[an error occurred while processing this directive]
ソスソス{ソスソス}ソスjソスソスソスAソスソスソス齬
ソスソスソスCソスソスソスソスソスX
Cisco Aironet 1300 ソスVソスソスソス[ソスY
Cisco Aironet 1300 ソスVソスソスソス[ソスY ソスソスソスCソスソスソスソスソスX ソスソスソスO ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスg/ソスuソスソスソスbソスW ソスnソス[ソスhソスEソスFソスA ソスCソスソスソスXソスgソスソスソス[ソスVソスソスソスソス ソスKソスCソスh
ソスヘゑソスソス゚ゑソス
ソスソスソスフマソスjソスソスソスAソスソスソスノつゑソスソスソス
ソスTソスv
ソスン置ソスフ概ソスv
ソスソスソスtソスソスソスフ概ソスv
Autonomous ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスニブソスソスソスbソスWソスフトソスソスソスuソスソスソスVソスソスソス[ソスeソスBソスソスソスO
Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフトソスソスソスuソスソスソスVソスソスソス[ソスeソスBソスソスソスO
ソスソスソスSソスノつゑソスソストの警ソスソス
ソスKソスソスソス骭セソスソスソスソスム規ソスソスソスソスソス
ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフ仕ソスl
ソス`ソスソスソスlソスソスソスニ最托ソスdソスヘソスソスxソスソス
ソスRソスソスソス\ソス[ソスソス ソスVソスソスソスAソスソス ソスPソス[ソスuソスソスソスフピソスソスソスzソスu
ソスWソスJソスOソスソス Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフプソスソスソスCソス~ソスソスソスO
Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフゑソスソス゚ゑソス DHCP ソスIソスvソスVソスソスソスソス 43 ソスフ設抵ソス
ソスヤ載用ソスフソスソス[ソスhソス_ソスソスソスvソスロ鯉ソス
ソスpソスソスW

ワイヤレス
Cisco Aironet 1300 シリーズ ワイヤレス 屋外 アクセス ポイント/ブリッジ ハードウェア インストレーション ガイド

この付録では、Cisco Aironet Lightweight アクセス ポイントで使用できるように、Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチなどの Windows 2003 Enterprise DHCP サーバで DHCP オプション 43 を設定する手順について説明します。この付録の構成は、次のとおりです。

概要
1000 および 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントに対するオプション 43 の設定
1100、1130、1200、1240、および 1300 シリーズ アクセス ポイントに対するオプション 43 の設定

概要

この項では、Lightweight アクセス ポイントで使用できるように、Windows 2003 Enterprise DHCP サーバで DHCP オプション 43 を 設定する例について説明します。その他の DHCP サーバ実装での DHCP オプション 43 の設定については、該当する製品のマニュアルを参照してください。オプション 43 では、コントローラ管理インターフェイスの IP アドレスを使用する必要があります。

(注) DHCP オプション 43 は、 DHCP プール 1 つあたり、アクセス ポイント タイプは 1 つに制限されています。アクセス ポイント タイプそれぞれについて、別途、DHCP プールを設定する必要があります。

Cisco Aironet 1000 シリーズ、および 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、DHCP オプション 43 に対してコンマ区切り文字列形式を使用します。その他の Cisco Aironet アクセス ポイントは、DHCP オプション 43 に対して Type Length Value(TLV)形式を使用します。DHCP サーバは、アクセス ポイントの DHCP Vendor Class Identifier(VCI)文字列(DHCP オプション 60)に基づいてオプションを返すようにプログラムする必要があります。 表H-1 は、Lightweight モードで動作可能な Cisco アクセス ポイントの VCI 文字列の一覧です。

表H-1 Lightweight アクセス ポイント VCI の設定

アクセス ポイント

ベンダー クラス ID(VCI)

Cisco Aironet 1000 シリーズ

Airespace.AP1200

Cisco Aironet 1100 シリーズ

Cisco AP c1100

Cisco Aironet 1130 シリーズ

Cisco AP c1130

Cisco Aironet 1200 シリーズ

Cisco AP c1200

Cisco Aironet 1240 シリーズ

Cisco AP c1240

Cisco Aironet 1300 シリーズ

Cisco AP c1300

Cisco Aironet 1500 シリーズ

Cisco AP.LAP1510

1000、1130、1200、1240、および 1300 シリーズ アクセス ポイントに対応した TLV ブロックの形式は次のとおりです。

・ タイプ:0xf1(10 進数で 241)
・ 長さ:コントローラの IP アドレス数× 4
・ 値:WLC 管理インターフェイスのリスト

1000 および 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントに対するオプション 43 の設定

内蔵 Cisco IOS DHCP サーバの 1000 および 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントに対して DHCP オプション 43 を設定する手順は次のとおりです。

ステップ 1 Cisco IOS コマンド ライン インターフェイス(CLI)で設定モードに入ります。

ステップ 2 デフォルト ルータやネーム サーバなど必要なパラメータを含め、DHCP プールを作成します。DHCP 範囲の例は次のとおりです。

ip dhcp pool <プール名>

network <IP ネットワーク> <ネットマスク>

default-router <デフォルト ルータ>

dns-server <DNS サーバ>

各引数の意味は次のとおりです。

<プール名> は DHCP プール名で、AP1000 のように指定します。

<IP ネットワーク> はコントローラが存在するネットワークの IP アドレスで、10.0.15.1 のように指定します。

<ネットマスク> はサブネット マスクで、255.255.255.0 のように指定します。

<デフォルト ルータ> はデフォルト ルータの IP アドレスで、10.0.0.1 のように指定します。

<DNS サーバ> は DNS サーバの IP アドレスで、10.0.0.2 のように指定します。

ステップ 3 1000 シリーズの Lightweight アクセス ポイントでは、次の構文を使用して、オプション 60 行を追加します。

option 60 ascii “Airespace.AP1200”

二重引用符は省略できません。

ステップ 4 1500 シリーズの Lightweight アクセス ポイントでは、次の構文を使用して、オプション 60 行を追加します。

option 60 ascii “Cisco AP.LAP1510”

二重引用符は省略できません。

ステップ 5 次の構文を使用して、オプション 43 行を追加します。

option 43 ascii “コンマ区切り IP アドレス リスト”

たとえば、コントローラ IP アドレス 10.126.126.2 と 10.127.127.2 を使用して、オプション 43 を設定している場合、Cisco IOS CLI:の DHCP プールに次の行を追加します。

option 43 ascii “10.126.126.2,10.127.127.2”

二重引用符は省略できません。

1100、1130、1200、1240、および 1300 シリーズ アクセス ポイントに対するオプション 43 の設定

内蔵 Cisco IOS DHCP サーバの Cisco Aironet 1100、1130、1200、1240、および 1300 シリーズ Lightweight アクセス ポイントに対して DHCP オプション 43 を設定する手順は次のとおりです。

ステップ 1 Cisco IOS CLI で、設定モードに入ります。

ステップ 2 デフォルト ルータやネーム サーバなど必要なパラメータを含め、DHCP プールを作成します。DHCP 範囲の例は次のとおりです。

ip dhcp pool <プール名>

network <IP ネットワーク> <ネットマスク>

default-router <デフォルト ルータ>

dns-server <DNS サーバ>

各引数の意味は次のとおりです。

<プール名> は DHCP プール名で、AP1240 のように指定します。

<IP ネットワーク> はコントローラが存在するネットワークの IP アドレスで、10.0.15.1 のように指定します。

<ネットマスク> はサブネット マスクで、255.255.255.0 のように指定します。

<デフォルト ルータ> はデフォルト ルータの IP アドレスで、10.0.0.1 のように指定します。

<DNS サーバ> は DNS サーバの IP アドレスで、10.0.0.2 のように指定します。

ステップ 3 次の構文を使用して、オプション 60 行を追加します。

option 60 ascii “VCI 文字列”

<VCI 文字列> には、 表H-1 に記載されている値を使用します。二重引用符は省略できません。

ステップ 4 次の構文を使用して、オプション 43 行を追加します。

option 43 hex <16 進数の文字列>

<16 進数の文字列> は、次のように TLV 値を連結したものです。

<タイプ> + <長さ> + <値>

<タイプ> は常に f1(hex) です。<長さ> はコントローラの管理 IP アドレス数の 4 倍を 16 進数で表したものです。<値> は、16 進数で表したコントローラの IP アドレスを順番に並べたリストです。

たとえば、管理インターフェイス IP アドレス 10.126.126.2 と 10.127.127.2 を持つ 2 つのコントローラがあるとします。タイプは常に f1(hex) です。長さは 2 × 4 = 8 = 08(16 進数値)です。IP アドレスは 0a7e7e02 と0a7f7f02 に変換されます。これらの文字列をまとめると、f1080a7e7e020a7f7f02 となります。結果として、DHCP 範囲に追加される Cisco IOS コマンドは次のようになります。

option 43 hex f1080a7e7e020a7f7f02


[an error occurred while processing this directive]