DECnet

LAT ノードおよびサービス名

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

この資料はローカル エリア トランスポート(LAT) ノードおよびサービス名が Cisco IOS によってどのようにの使用されるか例を提供したものです。 この例では、LAT 接続をモニタリングできる方法についても説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

LAT の要件

他のノードからの LAT サービス アドバタイズメントをルータで自動的に認識するには、ルータを次のように設定する必要があります。

  • LAT をサポートする Cisco IOS ソフトウェア イメージ

  • 適切なインターフェイスでイネーブルになっている LAT

これらの要件の例を次に示します。

hopper# show version
Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 2500 Software (C2500-J-L), Version 11.2(12.1), MAINTENANCE INTERIM SOFTWARE
Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 02-Mar-98 15:01 by cuser
Image text-base: 0x0303F1BC, data-base: 0x00001000

hopper# show lat service
Service Name     Rating   Interface  Node (Address)
ALBIE                84   Ethernet0  ALBIE (aa00.0400.0a28)
  Ident:        Welcome to OpenVMS VAX V7.1    
ALFIE                67   Ethernet0  ALFIE (aa00.0400.1728)
  Ident:        Welcome to OpenVMS (TM) VAX Operating System, Version V7.1    
ALPHIE               71   Ethernet0  ALPHIE (0800.2be6.9ec9)
  Ident: @sys$manager:announce.txt

LAT は非同期ポートの有効な入力および出力トランスポートであるため、LAT が有効なトランスポートとして設定されている限り、ルータは自分宛ての LAT 送信請求に応答します。 次に例を示します。

line 2 3
 transport input all

hopper# show line 2
 Tty Typ     Tx/Rx     A Modem  Roty AccO AccI  Uses    Noise   Overruns
   2 TTY   9600/9600   -    -      -    -    -     0        0        0/0
 
Line 2, Location: "", Type: ""
Length: 24 lines, Width: 80 columns
Baud rate (TX/RX) is 9600/9600, no parity, 2 stopbits, 8 databits
Status: Ready
Capabilities: none
Modem state: Ready
Group codes:    0
Modem hardware state: noCTS noDSR  DTR RTS
Special Chars: Escape  Hold  Stop  Start  Disconnect  Activation
                ^^x    none   -     -       none         
Timeouts:      Idle EXEC    Idle Session   Modem Answer  Session   Dispatch
               00:10:00        never                        none     not set
                            Idle Session Disconnect Warning
                              never 
Modem type is unknown.
Session limit is not set.
Time since activation: never
Editing is enabled.
History is enabled, history size is 10.
DNS resolution in show commands is enabled
Full user help is disabled
Allowed transports are lat pad v120 mop telnet rlogin nasi.  Preferred is lat.
No output characters are padded
No special data dispatching characters

LAT 接続の作成

LAT 接続を確立するには 2 つの方法があります。

方法 1: デバイスは、認識され、キャッシュされたサービス アドバタイズメントのマルチキャストに基づいてサービスへの接続を要求します。 次に例を示します。

hopper# show lat service
Service Name     Rating   Interface  Node (Address)
ALBIE                84   Ethernet0  ALBIE (aa00.0400.0a28)
  Ident:        Welcome to OpenVMS VAX V7.1    
ALFIE                65   Ethernet0  ALFIE (aa00.0400.1728)
  Ident:        Welcome to OpenVMS (TM) VAX Operating System, Version V7.1    
ALPHIE               71   Ethernet0  ALPHIE (0800.2be6.9ec9)
  Ident: @sys$manager:announce.txt

方法 2: デバイスは、「y」という名前のポートを含むノード名「x」への接続を請求します。 次の例では、VAX に LAT デバイス(LTA400)があり、ノード「hopper」のポート「2」に接続するように定義されています。

ALFIE> mc latcp show port lta400
 
Local Port Name:   _LTA400:          Local Port Type:  Application (Queued)
Local Port State:  Inactive
Connected Link:     
 
 Target Port Name:     2                Actual Port Name:                     
 Target Node Name:     HOPPER           Actual Node Name:                     
 Target Service Name:                   Actual Service Name:

VAX から仮想端末接続が試行されると、次のように表示されます。

ALFIE> set host/dte lta400
%REM-I-TOQUIT, connection established
Press Ctrl/\ to quit, Ctrl/@ for command mode

さらに、次のように表示されます。

hopper# debug lat event
LAT event debugging is on
hopper#
hopper#
00:18:06: LAT: Host Initiated connection from ALFIE to :2, sc=1
00:18:06: LAT2: created new inbound session
00:18:06: LAT2: Host-initiated connection complete
00:18:06: LAT2: DataB: +FlowIn +FlowOut Parity 2A  Mode Interactive(0)  Speed *19200/*19200
00:18:06: LAT2: DataB ignored

hopper# who
    Line     User      Host(s)              Idle Location
*  0 con 0             idle                 00:00:00 
   2 TTY 2             idle                 00:00:18 ALFIE
   9 aux 0             Async interface      00:00:47

上記のように、ルータではデフォルトのノード名「hopper」が使用されています(LAT では大文字と小文字は区別されません)。これはルータのホスト名です。 また、次のように lat node-name コマンドを使用してルータに別のノード名を割り当てることもできます。

hopper# conf terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
hopper(config)# lat node-name froggie
hopper(config)# ^Z

ここで VAX が接続しようとすると、ルータに LAT ノード名「hopper」が含まれないため、ルータは VAX からの送信請求要求に応答しません。 ノード名として「hopper」ではなく「froggie」を使用するように VAX の LAT デバイスを再定義する必要があります。

ALFIE> set h/dte lta400
 
%REM-I-TOQUIT, connection established
 
Press Ctrl/\ to quit, Ctrl/@ for command mode
 
%REM-E-PORTRXERR, port receive error
-SYSTEM-F-HANGUP, data set hang-up
 
%REM-S-END, control returned to node ALFIE
%SYSTEM-F-HANGUP, data set hang-up
ALFIE>

hopper# show debug
LAT:
  LAT event debugging is on
hopper# 

ノード名の管理オーバーヘッドを回避するように、ルータのサービスを定義できます。 この設定を次に示します。

hopper# conf terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
hopper(config)# lat service rodent enab
hopper(config)# ^Z

これで、ルータはサービス「rodent」の LAT サービス アドバタイズメントを送信するようになります。 次の例に示すように、VAX はこれらのサービス アドバタイズメントを認識し、サービス名を使用して接続を開くことができます。

ALFIE> mc latcp show service
 
Service Name      Status       Identification
----------------  -----------  -------------------------------------------------
ALBIE             Available    .Welcome to OpenVMS VAX V7.1    
ALFIE             Available    .Welcome to OpenVMS VAX V7.1    
ALPHIE            Available    @sys$manager:announce.txt
PRINTERC          Available    
RODENT            Available    

ALFIE>set h/lat rodent
%LAT-S-CONNECTED, session to RODENT on node FROGGIE established
%LAT-I-TODISCON, type ^\ to disconnect the session
 
User Access Verification
 
Username: 

hopper#
hopper#
00:26:10: LAT: Host delay = 4 tics
00:26:10: LAT: Got new inbound host connection

00:26:10: LAT10: created new inbound session
hopper#

注: サービス名への接続方法とノード/ポート ペアへの接続方法は異なります。 サービス接続は vty セッションを提供しますが、ノード/ポート ペアは TTY 接続を提供します。 これは、サービス接続が VAX によってアクセス サーバに対して開始されるのに対して、ノード/ポート接続は VAX からの招待の結果としてアクセス サーバによって開始されるためです。 VAX は、実際にはアクセス サーバに対してノード「x」のポート「y」から VAX への仮想回線を開始するように要求します。

サービス接続の例を次に示します。

hopper# who
    Line     User      Host(s)                  Idle Location
*  0 con 0             idle                 00:00:00 
   9 aux 0             Async interface      00:00:36 
  10 vty 0             idle                 00:01:05 ALFIE

ノード/ポート ペア接続の例を次に示します。

hopper# who
    Line     User      Host(s)                  Idle Location
*  0 con 0             idle                 00:00:00 
   2 TTY 2             idle                 00:01:24 ALFIE
   9 aux 0             Async interface      00:00:22

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 9346