その他プロトコル



これらのテクノロジー別のドキュメントは、ネットワークの設計、実装、設定、トラブルシューティングなどの作業に役立ちます。

AppleTalk

Apple Computer は、Apple ハードウェアに組み込まれた LocalTalk インターフェイスを使用して Apple システム間のファイル転送、プリンタ共有、およびメール サービスを実現するために、AppleTalk プロトコル スイートを開発しました。AppleTalk をイーサネットなどの他のネットワーク メディアへポーティングするには、LocalTalk からイーサネットへのブリッジを使用したり、Apple マシン用のイーサネット アドイン ボードを使用したりします。

AppleTalk は、マルチレイヤ プロトコルであり、インターネットワーク ルーティング、トランザクションとデータ ストリーム サービス、ネーミング サービス、および包括的なファイルと印刷の共有機能を提供します。さらに、AppleTalk プロトコルに対応した多数のサードパーティ製アプリケーションが存在します。

次のドキュメントは英語で提供しています。

テクノロジー情報

トラブルシューティングとアラート

Banyan VINES

10 年以上にわたり、Banyan Systems は、大規模な異種ネットワーク上でパーソナル コンピュータを接続するテクノロジーを提供しています。現在、世界中で 3 百万を超える人々が Banyan を利用しており、Banyan VINES ネットワークの数は数万にも達しています。

Banyan は、重要なビジネスでは多数の異種コンピュータと広範囲に分散した Local-Area Network(LAN; ローカルエリア ネットワーク)を接続して単一の全社ネットワークにすることが必要であると認識した最初の Network Operating System(NOS; ネットワーク OS)ベンダーでした。こうした VINES ネットワークの多くは、50 以上のユーザをサポートしています。International Data Corporation(マサチューセッツ州フレーミングハムにある市場調査会社)によると、Banyan は、UNIX プラットフォーム(インターネット サーバとして現在最もよく使用されている)用のネットワーク オペレーティング システムの主導的サプライヤです。

クライアント コンピュータとサーバ コンピュータの間で直接的な情報交換を可能にするために始めたものが、ほぼすべての情報システムの構築方法に変革をもたらしました。Dataquest による市場調査では、Fortune 1000 企業の少なくとも半数が Banyan の顧客であり、競争の激しい市場において Banyan は優位な立場にいます。

DECNet

DECNet はデータ コミュニケーション製品のグループで、Digital Equipment Corporation(DEC)で開発とサポートが行われていたプロトコル スイートが含まれます。

次のドキュメントは英語で提供しています。

トラブルシューティングとアラート

Microsoft Windows ネットワーキング

Windows ネットワーキングとは、Microsoft オペレーティング システム上で利用可能なさまざまなプロトコル、ユーティリティ、ソフトウェア、および機能を意味します。これには、NetBEUI(NetBIOS over LLC2)、NWLink(NetBIOS over Internetwork Packet Exchange(IPX))、NetBIOS over TCP(NBT)などのプロトコルが含まれます。

Novell Internetwork Packet Exchange

Novell プロトコル スイート(IPX を含む)では、ネットワーク層において MAC アドレスがネットワーク層アドレスに埋め込まれているか、MAC アドレスの決定にアルゴリズムが使用されるため、MAC アドレスを予測できます。Novell プロトコル スイートは、ほとんどのメディアアクセス プロトコル(レイヤ 2)上で、またほとんどの種類のコンピュータ システム(PC からメインフレームまで)上で動作します。

IPX ルーティング

Internetwork Packet Exchange。発信データ パケットをネットワーク上でルーティングするプロトコル。それぞれの NetWare ネットワークは、サーバが設定されるときに、一意のアドレスが割り当てられます。 IPX ルータは、このアドレスを使用して、インターネットワーク内でパケットをルーティングします。

IPX では、Routing Information Protocol(RIP)で収集された情報に基づいてルーティングが決定されます。

次のドキュメントは英語で提供しています。

設定

テクノロジー情報

トラブルシューティングとアラート

開放型システム間相互接続(OSI) OSI

International Organization for Standardization(ISO; 国際標準化機構)は、Open Systems Interconnection(OSI; 開放型システム間相互接続)プロトコル スイートで使用するために、ルーティング プロトコルの包括的なスイートを開発しました。 これには、Intermediate System-to-Intermediate Systems(IS-IS)、End System-to-Intermediate System(ES-IS)、および Interdomain Routing Protocol(IDRP)が含まれます。

OSI アプリケーション サービス

Open System Interconnection(OSI; 開放型システム間相互接続)プロトコル スイートは、OSI 参照モデルに基づいた多数の標準プロトコルで構成されます。これらのプロトコルは、マルチベンダー機器の相互運用性を支援するデータネットワーキング プロトコルやその他の標準を開発する国際的な計画の一部を構成するものです。

OSI ルーティング

OSI プロトコル スイートのアプリケーション層の実装は、さまざまなアプリケーション エンティティで構成されます。アプリケーション エンティティとは、OSI プロトコル スイートの動作に関連するアプリケーション プロセスの一部を構成するものです。

次のドキュメントは英語で提供しています。