[an error occurred while processing this directive]
ソスソス{ソスソス}ソスjソスソスソスAソスソスソス齬
ソスソスソスjソスtソス@ソスCソスh ソスRソス~ソスソスソスjソスPソス[ソスVソスソスソスソス ソスAソスvソスソスソスPソス[ソスVソスソスソスソス
Cisco Unified Personal Communicator
Cisco Unified Personal Communicator for Windows ソスNソスCソスbソスN ソスXソス^ソス[ソスg ソスKソスCソスh Release 7.0
Cisco Unified Personal Communicator for Windows ソスNソスCソスbソスN ソスXソス^ソス[ソスg ソスKソスCソスh Release 7.0

ユニファイド コミュニケーション アプリケーション
Cisco Unified Personal Communicator for Windows クイック スタート ガイド Release 7.0

Cisco Unified Personal Communicator for Windows クイック スタート ガイド Release 7.0

Downloads
このマニュアルのPDF
17850_01.pdf(68KB)


クイック スタート ガイド Cisco Unified Personal Communicator for Windows 2008 年 8 月発行 Cisco Unified Personal Communicator for Windows Published August 2008

【注意】シスコ製品をご使用になる前に、安全上の注意( www.cisco.com/jp/go/safety_warning/ )をご確認ください。
 
本書は、米国シスコシステムズ発行ドキュメントの参考和訳です。
米国サイト掲載ドキュメントとの差異が生じる場合があるため、正式な内容については米国サイトのドキュメントを参照ください。
また、契約等の記述については、弊社販売パートナー、または、弊社担当者にご確認ください。

1ソフトフォンを使用したコールの発信方法

2コールへのビデオの追加

3社内ディレクトリに登録されている連絡先の追加

4インスタントメッセージの送信

5プレゼンスの指定

1 ソフトフォンを使用したコールの発信方法

他のユーザへのコール
任意の電話番号へのコール
連絡先一覧に登録されている人へのコール

他のユーザへのコール

手順

ステップ 1 検索フィールドに、フルネーム、姓、名、電話番号の最初の数文字またはすべてを入力します。

検索で大文字と小文字が区別されるかどうかは設定によって判別されます。 入力する英数字文字は、検索結果の先頭の位置に表示されます。 たとえば、「den」を検索する場合、検索結果には「Denice」と「Denzel」が含まれますが、「Arden」や「Hayden」は含まれません。

ステップ 2 Enter キーを押します。

ステップ 3 検索ウィンドウに表示された名前の一覧でユーザを右クリックし、[コールの発信]を選択します。

 

任意の電話番号へのコール

検索を使用して、連絡先一覧から連絡先にコールを直接発信できます。または、次の手順を使用してダイヤラからコールを発信することもできます。

手順

ステップ 1 コンソールで[ダイヤラを開く]アイコンをクリックします。

ステップ 2 電話番号を入力します。

ステップ 3 デスクの電話からダイヤルする場合と同様に番号を入力します。 たとえば、社外にコールするには電話番号の前に外線発信用の番号を付ける必要があります。

ステップ 4 ダイヤラで[クリックしてダイヤル]アイコンをクリックします。

 

連絡先一覧に登録されている人へのコール

ステップ 1 名前または電話番号を右クリックし、[コールの発信]を選択します。

ステップ 2 複数のエントリがある場合、ダイヤルする番号を選択します。

ヒント 名前または電話番号をダブルクリックするとコールが開始されるように設定できます。

 

2 コールへのビデオの追加

ステップ 1 カメラが接続されていることを確認し、ソフトフォン モードを選択します。

ステップ 2 アクティブな会話ウィンドウで[ビデオをコールに追加]アイコンをクリックします。

電話会議を実行している場合は、ビデオを追加する各ユーザがこの操作を実行する必要があります。

 

3 社内ディレクトリに登録されている連絡先の追加

ステップ 1 [連絡先]>[新規連絡先の追加]の順にクリックします。

ステップ 2 検索フィールドに、フルネーム、姓、名、電話番号の最初の数文字またはすべてを入力します。

検索で大文字と小文字が区別されるかどうかは設定によって判別されます。

ステップ 3 Enter キーを押します。

ステップ 4 [検索結果]に表示された名前をクリックします。

ステップ 5 [追加]をクリックします。

 

4 インスタントメッセージの送信

手順

ステップ 1 Cisco Unified Personal Communicator コンソールで名前をクリックします。

ステップ 2 [操作]>[インスタントメッセージの送信]の順にクリックします。 インスタントメッセージ ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 メッセージを入力します。

ステップ 4 Enter キーを押します。

 

5 プレゼンスの指定

連絡先一覧に登録されている人が連絡可能かどうかを確認するには、プレゼンス ステータスを使用します。 デフォルトでは、各自のプレゼンス ステータスはシステムによって自動的に判別されます。

社内の連絡先またはプレゼンス ステータスを表示することを承諾した他の会社の連絡先のプレゼンス ステータスのみが表示されます。

自分のプレゼンス ステータスを手動またはメニューで設定することもできます。

 

手順

方法

表示するステータスを選択します。

このステータスは、別のステータスに変更するか、Cisco Unified Personal Communicator を終了するまで表示され続けます。

コンソール上部付近にある現在のステータスをクリックし、オプションを選択します。

ステータスを設定します。

[ファイル]>[設定]を選択し、[ステータス]をクリックして選択します。 この設定はいつでもコンソールから手動で上書きできます。

Cisco, Cisco Systems, the Cisco logo, and the Cisco Systems logo are registered trademarks or trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the United States and certain other countries. All other trademarks mentioned in this document or Website are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (0705R)

 


[an error occurred while processing this directive]