Cisco Location Appliance コンフィギュレーション ガイド Version 2.1
Cisco WCS とロケーション サーバの 同期化
Cisco WCS とロケーション サーバの同期化
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 439KB) | フィードバック

目次

Cisco WCS とロケーション サーバの同期化

Cisco WCS とCisco WCSの同期の維持

ネットワーク設計とロケーション サーバとの同期化

コントローラとロケーション サーバの同期化

イベント グループとロケーション サーバの同期化

ロケーション サーバの自動同期化の設定

同期外アラーム

同期化情報の表示

ロケーション サーバの同期化ステータスの表示

ロケーション サーバの同期化履歴の表示

Cisco WCS とロケーション サーバの同期化

この章では、Cisco WCS とロケーション サーバを同期化する方法を説明します。 この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco WCS とCisco WCSの同期の維持」

「同期化情報の表示」

Cisco WCS とCisco WCSの同期の維持

この項では、WCS とロケーション サーバを手動および自動で同期化する方法を説明します。


) 同期化する前に、第 1 章の第 1 項から第 4 項までの互換性マトリクスを参照して、WCS とロケーション サーバのソフトウェアに互換性があることを確認してください。


ネットワーク設計とロケーション サーバとの同期化

ロケーション サーバを WCS データベースに追加すると、ネットワーク設計(キャンパス、ビルディング、および屋外のマップ)をロケーション サーバ データベースに追加(同期化)できます。 ネットワーク設計を Cisco WCS および ロケーション サーバ データベースに保存した後に、2 つのデータベースを随時再同期化できます。

WCS ネットワーク設計をロケーション サーバと同期化する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Location > Location Servers を選択し、All Location Servers ページを表示します。

ステップ 2 ドロップダウン メニュー(右側)から、 Synchronize Servers を選択し、 GO をクリックします。

Synchronize WCS and Location Servers ページが表示されます。

ステップ 3 Synchronize メニューから Network Designs を選択します。

ステップ 4 ネットワーク設計を 1 つまたは複数のロケーション サーバに割り当てるには、それに対応する Assign リンクをクリックします。

ステップ 5 "Assign to servers" ダイアログボックスで、ネットワーク設計に割り当てる各サーバのチェック ボックスをオンにし、 OK をクリックします。

赤いアスタリスク(*)が Assign リンクの横に表示されます。 割り当てを元に戻すには、 Reset をクリックします。 変更を適用せずに All Location Servers ページに戻るには、 Cancel をクリックします。


) ネットワーク設計は、いくつかのビルディングを含む大きなキャンパスで構成され、各ビルディングは異なるロケーション サーバで監視されている場合があります。 これが、複数のロケーション サーバに 1 つのネットワーク設計を割り当てることが必要な理由です。


ステップ 6 Synchronize をクリックし、Cisco WCS およびロケーション サーバ データベースを更新します。

Cisco WCS とロケーション サーバ データベースが同期化されている場合は、同期化されている各ネットワーク設計エントリの Sync. Status カラムに緑色の双方向の矢印アイコンが表示されます。


 


) ロケーション サーバからネットワーク設計の割り当てを解除するには、"Assign to servers" ダイアログボックスでそのサーバのチェックボックスをオフにし、OK をクリックします。 次に Synchronize をクリックします。 Sync. Status カラムに赤い円が付いた双方向の矢印アイコンが表示されます。


コントローラとロケーション サーバの同期化

ロケーション サーバでデータを収集する前に、Cisco WCS を使用してサーバをコントローラとアソシエートし、それらを同期化する必要があります。 最初の同期化の後、いつでもコントローラとロケーション サーバを再同期化できます。

ロケーション サーバとコントローラを同期化する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco WCS で、 Location > Location Servers を選択します。

All Location Servers ページが表示されます。

ステップ 2 ドロップダウン メニュー(右側)から、 Synchronize Servers を選択し、 GO をクリックします。

Synchronize WCS and Location Servers ページが表示されます。

ステップ 3 Synchronize メニューから Controllers を選択します。

Controllers summary ページが表示されます。

ステップ 4 ロケーション サーバをコントローラに割り当てるには、対応するドロップダウン メニューからサーバを選択します。

ステップ 5 Synchronize をクリックして、コントローラとロケーション サーバ データベースを同期化します。

Cisco WCS とロケーション サーバ データベースが同期化されている場合は、同期化されている各コントローラ エントリの Sync. Status カラムに緑色の双方向の矢印アイコンが表示されます。


 


) ロケーション サーバと同期化するには、コントローラ名は固有である必要があります。 同じ名前を持つコントローラが 2 つある場合、同期化できるのは 1 つだけです。



) ロケーション サーバからコントローラを削除するには、コントローラのドロップダウン メニューから -- Unassigned -- を選択し、Synchronize をクリックします。 Sync. Status カラムに赤い円が付いた双方向の矢印アイコンが表示されます。


イベント グループとロケーション サーバの同期化

WCS イベント グループをロケーション サーバと同期化する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Location > Location Servers を選択し、All Location Servers ページを表示します。

ステップ 2 ドロップダウン メニュー(右側)から、 Synchronize Servers を選択し、 GO をクリックします。

Synchronize WCS and Location Servers ページが表示されます。

ステップ 3 Synchronize メニューから Event Groups を選択します。

ステップ 4 1 つまたは複数のロケーション サーバをイベント グループに割り当てるには、それに対応する Assign リンクをクリックします。

ステップ 5 "Assign to servers" ダイアログボックスで、イベント グループに割り当てる各サーバのチェックボックスをオンにし、 OK をクリックします。

赤いアスタリスク(*)が Assign リンクの横に表示されます。

ステップ 6 Synchronize をクリックし、Cisco WCS およびロケーション サーバ データベースを更新します。

Cisco WCS とロケーション サーバ データベースが同期化されている場合は、同期化されている各イベント グループ エントリの Sync. Status カラムに緑色の双方向の矢印アイコンが表示されます。


 


) ロケーション サーバからイベント グループの割り当てを解除するには、"Assign to servers" ダイアログボックスでそのサーバのチェックボックスをオフにし、OK をクリックします。 次に Synchronize をクリックします。 Sync. Status カラムに赤い円が付いた双方向の矢印アイコンが表示されます。


ロケーション サーバの自動同期化の設定

WCS とロケーション サーバを手動で同期化すると、すぐに同期化されます。 ただし、ユーザが配置の変更(マップやアクセス ポイント位置の変更など)を行う場合、それによって、再同期化が行われるまで誤ったロケーションの計算や追跡できないアセットが発生することがあります。 同期化されていない状態が継続しないようにするには、Cisco WCS を使用して自動同期化を有効にします。 このポリシーは、WCS とロケーション サーバの同期化を定期的に起動し、アラームがあればそのクリアを図ります。

自動同期化を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco WCS で、 Administration > Scheduled Tasks を選択します。

ステップ 2 Location Server Synchronization をクリックします。

Location Server Synchronization ページには、最新の自動同期化動作のリストと、設定可能な自動同期化オプションが表示されます。

ステップ 3 同期外アラートを送信するようにロケーション サーバを設定するには、Out of Sync Alerts フィールドの Enabled チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 自動同期化を有効にするには、 Auto Synchronization チェックボックスをオンにします。


) 自動同期化は、ロケーション サーバに割り当てていない要素(ネットワーク設計、コントローラ、イベント グループ)には適用されません。 ただし、割り当てられていない要素には、同期外アラームが生成されます。 これらの要素に自動同期化を適用するには、それらをロケーション サーバに手動で割り当てる必要があります。


ステップ 5 自動同期化を実行する時間間隔を日時単位で入力します。


) リリース 2.1.x 以前では、時間間隔は分単位で表示されます。


デフォルトでは、自動同期化は無効になっています。

ステップ 6 Submit をクリックします。


 

同期外アラーム

同期外アラームは、マイナー重大度(黄色)であり、次の条件を満たした場合に発生します。

Cisco WCS で要素が変更された場合(自動同期化ポリシーによってこれらの要素がプッシュされる)。

ロケーション サーバで要素が変更された場合(自動同期化ポリシーによってこれらの要素がプルされる)。

コントローラ以外の要素が、ロケーション サーバに存在するが Cisco WCS に存在しない場合(自動同期化ポリシーによってこれらの要素がプルされる)。

要素がロケーション サーバに割り当てられていない場合(自動同期化ポリシーは適用されない)。

次の場合、同期外アラームはクリアされます。

ロケーション サーバが削除された場合


) ロケーション サーバを削除すると、そのサーバの同期外アラームも削除されます。 さらに、使用可能な最後のロケーション サーバを削除した場合、"elements not assigned to any location server" のアラームも削除されます。


要素が手動または自動で同期化された場合

ユーザが手動でアラームをクリアした場合(ただし、今後、スケジュール済みタスクが次に実行されるときに、そのアラームが再び発生することがあります)。


) デフォルトでは、同期外アラームは有効です。 無効にするには、Cisco WCS で Administration > Scheduled Tasks を選択し、Location Server Synchronization をクリックし、Auto Synchronization チェックボックスをオフにし、Submit をクリックします。


同期化情報の表示

この項では、ロケーション サーバの同期化ステータスと履歴を表示する方法について説明します。

ロケーション サーバの同期化ステータスの表示

Cisco WCS の Synchronize Servers コマンドを使用して、ネットワーク設計、コントローラ、およびイベント グループとロケーション サーバとの同期化ステータスを表示できます。

同期化ステータスを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco WCS で、 Location > Synchronize Servers を選択します。

ステップ 2 Synchronize ドロップダウン メニューから Network Designs Controllers 、または Event Groups を選択します。

選択したコマンドに応じて、要素(ネットワーク設計、コントローラ、またはイベント グループ)のリストが表示されます。 リストの Sync. Status カラムに、同期化ステータスが表示されます。 緑色の双方向の矢印アイコンは、それに対応する要素が、指定されたロケーション サーバと同期化されていることを示します。 赤い円が付いた灰色の双方向の矢印アイコンは、それに対応する項目が、ロケーション サーバと同期化されていないことを示します。


 

ロケーション サーバの同期化履歴の表示

Cisco WCS の Synchronization History コマンドを使用して、最近 30 日間のロケーション サーバの同期化履歴を表示できます。 これは、アラームが自動的にクリアされ、自動同期化が有効になっている場合に特に便利です。 Synchronization History には、クリアされたアラームの概要が表示されます。

同期化履歴を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco WCS で、 Location > Synchronization History を選択します。

ステップ 2 カラム ヘッダーをクリックし、エントリをソートします。


 

Synchronization History ページの Sync Direction カラムは、情報がロケーション サーバにプッシュされたのか、ロケーション サーバからプルされたのかを示しています。 Generated By カラムは、同期化が手動であったか自動であったかを示しています。