[an error occurred while processing this directive]
日本語マニュアル一覧
スイッチ
Catalyst 3750 Metro シリーズ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
はじめに
このマニュアルについて
図一覧
表一覧
概要
CLIの使用方法
スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチのクラスタ設定
IE2100 CNSエージェントの設定
スイッチの管理
SDMテンプレートの設定
スイッチベースの認証の設定
802.1xポートベースの認証の設定
インターフェイス特性の設定
SmartPortマクロの設定
VLANの設定
VTPの設定
プライベートVLANの設定
音声VLANの設定
IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定
STPの設定
MSTPの設定
オプションのスパニングツリー機能の設定
Flex Linkの設定
DHCP機能およびIPソース ガードの設定
ダイナミックARP検査の設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
ポートベースのトラフィック制御の設定
CDPの設定
UDLDの設定
SPANおよびRSPANの設定
RMONの設定
システム メッセージ ロギングの設定
SNMPの設定
ACLによるネットワーク セキュリティの設定
QoSの設定
EtherChannelの設定
IPユニキャスト ルーティングの設定
HSRPの設定
MPLSおよびEoMPLSの設定
IPマルチキャスト ルーティングの設定
MSDPの設定
代替ブリッジングの設定
トラブルシューティング
サポートされているMIB
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS Release12.2(25)EYでサポートされていないコマンド

スイッチ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY

この章では、Catalyst 3750 MetroスイッチにCisco Discovery Protocol(CDP)を設定する方法について説明します。

この章で使用されるコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのコマンド リファレンス、および『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』Release 12.2の「System Management Commands」を参照してください。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

CDPの概要
CDPの設定
CDPのモニタおよびメンテナンス

CDPの概要

CDPは、すべてのシスコ デバイス(ルータ、ブリッジ、アクセス サーバ、およびスイッチ)のレイヤ2(データリンク層)上で動作するデバイス ディスカバリ プロトコルです。これにより、ネットワーク管理アプリケーションは、既知デバイスに近接しているシスコのデバイスを検出できます。ネットワーク管理アプリケーションは、CDPによって、下位レイヤのトランスペアレント プロトコルが稼働する近接デバイスのデバイス タイプおよびSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェント アドレスを学習できます。この機能によって、アプリケーションから近接デバイスにSNMPクエリを送信することができます。

CDPは、Subnetwork Access Protocol(SNAP)をサポートしているすべてのメディアで稼働します。CDPがデータリンク層でしか稼働しないため、異なるネットワーク レイヤ プロトコルをサポートする2つのシステムは、お互いについて学習できます。

CDPを設定した各デバイスは、マルチキャスト アドレスに対して定期的にメッセージを送信し、SNMPメッセージを受信できるアドレスを1つまたは複数アドバタイズします。このアドバタイズには、受信デバイスでCDP情報を廃棄せずに保持しておく時間を表すTime To Live(TTL)、つまりホールドタイム情報も含まれます。各デバイスは、他のデバイスから送信されたメッセージのリスニングも行って近接デバイスについて学習します。

スイッチはCDPバージョン2をサポートします。

CDPの設定

ここでは、CDPの設定および手順について説明します。

CDPのデフォルト設定
CDP特性の設定
CDPのディセーブル化およびイネーブル化
インターフェイスでのCDPのディセーブル化およびイネーブル化

CDPのデフォルト設定

表25-1 に、CDPのデフォルト設定を示します。

表25-1 CDPのデフォルト設定

機能

デフォルト設定

CDPグローバル ステート

イネーブル

CDPインターフェイス ステート

イネーブル

CDPタイマー(パケット アップデート頻度)

60秒

CDPホールドタイム(廃棄までの時間)

180秒

CDPバージョン2アドバタイズ

イネーブル

CDP特性の設定

CDPのアップデート頻度、廃棄するまでに情報を保持する時間、およびバージョン2アドバタイズ送信の有無を設定できます。

CDPタイマー、ホールドタイム、およびアドバタイズのタイプを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

ステップ2〜4はすべて任意なので、順序不同で実行できます。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

cdp timer seconds

(任意)CDPアップデートの伝送頻度を秒単位で設定します。

指定できる範囲は5〜254秒で、デフォルトは60秒です。

ステップ 3

cdp holdtime seconds

(任意)このデバイスから送信された情報を受信デバイスが廃棄するまで保持する時間を指定します。

指定できる範囲は10〜255秒です。デフォルトは180秒です。

ステップ 4

cdp advertise-v2

(任意)バージョン2アドバタイズを送信するようにCDPを設定します。

これがデフォルト ステートです。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

show cdp

デバイスのCDPに関するグローバル情報を表示して設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルト設定に戻す場合は、CDPコマンドの no 形式を使用します。

次に、CDP特性を設定および確認する方法を示します。

Switch# configure terminal

Switch(config)# cdp timer 50

Switch(config)# cdp holdtime 120

Switch(config)# cdp advertise-v2

Switch(config)# end

Switch # show cdp

Global CDP information:

Sending CDP packets every 50 seconds

Sending a holdtime value of 120 seconds

Sending CDPv2 advertisements is enabled

CDPの show コマンドの詳細については、 CDPのモニタおよびメンテナンス を参照してください。

CDPのディセーブル化およびイネーブル化

CDPはデフォルトでイネーブルに設定されています。

CDPデバイス ディスカバリ機能をディセーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no cdp run

CDPをディセーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ディセーブル化されているCDPをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

cdp run

ディセーブル化されているCDPをイネーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

次に、ディセーブル化されているCDPをイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal

Switch(config)# cdp run

Switch(config)# end

インターフェイスでのCDPのディセーブル化およびイネーブル化

CDP情報の送受信をサポートするすべてのインターフェイスでは、CDPはデフォルトでイネーブルに設定されています。

インターフェイスでCDPをディセーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、CDPをディセーブルにするインターフェイスを入力します。

ステップ 3

no cdp enable

インターフェイスのCDPをディセーブルにします。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ディセーブル化されているインターフェイスでCDPをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、CDPをイネーブルにするインターフェイスを入力します。

ステップ 3

cdp enable

ディセーブルになっているインターフェイスのCDPをイネーブルにします。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、ポート上でディセーブル化されているCDPをイネーブルにする手順を示します。

Switch# configure terminal

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1

Switch(config-if)# cdp enable

Switch(config-if)# end

CDPのモニタおよびメンテナンス

ご使用のデバイスのCDPをモニタおよびメンテナンスするには、イネーブルEXECモードで次の手順を1つまたは複数実行します。

コマンド

説明

clear cdp counters

トラフィックのカウンタをゼロにリセットします。

clear cdp table

ネイバに関するCDPテーブルの情報を削除します。

show cdp

送信頻度、送信されたパケットのホールドタイムなどのグローバル情報を表示します。

show cdp entry entry-name [ protocol version ]

特定のネイバに関する情報を表示します。

アスタリスク(*)を入力してすべてのCDPネイバを表示することも、情報が必要なネイバの名前を入力することもできます。

また、指定したネイバ上でイネーブルになっているプロトコルに関する情報、またはデバイス上で動作するソフトウェアのバージョンに関する情報のみを表示することもできます。

show cdp interface [ interface-id ]

CDPがイネーブル化されているインターフェイスに関する情報を表示します。

そのインターフェイスのみのCDP情報を表示するには、インターフェイスIDを入力します。

show cdp neighbors [ interface-id ] [ detail ]

デバイスのタイプ、インターフェイスのタイプおよび番号、ホールドタイム設定、機能、プラットフォーム、ポートIDなど、ネイバに関する情報を表示します。

特定のインターフェイスでのネイバ情報のみを表示することも、より詳細な情報を表示することもできます。

show cdp traffic

CDPカウンタ(送受信されたパケット数、チェックサム エラーなど)を表示します。

次に、 show cdp イネーブルEXECコマンドの出力例を示します。

Switch # show cdp

Global CDP information:

Sending CDP packets every 50 seconds

Sending a holdtime value of 120 seconds

Sending CDPv2 advertisements is enabled


[an error occurred while processing this directive]