シスコネットワーキングアカデミー

よくある質問

各種お問い合わせは下記までお願いいたします。

Cisco Networking Academy プログラムに関する問い合わせ

シスコシステムズ合同会社
電話:03-6434-2450
E-Mail:jpacad@cisco.com

Cisco Networking Academy AC(Academy Connection)に関する問い合わせ

Networking Academy サポートデスク
オンラインでのサポートとなります(日本語対応)。
問い合わせ方法は下記をご覧ください(※AC にアカウントをお持ちの方以外はご利用いただけません)。

お問い合わせ方法(PDF - 79.8KB)

付加価値サービスに関する問い合わせ

Training Center Japan 事務局までお問い合わせください。

以下によくある質問をまとめました。お問い合わせの前にご一読ください。



アカデミーとは

Q: ネットワーキングアカデミーとはなんですか?
A: シスコネットワーキングアカデミーは、包括的にインターネット技術を学ぶ教育機関向けの CSR プログラムです。

Return to Top


Q: CSR とはなんですか?
A: CSR(Corporate Social Responsibility)の略でありシスコシステムズは、CSR の1つの柱として企業市民 (コーポレート・シチズンシップ)を掲げ、ワールドワイドレベルで「良き企業市民」となるための努力を続けています。
シスコシステムズのコーポレート・シチズンシップカウンシルは、弊社のビジネス活動を、社会的・倫理的視点や環境保護の視点に立って監督・指導し、継続的な改善を図るための取組みの1つとしてネットワーキングアカデミーをワールドワイドで展開しています。

Return to Top


Q: 費用はかかりますか?
A: 弊社のカリキュラムは、教育機関へ無料で提供されますが、本プログラムを実施いただく場合には TCJ(Training Center Japan)との契約や実習機器の購入・保守費用等一部は有料となります。

Return to Top


Q: 無料(カリキュラム)だけの利用は可能ですか?
A: カリキュラムのみの利用はできません、必ず TCJ との契約や実習機器の購入は必要となります。

Return to Top


Q: アカデミーを始めるためには何名の職員が必要ですか?
A: アカデミーを始めるためには、弊社および TCJ との連絡先となる LMC(リーガルメインコンタクト)およびインストラクターを用意いただく必要があります。

Return to Top


契約について

Q: LMC(リーガルメインコンタクト)とはなんですか?
A: 弊社および TCJ との契約および各種連絡事項に関するコンタクト先のことです。学習者のユーザー登録を行うことができます。

Return to Top


Q: LMC が異動してしまいましたどうすればよいですか?
A: 後任者は速やかに LMC の登録情報を変更してください。
AC(Academy Connection)上での変更作業は前任者が必ず行ってください。
その後 TCJ へ担当者が変更されたことを連絡してください。

Return to Top


Q: 契約内容はどのようなものですか。
A: 弊社と TCJ の両者との契約が必須です。
弊社との契約はコンテンツ利用およびアカデミー運営のポリシーに関する契約(Web ベース)を行っていただきます。
TCJ との契約(付加価値サービスに関する契約と呼びます)についても同様に行っていただきます。

Return to Top


Q: 付加価値サービスに関する契約とはなんですか?
内容について知りたいのですが。
A: TCJ 事務局へ直接お問い合わせをお願いします。

Return to Top


Q: TCJ 以外に付加価値サービスを提供している組織はありますか?
A: いいえ、付加価値サービスを提供できるのは TCJ のみとなります。

Return to Top


Q: 契約期間はいつからいつまでですか?
A: 弊社との契約は契約書に承諾いただいた日付より1年間となり年次に更新が必要です。
TCJ との契約については、直接 TCJ 事務局へお問い合わせください。

Return to Top


Q: 契約料はいくらですか?
A: TCJ との契約料については直接 TCJ 事務局までお問い合わせください。

Return to Top


Q: 複数年の契約は可能でしょうか?
A: 弊社との契約は年次の更新となり複数年の契約はできません。
TCJ との契約は TCJ 事務局へ直接お問い合わせください。

Return to Top




AC について

Q: Academy Connection とはなんですか?
A: シスコネットワーキングアカデミーユーザーの専用 Web サイトのことです。
サイト内にはカリキュラム、オンラインマニュアルおよびオンライン最終試験等のコンテンツが含まれます。

Return to Top


Q: ユーザー登録が必要ですか?
A: アクセスをするためにはユーザー登録が必要です。
学習者のアカウントの登録は LMC が行ってください。

Return to Top


Q: ユーザー名を忘れてしまいました。
A: ログインページから登録メールアドレスにユーザー名を送信できます。

Return to Top


Q: パスワードを忘れてしまいました。
A: ログインページから再設定が可能です。
その際には設定した秘密の質問に解答する必要があります。

Return to Top


カリキュラム全般

Q: どのようなカリキュラムが用意されていますか?
A: CCNA Discovery、CCNA Exploration、CCNP 等が用意されています。詳細はコースについてをご覧ください。

Return to Top


Q: カリキュラムは自由に選択できますか?
A: CCNA Discoveryがメインのカリキュラムとなります。
その他のカリキュラムは自由に選択いただけます。

Return to Top


Q: 各コース70時間でなければいけませんか?
A: 各コースとも最低でも70時間の授業を実施していただく必要があります。

Return to Top


Q: 授業の実施記録はどのように管理されますか?
A: 授業を実施する場合は必ず AC 上にクラスを作成してください。
クラスを作成することで学習者の成績管理ができるだけでなく認定試験の割引券の取得も可能になります。

Return to Top


Q: 成績管理はどのように行えますか?
A: オンラインの GradeBook(成績表)で学習者ごとに管理することができます。
出欠や単位管理等の教育機関ごとの管理は各校で別途行っていただく必要があります。

Return to Top


教材について

Q: 教材はどのようなものが提供されますか?
A: オンラインの教材およびマニュアルや試験(アセスメント)が提供されます。

Return to Top


Q: オンラインだけですか?
A: カリキュラムおよびマニュアルはダウンロード可能です。
ダウンロードしたコンテンツは、学内のサーバへダウンロードして利用いただくことが可能です。
ただし、ダウンロードしてご利用いただく場合は、サーバへ適切なアクセス制限を実施していただき学習者以外の参照ができないよう対策をお願いします。

Return to Top


Q: カリキュラムの一部だけを利用することはできますか?
A: カリキュラムの一部だけを利用することはできません。

Return to Top


Q: 日本語の教材はありますか?
A: CCNA Discovery のみ日本語のカリキュラムを提供しています。

Return to Top


Q: その他のカリキュラムの日本語化の予定はありますか?
A: 現在日本語化の予定はありません。

Return to Top


Q: 本はありますか?
A: Web ベースのカリキュラムおよびオンラインのマニュアルのみが提供されます。
本は用意されていません。

Return to Top


Q: 本の販売は予定されていますか?
A: 弊社は本を販売していません。
予定等は各出版社へ直接お問い合わせをお願いします。

Return to Top


Q: 実習機器は何が必要ですか?
A: 実習に必要なルータ、スイッチ等が必要になります。
詳細は弊社へお問い合わせください。

Return to Top


実習機器について

Q: 実習機器は1セットで何人の生徒が実習を実施できますか?
A: 実習機器は1セット1名の利用が理想ですが、最大8人までの利用も可能です。

Return to Top


Q: 費用はいくらですか、見積がほしいのですが?
A: 購入費用については弊社ではお答えできません、弊社販売店へ直接お問い合わせください。

Return to Top


Packet Tracerについて

Q: Packet Tracer とはなんですか?
A: Packet Tracer(PT)とは、弊社が開発したシュミレーションソフトウェアです。

Return to Top


Q: ライセンス料は必要ですか?
A: PTはフリーソフトウェアとなっておりライセンス料などは必要ありません。

Return to Top


Q: 誰でも使用できますか?
A: PT はフリーソフトウェアではありますが、アカデミーカリキュラムの補助教材として開発されました、従いましてアカデミー開催校が授業でご利用いただく以外はご利用いただけません。

Return to Top


Q: PT があれば実習用機器は不要ですか?
A: PT はあくまで補助教材です、実機とは使用できるコマンドや機能に制限があります。
実習は実機をご利用いただく必要があります。

Return to Top




インストラクターについて

Q: インストラクターは何名が必要ですか?
A: インストラクターは最低でも2名を用意していただく必要があります。
ただし、LMC とインストラクターは兼任することが可能です。

Return to Top


Q: インストラクターは教員である必要がありますか?
A: 教員である必要はありません。
ただし、インストラクターはアカデミーである教育機関に所属する職員である必要があります。

Return to Top


Q: インストラクタートレーニングとはなんですか?
A: 開講前に講師であるインストラクターはカリキュラムを学習し各トレーニングを修了していただく必要があります。
インストラクタートレーニングは、TCJ で実施されます。
スケジュールは TCJ 事務局ホームページをご覧ください。

Return to Top


Q: インストラクターが異動してしまいましたどうすればいいですか?
A: インストラクターの異動により欠員が生じた場合はアカデミーである教育機関は速やかにインストラクターの補充を行っていただく必要があります。
新任のインストラクターがインストラクタートレーニングを修了していない場合は当該インストラクターはトレーニングを修了するまで授業を行うことはできません。

Return to Top


Q: トレーニングを修了するためにはどうすればよいですか?
A: トレーニングを修了するためには以下すべてを行う必要があります。
  • 最終試験を修了する。
  • 実技試験を修了する。
  • コースフィードバック(アンケート)に答える。

Return to Top


最終試験について

バウチャーについて



最終試験について

Q: 最終試験とはどのようなことを行いますか?
A: オンライン試験と実技試験を行います。
どちらも合格点は決まっておりませんが、オンライン試験をある一定の得点で修了することで認定試験の割引券を取得することができます。

Return to Top


Q: ネットワーキングアカデミーのカリキュラムを修了すると CCNA に認定されるのでしょうか?
A: カリキュラムを修了しただけでは CCNA にはなれません。
テストセンターで技術者認定試験を受験し合格していただく必要があります。

Return to Top


バウチャーについて

Q: 割引券(バウチャー)とはなんですか?
A: 割引券を利用することで認定試験を割引価格で受験できます。
CCNET(ICND1)の場合は CCNA Discovery コース2の最終試験を、CCNA(ICND2または CCNA コンポジット)の場合は CCNA Discovery コース4または CCNA Explaration コース4の最終試験を一定の得点で修了した場合に取得できます。

Return to Top


Q: バウチャーはどうすれば取得できますか?
A: オンラインの最終試験(Final Exam)を1回目で75%以上の得点で合格した学習者はバウチャーを取得できます。
2回目の試験で75%以上得点してもバウチャーは取得できません。

Return to Top


Q: 最終試験を合格したらすぐにバウチャーを取得できますか?
A: 最終試験を合格しただけではバウチャーは取得できません。
実技試験を含めコース自体を修了することでバウチャーを取得できます。

Return to Top


Q: バウチャーはどのように取得できますか?
A: 条件を満たした学習者のホームページの Career Development Section に Voucher Request のリンクが表示されます。
そのリンクからバウチャー取得処理を行ってください。

Return to Top


Q: 割引率は何パーセントですか?
A: 各国の経済事情により割引率は増減します。
現在の日本の割引率は50%となります。(2010年10月現在)

Return to Top


Q: 1枚のバウチャーで試験は何回受験可能ですか?
A: 1枚のバウチャーで受験できる回数は1回のみです。

Return to Top


Q: バウチャーの有効期限はどのくらいですか?
A: 有効期限は最低90日で最大180日となります。

Return to Top


Q: 有効期限は延長可能ですか?
A: 延長はできません。

Return to Top


Q: サプリメンタルバウチャーとはなんですか?
A: サプリメンタルバウチャーとは、教育機関が Pearson VUE のコールセンターから購入するプリペイドバウチャーです。
このサプリメンタルバウチャーは一般的に、AC から割引券を取得した学習者が受験の際に支払う残りの受験料を負担するもので、各教育機関がその判断により購入するものです。
このサプリメンタルバウチャーは一般的に購入した日から1年間有効であり、すべての条件は Pearson VUE により規定されています。

Return to Top


Q: アカデミーは、AC を通じて学習者が取得する割引券を補完するプリペイドバウチャーを購入することができますか?
A: 2008年9月15日より、アカデミーは Pearson VUE のコールセンターから直接プリペイドバウチャーを購入する事ができます。これによりアカデミーは、AC から学習者が取得した割引券による受験料の割引をさらに補完して、学習者が負担する認定試験の受験料をより低く抑えることが可能になります。
サプリメンタルバウチャーの購入は各アカデミーの判断に依存します。バウチャーの有効期限は、特に規定されていない場合は通常購入日より1年間です。アカデミーが Pearson VUE から直接購入するすべてのバウチャーは Pearson VUE が定めた良条件に従うものであり、シスコがその諸条件を変更することはできません。

Return to Top


Q: サプリメンタルバウチャーの購入後に、資格試験料金の変更が生じた場合どうなりますか?
A: バウチャーの購入時期と利用時期の間に価格変更があった場合でも、学習者やバウチャーを購入した機関への影響はありません。

Return to Top


Q: 2種類のバウチャー(割引きとサプリメンタル)を使用して認定試験を申しこむことができますか?
A: はい。Pearson VUE は電話での申込みに限り2種類のバウチャーを利用しての支払い(1試験に対応)に応じます。2種類のバウチャーを利用する場合は必ず Pearson VUE に電話をしてください。オンラインおよびテストセンターではまだ受け付けておりません。

Return to Top


Q: Pearson VUE の認定テストセンターを通じて2種類のバウチャー(割引きとサプリメンタル)を利用して認定試験に申し込むことはできますか?
A: いいえ。まだテストセンターの試験受付システムが準備できていないため2種類のバウチャーを使用しての申込みはテストセンターではできません。最新の状況は Pearson VUE へお問い合わせください。

Return to Top


Q: VUE のウェブサイトを通じて2種類のバウチャー(割引きとサプリメンタル)を利用して認定試験に申し込むことはできますか?
A: いいえ。まだ Pearson のウェブサイトを通じて2種類のバウチャーを使用して認定試験に申し込むことはできません。
最新の状況は Pearson VUEへお問い合わせください。

Return to Top


Academy Connection

Resources for registered instructors, students, alumni, and administrators.
Log In
How do I get a login?

導入事例

ネットワーキングアカデミー開催校の導入事例を紹介します。こちらをご確認ください。

アカデミー機材リース契約申込書

シスコネットワーキングアカデミーでは、アカデミー参加の教育機関等に向け 安価で教育機材をご提供しております。
詳しくは、以下の資料をダウンロードいただき、アカデミー担当者までお問合せください。