[an error occurred while processing this directive]
日本語マニュアル一覧
スイッチ
Catalyst 3750 Metro シリーズ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
はじめに
このマニュアルについて
図一覧
表一覧
概要
CLIの使用方法
スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチのクラスタ設定
IE2100 CNSエージェントの設定
スイッチの管理
SDMテンプレートの設定
スイッチベースの認証の設定
802.1xポートベースの認証の設定
インターフェイス特性の設定
SmartPortマクロの設定
VLANの設定
VTPの設定
プライベートVLANの設定
音声VLANの設定
IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定
STPの設定
MSTPの設定
オプションのスパニングツリー機能の設定
Flex Linkの設定
DHCP機能およびIPソース ガードの設定
ダイナミックARP検査の設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
ポートベースのトラフィック制御の設定
CDPの設定
UDLDの設定
SPANおよびRSPANの設定
RMONの設定
システム メッセージ ロギングの設定
SNMPの設定
ACLによるネットワーク セキュリティの設定
QoSの設定
EtherChannelの設定
IPユニキャスト ルーティングの設定
HSRPの設定
MPLSおよびEoMPLSの設定
IPマルチキャスト ルーティングの設定
MSDPの設定
代替ブリッジングの設定
トラブルシューティング
サポートされているMIB
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS Release12.2(25)EYでサポートされていないコマンド

スイッチ
Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY

この章では、Catalyst 3750 MetroスイッチでSwitch Database Management(SDM)テンプレートを設定する方法について説明します。

ここで使用されるコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのコマンド リファレンスを参照してください。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

SDMテンプレートの概要
スイッチSDMテンプレートの設定
SDMテンプレートの表示

SDMテンプレートの概要

ネットワークでのスイッチの使用状況に応じて、SDMテンプレートを使用して、特定の機能に対するサポートを最適化するようにスイッチのシステム リソースを設定できます。一部の機能がシステムを最大限使用するようなテンプレートを選択したり、リソースを均衡化するデフォルト テンプレートを使用したりできます。

テンプレートは、システム リソースに優先順位をつけて、次の機能タイプのサポートを最適化します。

ルーティング ― ルーティング テンプレートは、通常、ネットワークの中心にあるルータまたはアグリゲータで必要となります。ユニキャスト ルーティングに対して、システム リソースを最大化します。
VLAN(仮想LAN) ― VLANテンプレートは、ルーティングをディセーブルにし、最大数のユニキャストMAC(メディア アクセス制御)アドレスをサポートします。通常は、レイヤ2スイッチ用に選択されます。
デフォルト ― デフォルト テンプレートは、すべての機能に対してリソースを均衡化します。

dual-ipv4-and-ipv6 テンプレートは、コマンドラインのヘルプ ストリングに表示されていますが、サポートされていません。

表7-1 に、3つのテンプレートがそれぞれサポートする各リソースの概数を示します。

.

表7-1 各テンプレートが許容する機能リソースの概数

リソース

テンプレート

デフォルト値

ルーティング

VLAN

ユニキャストMACアドレス

6 K

3 K

12 K

IGMPグループとマルチキャスト ルート

1 K

1 K

1 K

ユニキャスト ルート

8 K

11 K

0

直接接続されたホスト

6 K

3 K

0

間接ルート

2 K

8 K

0

PBR ACE(アクセス制御エントリ)

0

512

0

QoS(サービス品質)分類ACE

512

512

512

セキュリティACE

1 K

1 K

1 K

レイヤ2 VLAN

1 K

1 K

1 K

表の最初の8行(ユニキャストMACアドレスからセキュリティACEまで)は、各テンプレートが選択されたときに設定されるハードウェアのおおよその限度を表します。ハードウェア リソースのある部分がいっぱいの場合は、処理のオーバーフローはすべてCPUに送られ、スイッチのパフォーマンスに重大な影響が出ます。最後の行は、スイッチのレイヤ2 VLANの数に関連するハードウェア リソース消費量を計算するための目安です。

スイッチSDMテンプレートの設定

ここでは、スイッチで使用されるSDMテンプレートの設定方法について説明します。ここでは、次の設定情報について説明します。

デフォルトのSDMテンプレート
SDMテンプレートの設定時の注意事項
SDMテンプレートの設定

デフォルトのSDMテンプレート

デフォルトのテンプレートは「デフォルト デスクトップ」テンプレートです。

SDMテンプレートの設定時の注意事項

設定を有効にするには、スイッチをリロードする必要があります。

ルーティングをサポートしていないレイヤ2スイッチング専用スイッチ上に限り、 sdm prefer vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してください。VLANテンプレートを使用している場合は、ルーティング エントリ用のシステム リソースは確保されていないため、ルーティングはソフトウェアを通じて実行されます。これにより、CPUは過負荷となり、ルーティング パフォーマンスは大幅に低下します。

スイッチでのルーティングをイネーブルにしない場合は、ルーティング テンプレートを使用しないでください。 sdm prefer routing グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、他の機能がルーティング テンプレート内のユニキャスト ルーティングに割り振られたメモリを使用するのを防ぐことができます。

SDMテンプレートの設定

SDMテンプレートを使用してリソースを最適化するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

コマンド

説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

sdm prefer { default | routing | vlan }

スイッチで使用するSDMテンプレートを指定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

default ― スイッチがレイヤ2機能とレイヤ3機能の間でシステム リソースを均衡化するように設定します。
routing ― スイッチでのルーティングを最適化します。
vlan ― ハードウェアでのルーティングをサポートしないスイッチでのVLAN設定を最適化します。

(注) dual-ipv4-and-ipv6 キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングに表示されていますが、サポートされていません。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

reload

オペレーティング システムをリロードします。

システムの再起動後、 show sdm prefer イネーブルEXECコマンドを使用して、新しいテンプレート設定を確認できます。 show sdm prefer コマンドを入力してから、 reload イネーブルEXECコマンドを入力すると、 show sdm prefer コマンドは、現在使用中のテンプレートおよびリロード後にアクティブになるテンプレートを表示します。

次に、テンプレートを変更後にスイッチをリロードしなかった場合の出力例を示します。

Switch# show sdm prefer

The current template is "desktop routing" template.

The selected template optimizes the resources in

the switch to support this level of features for

8 routed interfaces and 1024 VLANs.

number of unicast mac addresses: 3K

number of igmp groups + multicast routes: 1K

number of unicast routes: 11K

number of directly connected hosts: 3K

number of indirect routes: 8K

number of qos aces: 512

number of security aces: 1K

On next reload, template will be "desktop vlan" template.

デフォルトのテンプレートに戻すには、 no sdm prefer グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、スイッチにルーティング テンプレートを設定する例を示します。

Switch(config)# sdm prefer routing

Switch(config)# end

Switch# reload

Proceed with reload? [confirm]

SDMテンプレートの表示

パラメータを指定せずに show sdm prefer イネーブルEXECコマンドを使用すると、アクティブ テンプレートが表示されます。

指定のテンプレートがサポートしているリソース数を表示するには、 show sdm prefer [ default | routing | vlan ]イネーブルEXECコマンドを使用します。

次に、使用中のテンプレートを表示する show sdm prefer コマンドの出力例を示します。

Switch# show sdm prefer

The current template is "desktop default" template.

The selected template optimizes the resources in

the switch to support this level of features for

8 routed interfaces and 1024 VLANs.

number of unicast mac addresses: 6K

number of igmp groups + multicast routes: 1K

number of unicast routes: 8K

number of directly connected hosts: 6K

number of indirect routes: 2K

number of policy based routing aces: 0

number of qos aces: 512

number of security aces: 1K

次に、 show sdm prefer routing コマンドの出力例を示します。

Switch# show sdm prefer routing

"desktop routing" template:

The selected template optimizes the resources in

the switch to support this level of features for

8 routed interfaces and 1024 VLANs.

number of unicast mac addresses: 3K

number of igmp groups + multicast routes: 1K

number of unicast routes: 11K

number of directly connected hosts: 3K

number of indirect routes: 8K

number of policy based routing aces: 512

number of qos aces: 512

number of security aces: 1K


[an error occurred while processing this directive]