(PI)と連携したネットワーク装置のプラグ&プレイ
  • Cisco Identity Services Engine(ISE)と連携したポリシーを強化

製品概要

詳しくはこちら(Cisco.com/jpのページへ)

Cisco APIC-EM の役割

ネットワークの見える化で運用管理を大幅に簡素化

トポロジー マップを容易に見える化

通信経路も詳細に見える化パス トレースが容易

Cisco APIC-EM と Cisco Prime Infrastructure(PI)の違い

Cisco APIC-EM Cisco Prime Infrastructure(PI)
ポリシー コントローラ 機能制御コントローラ
上位 API の抽象度:高い 上位 API の抽象度:低い
ネットワーク機器の設定を意識させない ネットワーク機器の設定を意識する必要がある
アプリケーション開発者に比重を置いた設計 ネットワーク技術者に親しみやすい設計
アプリケーションとプラットフォームは分離 アプリケーションとプラットフォームは同一
スケール アウト アーキテクチャ
ネットワーク PaaS(Platform as a Service)

Cisco APIC-EM と Cisco APIC の位置づけ

Cisco APIC-EM が提供する価値

  1. ライセンス不要(無料でダウンロードできます)
  2. 既存製品もサポート
  3. 有線 LAN だけでなくワイヤレス LAN も対応
  4. 開発を必須としない検証済みパッケージ製品
  5. オープン アーキテクチャにより独自に拡張可能
  6. 高信頼性のアーキテクチャ:オートスケール、無停止機能追加
  7. バンドルされた豊富な無料アプリケーション(一部ラインセスが必要です)
    プラグ&プレイ 新規設置装置や交換用装置をリモート拠点に送って、現地でつなぐだけで設置を完了できる、ゼロ タッチ コンフィグを実現します。
    EasyQoS 装置の種類によって異なる QoS 仕様や設定を吸収し、一貫したポリシーを自動適用します。
    パス トレース ネットワーク内の 2 つのエンド ポイント間のパスの可視化とパス上の異常検査を実行します。 SDN を活用したリアルタイムなトラブル シューティングが可能になります。
    IWAN ポリシー ベースによる柔軟な管理を可能にするソフト ウェア定義型 WAN(SD-WAN)を実現します 。
    さらに、インターネットや複数プロバイダーの動的選択を可能にし、WAN 回線にかかるコストを最適化します。
    • DMVPN:ダイナミックなサイト間 VPN の構築
    • パフォーマンス ルーティング:複数の経路が存在する場合に、それぞれの経路の宛先までの通信時間を計測して、輻輳が少なくパフォーマンスの良い回線を判別し切り替える機能。アプリケーションごとにWAN回線の選択が可能
    • アプリケーションの最適化:WAN 経由のアプリケーションを高速化する WAAS(Wide Area Application Services)機能、Akamai 社との連携により、コンテンツをルータのストレージにキャッシュしてユーザの体感速度を向上する機能
    トポロジ
    ビジュアライザ
    ネットワーク デバイスを自動的に検出し、物理トポロジを簡単に可視化できます。