実際動いている IoT & Hadoop システムから学ぶ会

ご挨拶

本格的な IoE/IoT 時代 を迎え、データの収集やビッグデータの利活用が不可欠となってきました。 しかしながら、将来的なデータ分析のニーズや・利活用を見据えたデータの蓄積には、幾つかの課題や考慮点もあります。本セミナーでは、IoT/IoE 時代のビッグデータの取扱に関する事例について言及し、将来のデータ分析を見据えたデータの蓄積方法として Hadoop 技術のご紹介やデータ活用方法、データ基盤のあるべき姿などについて解説致します。是非この機会にご参加いただき、貴社データ活用についてのご参考として頂きたくお願い申し上げます。


申込みは終了しました

お申し込みは締め切りました。お問い合わせは事務局か、担当営業までご連絡下さい。

開催概要

参加無料 事前登録制
開催概要
日 時 2015 年 8 月 26 日(水) 18:00 〜 21:00 予定(17:30 受付開始)
会  場 東京ミッドタウンタワー 21 階
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
都営大江戸線「六本木駅」 8 番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結 (徒歩約 5 〜 6 分)
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」 3 番出口より徒歩約 3 分
受  付 17:30 〜
東京ミッドタウンタワー 21 階エレベーターホール前にて受付致しますので会社名及びお名前をお知らせ下さい。
定  員 40 名様
お申し込み締切 8 月 25 日(火)15:00 まで
受講票はご登録のメールアドレスへセミナー事務局より 8 月 21 日(金)以降順次お送り致します。
(定員を超えた場合には、抽選とさせて頂きます)
お問い合わせ先 bigdata_event_japan@cisco.com



プログラム

時間 セッション 講演者
18:00 – 18:10 開催のご挨拶 〜シスコの IoE/IoT ポートフォーリオご紹介〜
Hadoop を簡単に導入&運用できるビッグデータ向け統合インフラ、ネットワーク接続、アナリティクス、セキュリティなどをパッケージした IoT 向け統合システム等をご紹介いたします。 
シスコシステムズ合同会社
18:10 – 18:40 Hadoop を中核とした Bigdata/IoT 基盤 エンタープライズデータハブ
オープンソースの Bigdata/IoT 基盤である Apache Hadoop や Apache Spark。最近ではバッチ処理だけではなく、分析処理や機械学習など幅広く利用されています。事例を交えながら、Cloudera のエンタープライズデータハブおよび Hadoop や Spark の最新テクノロジーと動向をご紹介いたします。
Cloudera 株式会社
嶋内 翔
18:40 – 19:00 (仮題)Hadoop クラスタを構築してみて実際に分かったこと
シスコのアドバンスサービス部門では Hadoop クラスタの構築サービスを提供しております。日本での Hadoop クラスタの導入実績をもとに経験談を語ります。
シスコシステムズ合同会社
アドバンスサービス
茎沢 信
19:00 – 19:10 休憩  
19:10 – 19:30 Hadoop 活用の落とし穴
Bigdata/IoT 基盤として Hadoop を活用している企業も多くなってきましたが、残念なことに、正しい理解をされないままの使用や、組織としての取り組みが不十分なまま使用する例も見受けられます。ビッグデータを組織として取り組む上での必要事項についてサポート事例からご紹介いたします。
Cloudera 株式会社
嶋内 翔
19:30 – 19:55 HBase と Spark で、センサーデータを有効活用
IoT × HBase × Spark で何が出来るのか、何の利点があるのかを弊社が展開しているセンサー解析ベースシステムを例としてご紹介いたします。
株式会社フォワードネットワーク
高原 歩
19:55 – 20:50 (仮題) Storm, Kafka, ElasticSearch を活用した OpenSOC
オープンソースである「OpenSOC」は脅威を検知するためのセキュリティ分析フレームワークです。「OpenSOC」がどのように Hadoop およびエコシステムを活用しリアルタイム・ストリーミング・アナリティックスを実現しているかご説明いたします。
Cisco Systems, Inc.
James Sirota
Lead Data Scientist - Managed Threat Defense
20:50 – 21:00 質疑応答・アンケート  

※内容、時間は変更になる場合がございます。予めご了承ください。