DECnet

MOP プロトコルタイプおよびマルチキャスト・アドレス

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2010 年 12 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

このドキュメントでは、MOP プロトコル タイプおよびマルチキャスト アドレスについて説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

説明

Maintenance Operation Protocol(MOP; メンテナンス オペレーション プロトコル)は、DIGITAL Network Architecture のネットワーク管理層に存在し、下位の層に直接アクセスすることによって制御を可能にします。 MOP は、ユーザ層とデータリンク層のインターフェイスとなります。

このイーサネット データリンクは、Digital Equipment Corporation(DEC)の企業間イーサネット データリンクの実装です。 これによってメンテナンス オペレーションを同時に行うことができ、マルチアクセス チャネルとして機能します。 MOP は、特定のプロトコル タイプとマルチキャスト アドレスを備えています。

プロトコル タイプには、次のものがあります。

Value           Protocol
-----           --------

90-00           Loopback
60-01           Dump/Load
60-02           Remote Console

マルチキャスト アドレスには、次のものがあります。

CF00.0000.0000 (Loopback assistance)

AB00.0001.0000 (Dumps/Loads assistance) 

AB00.0002.0000 (Remote Console)

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 10702