MS Windows ネットワーキング

NetBIOS over IPを使用してブラウズを可能にする方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

このドキュメントでは、プライマリ ドメイン コントローラ(PDC)および Windows Name Service(WINS)サーバに到達するためにアクセス ルータに対して、IP を使用する方法、および WINS サーバに到達するために PC をセットアップする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WINS サーバ。

  • PDC ユーザ 存在のログインネーム。

  • Windows 95 を実行する PC。

注: ほとんどの場合、ドメインおよびないワークグループを使用します(TCP (NBT)上の WINS および NetBIOS、たとえば、ドメインのない作業)。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このセクションはあなたがこの資料を続行することができるように必須バックグラウンド情報を提供します。

ドメイン名であるためにワークグループ名を設定 して下さい

ワークグループ名をドメイン名であるために設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows 95 を実行する PC で Start ボタンをクリックして下さい、『Control Panel』 を選択 し、そしてネットワークをクリックして下さい。

  2. ネットワークコンポーネントからリストして下さい、『Client for Microsoft Networks』 を選択 して下さい。

  3. Properties ボタンをクリックします。

  4. クライアント ウィンドウが表示するとき、Windows 95 ドメイン ボックスのドメイン名をタイプして下さい。 [OK] をクリックします。

マスタブラウザをディセーブルにして下さい

マスタブラウザがブロードキャスト ドメインでインストールされる Windows 95 があるすべてのコンピュータでディセーブルにされるようにする必要があります。 これはそうしなければ、それらがそのネットワークのすべてのコンピュータのための参照を壊すという理由により、それらをドメイン ブラウジングに見えなくします。 次の手順を実行します。

  1. Start ボタンをクリックし、『Settings』 を選択 し、『Control Panel』 をクリック して下さい。

  2. ネットワークを選択して下さい。

  3. Network ウィンドウで、『TCP/IP <card manufacturer and model> Adapter』 を選択 して下さい。

  4. Properties ボタンをクリックします。

  5. TCP/IP Properties ウィンドウで、Advanced タブをクリックして下さい。

  6. マスタブラウザのためのエントリがある場合、エントリを選択し、に値を変更して下さい。

ネットワーク構成図

この資料に説明がある一般的 な セットアップを表すネットワークダイアグラムはここにあります:

/image/gif/paws/17057/nb_1.gif

個々のユーザ: ルータを渡る NetBIOS over IP と参照する方法

ネットワーク構成図

nb_2.gif

ユーザ使用 Async かサービス統合デジタル網(ISDN)およびユーザが個々のエンドホストからダイヤルインする参照したいと思えばドメイン名ですためにおよびマスタブラウザ セクションをディセーブルにするためにワークグループ名 セットのステップを完了する必要があります。 またダイヤル接続を許可するルータでグローバルコマンドによって RFC1877 情報を提供する必要があります:

  1. async-bootp dns-server x.x.x.x を設定 して下さい(x.x.x.x は DNSサーバです)。

  2. async-bootp nbns-server y.y.y.y を設定 して下さい(y.y.y.y は WINS サーバです)。

繋ぐためにローカルルータを設定して下さい

注: ドメインを使用することを推奨します。

注: ドメインを使用できない場合ブロードキャストにあふれる必要があります。 これは非同期回線でまだ可能性のあるではないです。

LAN インターフェイスで、これらのステップを完了して下さい:

  1. これらのコマンドを実行して下さい:

    • ip forward-protocol UDP (ユーザ・データグラム・プロトコル) 137

    • ip forward-protocol UDP (ユーザ・データグラム・プロトコル) 138

    • ip forward-protocol spanning-tree

  2. 次に、フラッディングを必要とするすべてのインターフェイスのブリッジを設定して下さい。 これは IP ブロードキャストにあふれるためにスパニングツリーを作成します。 ip forward-protocol spanning-tree コマンドのためのコマンドレファレンスマニュアルは言います:

    パケットはあふれることのために考慮されるべき次の条件を満たす必要があります:

    • パケットは MACレベルブロードキャストである必要があります。

    • パケットは IP レベル ブロードキャストである必要があります; すなわち、すべてのネットワーク ブロードキャスト(255.255.255.255)または主要なネットワーク ブロードキャスト(131.108.255.255、たとえば)。

    • パケットは Trivial File Transfer Protocol (TFTP)、ドメイン ネーム サービス(DNS)、時間、NetBIOS、ND、BOOTPパケット、または ip forward-protocol udp global configuration コマンドによって規定 される User Data Protocol (UDP)である必要があります。

    • パケットの Time To Live (TTL)値は少なくとも 2 である必要があります。

あふれられた UDP データグラムはアウトプットインターフェイスの ip broadcast-address interface configuration コマンドによって規定 される 宛先アドレスを指定されます。 あらゆる望ましい アドレスへの宛先アドレスは設定 することができます。 従って、宛先アドレスはデータグラムがネットワークによって伝搬すると同時に変更できます。 送信元アドレスは決して変更されません。 TTL 値低下。 従ってインターフェイス(および可能性のある変更される宛先アドレス)のデータグラムを送信するためにデシジョンがなされた後データグラムは標準 IP 出力 ルーチンにそれらがアウトプットインターフェイスにある場合、渡され、アクセス リストに応じてあります。

ip forward-protocol spanning-tree コマンドはブリッジ Spanning Tree Protocol (STP)によって作成されるデータベースを使用します。 従って、トランスペアレント ブリッジング オプションはルーティング ソフトウェアにある必要があります。 さらに、ブリッジングはこの機能をサポートするあふれることに加わる必要がある各インターフェイスで設定する必要があります。 インターフェイスに設定されるブリッジがない場合それはまだブロードキャストを受信できるが決してそのインターフェイスで受信されたブロードキャストを転送しません。 また、それは決して異なるインターフェイスで受信されたブロードキャストを送信 するのにそのインターフェイスを使用しません。

実際のブリッジが必要とならない場合、ブリッジングからのすべてのパケットタイプを否定するタイプコード ブリッジング フィルタを設定できます。 アクセス リストのブリッジドトラフィックをフィルタリングするのに使用に関する詳細については Bridging and IBM Networking コンフィギュレーション ガイドの設定トランスペアレント ブリッジング章を参照して下さい。

注: ブラウザで上記されるセクションを見つけるのに検索 機能を使用できます。

スパニングツリー データベースはフラッディングのために使用して IP転送コードにまだ利用できます。 スパニングツリーベースのフラッディング機能はコンテンツがすべての物であるパケットを転送します(255.255.255.255)、すべてのゼロ(サブネット化が有効に なれば 0.0.0.0)、および、すべてのネットワーク(一例として 131.108.255.255 131.108.0.0) ネットワーク番号で。 このメカニズムはまたコンテンツがサブネット化が有効に なるときすべてのネットワークのバージョンがブロードキャストしたゼロであるパケットを転送します(たとえば、131.108.0.0)。

NetBIOS のより多くのヒント

IPXベース NetBIOS に関しては、はたらく参照のためのすべてのインターフェイスのタイプ 20 伝搬パケットの入出力を許可する ipx type-20-propagation コマンドを発行して下さい。 型 20 パケットは IPX ルータ仕様で指定どおりにループ 検出および制御に応じてあります。

NetBIOS Extended User Interface (NetBEUI)に関しては基づいた NetBIOS、すべての参加インターフェイスは繋ぐ必要があります。

詳細については NetBIOS over IP 関連 問題で、TCP/IP および LMHOST ファイルとのドメイン ブラウジングを参照して下さいleavingcisco.com

また、マイクロソフトのサポート サイトに参照でき TCP/IP および LMHOST ファイルとのドメイン ブラウジングとよばれる技術情報 Q150800 を捜します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 17057