Navbar-jp
banner.gif
Toolbar-jp
blankdot.gif
PDFGetAcro

ISDN PRIネットワーク モジュールの接続
08_ConntPRI-1.gif

この章では、シスコ モジュラ ルータ用のISDN PRI(1次群速度インターフェイス)ネットワーク モジュールの接続方法を説明します。内容は次のとおりです。

特に明記されていない限り、この章のPRIモジュールの意味には、上記のすべてのネットワーク モジュールが含まれます。

CT1/PRIモジュールには、Channel Service Unit(CSU;チャネル サービス ユニット)が内蔵されているモジュールと内蔵されていないモジュール、および1ポート モジュールと2ポート モジュールがあります。CT1/PRIモジュールは外部CSUに接続する必要があります。CT1/PRI-CSUモジュールは直接ネットワークに接続できます。T1モジュールの各T1ポートは、最大24の仮想チャネルを提供します。各チャネルは独立したシリアル インターフェイスとして設定できます。

CT1/PRIモジュールおよびCT1/PRI-CSUモジュールは、1.544 MbpsのT1速度でデータを双方向に送受信します。

チャネライズド T1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)

ここでは、次のネットワーク モジュールについて説明します。

シスコ チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)では、1次群速度のISDN回線を1本または2本接続することが可能です。T1またはE1インターフェイスは、Cisco IOSのCLI(コマンドライン インターフェイス)コマンドを使用して設定できます。各ポートでは、100/200 ohmの平衡型および75 ohmの不平衡型終端がサポートされており、RJ-48CコネクタおよびDB-15、BNCなどのケーブル付属品を備えています。オンボードのAdvanced Integration Module(AIM)コネクタは、将来のユニバーサル ポートでのAIMサポートに備えたものです。

シスコ チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)(NM-1CE1T1-PRIおよびNM-2CE1T1-PRI)は、次のネットワーク モジュール(この章で後述)の代わりに使用できます。

シスコ チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)をサポートするシスコ モジュラ アクセス ルータについては、シスコ チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)をサポートするモジュラ アクセス ルータを参照してください。

シスコ チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)をサポートするモジュラ アクセス ルータ

モジュラ アクセス ルータ

NM-1CE1T1-PRI

NM-2CE1T1-PRI

Cisco 26xx

サポートなし

サポートなし

Cisco 26xxXM

サポートあり

サポートあり

Cisco 2691

サポートあり

サポートあり

Cisco 3620

サポートなし

サポートなし

Cisco 3631

サポートあり

サポートあり

Cisco 3640

サポートなし

サポートなし

Cisco 3660

サポートあり

サポートあり

Cisco 37xx

サポートあり

サポートあり

1ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)および2ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)に、1ポートおよび2ポート チャネライズド T1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)の前面プレートを示します。

1ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)

08_ConntPRI-4.gif

2ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)

08_ConntPRI-5.gif

チャネライズド T1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)の防食電流のイネーブル化

防食電流はセントラル オフィスからカードに送信される微弱電流(60〜140ミリアンペア)で、モジュールのネットワーク接続部の電気接点が腐食するのを防止します。

防食電流機能は、エンド ユーザがイネーブルまたはディセーブルに設定できます。防食電流は、ネットワーク モジュールのJ8(CTLR 0)およびJ9(CTRL 1)コネクタ上のジャンパの位置を調節してイネーブルまたはディセーブルに設定します(チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)上の防食電流ジャンパの取り付け位置を参照)。

防食電流機能をイネーブルにするには、J8およびJ9コネクタ上のピン1とピン2をジャンパで接続します。防食電流機能をディセーブルにするには、ジャンパを取り外すか、またはJ8およびJ9コネクタ上でピン2とピン3を接続します。

出荷時のカードは、J8およびJ9コネクタ上でピン2とピン3がジャンパ接続されており、防食電流機能はディセーブルになっています。

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)上の防食電流ジャンパの取り付け位置

08_ConntPRI-6.gif

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のネットワーク接続

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のネットワーキング デバイスへの接続に、チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)とネットワーキング デバイス間の接続例を示します。

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のネットワーキング デバイスへの接続

08_ConntPRI-8.gif

チャネライズドT1/ISDN PRIネットワーク モジュール

ここでは、次のシスコ モジュラ ルータ用のネットワーク モジュールについて説明します。

1ポート チャネライズドT1/ISDN PRIネットワーク モジュール

08_ConntPRI-9.gif
2ポート チャネライズドT1/ISDN PRIネットワーク モジュール

08_ConntPRI-10.gif

CT1/PRIモジュールのネットワーク接続

CT1/PRIモジュールをネットワークに接続するには、DB-15/DB-15 T1シリアル ケーブルを使用して、CT1/PRIポートにT1 CSUを接続します(CT1/PRIモジュールとT1 CSUの接続を参照)。これらのポートのカラー コードは薄茶色です。

CT1/PRIモジュールとT1 CSUの接続

08_ConntPRI-11.gif

チャネライズドT1/ISDN PRI(CSU内蔵)ネットワーク モジュール

ここでは、次のシスコ モジュラ ルータ用のネットワーク モジュールについて説明します。

1ポート チャネライズドT1/ISDN PRI(CSU内蔵)ネットワーク モジュール

08_ConntPRI-12.gif
2ポート チャネライズドT1/ISDN PRI(CSU内蔵)ネットワーク モジュール

08_ConntPRI-13.gif

CT1/PRI CSUモジュールのネットワーク接続

CT1/PRI CSUモジュールをネットワークに接続するには、RJ-48C/RJ-48Cストレート ケーブルを使用して、RJ-48CポートとRJ-48Cジャックを接続します(CT1/PRI CSUモジュールとRJ-48Cジャックの接続を参照)。これらのポートのカラー コードは薄茶色です。

CT1/PRI CSUモジュールとRJ-48Cジャックの接続

08_ConntPRI-14.gif

チャネライズドE1/ISDN PRI平衡型(120 ohm)ネットワーク モジュール

ここでは、次のシスコ モジュラ ルータ用のネットワーク モジュールについて説明します。

1ポート チャネライズドE1/ISDN PRIネットワーク モジュール(平衡型)

08_ConntPRI-15.gif
2ポート チャネライズドE1/ISDN PRIネットワーク モジュール(平衡型)

08_ConntPRI-16.gif

CE1/PRIモジュールには、E1ポートが1個のモジュールと2個のモジュール、および平衡型インターフェイスのモジュールと不平衡型インターフェイスのモジュールがあります。これらのモジュールは、2.048 MbpsのE1速度で双方向にデータを送受信します。各E1ポートの最大仮想チャ? lル数は30です。各チャネルは独立したシリアル インターフェイスとして設定できます。

CE1/PRIモジュールのジャンパの設定

CE1/PRIモジュールのジャンパを参照)。平衡型120 ohmのCE1/PRI-Bモジュールでは、デフォルトの設定で、アースへの受信シールドが切断されます。不平衡型75 ohmのCE1/PRI-Uモジュールでは、デフォルトの設定で、アースに受信シールドが接続されます。E1ケーブルでアース ループの問題が発生した場合は、モジュールのジャンパの設定を変更すると、改善される場合もあります。

CE1/PRIモジュールのジャンパ

CE1/PRIモジュールのタイプ

デフォルト設定値

機能

平衡型、120 ohm

2および3

受信シールドをアースから切断

不平衡型、75 ohm

1および2

受信シールドをアースに接続

CE1/PRI-Bモジュールのネットワーク接続

120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/DB-15コネクタ)の接続120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/Twinaxコネクタ)の接続120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/RJ-45コネクタ)の接続に、それぞれDB-15、Twinax、およびRJ-45 CSUの例を示します)。これらのポートのカラー コードは薄茶色です。

120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/DB-15コネクタ)の接続

08_ConntPRI-17.gif
120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/Twinaxコネクタ)の接続

08_ConntPRI-18.gif
120 ohm CE1/PRI-BモジュールとE1 CSU(DB-15/RJ-45コネクタ)の接続

08_ConntPRI-19.gif

チャネライズドE1/ISDN PRI不平衡型(75 ohm)ネットワーク モジュール

ここでは、次のシスコ モジュラ ルータ用のネットワーク モジュールについて説明します。

1ポート チャネライズドE1/ISDN PRIネットワーク モジュール(不平衡型)

08_ConntPRI-20.gif
2ポート チャネライズドE1/ISDN PRIネットワーク モジュール(不平衡型)

08_ConntPRI-21.gif

CE1/PRIモジュールのジャンパの設定

CE1/PRIモジュールのジャンパを参照)。平衡型120 ohmのCE1/PRI-Bモジュールでは、デフォルトの設定で、アースへの受信シールドが切断されます。不平衡型75 ohmのCE1/PRI-Uモジュールでは、デフォルトの設定で、アースに受信シールドが接続されます。E1ケーブルでアース ループの問題が発生した場合は、モジュールのジャンパの設定を変更すると、改善される場合もあります。

CE1/PRIモジュールのジャンパ

CE1/PRIモジュールのタイプ

デフォルト設定値

機能

平衡型、120 ohm

2および3

受信シールドをアースから切断

不平衡型、75 ohm

1および2

受信シールドをアースに接続

CE1/PRI-Uモジュールのネットワーク接続

CE1/PRI-UモジュールとE1 CSU(DB-15/BNCコネクタ)の接続を参照)。これらのポートのカラー コードは薄茶色です。図には、BNCコネクタの付いたCSUが示されています。

CE1/PRI-UモジュールとE1 CSU(DB-15/BNCコネクタ)の接続

08_ConntPRI-22.gif

PRIモジュールのLED

すべてのネットワーク モジュールにイネーブル(EN)LEDがあります。このLEDは、モジュールがセルフテストを正常に終了して、ルータ上で使用できる状態になっていることを示します。

ISDN PRIネットワーク モジュールのLEDを参照してください。

ISDN PRIネットワーク モジュールのLED

LED

意味

RA

接続のリモート側でのローカル アラーム

LA

過剰エラーによるLoss of Signal(LOS;信号損失)、Loss of Frame(LOF;フレーム損失)、または使用不能状態

LP

コントローラのローカル ループバック

CD

Telcoリンク上でキャリアを受信

チャネライズド T1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLED

1ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLED2ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLEDチャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLEDを参照してください。

ISDN PRIネットワーク モジュールのLEDを参照してください。

1ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLED

08_ConntPRI-23.gif

2ポート チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLED

08_ConntPRI-24.gif

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)のLED

LED

意味

T1

グリーン

インターフェイスが平衡型T1用に設定されています。

E1-BAL

グリーン

インターフェイスが平衡型E1用に設定されています。

E1-UNBAL

グリーン

インターフェイスが不平衡型E1用に設定されています。

C0

グリーン

ポート0がモニタ用のバンタム コネクタに接続されています。

C1

グリーン

ポート1がモニタ用のバンタム コネクタに接続されています。

AIM

グリーン

ネットワーク モジュールにAIMが設置されています。

CT1/PRIネットワーク モジュールのLED

1ポートCT1/PRIネットワーク モジュールのLED2ポートCT1/PRIネットワーク モジュールのLEDに、CT1/PRIネットワーク モジュールのLEDを示します。

1ポートCT1/PRIネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-25.gif
2ポートCT1/PRIネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-26.gif

CT1/PRI CSUネットワーク モジュールのLED

1ポートCT1/PRI CSUネットワーク モジュールのLED2ポートCT1/PRI CSUネットワーク モジュールのLEDに、CT1/PRI CSUモジュールのLEDを示します。

1ポートCT1/PRI CSUネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-27.gif
2ポートCT1/PRI CSUネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-28.gif

CE1/PRIネットワーク モジュールのLED

1ポートCE1/PRIネットワーク モジュールのLED2ポートCE1/PRIネットワーク モジュールのLEDに、CE1/PRIモジュールのLEDを示します。これらのLEDは、平衡型モジュールも不平衡型モジュールも同じです。

1ポートCE1/PRIネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-29.gif
2ポートCE1/PRIネットワーク モジュールのLED

08_ConntPRI-30.gif

シスコPRIネットワーク モジュールのOIR(Cisco 3660およびCisco 3745の場合のみ)

一部のシスコ モジュラ アクセス ルータでは、電源をオンにしたままネットワーク モジュールを交換しても、他のインターフェイスの動作に影響は生じません。この機能はOnline Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)といいます。ネットワーク モジュールのOIRにより、ネットワーク上のユーザは中断することなく作業を続けることができ、すべてのルーティング情報が維持され、セッションが切断されることもありません。

この手順の実行中にコンソールに表示される情報やエラー メッセージについては、ご使用のルータのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

ISDN PRIネットワーク モジュールのアップグレード

Cisco 3600シリーズ ルータに、従来型ISDN PRIネットワーク モジュールとデジタル モデム ネットワーク モジュール(製品番号NM-6DM、NM-12DM、NM-18DM、NM-24DM、NM-30DM)を搭載する場合、ISDN PRIネットワーク モジュールを-03以上のリビジョン レベルにアップグレードする必要があります。ISDN PRIネットワーク モジュールのそれ以前のリビジョンは、デジタル モデム ネットワーク モジュールにモデム コールを送信できません。

PRIモジュールのリビジョンが適切でないと、ルータの起動時に次のようなメッセージが表示されます。

The PRI network module in slot 0 is incompatible with the digital modems installed in the router.

リビジョン レベルを判断するには、ネットワーク モジュール本体を調べる(ルータの外側から)か、Cisco IOSのshow diagコマンドを使用します。モジュール ボード上のラベルには、800-で始まりリビジョン レベルで終わる部品番号が記されています。

show diagコマンドを使用すると、次のような出力が表示されます。

Port adapter is analyzed

Port adapter insertion time unknown

Hardware revision 1.0           Board revision A0

Serial number     4152626       Part number    800-01236-01

Test history      0x0           RMA number     00-00-00

EEPROM format version 1

EEPROM contents (hex):

   0x20: 01 26 01 00 00 3F 5D 32 50 04 CC 01 00 00 00 00

   0x30: 50 00 00 00 96 11 04 17 FF FF FF FF FF FF FF FF

テクニカル サポートを参照してください。

関連資料

詳細については、次の資料を参照してください。

ハードウェア マニュアル

Cisco 2600シリーズについては、『Cisco 2600 Series Routers』のマニュアルを参照してください。

Cisco 3600シリーズについては、『Cisco 3600 Series Routers』のマニュアルを参照してください。

Cisco 3700シリーズについては、『Cisco 3700 Series Routers』のマニュアルを参照してください。

Cisco IOSソフトウェア マニュアル

Cisco IOS Release 12.3Tについては、『Cisco IOS Release 12.3T』のマニュアルを参照してください。

チャネライズドT1/E1 PRIネットワーク モジュール(G.703内蔵)でサポートされるCisco IOSの機能については、『1/2 Port T1/E1 Channelized + PRI Network Module with G.703』を参照してください。

Toolbar-jp

All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.