close
あなたのコミュニケーション スタイルの概要
概念的、帰納的、内向的、臨機応変

大局的な発想や可能性という観点から物事を考え、相手を活気づける話し方でアイデアを結び付け、聞き手と気持ちを通じ合わせます。結論を説明したり提示したりするときには、まずその結論に至った事実から述べ始めます。制限を設けない自由形式のディスカッションを重視し、予想外の成り行きにも落ち着いて対応できます。他者と協調する術は身につけていますが、1 人のときに最も思考力が高まると考えています。

PDF をダウンロード

概念的


今すぐ観る

あなたは概念的なコミュニケーションをする傾向があります。生来の傾向として、論理や事実ではなく概念、アイデア、可能性の観点から物事を考えます。直感やひらめきを用いることや、データを使わずに課題に対処することに抵抗がありません。欠けている部分にあまりこだわることなく全体像を把握します。

帰納的


今すぐ観る

帰納的な人は個々の事象から一般化した事実を導き出すことを好みます。つまり、一連の状況、事実、事例に着目し、そこから結論や普遍性や原理を見出そうとします。これをボトムアップ思考と言います。たとえばプレゼンテーションを企画する場合に、この思考プロセスが反映されます。帰納的な人は一連の論証をしてから、最後に調査結果や提案を述べようとします。

内向的


今すぐ観る

内向的な人は内面の思考からエネルギーを得ています。大人数のグループの中でうまくやっていく方法は知っていますが、独りで考えているときに最も良いアイデアを生み出せると思っています。グループで討論するよりも電子メールのやり取りや、1 対 1 でのコミュニケーションを好みます。グループディスカッションではあまり意見を述べず、他の人の発言内容をつぶさに観察し、自分の考えを組み立てる傾向があります。グループディスカッションの後でその内容を検証し、綿密な見通しを立てることに時間を費やしたいと考えます。

臨機応変


今すぐ観る

臨機応変に話す人は筋道通りに結論や提案へは至りません。諸説や類推、歴史的背景などを盛り込むため、話に深みや状況説明が加わることもありますが、必ずしも主題と論理的につながるわけではありません。結果的には示唆に富み、予測外で魅力的なものになります。同時に、話の方向性が見えにくいため相手を混乱させ、場合によっては興味をそいでしまうリスクもあります。

ビデオを観る

コミュニケーション スタイルの相違を乗り越え、他者と生産的につながるためのヒントを紹介します。

  • vid 分析的かつ外向的
    中心的になって物事を
    切り回したい
    今すぐ観る

  • vid 概念的かつ外向的
    物事を成し遂げたい
    今すぐ観る

  • vid 分析的かつ内向的
    方向性を定めたい
    今すぐ観る

  • vid 概念的かつ内向的
    裏方として影響力を
    及ぼしたい
    今すぐ観る