Cisco on Cisco

IT ビジネス

IT でビジネス課題を解決

シスコ IT のミッションは、様々なツールを社内に導入することで、ビジネスプロセスの問題を解決することです。シスコ IT が解決してきた問題の多くは、どんな企業にも共通するものです。

ビジネス マネジメント

シスコ IT は、ビジネス プロセスに関するさまざまな問題に取り組んでいます。これらの問題の多くは、あらゆる企業の IT グループに共通しています。 このような問題を解決するために、シスコ IT はインターネット対応ツールやビジネス自動化プロセスを導入し、ワールドワイドでビジネス プラクティスの改善を図っています。

タイトル 解決した課題 公開日
買収企業の統合 (PDF - 605KB) 新たに買収した企業の従業員や業務、部門レベルの機能を素早く簡単に統合する 2007年9月
Business-to-Business(B2B)(PDF - 418KB) B2Bシステム(電子商取引)を導入し、取引費用の削減、手動プロセス削減による時間短縮、製品やサービス提供の迅速化、従業員の生産性の向上、データの完全性の改善、パートナー関係の強化などを実現する 2007年8月
買収先企業との IT の統合(PDF - 345KB) 新たに買収した企業を、迅速に、一貫した方法で、混乱を抑えて統合する 2005年5月

ビジネス アプリケーション

シスコ IT は、シスコがビジネスを遂行するために必要な多数のビジネス プロセスと大量のデータを管理するために、膨大な数のビジネス アプリケーションを使用しています。 これらのプロセスがスムーズに相互作用しながらデータを共有することが必要なのですが、 実際には解決しなければならないさまざまな問題が発生します。多くのエンタープライズ ビジネス アプリケーションは、特定の目的のために開発されたものであり、アプリケーションどうしを統合して自動化されたエンドツーエンドのビジネス サポート モデルを構築することは困難だからです。

タイトル 解決した課題 公開日
製造・財務部門における Oracle 11i へのアップグレード (PDF - 182KB) 全社規模での業務処理と部門間のコラボレーションを可能にする 2005年10月
営業の生産性と販売予測の精度向上 (PDF - 552KB) 営業担当者が外出先にいても刻々と変化する顧客情報を全て把握でき、また、それに基づいた営業活動に多くの時間を費やすことができるようにする。同時に、経営幹部に、正確な販売予測や売上データ
を収集し配信する。
2005年7月
アクティブ・ディレクトリ への統合 (PDF - 485KB) 複数のディレクトリをマイクロソフト・アクティブディレクトリに統合し、IT投資を迅速に回収する 2005年6月

オフィス デザイン

今日の業務では、従業員が個人で進められるものが減ってきており、グループでのコラボレーションが重要になっています。 ネットワーキングおよびコラボレーションのための新しいテクノロジーに加えて、スペース設計と管理に新たなアプローチを取り入れることで、コラボレーションを促進し、効率的に業務が遂行できる環境を構築しています。 シスコ WPR(Workplace Resources)との協力体制のよって、シスコ社員のモビリティ、柔軟性、およびコラボレーションを新たなレベルへと向上させています。

タイトル 解決した課題 公開日
バンガロールに実現したシスコの統合インテリジェント オフィス (PDF - 482KB) ビル管理システムと IT システムをネットワークで統合して一元的に管理することで、管理業務の効率化や消費電力、運用コストを節減する 2011年11月
シスコのグリーンオフィス (PDF - 619KB) 環境にやさしいオフィスをつくる。スペースや電力消費を削減する一方で、従業員の生産性や満足度も改善する。 2007年5月
コネクテッド・ワークプレース (PDF - 237KB) オフィスを再設計し、コラボレーション重視型にする 2005年1月