[an error occurred while processing this directive]
日本語マニュアル一覧
スイッチ
Catalyst 3750 Metro シリーズ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
はじめに
このマニュアルについて
図一覧
表一覧
概要
CLIの使用方法
スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチのクラスタ設定
IE2100 CNSエージェントの設定
スイッチの管理
SDMテンプレートの設定
スイッチベースの認証の設定
802.1xポートベースの認証の設定
インターフェイス特性の設定
SmartPortマクロの設定
VLANの設定
VTPの設定
プライベートVLANの設定
音声VLANの設定
IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定
STPの設定
MSTPの設定
オプションのスパニングツリー機能の設定
Flex Linkの設定
DHCP機能およびIPソース ガードの設定
ダイナミックARP検査の設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
ポートベースのトラフィック制御の設定
CDPの設定
UDLDの設定
SPANおよびRSPANの設定
RMONの設定
システム メッセージ ロギングの設定
SNMPの設定
ACLによるネットワーク セキュリティの設定
QoSの設定
EtherChannelの設定
IPユニキャスト ルーティングの設定
HSRPの設定
MPLSおよびEoMPLSの設定
IPマルチキャスト ルーティングの設定
MSDPの設定
代替ブリッジングの設定
トラブルシューティング
サポートされているMIB
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS Release12.2(25)EYでサポートされていないコマンド

スイッチ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY

表1-1 初期スイッチ設定後のデフォルト設定値    1-10

表2-1 コマンド モードの概要    2-2

表2-2 ヘルプの概要    2-4

表2-3 CLIの主なエラー メッセージ    2-5

表2-4 コマンドの呼び出し方法    2-6

表2-5 キーストロークによるコマンドの編集    2-8

表3-1 デフォルトのスイッチ情報    3-3

表3-2 DHCPサーバの設定    3-9

表3-3 デフォルトのブート コンフィギュレーション    3-13

表3-4 環境変数    3-16

表5-1 自動設定をイネーブルにするための準備作業    5-8

表5-2 CNSの設定の表示    5-13

表6-1 NTPのデフォルト設定    6-5

表6-2 DNSのデフォルト設定    6-17

表6-3 MACアドレス テーブルのデフォルト設定    6-22

表6-4 MACアドレス テーブル表示用のコマンド    6-28

表7-1 各テンプレートが許容する機能リソースの概数    7-2

表8-1 デフォルトのパスワードおよび権限レベル    8-3

表8-2 Kerberosの用語    8-34

表8-3 SSHサーバの設定およびステータスを表示するコマンド    8-43

表8-4 SSLセキュア サーバおよびクライアントのステータスを表示するコマンド    8-50

表9-1 802.1xのデフォルト設定    9-11

表10-1 レイヤ2イーサネット インターフェイスのデフォルト設定    10-13

表10-2 リンクの状態とAuto-MDIX設定    10-18

表10-3 インターフェイス用のshowコマンド    10-25

表10-4 インターフェイス用のclearコマンド    10-26

表11-1 シスコのデフォルトSmartPortマクロ    11-2

表11-2 SmartPortマクロを表示するコマンド    11-8

表12-1 ポート メンバーシップ モード    12-4

表12-2 イーサネットVLANのデフォルト値および範囲    12-9

表12-3 VLANモニタ コマンド    12-18

表12-4 レイヤ2インターフェイス モード    12-20

表12-5 イーサネット トランクのカプセル化タイプ    12-20

表12-6 レイヤ2イーサネット インターフェイスVLANのデフォルト設定   12-22

表12-7 VMPSクライアントおよびダイナミック アクセス ポートのデフォルト設定   12-32

表13-1 VTPモード    13-3

表13-2 VTPのデフォルト設定    13-8

表13-3 VTPモニタ コマンド   13-18

表14-1 プライベートVLANモニタ コマンド   14-16

表16-1 レイヤ2プロトコル トンネリングのデフォルト設定    16-17

表16-2 トンネリングおよびVLANマッピングのモニタおよびメンテナンス用コマンド    16-25

表17-1 スイッチ プライオリティ値および拡張システムID   17-4

表17-2 PVST+、MSTP、Rapid PVST+のインターオペラビリティ   17-11

表17-3 スパニングツリーのデフォルト設定    17-13

表17-4 スパニングツリー タイマー    17-22

表17-5 スパニングツリー ステータスの表示に使用するコマンド    17-24

表18-1 ポート ステートの比較    18-8

表18-2 RSTP BPDUフラグ    18-10

表18-3 MSTPのデフォルト設定    18-13

表18-4 MSTステータスの表示に使用するコマンド    18-25

表19-1 オプションのスパニングツリー機能のデフォルト設定    19-10

表19-2 スパニングツリー ステータスの表示に使用するコマンド    19-18

表20-1 Flex Linkモニタ コマンド   20-4

表21-1 DHCPのデフォルト設定    21-8

表21-2 DHCP情報表示用のコマンド   21-15

表21-3 IPソース ガード情報の表示用コマンド   21-19

表22-1 ダイナミックARP検査のデフォルト設定    22-6

表22-2 ダイナミックARP検査情報を表示するコマンド    22-16

表22-3 ダイナミックARP検査の統計情報をクリアまたは表示するコマンド    22-16

表22-4 ダイナミックARP検査のロギング情報をクリアまたは表示するコマンド    22-16

表23-1 IGMPスヌーピング転送テーブル   23-4

表23-2 アップデートされたIGMPスヌーピング転送テーブル   23-5

表23-3 IGMPスヌーピングのデフォルト設定   23-7

表23-4 IGMPスヌーピング情報表示用のコマンド    23-13

表23-5 MVRのデフォルト設定    23-17

表23-6 MVR情報表示用のコマンド   23-21

表23-7 IGMPフィルタリングのデフォルト設定    23-23

表23-8 IGMPフィルタリング設定を表示するコマンド   23-27

表24-1 セキュリティ違反モードの動作    24-11

表24-2 ポート セキュリティのデフォルト設定   24-11

表24-3 トラフィック制御のステータスおよび設定表示用のコマンド    24-17

表25-1 CDPのデフォルト設定   25-3

表26-1 UDLDのデフォルト設定    26-4

表27-1 SPANおよびRSPANのデフォルト設定    27-11

表28-1 RMONステータス表示用コマンド    28-6

表29-1 システム ログ メッセージ要素    29-3

表29-2 システム メッセージ ロギングのデフォルト設定    29-4

表29-3 メッセージ ロギングのlevelキーワード    29-10

表29-4 ロギングfacility-typeキーワード    29-13

表30-1 SNMPセキュリティ モデルおよびレベル    30-3

表30-2 SNMPの動作    30-3

表30-3 SNMPのデフォルト設定    30-6

表30-4 スイッチの通知タイプ    30-11

表30-5 SNMP情報表示用のコマンド   30-16

表31-1 アクセス リスト番号    31-8

表31-2 アクセス リストおよびアクセス グループを表示するコマンド   31-42

表31-3 VLANマップ情報を表示するコマンド   31-42

表32-1 入力キューのタイプ    32-21

表32-2 トラフィック タイプ、パケット ラベル、およびキュー    32-37

表32-3 入力キュー用の自動QoS設定   32-38

表32-4 出力キューセット用の自動QoS設定   32-38

表32-5 生成される自動QoS設定    32-39

表32-6 入力キューのデフォルト設定    32-47

表32-7 デフォルトのCoS入力キュー スレッシュホールド マップ    32-48

表32-8 デフォルトのDSCP入力キュー スレッシュホールド マップ    32-48

表32-9 出力キューセットのデフォルト設定    32-48

表32-10 デフォルトのCoS出力キュー スレッシュホールド マップ    32-49

表32-11 デフォルトのDSCP出力キュー スレッシュホールド マップ    32-49

表32-12 デフォルトのCoS/DSCPマップ    32-77

表32-13 デフォルトのIP Precedence/DSCPマップ    32-78

表32-14 デフォルトのDSCP/CoSマップ    32-80

表32-15 標準QoS情報を表示するためのコマンド    32-95

表32-16 階層型QoS情報を表示するためのコマンド    32-124

表33-1 EtherChannel PAgPモード    33-4

表33-2 EtherChannel LACPモード    33-6

表33-3 EtherChannelのデフォルト設定    33-9

表33-4 EtherChannel、PAgP、およびLACPステータスを表示するためのコマンド    33-21

表34-1 アドレス指定のデフォルト設定   34-5

表34-2 キャッシュ、テーブル、データベースを消去するコマンド   34-19

表34-3 キャッシュ、テーブル、データベースを表示するコマンド   34-19

表34-4 RIPのデフォルト設定   34-21

表34-5 OSPFのデフォルト設定    34-28

表34-6 IP OSPF統計情報の表示コマンド   34-35

表34-7 EIGRPのデフォルト設定   34-37

表34-8 IP EIGRPのclearおよびshowコマンド   34-41

表34-9 BGPのデフォルト設定   34-44

表34-10 ハード リセットとソフト リセットの利点および欠点   34-49

表34-11 IP BGPのclearおよびshowコマンド    34-62

表34-12 IS-ISのデフォルト設定   34-64

表34-13 ISO CLNSおよびIS-ISのclearおよひshowコマンド    34-72

表34-14 VRFのデフォルト設定   34-75

表34-15 IP OSPF統計情報の表示コマンド   34-83

表34-16 ダイナミック ルーティング プロトコルのデフォルトの管理距離    34-86

表34-17 IPルートの削除またはルート ステータスの表示を行うコマンド   34-98

表35-1 HSRPのデフォルト設定   35-4

表36-1 MPLSおよびEoMPLS情報表示用のコマンド   36-24

表37-1 RPFチェックに関するルーティング テーブルの例   37-7

表37-2 マルチキャスト ルーティングのデフォルト設定    37-9

表37-3 IGMPのデフォルト設定    37-29

表37-4 キャッシュ、テーブル、およびデータベースをクリアするコマンド    37-54

表37-5 システムおよびネットワーク統計情報を表示するコマンド    37-55

表37-6 IPマルチキャスト ルーティングをモニタするためのコマンド    37-55

表38-1 MSDPのモニタおよびメンテナンスのためのコマンド    38-19

表38-2 MSDP接続、統計情報、またはSAキャッシュ エントリをクリアするためのコマンド    38-19

表39-1 代替ブリッジングのデフォルト設定    39-4

表39-2 代替ブリッジングのモニタおよびメンテナンスのためのコマンド   39-12

表40-1 ping出力表示文字    40-12

表40-2 traceroute出力表示文字    40-16

表B-1 show file systemsフィールドの説明    B-2

表B-2 ファイルに関する情報を表示するためのコマンド    B-3

表B-3 infoファイルの説明    B-22


[an error occurred while processing this directive]