Cisco 2700 シリーズ Location Appliance インストール コンフィギュレーション ガイド Software Release 2.1
安全上の考慮事項および翻訳済みの 安全についての 警告
安全上の考慮事項および翻訳済みの安全についての警告
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 402KB) | フィードバック

目次

安全上の考慮事項および翻訳済みの安全についての警告

安全上の考慮事項

警告の定義

アース導体についての警告

ラック取り付けおよびサービシング時のシャーシについての警告

機器設置についての警告

安全上の考慮事項および翻訳済みの安全についての警告

この付録では、Location Appliance に適用される安全上の考慮事項と安全についての警告の翻訳を示します。この付録で説明する安全上の考慮事項と安全についての警告は、次のとおりです。

「安全上の考慮事項」

「警告の定義」

「アース導体についての警告」

「ラック取り付けおよびサービシング時のシャーシについての警告」

「機器設置についての警告」

安全上の考慮事項

Location Appliance を設置する際は、次のガイドラインに従ってください。

ラックに設置した場合の温度上昇を考慮に入れて、周囲温度が 0 ~ 40°C(32 ~ 104 °F)であることを確認してください。

複数の Location Appliance を機器ラックに取り付ける場合は、ラック内のすべての機器が安全に稼働可能な定格電源が使用されていることを確認してください。

Location Appliance は、完全にアースされていることを確認してから機器ラックに取り付けてください。

警告の定義


警告 安全上の重要な注意事項

「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。装置の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止策に留意してください。警告の各国語版は、各注意事項の番号を基に、装置に付属の「Translated Safety Warnings」を参照してください。

これらの注意事項を保管しておいてください。


アース導体についての警告


警告 この装置はアース接続する必要があります。アース導体を破損しないよう注意し、アース導体を正しく取り付けないまま装置を稼働させないでください。アース接続が適正であるかどうか分からない場合には、電気検査機関または電気技術者に相談してください。


ラック取り付けおよびサービシング時のシャーシについての警告


警告 この装置をラックに設置したり保守作業を行ったりするときは、人身事故を防ぐため、システムが安定しているかどうかを十分に確認する必要があります。次の注意事項に従ってください。

ラックにこの装置を単独で設置する場合は、ラックの一番下に設置します。

ラックに別の装置がすでに設置されている場合は、最も重量のある装置を一番下にして、重い順に下から上へ設置します。

ラックに安定器具が付属している場合は、その安定器具を取り付けてから、装置をラックに設置するか、またはラック内の装置の保守作業を行ってください。


 

機器設置についての警告


警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。