[an error occurred while processing this directive]
日本語マニュアル一覧
スイッチ
Catalyst 3750 Metro シリーズ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
はじめに
このマニュアルについて
図一覧
表一覧
概要
CLIの使用方法
スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチのクラスタ設定
IE2100 CNSエージェントの設定
スイッチの管理
SDMテンプレートの設定
スイッチベースの認証の設定
802.1xポートベースの認証の設定
インターフェイス特性の設定
SmartPortマクロの設定
VLANの設定
VTPの設定
プライベートVLANの設定
音声VLANの設定
IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定
STPの設定
MSTPの設定
オプションのスパニングツリー機能の設定
Flex Linkの設定
DHCP機能およびIPソース ガードの設定
ダイナミックARP検査の設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
ポートベースのトラフィック制御の設定
CDPの設定
UDLDの設定
SPANおよびRSPANの設定
RMONの設定
システム メッセージ ロギングの設定
SNMPの設定
ACLによるネットワーク セキュリティの設定
QoSの設定
EtherChannelの設定
IPユニキャスト ルーティングの設定
HSRPの設定
MPLSおよびEoMPLSの設定
IPマルチキャスト ルーティングの設定
MSDPの設定
代替ブリッジングの設定
トラブルシューティング
サポートされているMIB
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS Release12.2(25)EYでサポートされていないコマンド

スイッチ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY

図1-1 集合住宅用構成のCatalyst 3750 Metroスイッチ   1-14

図1-2 レイヤ2 VPN構成   1-15

図1-3 MPLS VPN構成   1-16

図3-1 DHCPクライアントとサーバのメッセージ交換   3-4

図3-2 リレー デバイスを使用した自動設定   3-7

図3-3 DHCPベースの自動設定ネットワークの例   3-9

図4-1 SNMPによるクラスタ管理   4-5

図5-1 Configuration Registrarのアーキテクチャの概要   5-2

図5-2 初期設定の概要   5-6

図6-1 一般的なNTPネットワーク構成   6-4

図8-1 一般的なTACACS+ネットワーク構成   8-12

図8-2 RADIUSからTACACS+サービスへの移行   8-20

図9-1 802.1xデバイスの役割   9-2

図9-2 メッセージ交換   9-4

図9-3 無線LANの例   9-6

図10-1 レイヤ2スイッチによるVLANの接続   10-6

図10-2 レイヤ3スイッチによるVLANの接続   10-7

図12-1 論理的に定義されたネットワークとしてのVLAN   12-2

図12-2 STPポート プライオリティによるロード シェアリング   12-28

図12-3 パス コストによってトラフィックが分散されるロード シェアリング トランク   12-29

図12-4 ダイナミック ポートVLANメンバーシップの構成   12-37

図13-1 VTPプルーニングなしでのフラッディング トラフィック   13-6

図13-2 VTPプルーニングによるフラッディング トラフィックの最適化   13-6

図14-1 プライベートVLANドメイン   14-2

図14-2 複数のスイッチにまたがるプライベートVLAN   14-4

図15-1 スイッチに接続したCisco 7960 IP Phone   15-2

図16-1 サービス プロバイダー ネットワークの802.1Qトンネル ポート   16-2

図16-2 標準、802.1Q、および二重タグ付きイーサネット パケットのフォーマット   16-3

図16-3 802.1QトンネリングおよびネイティブVLANの潜在的な問題   16-6

図16-4 VLANマッピングの例   16-10

図16-5 レイヤ2プロトコル トンネリング   16-14

図16-6 BPDUトンネリングを使用しない仮想ネットワーク トポロジー   16-14

図16-7 EtherChannelのレイヤ2プロトコル トンネリング   16-15

図17-1 スパニングツリー インターフェイスのステート   17-6

図17-2 スパニングツリー トポロジー   17-8

図17-3 スパニングツリーおよび冗長接続   17-9

図18-1 MSTリージョン、ISTマスター、およびCSTルート   18-4

図18-2 高速コンバージェンスの提案および合意ハンドシェイク   18-9

図18-3 高速コンバージェンス中のイベント シーケンス   18-10

図19-1 PortFastイネーブル設定インターフェイス   19-2

図19-2 階層型ネットワークのスイッチ   19-4

図19-3 直接リンク障害発生前のUplinkFastの例   19-5

図19-4 直接リンク障害発生後のUplinkFastの例   19-5

図19-5 間接リンク障害発生前のBackboneFastの例   19-7

図19-6 間接リンク障害発生後のBackboneFastの例   19-7

図19-7 メディア共有型トポロジーへのスイッチの追加   19-8

図19-8 SPネットワークにおけるルート ガード   19-9

図20-1 Flex Linkの設定例   20-2

図21-1 メトロポリタン イーサネット ネットワークのDHCPリレー エージェント   21-4

図21-2 サブオプション パケット フォーマット   21-6

図22-1 ARPキャッシュ ポイズニング   22-2

図22-2 ダイナミックARP検査がイネーブルになったVLAN上でのARPパケットの検証   22-4

図23-1 最初のIGMP Joinメッセージ   23-4

図23-2 2番めのホストのマルチキャスト グループへの加入   23-5

図23-3 MVRの例   23-15

図24-1 ブロードキャスト ストーム制御の例   24-3

図26-1 UDLDによる単一方向リンク検出   26-4

図27-1 単一スイッチでのローカルSPANの設定例   27-3

図27-2 RSPANの設定例   27-4

図28-1 RMONの例   28-2

図30-1 SNMPネットワーク   30-5

図31-1 ACLによるネットワーク トラフィックの制御   31-4

図31-2 VLANマップによるトラフィックの制御   31-5

図31-3 ルータACLによるトラフィックの制御   31-23

図31-4 配線クローゼットの構成   31-36

図31-5 別のVLANにあるサーバへのアクセス拒否   31-37

図31-6 スイッチド パケットへのACLの適用   31-39

図31-7 ブリッジド パケットへのACLの適用   31-40

図31-8 ルーテッド パケットへのACLの適用   31-40

図31-9 マルチキャスト パケットへのACLの適用   31-41

図32-1 フレームおよびパケットのQoS分類レイヤ   32-4

図32-2 基本的なQoSモデル   32-5

図32-3 入力分類のフローチャート   32-10

図32-4 非階層型単一レベルの入力ポリシングおよびマーキングのフローチャート   32-15

図32-5 SVIでの階層型デュアルレベルの入力ポリシングおよびマーキングのフローチャート   32-16

図32-6 入力および出力キューの位置   32-18

図32-7 WTDおよびキューの動作   32-19

図32-8 入力キューイングおよびスケジューリングのフローチャート   32-20

図32-9 出力キューセットのキューイングおよびスケジューリングのフローチャート   32-23

図32-10 出力キューセットのバッファ割り当て   32-24

図32-11 2つのレートを使用するポリシングおよびマーキングのフローチャート   32-31

図32-12 階層型キューのキューイングおよびスケジューリングに関するフローチャート   32-33

図32-13 自動QoSを設定したネットワークの例   32-44

図32-14 QoSドメイン内のポートの信頼状態   32-53

図32-15 別のQoSドメインとの境界ポートでのDSCP信頼状態   32-58

図33-1 EtherChannelの一般的な構成   33-2

図33-2 物理ポート、論理ポート チャネル、およびチャネル グループの関係   33-3

図33-3 負荷分散および転送方法   33-8

図34-1 ルーティング トポロジーの例   34-2

図34-2 IPクラスレス ルーティングがイネーブルの場合   34-7

図34-3 IPクラスレス ルーティングがディセーブルの場合   34-8

図34-4 EBGP、IBGP、および複数のAS   34-42

図34-5 複数の仮想CEとして機能するCatalyst 3750 Metroスイッチ   34-74

図34-6 multi-VRF CEの設定例   34-79

図35-1 HSRPの一般的な構成   35-3

図36-1 VPNおよびサービス プロバイダー バックボーン   36-5

図36-2 カスタマー サイトおよびVPN   36-5

図36-3 MPLS VPNパケット フローの例   36-13

図36-4 EoMPLSの例   36-15

図36-5 EoMPLSパケット フローの例   36-19

図36-6 2つのカスタマー サイトを接続するMPLSネットワーク   36-21

図37-1 IPマルチキャスト ルーティング プロトコル   37-2

図37-2 RPFチェック   37-7

図37-3 PIMv2 BSRメッセージの抑制   37-20

図37-4 共有ツリーおよび送信元ツリー(SPT)   37-25

図37-5 管理の有効範囲付き境界   37-38

図37-6 リーフの非プルーニングDVMRPネイバ   37-47

図37-7 ルータが非プルーニングDVMRPネイバを拒否する例   37-48

図37-8 接続されたユニキャスト ルートにのみアドバタイズ(デフォルト)する例   37-51

図38-1 RPピア間で動作するMSDP   38-3

図38-2 デフォルトのMSDPピア ネットワーク   38-5

図39-1 代替ブリッジング ネットワークの例   39-3


[an error occurred while processing this directive]