[an error occurred while processing this directive]
ソスソス{ソスソス}ソスjソスソスソスAソスソスソス齬
ソスソスソスCソスソスソスソスソスX
Cisco Aironet 1300 ソスVソスソスソス[ソスY
Cisco Aironet 1300 ソスVソスソスソス[ソスY ソスソスソスCソスソスソスソスソスX ソスソスソスO ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスg/ソスuソスソスソスbソスW ソスnソス[ソスhソスEソスFソスA ソスCソスソスソスXソスgソスソスソス[ソスVソスソスソスソス ソスKソスCソスh
ソスヘゑソスソス゚ゑソス
ソスソスソスフマソスjソスソスソスAソスソスソスノつゑソスソスソス
ソスTソスv
ソスン置ソスフ概ソスv
ソスソスソスtソスソスソスフ概ソスv
Autonomous ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスニブソスソスソスbソスWソスフトソスソスソスuソスソスソスVソスソスソス[ソスeソスBソスソスソスO
Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフトソスソスソスuソスソスソスVソスソスソス[ソスeソスBソスソスソスO
ソスソスソスSソスノつゑソスソストの警ソスソス
ソスKソスソスソス骭セソスソスソスソスム規ソスソスソスソスソス
ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフ仕ソスl
ソス`ソスソスソスlソスソスソスニ最托ソスdソスヘソスソスxソスソス
ソスRソスソスソス\ソス[ソスソス ソスVソスソスソスAソスソス ソスPソス[ソスuソスソスソスフピソスソスソスzソスu
ソスWソスJソスOソスソス Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフプソスソスソスCソス~ソスソスソスO
Lightweight ソスAソスNソスZソスX ソス|ソスCソスソスソスgソスフゑソスソス゚ゑソス DHCP ソスIソスvソスVソスソスソスソス 43 ソスフ設抵ソス
ソスヤ載用ソスフソスソス[ソスhソス_ソスソスソスvソスロ鯉ソス
ソスpソスソスW

ワイヤレス
Cisco Aironet 1300 シリーズ ワイヤレス 屋外 アクセス ポイント/ブリッジ ハードウェア インストレーション ガイド

この項では、作業しづらい場所に Lightweight アクセス ポイントを設置する前に、作業しやすい場所でこれらのアクセス ポイントの 準備や計画をする手順について説明します。この手順は省略可能ですが、これにより設置時に起こりそうな問題を、主にイーサネットと電源まわりに限定することができます。

図G-1 は、Lightweight アクセス ポイントの典型的な準備設定を示しています。

図G-1 Lightweight アクセス ポイントの典型的な準備設定

アクセス ポイントを最終的な場所に取り付ける前に、次の手順に従って、アクセス ポイントを準備します。

ステップ 1 アクセス ポイントがコントローラと同じサブネットに存在しているレイヤ 2 環境では、アクセス ポイントはコントローラと直接通信します。

ステップ 2 レイヤ 3 環境では、アクセス ポイントと同じサブネットで、DHCP サーバ(通常、スイッチ上にあります)が有効化されていることを確認します。このアクセス ポイントは、DHCP オプション 43 を使用して、IP アドレスとコントローラ情報を受け取ります。

このアクセス ポイントは、コントローラの IP アドレスを発見できなけばなりません。このためには、DHCP、DNS、OTAP、または IP サブネット ブロードキャストを使用します。このマニュアルでは、DHCP 方式でコントローラの IP アドレスを伝える方法について説明します。その他の方式については、製品マニュアルを参照してください。また、 Lightweight アクセス ポイントの DHCP オプション 43 の設定 も参照してください。

(注) コントローラとは異なるサブネットにあるレイヤ 3 アクセス ポイントについては、LWAPP 通信用に、コントローラへのルートで送信先 UDP ポート 12222 と 12223 が開いていることを確認してください。また、第 1 〜 3 コントローラへのルートで IP パケット フラグメントが許可されていることも確認してください。

ステップ 3 コントローラがスイッチのトランク ポートに接続されていることを確認します。

ステップ 4 LWAPP Layer 3 モードでコントローラを設定し、PS ポートがスイッチに接続されていることを確認します。該当するコントローラのマニュアルに記載されている CLI、Web ブラウザ インターフェイス、または Cisco WCS 手順を使用します。

a. 複数のコントローラを使った環境では、1 つのコントローラの DS ポートを Master に設定して(config network master-base disable CLI コマンド、またはコントローラの GUI を使用)、新しいアクセス ポイントが常にこのコントローラにアソシエートされるようにします。コントローラの DS ポートがマスタであるかどうかを判断するには、show network config CLI コマンドを使用します。

アクセス ポイントはすべて、マスタ コントローラにアソシエートされます。アクセス ポイントは、第 1、第 2、第 3 コントローラなど、1 か所から設定できます。これにより、アクセス ポイントを、ネットワーク上の別のコントロールに再配布することができます。

また、Cisco WCS サーバを使用して、1 か所からすべてのアクセス ポイントを制御、設定、および再配布することも可能です。

ステップ 5 アクセス ポイントに電源を供給します。

a. アクセス ポイントを、POE 対応スイッチ上のタグなしアクセス ポートに接続します。必要に応じて、電力モジュールやパワー インジェクタを使用して、アクセス ポイントに電力を供給することもできます。
b. アクセス ポイントの電源を入れると、電源投入時のシーケンスが始まります。このシーケンスは、アクセス ポイント LED からチェックできます。すべての LED は連続して点滅します。これは、アクセス ポイントがコントローラを検索している最中であることを示しています。

(注) アクセス ポイントが 5 秒以上この状態である場合、マスタ コントローラが見つからないことを表しています。アクセス ポイントとコントローラの接続を確認し、これらが同じサブネットにあることを確認してください。

c. アクセス ポイントがシャットダウンされている(すべての LED が消灯している)場合、十分な電力が使用できるかどうかを確認します。
d. アクセス ポイントがコントローラとアソシエートされているときに、アクセス ポイントのコード バージョンがコントローラのコード バージョンと異なる場合、アクセス ポイントはコントローラからオペレーティング システム コードをダウンロードします。ダウンロード中は、アクセス ポイント LED がすべて同時に点滅します。

ステップ 6 オペレーティング システムのダウンロードが正常に終了すると、アクセス ポイントはリブートします。点滅する無線 LED は無線アクティビティを表しているので、このとき動作は正常に行われています。

ステップ 7 第 1 〜 3 コントローラ名を使用してアクセス ポイントを設定するには、コントローラ CLI、コントローラ GUI、または Cisco WCS を使用します。

ステップ 8 アクセス ポイントが Controller Mobility Group に含まれている場合は、コントローラ CLI、コントローラ GUI、または Cisco WCS を使用して、Controller Mobility Group 名を設定します。

ステップ 9 コントローラ CLI、コントローラ GUI、または Cisco WCS を使用して、アクセス ポイント特有の 802.11a、802.11b、および 802.11g ネットワーク設定を行います。

ステップ 10 設定の準備が正常に終了すると、無線 LED が点滅するので、正常に動作していることがわかります。

ステップ 11 個々のアクセス ポイントについて、手順 4 〜 9 を繰り返します。

アクセス ポイントすべての設定準備が正常に終了したら、コントローラで Master 設定が無効になっていることを確認します。また、最終的な位置へのアクセス ポイントの展開を開始することもできます。


[an error occurred while processing this directive]