[an error occurred while processing this directive]
日本語マニュアル一覧
スイッチ
Catalyst 3750 Metro シリーズ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
はじめに
このマニュアルについて
図一覧
表一覧
概要
CLIの使用方法
スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチのクラスタ設定
IE2100 CNSエージェントの設定
スイッチの管理
SDMテンプレートの設定
スイッチベースの認証の設定
802.1xポートベースの認証の設定
インターフェイス特性の設定
SmartPortマクロの設定
VLANの設定
VTPの設定
プライベートVLANの設定
音声VLANの設定
IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定
STPの設定
MSTPの設定
オプションのスパニングツリー機能の設定
Flex Linkの設定
DHCP機能およびIPソース ガードの設定
ダイナミックARP検査の設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
ポートベースのトラフィック制御の設定
CDPの設定
UDLDの設定
SPANおよびRSPANの設定
RMONの設定
システム メッセージ ロギングの設定
SNMPの設定
ACLによるネットワーク セキュリティの設定
QoSの設定
EtherChannelの設定
IPユニキャスト ルーティングの設定
HSRPの設定
MPLSおよびEoMPLSの設定
IPマルチキャスト ルーティングの設定
MSDPの設定
代替ブリッジングの設定
トラブルシューティング
サポートされているMIB
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS Release12.2(25)EYでサポートされていないコマンド

スイッチ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY

この章では、Catalyst 3750 Metroスイッチに音声VLAN(仮想LAN)機能を設定する方法について説明します。音声VLANは、Catalyst 6500ファミリー スイッチのマニュアルでは、 補助VLAN と呼ばれる場合もあります。

ここで使用されるコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのコマンド リファレンスを参照してください。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

音声VLANの概要
音声VLANの設定
音声VLANの表示

音声VLANの概要

音声VLAN機能によって、アクセス ポートは、IP PhoneからのIP音声トラフィックを搬送できるようになります。スイッチがCisco 7960 IP Phoneに接続されている場合、IP Phoneはレイヤ3 IP
precedenceとレイヤ2 Class of Service(CoS;サービス クラス)値(どちらもデフォルトでは5に設定される)を付けて音声トラフィックを送信します。データが不均一に送信されるとIP Phone通話の音質は劣化する可能性があるので、スイッチはIEEE 802.1p CoSに基づくQuality of Service(QoS;サービス品質)をサポートしています。QoSは、分類とスケジューリングを使用して、スイッチからのネットワーク トラフィックを予測可能な方法で送信します。QoSの詳細については、 第32章 「QoSの設定」 を参照してください。

Cisco 7960 IP Phoneは設定変更可能なデバイスで、802.1pプライオリティでトラフィックを転送するように設定できます。IP Phoneによって割り当てられたトラフィック プライオリティを信頼または無効にするようにスイッチを設定できます。

Cisco IP Phoneは、統合型3ポート内蔵10/100スイッチを装備しています( 図15-1 を参照)。ポートは次のデバイスとの接続を提供します。

ポート1は、スイッチまたはその他のVoice-over-IP(VoIP)デバイスに接続します。
ポート2は、IP Phoneトラフィックを搬送する内蔵10/100インターフェイスです。
ポート3(アクセス ポート)、はPCまたはその他のデバイスに接続します。

図15-1 に、Cisco 7960 IP Phoneの接続方法の1つを示します。

図15-1 スイッチに接続したCisco 7960 IP Phone

Cisco IP Phoneの音声トラフィック

Cisco IP Phoneが接続されたアクセス ポートは、接続デバイスから電話機への音声トラフィック用に1つのVLANを使用し、データ トラフィック用に別のVLANを使用するように設定できます。スイッチ上のアクセス ポートは、Cisco Discovery Protocol(CDP)パケットを送信するように設定できます。CDPパケットは、接続されたCisco IP Phoneに、次のいずれかの方法で音声トラフィックをスイッチへ送信するように指示します。

レイヤ2 CoSプライオリティ値のタグ付きフレームを音声VLAN内に送信
レイヤ2 CoSプライオリティ値のタグ付きフレームをアクセスVLAN内に送信
タグなし(レイヤ2 CoSプライオリティ値なし)フレームをアクセスVLAN内に送信

どの構成でも音声トラフィックはレイヤ3 IP precedence値(デフォルトは、音声トラフィックの場合が5、音声制御トラフィックの場合が3)を搬送します。

Cisco IP Phoneのデータ トラフィック

スイッチは、Cisco IP Phoneのアクセス ポートに接続されたデバイスからのタグ付きデータ トラフィック(802.1Qまたは802.1pフレーム タイプのトラフィック)を処理することもできます( 図15-1 を参照)。スイッチ上のレイヤ2 アクセス ポートは、CDPパケットを送信するように設定できます。このCDPパケットは、接続されたCisco IP Phoneに次のモードのいずれかにIP Phoneアクセス ポートを設定するように指示します。

信頼モードでは、Cisco IP Phoneのアクセス ポートを通じて受信したすべてのトラフィックが変更されずにIP Phoneを通過します。
信頼できないモードでは、IP Phoneのアクセス ポートを通じて受信した802.1Qまたは802.1pフレームのすべてのトラフィックが、設定済みのレイヤ2 CoS値を受け取ります。デフォルトのレイヤ2 CoS値は0です。デフォルトのモードは、信頼できないモードです。

Cisco IP Phoneに接続されたデバイスからのタグなしトラフィックは、IP Phoneのアクセス ポートの信頼状態に関係なく、変更されずにIP Phoneを通過します。

音声VLANの設定

ここでは、アクセス ポートに音声VLANを設定する方法について説明します。ここでは、次の設定情報について説明します。

音声VLANのデフォルト設定
音声VLAN設定時の注意事項
Cisco 7960 IP Phoneに接続するポートの設定

音声VLANのデフォルト設定

音声VLAN機能はデフォルトではディセーブルに設定されています。

音声VLAN機能をイネーブルにすると、すべてのタグなしトラフィックは、ポートのデフォルトのCoSプライオリティに従って送信されます。

CoS値は、802.1pまたは802.1Qタグ付きトラフィックでは信頼されません。

音声VLAN設定時の注意事項

音声VLAN設定時の注意事項は次のとおりです。

音声VLANはスイッチのアクセス ポートに設定する必要があります。音声VLANはトランク ポートではサポートされていません。音声VLANはレイヤ2ポートにのみ設定できます。

音声VLANがサポートされるのは、アクセス ポートのみです。設定で許可されている場合でも、トランク ポートではサポートされません。

プライベートVLANポートに音声VLANを設定しないでください。
音声VLANをイネーブルにする前に、mls qosグローバル コンフィギュレーション コマンドを入力してスイッチでQoSをイネーブルにし、mls qos trust cosインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力してポートの信頼状態をtrustに設定することを推奨します。自動QoS機能を使用すると、これらの設定値が自動的に設定されます。詳細については、 第32章 「QoSの設定」 を参照してください。
Cisco IP Phoneへコンフィギュレーション ファイルを送信するために、Cisco IP Phoneに接続するスイッチ ポートのCDPをイネーブルにする必要があります(デフォルトでは、CDPはすべてのスイッチ インターフェイスでグローバルにイネーブルになっています)。
音声VLANを設定すると、PortFast機能は自動的にイネーブルに設定されます。音声VLAN機能をディセーブルにしてもPortFast機能は自動的にディセーブルになりません。
Cisco IP PhoneとCisco IP Phoneに接続されたデバイスが同じVLANに属する場合は、同じサブネットに属する必要があります。次の状態は、それらが同じVLANに属していることを示しています。
− 両方が、802.1pまたはタグなしフレームを使用している。
− Cisco IP Phoneが802.1pフレームを使用し、デバイスがタグなしフレームを使用している。
− Cisco IP Phoneがタグなしフレームを使用し、デバイスが802.1pフレームを使用している。
− Cisco IP Phoneが802.1Qフレームを使用し、音声VLANがアクセスVLANと同一である。
Cisco IP PhoneとIP Phoneに接続されたデバイスが、同じVLANとサブネットに属していても、異なるフレーム タイプを使用する場合、同じサブネット内のトラフィックはルーティングされないため(ルーティングによってフレーム タイプの違いは排除されてしまう)、それらは通信できません。
音声VLANでは、スタティック セキュアMAC(メディア アクセス制御)アドレスを設定できません。
音声VLANポートは、次のポート タイプにすることもできます。
− ダイナミック アクセス ポート。詳細については、 「VMPS クライアントのダイナミックアクセスポートの設定」 を参照してください。
− 802.1x認証ポート。詳細については、 「802.1x 認証の設定」 を参照してください。
− 保護ポート。詳細については、 保護ポートの設定 を参照してください。
− SPAN(スイッチド ポート アナライザ)またはRSPANセッションの送信元または宛先ポート。
− セキュア ポート。詳細については、 ポート セキュリティの設定 を参照してください。

インターフェイス上でポート セキュリティをイネーブルにし、さらに音声VLANを使用するようにも設定する場合は、ポートで許可されるセキュア アドレスの最大数を、アクセスVLANで許可されているセキュア アドレスの最大数に2を加えた値に設定する必要があります。ポートがCisco IP Phoneに接続されている場合は、IP PhoneにMACアドレスが最大で2つ必要です。IP Phoneアドレスは音声VLAN上で学習されますが、アクセスVLAN上で学習される場合もあります。PCをIP Phoneに接続するには、さらにMACアドレスが必要になります。

Cisco 7960 IP Phoneに接続するポートの設定

Cisco 7960 IP Phoneは、PCまたはその他のデバイスへの接続もサポートするので、Cisco IP Phoneにスイッチを接続するポートは、混合トラフィックを搬送できます。ポートは、IP Phoneが音声トラフィックとデータ トラフィックをどのように搬送しているか判断するように設定できます。

ここで説明する内容は次のとおりです。

IP Phoneの音声トラフィックの設定
着信データ フレームのプライオリティの設定

IP Phoneの音声トラフィックの設定

Cisco IP Phoneに接続するポートは、CDPパケットを送信するように設定できます。このCDPパケットは、IP Phoneに、音声トラフィックを送信する方法を設定するように指示します。IP Phoneは、レイヤ2 CoS値を持ち、特定の音声VLANに対応する802.1Qフレームで音声トラフィックを搬送できます。802.1pプライオリティ タギングを使用して、音声トラフィックにより高いプライオリティを付け、ネイティブ(アクセス)VLAN経由ですべての音声トラフィックを転送できます。また、IP Phoneはタグなしトラフィックを送信することもできれば、自分の設定を使用してアクセスVLAN内でトラフィックを送信することもできます。どの構成でも、音声トラフィックはレイヤ3 IP precedence値(デフォルトは5)を搬送します。

ポートに音声トラフィックを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、IP Phoneに接続されているインターフェイスを指定します。

ステップ 3

mls qos trust cos

パケットCoS値を使用して入力トラフィックのパケットを分類するようにインターフェイスを設定します。タグなしパケットの場合は、ポートのデフォルトのCoS値が使用されます。

(注) ポートの信頼状態を設定する前に、最初に、 mls qos グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、グローバルにQoSをイネーブルにする必要があります。

ステップ 4

switchport voice vlan { vlan-id | dot1p | none | untagged}

Cisco IP Phoneが音声トラフィックを搬送する方法を設定します。

vlan-id ― 指定されたVLAN経由ですべての音声トラフィックを転送するように、Cisco IP Phoneを設定します。デフォルトでは、Cisco IP Phoneは、802.1Qプライオリティ値5で音声トラフィックを転送します。有効なVLAN IDは1〜4094です。
dot1p ― 音声トラフィック用に802.1pプライオリティ タギングを使用し、デフォルトのネイティブVLAN(VLAN 0)を使用してすべてのトラフィックを搬送するように、Cisco IP Phoneを設定します。デフォルトでは、Cisco IP Phoneは、802.1pプライオリティ値5で音声トラフィックを転送します。
none ― IP Phoneは、自分の設定を使用してタグなし音声トラフィックを送信できます。
untagged ― タグなし音声トラフィックを送信するようにIP Phoneを設定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

show interfaces interface-id switchport または

show running-config interface interface-id

音声VLANエントリを確認します。

QoSと音声VLANの設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、IP Phoneに接続されたポートが、CoS値を使用して入力トラフィックを分類し、音声トラフィックに802.1pプライオリティ タギングを使用し、デフォルトのネイティブVLAN(VLAN 0)を使用してすべてのトラフィックを搬送するように設定する例を示します。

Switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1

Switch(config-if)# mls qos trust cos

Switch(config-if)# switchport voice vlan dot1p

Switch(config-if)# end

ポートをデフォルト設定に戻すには、 no switchport voice vlan インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

着信データ フレームのプライオリティの設定

PCまたはその他のデータ処理デバイスをCisco IP Phoneのポートに接続できます。タグ付きデータ トラフィック(802.1Qまたは802.1pフレーム)を処理するため、CDPパケットを送信するようにスイッチを設定できます。このCDPパケットは、IP Phoneに、Cisco IP Phoneのアクセス ポートに接続デバイスからのデータ パケットを送信する方法を指示します。PCは、割り当てられたCoS値を持つパケットを生成できます。接続デバイスからIP Phoneに到達したフレームのプライオリティを変更しない(信頼する)、または無効化する(信頼しない)ように、Cisco IP Phoneを設定できます。

Cisco IP Phoneで、非音声ポートから受信したデータ トラフィックのプライオリティを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、IP
Phoneに接続されているインターフェイスを指定します。

ステップ 3

switchport priority extend { cos value | trust }

IP Phoneアクセス ポートから受信したデータ トラフィックのプライオリティを設定します。

cos value ― 指定のCoS値を持つPCまたは接続デバイスから受信したプライオリティを無効化するように、IP Phoneを設定します。CoS値は0〜7の数字です。7が最高のプライオリティになります。デフォルトのプライオリティは、 cos 0です。
trust ― PCまたは接続デバイスから受信したプライオリティを信頼するようIP Phone アクセス ポートを設定します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show interfaces interface-id switchport

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、IP Phoneに接続されたポートが、PCまたは接続先デバイスから受信したフレームのプライオリティを変更しないように設定する例を示します。

Switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1

Switch(config-if)# switchport priority extend trust

Switch(config-if)# end

ポートをデフォルト設定に戻すには、 no switchport priority extend インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

音声VLANの表示

インターフェイスの音声VLAN設定を表示するには、 show interfaces interface-id switchport イネーブルEXECコマンドを使用します。


[an error occurred while processing this directive]