Navbar-jp
banner.gif
Toolbar-jp
blankdot.gif
PDFGetAcro

無線マルチポイント ネットワーク モジュールの接続
16_connwmnm-1.gif

この章では、Cisco 2600シリーズおよびCisco 3600シリーズ ルータ用の無線マルチポイント ネットワーク モジュール(Diversity付き)の取り付け方法について説明します。内容は次のとおりです。

無線マルチポイント ネットワーク モジュール

このモジュール(別名SU[加入者ユニット])は、各加入者サイトと単一ヘッドエンド サイトの間で、高速ブロードバンドによる固定無線RF(無線周波)リンクを提供します(無線マルチポイント ネットワーク モジュール(Diversity付き)を参照)。このリンクは、ライセンスが付与されたMMDSバンド(2.500〜2.690 GHz)またはライセンスが付与されていないU-NIIバンド(5.725〜5.825 GHz)で全二重データを配信します。

システムのヘッドエンドは、Cisco uBR7200シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ、1つまたは複数の無線モデム カード、および各モデム カードに必要なサブシステムで構成されています。Diversityオプションでは、サイトごとに、アンテナがそれぞれ接続された無線トランスバータを2つ使用して、フェーディングの影響を最小限に抑えます(マルチパス受信およびDiversity受信によるマルチポイント通信を参照)。

無線マルチポイント ネットワーク モジュール(Diversity付き)

16_connwmnm-2.gif

マルチパス受信およびDiversity受信によるマルチポイント通信

16_connwmnm-3.gif

このネットワーク モジュールは、無線トランスバータのRFサブシステムに制御およびデータ用インターフェイスを提供します。また、ベースバンドからIF(中間周波数)へのアップダウン変換も行います。1つのネットワーク モジュールは、1つまたは2つの無線トランスバータ(メインおよびDiversity)をサポートします。

加入者ユニット システム

各加入者ユニット システム(マルチポイント加入者ユニット システムのコンポーネントを参照)は、必須ケーブルおよび次の機器で構成されます。

マルチポイント加入者ユニット システムのコンポーネント

16_connwmnm-4.gif

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

無線マルチポイント ネットワーク モジュールを使用する場合は、ルータに16 MB以上のフラッシュ メモリを搭載する必要があります。

ルータ上でCisco IOS Release 12.1(3)XQ1以上が稼働している必要があります。さらに、無線マルチポイント ネットワーク モジュールに外部マイクロコードがバンドルされている必要があります。このマイクロコードは、
http://www.cisco.com/pcgi-bin/tablebuild.pl/rsuからダウンロードできます。使用するルータにマイクロコードをロードする方法については、『Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration GuideRelease 12.1の「Cisco IOS File Management」の章「Loading and Maintaining System Images and Microcode」を参照してください。

無線ポートのネットワーク接続

屋内IF同軸ケーブルを使用して、無線ネットワーク モジュールのMAINコネクタを電源イジェクタに接続します。Diversity機能を使用している場合は、ネットワーク モジュールのDIVERSITYコネクタを2番目の電源イジェクタに接続します。

無線マルチポイント ネットワーク モジュールのLED

無線マルチポイント ネットワーク モジュールには、無線マルチポイント ネットワーク モジュールのLEDに示すLEDがあります。

無線マルチポイント ネットワーク モジュールのLED

LED

意味

EN(イネーブル)

モジュールは、セルフテストを正常に終了して、ルータ上で使用できる状態になっています。

RECEIVE DATA

モジュールはパケットを受信しています。

SEND DATA

モジュールはパケットを送信しています。

CARRIER

無線リンクのステートを示します。グリーンの場合は、無線リンクが同期していて、回線プロトコルがアップ状態です。イエローの場合は、リンクが同期していません。

OUT OF SERVICE

イエローの場合は、無線リンクがアップ状態にもかかわらず、使用できません(通常はテスト中であるか、またはループバック モードです)。

MINOR ALARM

イエローの場合は、リンクが劣化していてメンテナンスが必要であるか、1つまたは複数のユーザ定義のイベント スレッシュホールドを超過しています。

MAJOR ALARM

リンクがダウンしています。

関連資料

詳細については、次の資料を参照してください。

加入者ユニット

ヘッドエンド

Toolbar-jp

All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.