Cisco Wireless Control System コンフィギュレー ション ガイド
マップの追加および使用
マップの追加および使用
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/12/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 25MB) | フィードバック

目次

マップの追加および使用

マップの作成

キャンパスの追加

ビルディングの追加

キャンパス マップへのビルディングの追加

独立したビルディングの追加

屋外領域の追加

ロケーション サーバ上での位置プレゼンスの有効化

マップの検索

カバレッジ ホールの検出

フロア図面の追加と拡張

キャンパスのビルディングへのフロア図面の追加

独立したビルディングへのフロア図面の追加

Map Editor を使用したフロア図面の拡張

Map Editor を使用した多角形領域の描画

プランニング モードを使用したアクセス ポイント要件の計算

アクセス ポイントの追加

アクセス ポイントの配置

ネットワーク設計の作成

ネットワークの設計

ファイルのインポートとエクスポートによるアクセス ポイントの位置の変更

チョークポイントを使用したタグの位置報告の精度の向上

WCS データベースとマップへのチョークポイントの追加

WCS データベースとマップからのチョークポイントの削除

チョークポイントの監視

マップの監視 

予測カバレッジの監視

Access Point レイヤ

AP Mesh Info レイヤ

Clients レイヤ

802.11 Tags レイヤ

[Rogue APs] レイヤ

[Rogue Clients] レイヤ

フロア マップ上でのチャネルの監視

フロア マップ上での送信電力レベルの監視

フロアマップ上のカバレッジ ホールの監視

フロア マップ上でのクライアントの監視

屋外領域の監視

WLSE マップ データのインポートまたはエクスポート

キャリブレーション モデルの作成と適用

テストポイントを使用した要素の位置精度の分析

選択した領域へのテストポイントの割り当て

精度ツールを使用した精度テストの実施

スケジュール設定済み精度テストを使用した現在の位置の検証

オンデマンド精度テストを使用した位置精度のテスト

マップの作成

Cisco WCS データベースを使用すると、マップを追加してリアルなキャンパス、ビルディング、およびフロア図面の各マップ上で管理対象のシステムを確認できます。キャンパス、ビルディング、屋外領域、フロア図面、およびアクセス ポイントを Cisco WCS データベースのマップに追加するには、次の項の手順を実行します。

「キャンパスの追加」

「ビルディングの追加」

「屋外領域の追加」

「マップの検索」

キャンパスの追加

単一のキャンパス マップを Cisco WCS データベースに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 マップを .PNG、 .JPG、 .JPEG、または .GIF 形式で保存します。


) WCS では、作業領域に合せてマップのサイズが自動的に調整されるため、マップは任意のサイズにすることができます。


ステップ 2 ファイル システムの任意の場所にあるマップを参照して、インポートします。

ステップ 3 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 4 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Campus] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 5 [Maps > New Campus] ページで、キャンパス名とキャンパス問い合せ先の名前を入力します。

ステップ 6 キャンパス マップが含まれているイメージ ファイル名または CAD ファイルを参照および選択してから、[Open] をクリックします。

ステップ 7 [Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンにして、WCS でマップのサイズが変更されたときに、縦横比が変わらないようにします。

ステップ 8 マップの水平方向スパンと垂直方向スパンをフィート単位で入力します。


) 水平方向スパンと垂直方向スパンは、キャンパスに追加するビルディングやフロア図面よりも大きい値にする必要があります。


ステップ 9 [OK] をクリックして、このキャンパス マップを Cisco WCS データベースに追加します。WCS に、データベース内のマップ、マップの種類、およびキャンパスのステータスの一覧を含む [Maps] ページが表示されます。


 

ビルディングの追加

キャンパス マップをデータベースに追加したことがあるかどうかに関係なく、ビルディングを Cisco WCS データベースに追加できます。この項では、ビルディングをキャンパス マップに追加する方法、および独立したビルディングを Cisco WCS データベースに追加する方法について説明します。

キャンパス マップへのビルディングの追加

Cisco WCS データベース内のキャンパス マップにビルディングを追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 目的のキャンパスをクリックします。WCS に [Maps > Campus Name] ページが表示されます。

ステップ 3 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Building] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 4 [Campus Name > New Building] ページで、関連するフロア図面マップを整理するために架空のビルディングを作成する手順は、次のとおりです。

a. ビルディング名を入力します。

b. ビルディング問い合せ先の名前を入力します。

c. 地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。

d. ビルディングのおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。


ヒント 水平方向スパンと垂直方向スパンは、後から追加するフロアのサイズと等しいかそれより大きくする必要があります。Ctrl キーを押しながらクリックすると、キャンパス マップの左上にある境界領域のサイズを変更できます。境界領域のサイズを変更すると、ビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパンのパラメータも操作に応じて変わります。


e. [Place] をクリックして、ビルディングをキャンパス マップ上に配置します。WCS では、キャンパス マップのサイズに合せてサイズ変更されたビルディングの四角形が作成されます。

f. ビルディングの四角形をクリックして、キャンパス マップ上の目的の位置までドラッグします。


) 新しいビルディングを追加した後で、このビルディングをあるキャンパスから別のキャンパスに移動するときも、ビルディングを再作成する必要はありません。


g. [Save] をクリックして、このビルディングとキャンパス上の位置をデータベースに保存します。WCS では、キャンパス マップ上のビルディングの四角形の中にビルディング名が保存されます。


) ビルディングには、該当する [Map] ページに移動するためのハイパーリンクが関連付けられます。


ステップ 5 (オプション) 新しい屋外領域に位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。

a. [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Edit Location Presence Info] を選択します。[GO] をクリックします。[Location Presence] ウィンドウが表示されます(図 5-1 を参照)。

図 5-1 [Location Presence] ウィンドウ

b. [Civic Address] タブ、[GPS Markers] タブ、または [Advanced] タブを選択します。

[Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

[GPS Markers] では、経度と緯度でキャンパスを特定します。

[Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。


) 選択した各パラメータには、上記のすべてが含まれています。たとえば、[Advanced] を選択した場合、クライアントからの要求により GPS および Civic 位置情報も提供されます。選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Administration] > [Location Presence])と一致する必要があります。



) クライアントが、キャンパスに対して [GPS Markers] パラメータで設定されていないビルディング、フロア、または屋外領域などの位置情報を要求した場合、エラー メッセージが返されます。


c. デフォルトでは、[Override Child Element's Presence Info] チェックボックスがオンになっています。独立したビルディングについては、この設定を変更する必要はありません。

ステップ 6 [Save] をクリックします。


 

独立したビルディングの追加

Cisco WCS データベースに独立したビルディングを追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Building] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 3 [Maps > New Building] ページで、関連するフロア図面マップを整理するために架空のビルディングを作成する手順は、次のとおりです。

a. ビルディング名を入力します。

b. ビルディング問い合せ先の名前を入力します。


) 新しいビルディングを追加した後で、このビルディングをあるキャンパスから別のキャンパスに移動するときも、ビルディングを再作成する必要はありません。


c. 地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。

d. ビルディングのおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。


) 水平方向スパンと垂直方向スパンは、後から追加するフロアのサイズと等しいかそれより大きくする必要があります。


e. [OK] をクリックして、このビルディングをデータベースに保存します。

ステップ 4 (オプション) 新しいビルディングに位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。

a. [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Edit Location Presence Info] を選択します。[GO] をクリックします。[Location Presence] ウィンドウが表示されます(図 5-1 を参照)。

b. [Civic Address] タブ、[GPS Markers] タブ、または [Advanced] タブを選択します。

[Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

[GPS Markers] では、経度と緯度でキャンパスを特定します。

[Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。


) 選択した各パラメータには、上記のすべてが含まれています。たとえば、[Advanced] を選択した場合、クライアントからの要求により GPS および Civic 位置情報も提供されます。選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Administration] > [Location Presence])と一致する必要があります。



) クライアントが、キャンパスに対して GPS Markers パラメータで設定されていないビルディング、フロア、または屋外領域などの位置情報を要求した場合、エラー メッセージが返されます。


c. デフォルトでは、[Override Child Element's Presence Info] チェックボックスがオンになっています。独立したビルディングについては、この設定を変更する必要はありません。

ステップ 5 [Save] をクリックします。


 

屋外領域の追加

屋外領域をキャンパス マップに追加する手順は、次のとおりです。


) 屋外領域マップをデータベースに追加したことがあるかどうかに関係なく、屋外領域を Cisco WCS データベース内のキャンパス マップに追加することができます。



ステップ 1 屋外領域のマップをデータベースに追加する場合は、マップを .PNG、 .JPG、 .JPEG、または .GIF 形式で保存します。ファイル システムの特定の場所にあるマップを参照して、インポートします。


) 屋外領域を追加するのにマップは必要ありません。屋外領域をデータベースに追加するため、領域の寸法を定義する必要があるだけです。WCS では、作業領域に合せてマップのサイズが自動的に調整されるため、マップは任意のサイズにすることができます。


ステップ 2 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 3 目的のキャンパスをクリックします。WCS に [Maps > Campus Name] ページが表示されます。

ステップ 4 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Outdoor Area] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 5 [Campus Name > New Outdoor Area] ページで、管理可能な屋外領域を作成する手順は、次のとおりです。

a. 屋外領域名を入力します。

b. 屋外領域問い合せ先の名前を入力します。

c. 必要に応じて、屋外領域マップのファイル名を入力または参照します。

d. 屋外領域のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。


ヒント Ctrl キーを押した状態でクリックすることで、キャンパス マップの左上にある境界領域のサイズを変更できます。境界領域のサイズを変更すると、屋外領域の水平方向スパンおよび垂直方向スパンのパラメータも操作に応じて変わります。


e. [Place] をクリックして、屋外領域をキャンパス マップ上に配置します。WCS では、キャンパス マップのサイズに合せてサイズ変更された屋外領域の四角形が作成されます。

f. 屋外領域の四角形をクリックして、キャンパス マップ上の目的の位置までドラッグします。

g. [Save] をクリックして、この屋外領域とキャンパス上の位置をデータベースに保存します。WCS では、キャンパス マップ上の屋外領域の四角形の中に屋外領域名が保存されます。


) 屋外領域には、該当する [Map] ページに移動するためのハイパーリンクが関連付けられます。


ステップ 6 (オプション) 新しい屋外領域に位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。

a. [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Edit Location Presence Info] を選択します。[GO] をクリックします。[Location Presence] ウィンドウが表示されます(図 5-1 を参照)。

b. [Civic Address] タブ、[GPS Markers] タブ、または [Advanced] タブを選択します。

[Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

[GPS Markers] では、経度と緯度でキャンパスを特定します。

[Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。


) 選択した各パラメータには、上記のすべてが含まれています。たとえば、[Advanced] を選択した場合、クライアントからの要求により GPS および Civic 位置情報も提供されます。選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Administration] > [Location Presence])と一致する必要があります。



) クライアントが、キャンパスに対して GPS Markers パラメータで設定されていないビルディング、フロア、または屋外領域などの位置情報を要求した場合、エラー メッセージが返されます。


c. デフォルトでは、[Override Child Element's Presence Info] チェックボックスがオンになっています。屋外領域については、この設定を変更する必要はありません。

ステップ 7 [Save] をクリックします。


 

ロケーション サーバ上での位置プレゼンスの有効化

ロケーション サーバ上で位置プレゼンスを有効にして設定する手順は、次のとおりです。有効にすると、ロケーション サーバは、Cisco Compatible Extension v5 クライアントにそのロケーションを要求できるようになります。


) この機能を有効にする前に、ロケーション サーバを同期化します。



ステップ 1 [Mobility] > [Mobility Service Engines] をクリックします。キャンパスまたはビルディングを割り当てるロケーション サーバを選択します。

ステップ 2 左側のサイドバー メニューの [Administration] メニューで [Presence Parameters] を選択します。[Location Presence] ウィンドウが表示されます(図 5-2 を参照)。

図 5-2 [Location Presence > Presence Parameters] ウィンドウ

ステップ 3 [On Demand] チェックボックスをオンにして、Cisco Compatible Extension v5 クライアントの位置プレゼンスを有効にします。

ステップ 4 [Location Resolution] で、いずれかのオプションを選択します。

a. [ Building ] を選択した場合、ロケーション サーバは要求クライアントに対して、ビルディングによってその位置を示します。

たとえば、Building A に配置されているクライアントがその位置を要求している場合、ロケーション サーバは Building A というクライアント アドレスを返します。

b. [ AP ] を選択すると、ロケーション サーバは要求クライアントに対して、アソシエートされたアクセス ポイントによってその位置を示します。アクセス ポイントの MAC アドレスが表示されます。

たとえば、クライアントがその位置を要求しており、そのクライアントが MAC アドレス 3034:00hh:0adg のアクセス ポイントにアソシエートされている場合、ロケーション サーバはクライアントにアドレス 3034:00hh:0adg を返します。

c. [ X,Y ] を選択すると、ロケーション サーバは要求クライアントに対して、XY 座標によってその位置を返します。

たとえば、クライアントがその位置を要求しており、そのクライアントが(50, 200)に位置している場合、ロケーション サーバはクライアントにアドレス 50, 200 を返します。

ステップ 5 [Location Format] で、必要な位置形式のチェックボックスをオンにします。

a. [Cisco] チェックボックスをオンにすると、キャンパス、ビルディング、およびフロアの位置が XY 座標で示されます。これがデフォルト設定です。

b. [Civic] チェックボックスをオンにすると、キャンパス、ビルディング、フロア、または屋外領域の名前とアドレス(通り、市、州、郵便番号、国)が示されます。拡張位置の詳細も、[Advanced] パネルから入力できます。

c. [GEO] チェックボックスをオンにすると、経度と緯度の座標が示されます。

ステップ 6 デフォルトでは、[Location Response Encoding] の [Text] チェックボックスがオンになっています。これは、クライアントが受信する情報の形式を示しています。この設定を変更する必要はありません。

ステップ 7 受信側クライアントが受信した情報を別の相手へ再送信できるようにするには、[Retransmission Rule] の [Enable] チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 [Retention Expiration] 値を分単位で入力します。これにより、クライアントで格納される受信情報が上書きされるまでの時間を決定します。デフォルト値は 24 時間(1440 分)です。

ステップ 9 [Save] をクリックします。


 

マップの検索

左側のサイドバーのコントロールを使用して、カスタム検索を作成および保存します。

[New Search] ドロップダウン メニュー:[Search Maps] ウィンドウを開きます。[Search Maps] ウィンドウを使用して、検索を設定、実行および保存します。

[Saved Searches] ドロップダウン メニュー:保存済みのカスタム検索が一覧表示されます。保存済みの検索を開くには、[Saved Searches] リストから選択します。

[Edit link]:[Edit Saved Searches] ウィンドウが開きます。このウィンドウで、現在保存されている検索を削除できます。

[Audit Status]:Audit Status が Not Available(Audit Status 使用不可)、Identical(最新の監査で、設定の相違が検出されなかった)、または Mismatch(最新の監査で、設定の相違が検出された)のものを検索できます。

[Search Maps] ウィンドウで、次のパラメータを設定できます。

Search for

Map Name

Search in

Save Search

Items per page

[GO] をクリックすると、[Map Search Results] ウィンドウが表示されます。

表 5-1 Map Search Results

パラメータ
オプション

Name

[Name] リストの項目をクリックすると、各フロアに対する個々のフロア領域とともに既存のビルディングのマップが表示されます。

Type

キャンパス、ビルディングまたはフロア領域。

WCS

WCS 名。

Total APs

検出されたシスコ製無線通信機の合計数が表示されます。

a/n Radios

802.11a/n シスコ製無線通信機の数が表示されます。

b/g/n Radios

802.11b/g/n シスコ製無線通信機の数が表示されます。

OOS Radios

このコントローラにアソシエートされているアウト オブ サービス アクセス ポイントの数が表示されます。

Clients

現在コントローラにアソシエートされているクライアントの数が表示されます。

Status

キャンパスまたはビルディングのステータスを示す色付きのアイコン(緑色はアップ、黄色は警告、または赤色は ダウン)。

カバレッジ ホールの検出

カバレッジ ホールとは、クライアントが無線ネットワークから信号を受信できない領域のことです。Cisco Unified Wireless Network Solution の Radio Resource Management(RRM)によって、これらのカバレッジ ホール領域が特定され WCS に報告されます。IT マネージャはユーザからの要求に基づいてカバレッジ ホールに対応します。無線 LAN 上でカバレッジ ホールを検出する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 WCS ユーザ インターフェイスのページの左下にある [Coverage] インジケータをクリック(または [Monitor] > [Alarms] の順にクリックして Alarm Category の下で Coverage を検索)して、[Coverage Hole Alarms] ページを表示します。

ステップ 2 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、access points を name で検索します(この検索ツールでは、大文字と小文字が区別されます)。検索されたアクセス ポイントが設置されているフロアと外部領域を含む [Maps > Search Results] ページが表示されます。

ステップ 3 フロアまたは屋外領域のリンクをクリックして、関連する [Maps > Building Name > Floor Name] ページを表示します。

ステップ 4 カバレッジ ホールを報告したアクセス ポイントの近辺で信号強度の弱い領域を探します。その領域がカバレッジ ホールの可能性が最も高い領域です。信号強度の弱い領域が検出された場合は、フロア図面マップが正確であることを確認してください。


 

フロア図面の追加と拡張

この項では、フロア図面を Cisco WCS データベース内のキャンパスのビルディングまたは独立したビルディングに追加する方法について説明します。また、WCS Map Editor を使って、作成したフロア図面を拡張する方法と、WCS プランニング モードでその領域をカバーするのに必要なアクセス ポイント数を計算する方法について説明します。

キャンパスのビルディングへのフロア図面の追加

ビルディングをキャンパス マップに追加したら、ビルディングに個々のフロア図面と地下のマップを追加できます。フロア図面をキャンパスのビルディングに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 フロア図面マップを .PNG、.JPG、または .GIF 形式で保存します。


) WCS では、作業領域に合せてマップのサイズが自動的に調整されるため、マップは任意のサイズにすることができます。


ステップ 2 ファイル システムの任意の場所にあるフロア図面マップを参照して、インポートします。CAD イメージ ファイルの DXF および DWG もインポートできます。

ステップ 3 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 4 目的のキャンパスをクリックします。WCS に [Maps > Campus Name] ページが表示されます。

ステップ 5 カーソルを既存のビルディングの四角形の中にある名前に移動して、強調表示します。


) ビルディングの四角形の中にある名前を強調表示すると、ビルディングの説明がサイドバーに表示されます。


ステップ 6 ビルディングの名前をクリックして、[Maps > Campus Name > Building Name] ページを表示します。

ステップ 7 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Floor Area] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 8 [Building Name > New Floor Area] ページで、関連するフロア図面マップを整理するためにフロアをビルディングに追加する手順は、次のとおりです。

a. フロア名または地下名を入力します。

b. フロアまたは地下の問い合せ先の名前を入力します。

c. 地上または地下のフロア数を選択します。

d. 地上または地下のタイプを選択します。

e. フロア間の高さをフィート単位で入力します。

f. [Image File] チェックボックスをオンにして、目的のフロアまたは地下のイメージ ファイル名を参照および選択してから、[Open] をクリックします。

g. [Next] をクリックします。CAD ファイルが指定されている場合、この時点でデフォルトのイメージ プレビューが生成されて読み込まれます。CAD ファイル レイヤの名前が一覧表示されます。有効になっているレイヤには、イメージの右側にあるチェックボックスがオンになっています。


) フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、イメージがビルディングのサイズに合せたグリッド内に表示されます。


h. CAD ファイル レイヤがある場合、いくつでも選択または選択解除し、[Preview] をクリックして更新したイメージを表示できます。選択したレイヤで次に進む準備ができたら、[Next] をクリックします。

i. 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

j. フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。


) 水平方向スパンと垂直方向スパンは、Cisco WCS データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。


k. 必要に応じて、[Place] をクリックして、フロアまたは地下のイメージをビルディングのグリッド上に配置します。


ヒント ビルディングのサイズに合せてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。


l. [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。WCS の [Maps > Campus Name > Building Name] ページにフロア図面のイメージが表示されます。


) ビルディングごとに異なるフロア名を使用します。キャンパス マップに複数のビルディングを追加する場合、別のビルディングに存在するフロア名を使用しないでください。フロア名が重複すると、フロアとビルディング間のマッピング情報が不正確になります。


ステップ 9 フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。


) マップを拡大/縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加することができます。詳細は、「Inspect VoWLAN Readiness」 を参照してください。



 

独立したビルディングへのフロア図面の追加

独立したビルディングを Cisco WCS データベースに追加したら、個々のフロア図面マップをビルディングに追加できます。フロア図面を独立したビルディングに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 フロア図面マップを .PNG、.JPG、または .GIF 形式で保存します。


) WCS では、作業領域に合せてマップのサイズが自動的に調整されるため、マップは任意のサイズにすることができます。


ステップ 2 ファイル システムの任意の場所にあるフロア図面マップを参照して、インポートします。DXF または DWG 形式の CAD ファイル、またはステップ 1 で作成した形式のうちどの CAD ファイルでもインポートできます。

ステップ 3 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 4 目的のビルディングをクリックします。WCS に [Maps > Building Name] ページが表示されます。

ステップ 5 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Floor Area] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 6 [Building Name > New Floor Area] ページで、関連するフロア図面マップを整理するためにフロアをビルディングに追加する手順は、次のとおりです。

a. フロア名または地下名を入力します。

b. フロアまたは地下の問い合せ先の名前を入力します。

c. 地上または地下のフロア数を選択します。

d. 地上または地下のタイプを選択します。

e. フロア間の高さをフィート単位で入力します。

f. [Image File] チェックボックスをオンにして、目的のフロアまたは地下のイメージ ファイル名を参照および選択してから、[Open] をクリックします。

g. [Next] をクリックします。


) フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、イメージがビルディングのサイズに合せたグリッド内に表示されます。


h. CAD ファイルをインポートしてある場合は、イメージ変換ページが開きます。


) 変換に掛かる時間の長さは、ファイルのサイズ、ファイル内容、およびファイル内のレイヤ数によって違います。


i. 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

j. フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。


) 水平方向スパンと垂直方向スパンは、Cisco WCS データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。


k. 必要に応じて、[Place] をクリックして、フロアまたは地下のイメージをビルディングのグリッド上に配置します。


ヒント ビルディングのサイズに合せてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。


l. [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。WCS の [Maps > Building Name] ページにフロア図面のイメージが表示されます。

ステップ 7 フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。


) マップを拡大/縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加することができます。詳細は、「Inspect VoWLAN Readiness」 を参照してください。



 

Map Editor を使用したフロア図面の拡張

WCS Map Editor を使って、フロア図面情報を定義したり、描画したり、拡張することができます。また、アクセスポイントに対する RF 予測ヒート マップを計算するときに考慮するための障害物を作成できます。その特定の領域にあるクライアントとタグを特定する、Location Appliances のカバレッジ領域を追加することもできます。Map Editor を使用する際の一般的なガイドラインは、次のとおりです。

Map Editor の使用に関する一般的な注意とガイドライン

Map Editor を使用してビルディングまたはフロア マップを変更する際には、次の内容を考慮してください。

以前の Floor Plan Editor から .FPE ファイルをインポートするのではなく、Map Editor を使用して壁やその他の障害物を描画することをお勧めします。

必要に応じて .FPE ファイルをインポートすることはできます。そのためには、目的のフロア領域に移動します。[Select a command] ドロップダウン メニューから、[Edit Floor Area] を選択し、[GO] をクリックします。[FPE File] チェックボックスをオンにしてから、.FPE ファイルを参照して選択します。

Map Editor でフロア図面に追加できる壁の数に制限はありません。ただし、クライアント ワークステーションの処理能力およびメモリによって、WCS での更新やレンダリングが制限されることがあります。

RAM が 1GB 以下のコンピュータでは、実用的な制限として、フロアごとの壁数を 400 個までにすることをお勧めします。

すべての壁は、WCS が RF カバレッジ ヒートマップを生成する際に使用されます。

ただし、Location Appliance で計算に使用される厚い壁は 50 個以内です。また、薄い壁の減衰はすでにキャリブレーション プロセス中に計上されているため、Location Appliance では薄い壁は計算に使用されません。

高解像度の画像(約 12 メガピクセル)を使用している場合、Map Editor を使用する前に画像編集ソフトウェアで画像の解像度を縮小する必要のある場合があります。

Map Editor を使用する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 目的のキャンパスをクリックします。WCS に [Maps > Campus Name] ページが表示されます。

ステップ 3 キャンパスのビルディングをクリックします。

ステップ 4 目的のフロア領域をクリックします。WCS に [Maps > Campus Name > Building Name > Floor Area Name] ページが表示されます。

ステップ 5 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Map Editor] を選択し、[GO] をクリックします。[Map Editor] ページが表示されます。

ステップ 6 外壁の外側の空白部分がすべてなくなるように、フロア図面のイメージが適切に縮尺されていることを確認してください。フロア面積が正確かどうかを確かめるには、ツールバーのコンパス ツールを選択します。

ステップ 7 基準長を配置します。実行すると、指定した線の長さの [Scale] メニューが表示されます。基準長の寸法(幅と高さ)を入力して、[OK] をクリックします。

ステップ 8 [Radio Type] ドロップダウン メニューから必要な 802.11 標準規格を選択します。

ステップ 9 [Antenna] ドロップダウン メニューからアンテナ モデルを選択します。

ステップ 10 [Antenna Mode] ドロップダウン メニューで伝送パターンを決定します。

ステップ 11 アンテナ方向バーを目的の度の方向へスライドさせて、アンテナ調整をします。

ステップ 12 目的のアクセス ポイントを選択します。

ステップ 13 [Save] をクリックします。


 

Map Editor を使用した多角形領域の描画

長方形以外のビルディングがある場合、またはフロア内に長方形以外の領域をマークする場合には、Map Editor を使用して多角形の領域を描画できます。


ステップ 1 WCS ですでに表されていない場合には、Cisco WCS 内でフロア図面を追加します(「フロア図面の追加と拡張」を参照)。

ステップ 2 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 3 編集する屋外領域、キャンパス、ビルディングまたはフロアに対応する [Map Name] をクリックします。

ステップ 4 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Map Editor] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 5 Map Editor 画面で、ツール バーの [Add Perimeter] アイコンをクリックします(図 5-3 を参照)。

ポップアップ ウィンドウが表示されます。


図 5-3 は、多角形領域の例を示しています。


図 5-3 [Map Editor] ページ

ステップ 6 定義する領域の名前を入力します。[OK] をクリックします。

描画ツールが表示されます。

ステップ 7 輪郭を描く領域に描画ツールを移動します。

左マウス ボタンをクリックして、線の描画を開始および終了します。

領域の輪郭を完全に描いたら、左マウス ボタンをダブル クリックすると、画面上で領域が強調表示されます(図 5-4 を参照)。

マップ上で輪郭を描いた領域を強調表示するには、閉じたオブジェクトである必要があります。

図 5-4 多角形領域

ステップ 8 ツール バーのディスク アイコンをクリックして、新しく描画した領域を保存します。

ステップ 9 [Command] > [Exit] の順に選択して、ウィンドウを閉じます。元のフロア図面に戻ります。


) Map Editor を終了して元のフロア図面ビューに戻ると、新しく描画した領域は表示されません。ただし、要素を追加する際に、[Planning Model] ウィンドウには表示されます。


ステップ 10 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [Planning Model] を選択して、新しく定義した多角形領域に要素を追加し始めます。


 

プランニング モードを使用したアクセス ポイント要件の計算

WCS プランニング モードを使用すると、マップ上に架空のアクセス ポイントを配置してカバレッジ領域が表示できるようになるので、領域をカバーするのに必要なアクセス ポイント数を計算できます。プランニング モードでは、各プロトコル(802.11a/n または 802.11b/g/n)に指定されるスループットに基づいて、ネットワーク内で最適カバレッジを提供するために必要な合計アクセス ポイント数が計算されます。次の条件に基づいて、アクセス ポイントの推奨される数および位置を計算できます。

ネットワーク上でアクティブなトラフィックのタイプ:データ トラフィック、音声トラフィック、または両方

位置精度の要件

アクティブなユーザ数

1 平方フィートごとのユーザ数

特定の配置におけるアクセス ポイントの推奨される数および配置を計算する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ウィンドウが表示されます(図 5-5 を参照)。

図 5-5 [Monitor > Maps] ページ

ステップ 2 表示されるリストから、該当する位置のリンクを クリック します。

インストールされているすべての要素(アクセス ポイント、クライアント、タグ)の配置および相対的な信号強度を示した、色分けされたマップが表示されます(図 5-6 を参照)。

図 5-6 現在のアクセス ポイント割り当てを示した選択されたフロア領域

ステップ 3 [Select a command] ドロップダウン メニュー(右上)から、[Planning Mode] を選択し、[GO] をクリックします。空白のフロア マップが表示されます。

ステップ 4 [Add APs] をクリックします。

ステップ 5 表示されるページで、破線の四角形を、推奨されるアクセス ポイントを計算するマップ位置にドラッグします(図 5-7 を参照)。


) 四角形の端を選択し、Ctrl キーを押したままにして、四角形のサイズまたは配置を調整します。必要に応じてマウスを動かし、目的の位置の輪郭を描きます。


図 5-7 [Add APs] ページ

ステップ 6 [Add APs] ドロップダウン メニューから [Automatic] を選択します。

ステップ 7 [AP Type] と、そのアクセス ポイントに対して適切なアンテナおよびプロトコルを選択します。

ステップ 8 アクセス ポイントのターゲット スループットを選択します。

ステップ 9 フロアで使用される サービス の隣にあるチェックボックスをオンにします。オプションは Data/Coverage(デフォルト)、Voice、および Location です( 表 5-2 )。


) 少なくとも 1 つのサービスを選択しないと、エラーが発生します。



) [Advanced Options] チェックボックスをオンにした場合、[Demand] と [Override Coverage per AP] の 2 つのアクセス ポイント プランニング オプションが追加で表示されます。また、[Data/Coverage] および [Voice] サービス オプションに対しては、[Safety Margin] パラメータが表示されます(表 5-3)。


表 5-2 サービス オプションの定義

サービス オプション
説明

Data/Coverage

無線 LAN 上でデータ トラフィックが送信される場合に選択します。次の定義は、帯域およびデータ レートに応じて使用されます。

帯域
パス損失モデル(dBm)
データ レート(Mbps)
領域(平方フィート)

802.11a/n

-3.3

10 ~ 12

6000

802.11a/n

-3.3

15 ~ 18

4500

802.11a/n

-3.5

10 ~ 12

5000

802.11a/n

-3.5

15 ~ 18

3250

802.11b/g/n

-3.3

5

6500

802.11b/g/n

-3.3

6

4500

802.11b/g/n

-3.5

5

5500

802.11b/g/n

-3.5

6

3500

[Advanced Options] を有効にした場合(チェックボックスをクリック)、データの信号強度のしきい値について、希望するセーフティ マージン([Aggressive]、[Safe]、または [Very Safe])を選択できます。

Aggressive = 最小(-3 dBm)

Safe = 中(0 dBm)

Very Safe = 最大(+3 dBm)

Voice

無線 LAN 上で音声トラフィックが送信される場合に選択します。

[Advanced Options] を有効にした場合(チェックボックスをクリック)、音声の信号強度のしきい値について、希望するセーフティ マージン([Aggressive]、[Safe]、[Very Safe]、または [7920-enabled])を選択できます。

Aggressive = 最小 [-78 dBm (802.11a/b/g/n)]

Safe = 中 [-75 dBm (802.11a/b/g/n)]

Very Safe = 最大 [-72 dBm (802.11a/b/g/n)]

7920_enabled = [-72 dBm (802.11a/n); -67 dBm (802.11b/g/n)]

Location

選択すると、推奨されるアクセス ポイントの計算において、少なくとも 90% の確率で、10m 以内にある要素の真の位置が提供されるようになります。

条件を満たすために、各アクセス ポイントは、他のアクセスポイントから 70 フィート以内に配置します。アクセス ポイントの周囲を六角形に区切り、その六角形を互い違いに組み合せた形式の配置にします。

(注) 各サービス オプションには、そのオプションの上に示されているすべてのサービスが含まれます。たとえば、[Location] チェックボックスをオンにした場合、計算では必要なアクセス ポイントの最適数の特定において、データ/カバレッジ、音声、および位置が考慮されます。

表 5-3 Advanced Options の定義

Advanced Options
説明

Demand

アクセス ポイント計算の基準として、合計ユーザ数またはアクセス ポイントごとのユーザ比率を使用する場合に選択します。

Override Coverage per AP

アクセス ポイントのカバレッジの基準として、平方フィートのカバレッジを指定する場合に選択します。

Safety Margin

アクセス ポイントの計算において、データおよび音声サービスの相対的な信号強度の要件を制限するオプションを選択します。オプションは [Aggressive]、[Safe]、[Very Safe]、および [7920-enabled](音声のみ)です。計算において最小限の信号強度要件を必要とするには [Aggressive] を選択し、最大限の信号強度を要求するには [Very Safe] を選択します。

ステップ 10 [Calculate] をクリックします。

選択されたサービスに対して推奨されるアクセス ポイントの数が表示されます(図 5-8 を参照)。

図 5-8 選択されたサービスおよびパラメータに対して推奨されるアクセス ポイント数


) 推奨される計算では、[Advanced Options] の [Safety Margin] で下方に調整されていない限り、常に強力な信号が必要であると見なされます。場合によっては、必要なアクセス ポイントが推奨される数より少ないこともあります。



) プランニング モードの計算では、壁は使用または考慮されません。


ステップ 11 [Apply] をクリックして、選択されたサービスおよびパラメータに基づいて、選択された領域において推奨されるアクセス ポイントの配置案を示すマップを生成します

図 5-9 選択されたサービスおよびパラメータに対して推奨されるアクセス ポイントの配置

ステップ 12 [Generate Proposal] を選択して、指定された入力に基づいて推奨されるアクセス ポイントの数および配置のレポートを、テキストおよびグラフィックで表示します。


 

Inspect VoWLAN Location Readiness

Inspect Location Readiness 機能は距離ベースの予測ツールで、アクセス ポイントを配置した場合に起こる問題領域を指摘できます。

Inspect Location Readiness ツールを使用すると、次のような操作が実行できます。

必要なアクセス ポイントのカバレッジがある領域を表示し、正確な位置結果を示します。

各アクセス ポイントの配置を、アクセス ポイント間の間隔と併せて考慮します。

アクセス ポイントとコントローラを WCS が認識済みであると仮定します。

次に当てはまる場合、アクセス ポイントが「Location Ready」として見なされます。

少なくとも 4 台以上のアクセス ポイントがフロアに配置されている。

少なくとも 3 台以上のアクセス ポイントが、当該地点の 70 フィート以内に配置されている。

少なくとも 1 台以上のアクセス ポイントが、当該地点を取り囲む 4 分割画面ごとに常駐していることがわかる。

Inspect Location Readiness ツールを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 該当するフロア領域名を選択します。

ステップ 3 [Select a command] ドロップダウン メニューから、[Inspect Location Readiness] をクリックします。


 

Inspect VoWLAN Readiness

Voice Readiness ツール(VoWLAN Readiness ツール)を使用すると、RF カバレッジが音声信号の要件に足りるかどうかを確認することができます。このツールは、アクセス ポイントをインストールした後の RSSI レベルを確認します。

VoWLAN Readiness ツール(VRT)を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 該当するフロア領域名を選択します。

ステップ 3 [Select a command] ドロップダウン メニューから、[Inspect VoWLAN Readiness] をクリックします。

ステップ 4 ドロップダウン メニューから、[Band]、[AP Transmit Power]、および [Client] パラメータのうち、該当するものを選択します。


) デフォルトでは、RSSI しきい値に基づいて、Cisco 電話の b/g/n 帯域の地域マップが地域マップに表示されます。別の設定は保存できません。


ステップ 5 選択したクライアントによっては、RSSI 値が編集不可になる場合があります。

Cisco Phone:RSSI 値を編集できません。

Custom:RSSI 値を次の範囲で編集できます。

-95 ~ -45dBm の低しきい値

-90 ~ -40dBm の高しきい値

ステップ 6 領域が Voice Ready かどうかは、次の色で表示されます。

緑色:Yes

黄色:Marginal

赤色:No


 

音声 RF カバレッジ問題のトラブルシューティング

音声 RF カバレッジ問題をトラブルシューティングするには、次の操作を実行します。

AP Transmit パラメータを [Max] に設定します(最大ダウンリンク電力設定)。マップに黄色か赤色の地域がまだ表示される場合は、フロアをカバーするのにアクセス ポイントを増やす必要があります。

AP Transmit パラメータを [ Current ] に設定しても、校正済みモデルが赤色または黄色の地域を表示する場合は、アクセス ポイントの電力レベルを上げます。

RF 環境のうち、緑色の地域、黄色の地域、および赤色の地域を確認します。このインジケータは、フロアが校正済みでも校正済みでなくても正確ですが、フロアを校正しておく方が精度が向上します。

アクセス ポイントの追加

.PNG、 .JPG、 .JPEG、または .GIF 形式のフロア図面と屋外領域のマップを Cisco WCS データベースに追加することによって、Lightweight アクセス ポイント アイコンをマップ上に配置して、ビルディング内の設定位置を示すことができます。アクセス ポイントをフロア図面と屋外領域のマップに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [General] タブの [Coverage Areas] で、目的のフロア図面または屋外領域のマップをクリックします。WCS に、アソシエートされたカバレッジ領域マップが表示されます。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Add Access Points] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 3 [Add Access Points] ページで、マップに追加するアクセス ポイントを選択します。

ステップ 4 [OK] をクリックして、アクセス ポイントをマップに追加し、 Position Access Points マップを表示します。


) アクセス ポイント アイコンがマップの左上の領域に表示されます。


ステップ 5 アイコンをクリックしてドラッグし、物理位置を示します。

ステップ 6 各アイコンをクリックして、サイドバーでアンテナの方向を選択します(図 5-10 を参照)。

図 5-10 アンテナ サイドバー


) • アンテナの角度は、マップの X 座標に対して相対的です。X(水平)座標および Y(垂直)座標の原点はマップの左上の角であるため、0 度はアクセス ポイントの Side A を右に、90 度は Side A を下に、180 度は Side A を左に向けることになります。

アンテナの Elevation(垂直面)は、最大 90 度までアンテナを垂直(上下)に移動するために使用されます。

各アクセス ポイントがマップ上の正しい位置に設置されていること、またアンテナの方向が正しいことを確認します。マップを使って、カバレッジ ホールや不正アクセス ポイントを発見するときは、正確なアクセス ポイントの位置決めが重要です。

アンテナの垂直面および方位角のパターンについての詳細は、 http://www.cisco.com/en/US/products/hw/wireless/ps469/tsd_products_support_series_home.htmlを参照してください。


 

ステップ 7 [Save] をクリックして、アクセス ポイントの位置と方向を保存します。WCS によって、カバレッジ領域の RF 予測が計算されます。この RF 予測は、カバレッジ領域マップ上の RF 信号の相対強度を示しているため、一般的には「ヒート マップ」として知られています。図 5-11 は、RF 予測ヒート マップを示しています。


) ここでは、石壁や金属の物体など、ビルディングのさまざまな素材の減衰は考慮されておらず、RF 信号が障害物に跳ね返る影響も表示されないため、実際の RF 信号強度の近似値だけが表示されています。


図 5-11 RF 予測ヒート マップ

 


 

アクセス ポイントの配置

無線 LAN のカバレッジ領域での全デバイスの最適な位置を判断するには、アクセス ポイントの密度と位置を考慮する必要があります。

少なくとも 3 個、可能な場合は 4 個か 5 個のアクセス ポイントが、デバイス位置を必要とする各領域にカバレッジを提供していることを確認します。デバイスを検出するアクセス ポイントは多いほうが効果があります。この高水準のガイドラインが生み出す最良の実施例は次のとおりです。優先度順に並べられています。

1. 最も重要なのは、アクセス ポイントが目的の位置を囲むことです。

2. 約 17 ~ 20m(50 ~ 70 リニア フィート)ごとに 1 つのアクセス ポイントが配置される必要があります。これは変換すると、230 ~ 450 平方メートル(2,500 ~ 5,000 平方フィート)ごとに 1 つのアクセス ポイントとなります。


) アクセス ポイントは、約 6m (20 フィート)未満の高さで設置する必要があります。性能を最も引き出すためには、約 3m (10 フィート)で設置すると理想的です。


これらのガイドラインに従うと、アクセス ポイントが追跡したデバイスをより検出しやすくなります。2 つの物理環境が同じ RF 特性を持つことはほとんどありません。ユーザは特定の環境や要件に合わせてこれらのパラメータを変更しなければならない場合があります。


) コントローラが情報を Location Appliance に転送するために、-75dBm を超える信号でデバイスを検出する必要があります。3 つ以上のアクセス ポイントが、-75dBm 以下の信号でデバイスを検出できなければなりません。


アクセス ポイントの配置に関するガイドライン

アクセス ポイントを正確に配置するために、次の規則に従ってください。

1. 部屋や建物の屋外の近くにデバイスが置かれるように、カバレッジ領域の境界に沿ってアクセス ポイントを設置します(図 5-12 を参照)。このようなカバレッジ領域の中心に設置されたアクセス ポイントからは、場合によっては他の全アクセス ポイントから等距離に見えてしまうデバイスに関しても有益なデータが得られます。

図 5-12 一塊に集めたアクセス ポイント

 

2. 全体のアクセス ポイントの密度を高め、アクセス ポイントをカバレッジ領域の周辺方向へ移動することにより、位置精度が大幅に向上します(図 5-13 を参照)。

図 5-13 密度を高めることによる位置精度の向上

 

3. 細長いカバレッジ領域では、直線的にアクセス ポイントを配置しないようにします(図 5-14 を参照)。各アクセス ポイントでデバイス位置のスナップショットがほかと異なるように、それらを交互にずらします。

図 5-14 直線的な配置を控える

 

図 5-14 の計画は、高い帯域幅のアプリケーションに十分なアクセス ポイント密度を与えますが、同じデバイスの見え方がアクセス ポイントごとにそれほど変わらないため、位置の判定が困難になり、よい配置ではありません。

4. アクセス ポイントをカバレッジ領域の周辺に移動して、それらを交互にずらします。それぞれにおいてデバイスの見え方が明確に異なる可能性が高くなり、結果としてより位置精度が高まります(図 5-15 を参照)。

図 5-15 周辺で交互にずらすことで向上する位置精度

 

5. 位置認識の無線 LAN を設計するときは、音声用に計画するときと同様に、いくつかのことを考慮するとよりよい設計になります。最も一般的な無線端末は、3 つの重複しないチャネルだけを提供する 802.11b/n しかサポートしていません。そのため、電話に対して設計された無線 LAN は、データを伝送するために計画されたものより密度が低い傾向があります。また、トラフィックが Platinum QoS バケット(通常は音声トラフィック、および遅延の影響を受けやすい他のトラフィック用に予約されている)にキューイングされると、Lightweight アクセス ポイントはスキャン機能を延期します。これにより、スキャン機能は他のチャネルで最大となり、アクセス ポイントは他の情報と共にデバイスの位置情報を収集します。 ユーザは、monitor-only モードに設定したアクセス ポイントで無線 LAN 展開を補完できます。監視機能だけを実行するアクセス ポイントは、クライアントにサービスを提供せず、干渉は引き起こしません。電波をスキャンしてデバイス情報を取得するだけです。

音声ネットワークなどの低密度の無線 LAN の導入では、それらの位置精度が、モニタ アクセス ポイントの追加および適切な配置によって非常に高まることがわかります(図 5-16 を参照)。

図 5-16 低密度の無線 LAN の導入

 

6. 無線ラップトップ、ハンドヘルド、または電話を使用してカバレッジを検証し、3 つ以上のアクセス ポイントがデバイスによって検出されることを確認します。クライアントとアセット タグの位置を確認するには、指定した精度の範囲内(10 m、90%)で、WCS がクライアントのデバイスとタグを報告することを確認します。


 

ネットワーク設計の作成

アクセス ポイントを設置してコントローラに接続し、そのコントローラを管理するように WCS を設定したら、ネットワーク設計を設定します。ネットワーク設計 は、施設全体にわたるアクセス ポイントの物理配置を WCS 内で表現したものです。1 つのキャンパス、そのキャンパスを構成するビルディング、および各ビルディングのフロアという階層構造が、1 つのネットワーク設計を構成します。これらの手順は、その環境のデバイスを追跡するために、Location Appliance がそのネットワーク内のコントローラをポーリングするように設定され、特定のネットワーク設計と同期させるように設定されると仮定します。「WCS へのLocation Appliance のインポート」では、WCS と Location Appliance 間の同期を実行するための概念と手順を説明します。

ネットワークの設計

ネットワークを設計する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 WCS の Web インターフェイスを開いてログインします。


) ネットワーク設計を作成または編集するには、WCS にログインし、SuperUser、Admin、または ConfigManager アクセス権限を持つ必要があります。


ステップ 2 [Monitor] タブをクリックして、[Maps] サブタブを選択します(図 5-17 を参照)。

ステップ 3 ネットワーク設計のサイズおよびマップの構成に応じて、右側のドロップダウン メニューから、[New Campus] または [New Building] を選択します。[New Campus] を選択する場合は、ステップ 4 に進みます。キャンパスなしでビルディングを作成するには、ステップ 13 に進みます。

図 5-17 新しいネットワーク設計の作成

 

ステップ 4 [GO] をクリックします。

ステップ 5 キャンパスのネットワーク設計の名前、問い合せ先の名前、およびキャンパスのイメージ ファイルへの ファイル パスを入力します。.bmp と .jpg をインポート可能です。

ステップ 6 [Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、キャンパスの水平方向スパンが 約 1,524m(5,000 フィート)になり、イメージ ファイルの縦横比に従って垂直方向スパンが調整されます。水平方向または垂直方向のスパンを調整すると、画像の比率に従ってほかのフィールドが変更されます。

この自動調整を上書きしたい場合は、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオフにする必要があります。その後で、両方のスパンを実際のキャンパスの寸法に合うように調整できます。

ステップ 7 [OK] をクリックします。

ステップ 8 [Monitor > Maps] サブタブで、前の手順で作成したキャンパス マップに関連付けられたハイパーリンクをクリックします。新しいキャンパス画像を示すウィンドウが表示されます。

ステップ 9 ウィンドウの右上のドロップダウン メニューから、[New Building] を選択し、[GO] をクリックします(図 5-18 を参照)。

図 5-18 新しいビルディング

 

ステップ 10 ビルディング名、問い合せ担当者、およびビルディングの地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。

ステップ 11 キャンパス画像の左上の青い四角形をクリックし、それを目的の位置にドラッグして、キャンパス マップのどのビルディングが適切なビルディングかを示します(図 5-19 を参照)。青い四角形のサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックしてドラッグし、その水平サイズを調整します。また、ビルディングの寸法を [Horizontal Span] と [Vertical Span] フィールドに数値で入力して [Place] をクリックすることもできます。サイズ変更した後で、青い四角形をクリックして目的の位置にドラッグすることで、必要に応じて再配置できます。[Save] をクリックします。

図 5-19 青色で強調表示されたビルディングの再配置

 

ステップ 12 その後 WCS は、緑色の四角形の中で強調表示された、新たに作成されたビルディングを備えたキャンパス画像に戻ります。緑色の四角形をクリックします(図 5-20 を参照)。

図 5-20 緑色で強調表示された新しく作成されたビルディング

 

ステップ 13 キャンパスなしでビルディングを作成するには、[New Building] を選択して [GO] をクリックします。

ステップ 14 ビルディング名、問い合せ情報、地上のフロア数と地下のフロア数、および寸法情報を入力します。[Save] をクリックします。WCS が [Monitor > Maps] ウィンドウに戻ります。

ステップ 15 新しく作成されたビルディングに関連付けられたハイパーリンクをクリックします。

ステップ 16 [Monitor > Maps > Campus Name > Building Name] ウィンドウで、ドロップダウン メニューから [New Floor Area] を選択します。[GO] をクリックします。

ステップ 17 アクセス ポイントを設置するフロア名、問い合せ先、フロア番号、フロアの種類、高さを入力し、フロア画像のパスを入力します。[Next] をクリックします。


) [Floor Type](RF Model)フィールドは、その指定したフロアの環境の種類を指定します。この RF Model は、そのフロア上の予想される RF 信号の減衰量を示します。使用可能なモデルがフロアの構造を正しく表していない場合に、フロアの減衰特性に特有の RF モデルを作成する方法については、「キャリブレーション モデルの作成と適用」を参照してください。


ステップ 18 フロア領域がビルディングの面積と異なる場合は、[Dimensions] 見出しの下のテキスト フィールドの数値を変更するか、Ctrl キーを押した状態でクリックしてフロア画像の周りの青い四角形をドラッグし、フロアの面積を調整します。フロアの位置がビルディングの左上角からオフセットしている場合は、青い四角形をクリックして目的の位置にドラッグするか、[Coordinates of top left corner] 見出しの下の数値を変更して、ビルディング内のフロアの配置を変更します(図 5-21 を参照)。いずれかの数値を変更した後は、[Place] をクリックします。

図 5-21 数値フィールドを使用した再配置

 

ステップ 19 [Launch Map Editor] の隣のチェックボックスを選択することで、WCS マップ エディタでフロアの特性を調整します。Map Editor の機能については、「Map Editor を使用したフロア図面の拡張」を参照してください。

ステップ 20 新しいフロア画像のウィンドウ([Monitor] > [Maps] > [CampusName] > [BuildingName] > [FloorName])で、右上のドロップダウン メニューから [Add Access Points] を選択します。[GO] をクリックします。

ステップ 21 コントローラに接続しているすべてのアクセス ポイントが表示されます。管理のために WCS は設定されているがまだ別のフロア マップに追加されていないコントローラでも表示されます。アクセス ポイント エントリの左側のチェックボックスをオンにして、特定のフロア マップ上に配置するアクセス ポイントを選択します。[Name] 列の左側のチェックボックスをオンにしてすべてのアクセス ポイントを選択します。[OK] をクリックします。

ステップ 22 フロア マップに追加するために選択した各アクセス ポイントは、灰色の円で表され(アクセス ポイント名や MAC アドレスにより区別)、フロア マップの左上部分に並べられます。各アクセス ポイントを適切な位置にドラッグします (アクセス ポイントは、クリックして再配置すると青色に変わる)。各アクセス ポイントの横の小さい黒矢印は各アクセス ポイントの Side A を表し、各アクセス ポイントの矢印は、アクセス ポイントが設置された方向と一致する必要があります。(Side A はそれぞれの 1000 シリーズ アクセス ポイント上で明確に記されており、802.11a/n 無線とは関連なし)

ステップ 23 方向の矢印を調整するには、Antenna Angle ドロップダウン メニューで適切な方向を選択します。各アクセス ポイントの方向の配置や調整が終了したら、[Save] をクリックします。


アクセス ポイントの配置と方向は、実際のアクセス ポイントの展開に直接反映する必要があります。反映しない場合は、システムはデバイス位置を特定できません。


ステップ 24 それぞれのデバイス位置がネットワーク設計で適切に詳しく表されるまで、前のプロセスを繰り返してキャンパス、ビルディング、およびフロアを作成します。


 

ファイルのインポートとエクスポートによるアクセス ポイントの位置の変更

ファイルをインポートまたはエクスポートすることにより、アクセス ポイントの位置を変更できます。ファイルには、移動するアクセス ポイントについて説明する行だけが含まれます。このオプションを使用すると、複数のアクセス ポイントの位置を手動で変更する場合よりも時間が少なくて済みます。ファイルのインポートまたはエクスポートを使用してアクセス ポイントの位置を変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 [Select a command] ドロップダウン メニューから、[Properties] を選択します。

ステップ 3 [Unit of Dimenion] ドロップダウン メニューで、[feet] または [meters] を選択します。

ステップ 4 位置精度のテストポイントを正確にするには、Location Appliance と WCS の両方で [Advanced Debug] オプションを有効にする必要があります。

ステップ 5 ウィンドウの [Import/Export AP Placement] 部分で、[Browse] をクリックしてインポートするファイルを見つけます。[BuildingName], [FloorName], [APName], (aAngle), (bAngle), [X], [Y], ([aAngleElevation, bAngleElevation, Z]), (aAntennaType, aAntennaMode, (aAntennaPattern, (aAntennaGain)), bAntennaType, bAntennaDiversity, (bAntennaPattern, bAntennaGain))))) 形式のファイルがすでに作成され、WCS に追加されている必要があります (「Inspect VoWLAN Readiness」を参照してください)。


) 角カッコ内のパラメータは必須で、丸カッコ内のパラメータはオプションです。



) 角度はラジアン(X,Y)、高さはフィートで入力する必要があります。aAngle と bAngle の範囲は -2Pi (-6.28...) ~ 2Pi (6.28...)で、垂直面の範囲は -Pi (-3.14..) ~ Pi (3.14..)です。


ステップ 6 [Import] をクリックします。RF の計算は、アクセス ポイントごとに約 2 秒かかります。


 

チョークポイントを使用したタグの位置報告の精度の向上

チョークポイントを設置すると、精度の高い RFID タグの位置情報を取得できます。アクティブな Cisco Compatible Extensions バージョン 1 準拠の RFID タグがチョークポイントの範囲に入ると、チョークポイントにより誘導されます。その後、このチョークポイントの MAC アドレスが、誘導されたタグにより送信される次のビーコンに含められます。このタグ ビーコンを検出したすべてのアクセス ポイントはその後、情報をコントローラと Location Appliance に転送します。

アクティブな Compatible Extensions 準拠のタグと一緒にチョークポイントを使用すると、タグとそのアセットに関する位置情報が即座に提供されます。Cisco Compatible Extension タグがチョークポイントの範囲外に出ると、後続のビーコン フレームには、識別するチョークポイント情報が何も含まれません。タグの位置はデフォルトで、タグにアソシエートされているアクセス ポイントにより報告される RSSI に基づいた標準の計算方法で決定されます。

WCS データベースとマップへのチョークポイントの追加

チョークポイントは、チョークポイントのベンダーによって推奨されるとおりに設置および設定されます。チョークポイントの設置が完了し、動作するようになった後は、チョークポイントを WCS に追加して、フロア マップに配置します。同期を実行中に、これらがロケーション サーバに転送されます。

チョークポイントを WCS データベースと適切なマップに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン メニューから、[Configure] > [Chokepoints] の順に選択します。

[All Chokepoints] 概要ウィンドウが表示されます(図 5-22 を参照)。

図 5-22 [Configure] > [Chokepoints]

 

ステップ 2 [Select a Command] メニューから [Add Chokepoints] を選択します(図 5-22 を参照)。[GO] をクリックします。

[Add Chokepoint] 入力ウィンドウが表示されます(図 5-23 を参照)。

図 5-23 [Add Chokepoint] ページ

 

ステップ 3 チョークポイントの MAC アドレス、名前、およびカバレッジ範囲を入力します。


) チョークポイントの範囲は製品固有であり、チョークポイントのベンダーにより供給されます。


ステップ 4 チョークポイントが Entry/Exit チョークポイントかどうかを指定します。

ステップ 5 [OK] をクリックして、チョークポイント エントリをデータベースに保存します。

新しいチョークポイントのエントリが一覧表示された状態で、[All Chokepoints] 概要ページが表示されます(図 5-24 を参照)。

図 5-24 [All Chokepoints] 概要ページ

 


) データベースにチョークポイントが追加されたら、適切な WCS フロア マップに配置します。


ステップ 6 チョークポイントをマップに追加するには、[Monitor] > [Maps] を選択します(図 5-25)。

図 5-25 [Monitor] > [Maps]

 

ステップ 7 [Maps] ページで、チョークポイントのフロアの位置に対応するリンクを選択します。フロア マップが表示されます(図 5-26)。

図 5-26 選択されたフロア マップ

 

 

ステップ 8 [Select a Command] メニューから [Add Chokepoints] を選択します。[GO] をクリックします。

[Add Chokepoints] 概要ページが表示されます(図 5-27 を参照)。


) [Add Chokepoints] 概要ページには、データベースに追加されていてもまだマップされていない、最近追加されたチョークポイントがすべて一覧表示されます。


図 5-27 [Add Chokepoints] 概要ページ

 

ステップ 9 マップに追加するチョークポイントの隣にあるチェックボックスをオンにします。[OK] をクリックします。

チョークポイント アイコンが左上角に配置されて、マップが表示されます(図 5-28)。これで、マップ上にチョークポイントを配置する準備ができました。

図 5-28 チョークポイントの位置決めのためのマップ

 

ステップ 10 チョークポイント アイコンを左クリックして、適切な位置までドラッグして配置します(図 5-29 を参照)。

図 5-29 フロア マップに配置されたチョークポイント アイコン

 


) チョークポイント アイコンを配置するためにクリックすると、左側パネルにチョークポイントの MAC アドレス、名前およびカバレッジ範囲が表示されます。


ステップ 11 アイコンが正確にマップに配置されたら、[Save] をクリックします。

フロア マップに戻ると、マップ上に追加されたチョークポイントが表示されます。


) フロアの表示設定に応じて、新しく作成されたチョークポイント アイコンがマップ上に表示される場合と、表示されない場合があります。アイコンが表示されなかった場合は、ステップ 12 に進んでください。


図 5-30 新しいチョークポイントがフロア マップに表示される

 


) チョークポイントの周囲の輪は、カバレッジ領域を示しています。Cisco Compatible Extensions タグとそのアセットがカバレッジ領域内を通過すると、位置の詳細がブロードキャストされ、タグはチョークポイント カバレッジ円上に自動的にマップされます。チョークポイントの範囲は表示されるだけですが、実際に範囲を設定するにはチョークポイントのベンダー ソフトウェアが必要です。タグがチョークポイントの範囲外に出ると、その位置は以前と同様に計算されるので、チョークポイントの輪の上にはマップされなくなります。図 5-30 で、タグは現在チョークポイントの範囲外にあります。



) マップ アイコン上にマウスを移動させると、チョークポイント表示の MAC アドレス、名前および範囲が表示されます。


ステップ 12 チョークポイントがマップ上に見当たらない場合、[Layers] をクリックして、マップ上で表示できる要素の選択メニューを折りたたみます。[Chokepoints] チェックボックスをオンにします。

チョークポイントがマップに表示されます(図 5-31)。

図 5-31 マップ上にチョークポイントを表示する

 

ステップ 13 [X] をクリックして、[Layers] ウィンドウを閉じます。


) すべてのマップに対してこの表示条件を保存する場合以外には、[Save Settings] を選択しないでください。



 

WCS データベースとマップからのチョークポイントの削除

一度に 1 つまたは複数のチョークポイントを削除できます。

チョークポイントを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Configure] > [Chokepoints] の順に選択します。[All Chokepoints] ページが表示されます。

ステップ 2 削除するチョークポイントの隣のチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[Remove Chokepoints] を選択します。[GO] をクリックします。

ステップ 4 チョークポイントの削除を確認するために、表示されるポップアップ ウィンドウで、[OK] をクリックします。

[All Chokepoints] ページに戻ります。チェックポイントの削除を確認するメッセージが表示されます。削除されたチョークポイントは、ページに表示されなくなります。


 

チョークポイントの監視

チョークポイントは、チョークポイントのベンダーによって推奨されるとおりに設置および設定されます。チョークポイントを WCS に追加してフロア マップに配置すると、同期の実行中に、これらがロケーション サーバに転送されます。[Monitor] > [Chokepoints] の順に選択して、検出されたチョークポイントの一覧を表示します。特定のチョークポイントの [Map Location] からリンクをクリックすると、そのチョークポイントの位置を示すマップが表示されます。次のようなパラメータが表示されます。

MAC Address:チョークポイントの MAC アドレス。

Chokepoint Name:ユーザが定義したチョークポイント名。

Entry/Exit Chokepoint:チョークポイントが Entry/Exit チョークポイントかどうかを示します。

Range:チョークポイントの範囲(フィート単位)。

Map Location:チョークポイントの位置を示すマップへのリンク。

マップの監視 

この項では、マップを使って無線 LAN を監視し、カバレッジを予測する方法について説明します。次の目的でマップを使用できます。

「予測カバレッジの監視」

「フロア マップ上での送信電力レベルの監視」

「フロアマップ上のカバレッジ ホールの監視」

「フロア マップ上でのクライアントの監視」

「屋外領域の監視」

無線 LAN を監視する準備のために、マップに対するさまざまなリフレッシュ オプションを十分に理解してください。

ネットワークからのリフレッシュ:左側のサイドバーのメニューの [Refresh Heatmap](図 5-32 のコールアウト 1 を参照)をクリックすることで、作成後 5 ~ 15 分経過している WCS データベースからポーリングされるデータではなく、SNMP フェッチを介してコントローラから直接マップ ステータスと統計をリフレッシュできます。


) フロア計画に監視モード アクセス ポイントがある場合、IDS ヒートマップ タイプまたはカバレッジ ヒートマップ タイプのいずれかを選択できます。カバレッジ ヒートマップでは、監視モード アクセス ポイントが除外され、IDS ヒートマップでは含められます。


Refresh browser:マップ上部の Logout and Print オプションの隣に、別のリフレッシュ オプションがあります(図 5-32 のコールアウト 3 を参照)。これをクリックするとページ全体がリフレッシュされます。マップ ページ上でクリックした場合、マップとそのステータスおよび統計がリフレッシュされます。

Load:左側のサイドバー メニューの [Load] オプションにより、オンデマンドで WCS データベースからのマップ データがリフレッシュされます(図 5-32 のコールアウト 2 を参照)。それ以外の場合、[Refresh] オプション(マップの右上にある [Zoom] オプションの横)では、データベースからマップ データをリフレッシュする頻度を設定するためのインターバル ドロップダウン メニューが提供されます。

図 5-32 マップの監視


) 3 つのオプションではすべて、レイヤ選択に基づいてデータがリフレッシュされます。


予測カバレッジの監視

マップ上で無線 LAN の予測カバレッジを監視する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Name] 列で項目をクリックします。

ステップ 3 [Layers] をクリックして、表示できるレイヤのチェックリストを表示します。選択するレイヤによっては、マップに表示する内容をさらに選択するためのポップアップ ウィンドウが表示されます。ポップアップが表示されるレイヤについては、次の項で説明します。レイヤ オプションは、次のとおりです。

Access Point

AP Heatmaps

AP Mesh Info:メッシュ アクセス ポイントが屋外領域に存在する場合にだけ表示されます。

Clients:ロケーション サーバが WCS に追加された場合にだけデータが表示されます。

802.11 Tags

Rogue APs:ロケーション サーバが WCS に追加された場合にだけデータが表示されます。

Rogue Adhocs:ロケーション サーバが WCS に追加された場合にだけデータが表示されます。

Rogue Clients:ロケーション サーバが WCS に追加された場合にだけデータが表示されます。

Grid

Coverage Areas

Markers

Chokepoints:チョークポイントが WCS に追加される場合にだけ表示されます。


) これらのレイヤの右側の矢印をクリックすると、フィルタ オプションがさらに表示されます。


有効なレイヤにはチェックマークが付いており、無効なレイヤは選択不可になっています。


) マウスの位置に応じて、802.11a/n、および 802.11b/g/n データの概要を示すポップアップが表示されます。ポップアップでは、チャネル、送信電力レベル、ユーザ カウント、使用状況カウント、アンテナ名、アンテナの角度、および(802.11a/n ウィンドウと 802.11b/g/n ウィンドウの場合)垂直面角度、および [General] タブのアクセス ポイント MAC アドレス、コントローラの IP アドレス、モデル、位置、および高さが提供されます。


Access Point レイヤ

Access Point レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供されるアクセス ポイント フィルタのウィンドウが表示されます(図 5-33 を参照)。

図 5-33 [AP Filter] ウィンドウ


ステップ 1 [Protocol] ドロップダウン メニューから次のいずれかの 802.11 プロトコルを選択して、カバレッジ マップ上に表示します。

802.11a & b/g/n:領域内のすべてのアクセス ポイントを表示します。

802.11a/n:802.11a/n 無線通信機に対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。

802.11b/g/n:802.11b/g/n 無線通信機に対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。これがデフォルト値です。

ステップ 2 [Display] ドロップダウン メニューから次のいずれかのオプションを選択して、マップ上の各アクセス ポイントの隣のフラグに表示される情報を指定します。

Channels:Ch#nn のように チャネル番号を表示します。この nn はチャネル番号です。また、接続していないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示します。

TX Power Level:Tx Power n のように現在のCisco Radio送信電力レベルを表示します。この n は電力レベル 1(高)から 5(低)です。また、接続していないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示します。

Coverage Holes:接続が切断されるまでに信号が弱くなったクライアントの割合を表示します。接続していないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示し、Monitor-Only モードのアクセス ポイントに対しては「MonitorOnly」を表示します。

MAC Addresses:アクセス ポイントがコントローラにアソシエートされているかどうかに関係なく、MAC アドレスを表示します。

Names:アクセス ポイント名を表示します。これがデフォルト値です。

Controller IP:アクセス ポイントがアソシエートされているコントローラの IP アドレスを表示します。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは、「Not Associated」を表示します。

Utilization:アソシエートされたクライアント デバイスが使用する帯域幅の割合を表示します。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは「Unavailable」、監視専用モードのアクセス ポイントでは「MonitorOnly」を表示します。

Profiles:対応するオペレータ定義のしきい値の Load、Noise、Interference および Coverage コンポーネントを表示します。しきい値を超えない場合は「Okay」、しきい値を超える場合は「Issue」、接続していないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示します。その後、ロード、ノイズ、干渉、カバレッジとしてプロファイル タイプを指定する必要があります。

Users:Cisco WLAN Solution クライアントの数を表示します。接続していない アクセス ポイント に対しては [Unavailable] を示し、Monitor-Only モードの アクセス ポイント に対しては [MonitorOnly] を示します。

ブリッジ グループ名

ステップ 3 [OK] をクリックします。


 

AP Mesh Info レイヤ

AP Mesh Info レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供される [Mesh Parent-Child Hierarchical View] ウィンドウが表示されます(図 5-34 を参照)。

図 5-34 [Mesh Parent-Child Hierarchical View] ウィンドウ

マップ上に表示するアクセス ポイントを選択することにより、マップ ビューを更新できます。[Quick Selections] ドロップダウン メニューから、唯一のルート アクセス ポイント、1 番目のホップから 4 番目のホップの間のさまざまなホップを選択するか、すべてのアクセス ポイントを選択します。


) 子アクセスポイントを表示するには、その親が選択されている必要があります。


Clients レイヤ

Clients レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供される [Client Filter] ウィンドウが表示されます(図 5-35 を参照)。

図 5-35 [Client Filter] ウィンドウ

[Show All Clients] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン メニュー オプションが灰色になります。

[Small Icons] チェックボックスをオフにすると、ラベルに MAC アドレス、IP アドレス、ユーザ名、アセット名、アセット グループ、またはアセット カテゴリを表示するかどうか選択できます。

[Show All Clients] チェックボックスをオフにすると、クライアントをフィルタ処理する方法を指定して、特定の SSID を入力できます。

[Protocol] ドロップダウン メニュー オプションは次のとおりです。

All:領域内のすべてのアクセス ポイントを表示します。

802.11a/n:802.11a/n 無線通信機を使用するクライアントに対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。

802.11b/g/n:802.11b/g/n 無線通信機を使用するクライアントに対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。これがデフォルト値です。

さらに、すべての状態のクライアント、または具体的にアイドル状態、認可済み、プローブ中、またはアソシエートされたクライアントを表示するように選択できます。

802.11 Tags レイヤ

802.11 Tags レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供される [Tag Filter] ウィンドウが表示されます(図 5-36 を参照)。

図 5-36 [Tag Filter] ウィンドウ

[Show All Tags] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン メニュー オプションが灰色になります。

[Small Icons] チェックボックスをオフにすると、ラベルに MAC アドレス、アセット名、アセット グループまたはアセット カテゴリを表示するかどうか選択できます。

[Show All Clients] チェックボックスをオフにすると、クライアントをフィルタ処理する方法を指定できます。

[Rogue APs] レイヤ

[Rogue APs] レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供される [Rogue AP Filter] ウィンドウが表示されます(図 5-37 を参照)。

図 5-37 [Rogue AP Filter] ウィンドウ

[Show All Rogue APs] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン メニュー オプションが灰色になります。

[Show All Rogue APs] チェックボックスをオフにすると、不正アクセス ポイントをフィルタ処理する方法を指定できます。フィルタを定義する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 特定の MAC アドレスを表示する場合は、MAC Address フィールドに MAC アドレスを入力します。

ステップ 2 [State] ドロップダウン メニューから、[alert]、[known]、[acknowledged]、[contained]、[threat]、または [unknown contained] 状態のどの状態の不正を表示するかを選択します。

ステップ 3 すべての不正、アクセス ポイント不正、またはアドホック不正を表示するかどうかを指定します。

ステップ 4 ネットワーク上の不正アクセス ポイントを表示するかどうかを指定します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。


 

[Rogue Clients] レイヤ

[Rogue Clients] レイヤを有効にして、これらのレイヤの右にある矢印をクリックすると、さらにオプションが提供される [Rogue Client Filter] ウィンドウが表示されます(図 5-38 を参照)。

図 5-38 [Rogue Client Filter] ウィンドウ

[Show All Rogue Clients] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン メニュー オプションが灰色になります。

[Show All Rogue Clients] チェックボックスをオフにすると、不正クライアントをフィルタ処理する方法を指定できます。フィルタを定義する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アソシエートされた不正アクセス ポイントの MAC アドレスを提供します。

ステップ 2 すべての不正クライアントを表示するか、[alert]、[contained]、または [threat] 状態のクライアントを表示するかを指定します。


 

フロア マップ上でのチャネルの監視

フロア マップ上でチャネルを監視する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Name] 列で項目をクリックします。

ステップ 3 [Layers] をクリックします。


) マウスの位置に応じて、802.11a/n、および 802.11b/g/n データの概要を示すポップアップが表示されます。ポップアップでは、チャネル、送信電力レベル、ユーザ カウント、使用状況カウント、アンテナ名、アンテナの角度、および(802.11a/n ウィンドウと 802.11b/g/n ウィンドウの場合)垂直面角度、および [General] タブのアクセス ポイント MAC アドレス、コントローラの IP アドレス、モデル、位置、および高さが提供されます。


ステップ 4 [Access Points] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Access Point] の隣の矢印をクリックします。

ステップ 6 [Display] ドロップダウン メニューから [Channels] を選択します。

各無線通信機で使用されているチャネル番号が、各アクセス ポイントの隣のフラグに表示されます。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは、「Unavailable」が表示されます。


) 使用可能なチャネルは、国番号の設定によって定義され、各国で規制されています。http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5679/ps5861/product_data_sheet0900aecd80537b6a_ps430_Products_Data_Sheet.html を参照してください。



 

フロア マップ上での送信電力レベルの監視

フロア マップ上で送信電力レベルを監視する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Name] 列で項目をクリックします。

ステップ 3 [Layers] をクリックします。


) マウスの位置に応じて、802.11a/n、および 802.11b/g/n データの概要を示すポップアップが表示されます。ポップアップでは、チャネル、送信電力レベル、ユーザ カウント、使用状況カウント、アンテナ名、アンテナの角度、および(802.11a/n ウィンドウと 802.11b/g/n ウィンドウの場合)垂直面角度、および [General] タブのアクセス ポイント MAC アドレス、コントローラの IP アドレス、モデル、位置、および高さが提供されます。


ステップ 4 [Access Point] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Access Point] の隣の 矢印をクリックします。

ステップ 6 [Display] ドロップダウン メニューから [Tx Power Level] を選択します。

ステップ 7 各無線通信機で使用されている送信電力レベル番号が、各アクセス ポイントの隣のフラグに表示されます。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは、「Unavailable」が表示されます。

表 5-4 は、送信電力レベル番号と対応する電力設定を示しています。

表 5-4 送信電力レベル値

送信電力
レベル番号
電力設定

1

国番号設定で許可される最大の電力

2

50% の電力

3

25% の電力

4

12.5 ~ 6.25% の電力

5

6.25 ~ 0.195% の電力


) 電力レベルは、国番号の設定によって定義され、各国で規制されています。http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5679/ps5861/product_data_sheet0900aecd80537b6a_ps430_Products_Data_Sheet.html を参照してください。


フロアマップ上のカバレッジ ホールの監視

カバレッジ ホールとは、クライアントが無線ネットワークから信号を受信できない領域のことです。無線ネットワークを展開する場合、初期ネットワーク展開のコストとカバレッジ ホール領域の割合を考慮する必要があります。展開するにあたってのカバレッジ ホールの妥当な条件とは、2 ~ 10% です。これは、100 か所のランダムに選択したテスト ロケーションのうち、2 ~ 10 か所でサービスが制限される可能性があることを意味します。展開後、Cisco Unified Wireless Network Solution の Radio Resource Management(RRM)によってこれらのカバレッジ ホール領域が特定され、IT マネージャに報告されます。IT マネージャはユーザからの要求に基づいてカバレッジ ホールに対応します。

フロア マップ上でカバレッジ ホールを監視する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Name] 列で項目をクリックします。

ステップ 3 [Layers] をクリックします。


) マウスの位置に応じて、802.11a/n、および 802.11b/g/n データの概要を示すポップアップが表示されます。ポップアップでは、チャネル、送信電力レベル、ユーザ カウント、使用状況カウント、アンテナ名、アンテナの角度、および(802.11a/n ウィンドウと 802.11b/g/n ウィンドウの場合)垂直面角度、および [General] タブのアクセス ポイント MAC アドレス、コントローラの IP アドレス、モデル、位置、および高さが提供されます。


ステップ 4 [Access Points] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Access Point] の隣の 矢印をクリックします。

ステップ 6 [Display] ドロップダウン メニューから [Coverage Holes] を選択します。

無線ネットワークへの接続を失ったクライアントの割合が、各アクセス ポイントの隣のフラグに表示されます。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは「Unavailable」、監視専用モードのアクセス ポイントでは「MonitorOnly」が表示されます。


 

フロア マップ上でのクライアントの監視

フロア マップ上でクライアント デバイスを監視する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、[Maps] ページを表示します。

ステップ 2 [Name] 列で項目をクリックします。

ステップ 3 [Layers] をクリックします。


) マウスの位置に応じて、802.11a/n、および 802.11b/g/n データの概要を示すポップアップが表示されます。ポップアップでは、チャネル、送信電力レベル、ユーザ カウント、使用状況カウント、アンテナ名、アンテナの角度、および(802.11a/n ウィンドウと 802.11b/g/n ウィンドウの場合)垂直面角度、および [General] タブのアクセス ポイント MAC アドレス、コントローラの IP アドレス、モデル、位置、および高さが提供されます。


ステップ 4 [Access Points] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Access Point] の隣の 矢印をクリックします。

ステップ 6 [Display] ドロップダウン メニューから [Users] を選択します。

各無線通信機にアソシエートされたクライアント デバイスの数が、各アクセス ポイントの隣のフラグに表示されます。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは「Unavailable」、監視専用モードのアクセス ポイントでは「MonitorOnly」が表示されます。

ステップ 7 特定のクライアント デバイスとパラメータのリストを表示するには、クライアント数をクリックします。 表 5-5 は、表示されるパラメータを示しています。

 

表 5-5 クライアント パラメータ

パラメータ
説明

User

クライアントのユーザ名

Vendor

クライアントの製造業者

IP Address

クライアントの IP アドレス

MAC Address

クライアントの MAC アドレス

Access Point

クライアントがアソシエートされているアクセス ポイントの名前

Controller

アクセス ポイントが接続されているコントローラの IP アドレス

Port

アクセス ポイントが接続されているコントローラのポート番号

802.11 State

クライアントがアソシエートされているかどうかを示す

SSID

アクセス ポイントによってブロードキャストされている Service Set Identifier(SSID; サービス セット ID)

Authenticated

認証が有効かどうかを示す

Protocol

802.11a/n と 802.11b/g/n のどちらのプロトコルが使用されているかを示す


 

屋外領域の監視

屋外領域をキャンパスに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 [Name] 列でキャンパス名をクリックします。ビルディング、フロア領域、または屋外領域ではなくキャンパスであることを、[Type] 列で確認します。

ステップ 3 [Select a Command] ドロップダウン メニューから、[New Outdoor Area] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 4 新しい屋外領域のユーザ定義の名前を入力します。

ステップ 5 問い合せ先の名前を指定します。

ステップ 6 ドロップダウン メニューを使用して、この領域に存在する構造の種類を選択します。立方形および壁で囲まれたオフィス、乾式壁のオフィスだけ、または屋外空間を選択できます。

ステップ 7 アクセス ポイントを設置する位置の高さをフィート単位で入力します。

ステップ 8 屋外領域マップを含むファイルの名前を入力するか、[Browse] ボタンを使用してファイルを検索します。[Next] をクリックして、新しい屋外領域のプロセスを続行します。

ステップ 9 青色の四角形が右上角に表示され、キャンパスのマップ上に重なります。マウスを使用して、この四角形を屋外の目的の位置までドラッグします。青色の四角形のサイズを変更するには、Ctrl キーと←キーを押した状態でクリックします。

ステップ 10 名前と問い合せ情報は、このウィンドウに引き継がれます。拡大/縮小を使用してマップをさまざまに表示します。

ステップ 11 マップ画像の水平方向と垂直方向のピクセル比率を維持したい場合は、[Maintain Image Aspect Ratio] チェックボックスをオンにします。縦横比を維持すると、マップの外観のゆがみを避けることができます。

ステップ 12 屋外領域の四角形からキャンパス マップの左端までの水平距離をフィートまたはメートルで入力します。

ステップ 13 屋外領域の四角形からキャンパス マップの上端までの垂直距離をフィートまたはメートルで入力します。

ステップ 14 屋外領域の四角形の左から右までの水平方向スパンをフィートまたはメートルで入力します。

ステップ 15 屋外領域の四角形の上から下までの垂直方向スパンをフィートまたはメートルで入力します。


) 測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Select a command] ドロップダウン メニューから [Monitor] > [Maps] を選択してから [Properties] を選択し、[GO] をクリックします。[Maps > Properties] ウィンドウの最初のドロップダウン メニューで、寸法の単位としてフィートまたはメートルを選ぶことができます。


ステップ 16 [Place] を選択して表示上の変更を確定するか、[Save] を選択してそれらをデータベースに追加します。


 

WLSE マップ データのインポートまたはエクスポート

Autonomous から LWAPP に、または WLSE から WCS に変換する際の変換手順の 1 つは、アクセス ポイント関連の情報を手動で WCS に再入力することです。これは、時間のかかる手順となる場合があります。このプロセスを高速化するために、WLSE からアクセス ポイントに関する情報をエクスポートして、WCS にインポートすることができます。


) WCS は、.tar ファイルを想定しているので、ファイルをインポートする前に .tar 拡張子かどうかをチェックします。インポートを試みているファイルが .tar ファイルでない場合、WCS にエラー メッセージが表示され、異なるファイルをインポートするプロンプトが表示されます。


WCS Web インターフェイスを使用して、プロパティをマップし、WLSE データを含む tar ファイルをインポートする手順は、次のとおりです。WLSE データ エクスポート機能(WLSE バージョン 2.15)の詳細は、
http://<WLSE_IP_ADDRESS>:1741/debug/export/exportSite.jsp を参照してください。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [Properties] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 3 [Import Map] および [AP Location] セクションで、[Browse] をクリックしてインポートするファイルを選択します。

ステップ 4 インポートする .tar ファイルを見つけて選択し、[Open] をクリックします。

WCS は、[Import From] フィールドにファイルの名前を表示します(図 5-39 を参照)。

図 5-39 [Maps > Properties] ウィンドウ

ステップ 5 [Import] をクリックします。

ファイルが処理されている間、WCS によって一時的にファイルがローカル ディレクトリに保存されます。ファイルに処理できないデータが含まれている場合、問題を修正して再試行するプロンプトが WCS に表示されます。ファイルがロードされた後、WCS に追加される内容のレポートが表示されます(図 5-40 を参照)。レポートには、追加できない内容とその理由も記載されます。

図 5-40 実行前インポート レポート

インポートするデータの一部がすでに存在している場合、キャンパスの場合は既存のデータが使用されるか、ビルディングとフロアの場合はインポートされたデータで既存のデータが上書きされます(図 5-41 を参照)。

図 5-41 実行前インポート レポート:重複データの処理


) WLSE とビルディングの組み合わせ、および WCS キャンパス(または最上位レベルのビルディング)とビルディングの組み合わせの間に重複する名前がある場合、WCS の実行前インポート レポートに、既存のビルディングを削除することを示すメッセージが表示されます。


ステップ 6 [Import] をクリックして、WLSE データをインポートします。

WCS にインポートされた内容を示すレポートが表示されます(図 5-42 を参照)。


) WLSE ファイルにはフロア番号情報がないため、WLSE が WCS にインポートされた後のフロア インデックス計算の構造は降順になります。フロア画像をクリックすると、適切なフロア画面に直接移動できます。


図 5-42 実行後インポート レポート

ステップ 7 [Monitor] > [Maps] の順にクリックして、インポートされたデータを表示します(図 5-42 を参照)。


 

キャリブレーション モデルの作成と適用

指定した RF モデルがフロアのレイアウトを十分に表していない場合は、フロアに適用するキャリブレーション モデルを作成し、そのフロアの減衰特性をより正確に表すことができます。一般的な減衰特性を多くのフロアで共有している環境(図書館など)では、キャリブレーション モデルを 1 つ作成して、同一の物理レイアウトおよび同一の展開を持つフロアに適用できます。

キャリブレーション モデルは、別々のフロア領域に適用できる測定済みの RF 信号特性を使用して RF オーバーレイとして使用されます。これによって Cisco WLAN Solution インストール チームは複数フロア領域の 1 フロアをレイアウトし、RF キャリブレーション ツールを使用して新しいキャリブレーション モデルとしてそのフロアの RF 特性を測定して保存し、そのキャリブレーション モデルを同一の物理レイアウトを備えるすべての他のフロアに適用できます。

2 つの方法のいずれかを使用してキャリブレーションのデータを収集できます。

データ ポイント収集:キャリブレーション ポイントを選択して、そのカバレッジ領域を一度に 1 ロケーション計算します。

リニア ポイント収集:一連のリニア パスを選択して、パスを経由する際に計算します。通常、このアプローチはデータ ポイント収集よりも速く計算できます。また、データ ポイント収集を使用すると、リニア パスで見つからないロケーションに対するデータ収集を増やすことができます。


) 802.11a/n 無線と 802.11b/g/n 無線の両方をサポートするクライアント デバイスを使用して、両方の周波数帯のキャリブレーションを迅速に処理することをお勧めします。


ラップトップまたはその他の無線デバイスを使用してブラウザを開いて WCS サーバにアクセスし、キャリブレーション プロセスを実行します。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] に移動して、[Select a command] ドロップダウン メニューから [RF Calibration Models] を選択します。[GO] をクリックします。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [Create New Model] を選択します。[GO] をクリックします。

ステップ 3 モデルに名前を割り当てて、[OK] をクリックします。

ステップ 4 新しいモデルは、ほかの RF キャリブレーション モデルとともに表示されますが、そのステータスは [Not Yet Calibrated] として表示されます。キャリブレーション プロセスを開始するには、新しいモデル名に関連付けられた ハイパーリンクをクリックします。新しいモデルの詳細を示す新しいウィンドウが表示されます。画面右上の [Select a command] ドロップダウン メニューから [Add Data Points] を選択して、[GO] をクリックします。

ステップ 5 このプロセスが Cisco Centralized アーキテクチャを介して WCS に接続されたモバイル デバイスから実行されている場合は、MAC アドレス フィールドに自動的にデバイスのアドレスが読み込まれます。キャリブレーションの実行に使用しているデバイスの MAC アドレスを手動で入力することもできます。手動で入力する MAC アドレスはコロンで区切る必要があります(例:FF:FF:FF:FF:FF:FF)。

ステップ 6 キャリブレーションを実行する適切なキャンパス、ビルディング、フロアを選択します(図 5-43 を参照)。[Next] をクリックします。

図 5-43 キャリブレーションの開始

 

ステップ 7 選択したフロア マップおよびアクセス ポイントの位置が存在する場合は、キャリブレーションのためのデータ収集を実行した位置がプラス マーク(+)のグリッドで表されます。

これらの位置をガイドラインとして使用して、Calibration Point ポップアップ(ポイント)または Start ポップアップおよび Finish ポップアップ(リニア)のいずれかの適切な配置により、データのポイント収集またはリニア収集のいずれかを実行できます。これらのポップアップは、それぞれのオプションが表示されるとマップ上に表示されます。図 5-44 に、ポイント キャリブレーションの開始ウィンドウを表示します。

図 5-44 キャリブレーション ポイントの位置

a. キャリブレーション データのポイント収集を実行する手順は、次のとおりです。

1. [Collection Method] ドロップダウン メニューから [Point] を選択し、[Show Data points] チェックボックスがまだオンになっていない場合にはオンにします。マップ上に [Calibration Point] ポップアップが表示されます。

2. データ ポイント(+)に [Calibration Point] ポップアップの先端を配置し、[GO] をクリックします。データ収集の進捗を示すパネルが表示されます。


) 近辺にあるすべてのアクセス ポイントでクライアントが均等に受信されるように、データ収集中のキャリブレーション クライアント ラップトップを回転させます。


3. 選択したデータ ポイントでデータ収集が完了し、カバレッジ領域がマップ上に表示されたら、[Calibration Point] ポップアップを別のデータ ポイントに移動して [GO] をクリックします。


) マップ上に表示されたカバレッジ領域は色分けされ、そのデータを収集するために使用した特定の無線 LAN 規格に対応します。色分けに関する情報は、ウィンドウの左側の凡例に示されます。また、キャリブレーション処理の進捗は、凡例の上の 2 つのステータス バーに示されます。1 つは 802.11a/n 用、もう 1 つは 802.11b/g/n 用です。



) 誤って選択した位置のデータ ポイントを削除するには、[Delete] をクリックして適切なデータ ポイント上に表示される黒の四角形を移動します。必要に応じて、Ctrl キーを押しながらマウスを移動し、四角形のサイズを変更します。


4. 関連する周波数帯(802.11a/n、802.11b/g/n)のキャリブレーション ステータス バーが [done] と表示されるまで、ステップ a1 ~ a3 を繰り返します。


キャリブレーション ステータス バーは、約 50 か所の異なる位置と 150 個の測定結果を収集すると、キャリブレーションの完了を表示します。キャリブレーション プロセスで保存されたそれぞれの位置で、複数のデータ ポイントが収集されます。キャリブレーション処理の進捗は、凡例の上の 2 つのステータス バーに示されます。1 つは 802.11b/g/n 用、もう 1 つは 802/11a/n 用です。


b. キャリブレーション データのリニア収集を実行する手順は、次のとおりです。

1. [Collection Method] ドロップダウン メニューから [Linear] を選択し、[Show Data Points] チェックボックスがオンになっていない場合にはオンにします。[Start] ポップアップと [Finish] ポップアップの両方と共に、マップ上に線が表示されます。

2. 開始データ ポイントに [Start] ポップアップの先端を配置します。

3. 終了データ ポイントに [Finish] ポップアップを配置します。

4. 開始データ ポイントにラップトップを持って立ち、 [GO] をクリックします。定義されたパスに沿って終了ポイントに向かって一定のペースで歩きます。データ収集の処理中であることを示すパネルが表示されます。


) データ収集バーが完了を示したとしても、終了ポイントに到達するまでデータ収集を中止しないでください。


5. 終了ポイントに到達したら、スペース バー(またはデータ収集パネル上の [Done])を押します。収集パネルには、収集したサンプル数が表示されます。収集パネルが閉じると、マップが表示されます。マップには、データが収集されたすべてのカバレッジ領域が表示されます(図 5-45 を参照)。


) 誤って選択した位置のデータ ポイントを削除するには、[Delete] をクリックして適切なデータ ポイント上に表示される黒の四角形を移動します。必要に応じて、Ctrl キーを押しながらマウスを移動し、四角形のサイズを変更します。


図 5-45 リニア データ収集


) カバレッジ領域は色分けされ、そのデータを収集するために使用した特定の無線 LAN 規格に対応します。色分けに関する情報は、ウィンドウの左側の凡例に示されます。


6. 各周波数帯のステータス バーが [done] になるまで、ステップ b2 ~ b5 を繰り返します。


) リニア収集に加えてデータ ポイント収集を実行すると、見つからないカバレッジ領域に対応できます。


ステップ 8 ウィンドウ上部のキャリブレーション モデル名をクリックしてそのモデルのメイン画面に戻ります。ここでデータ ポイントをキャリブレーションできます。

ステップ 9 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [Calibrate] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 10 キャリブレーションが終了したら、[Inspect Location Quality] リンクをクリックします。RSSI 測定値を示すマップが表示されます。

ステップ 11 新しく作成されたキャリブレーション モデルを使用するには、それが作成されたフロアにそのモデル適用する必要があります(また、類似する減衰特性を持つその他のフロアについても同様)。[Monitor] > [Maps] に移動して、モデルを適用する特定のフロアを見つけます。フロア マップのインターフェイスで、ドロップダウン メニューから [Edit Floor Area] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 12 [Floor Type (RF Model)] ドロップダウン メニューから、新しく作成したキャリブレーション モデルを選択します。[OK] をクリックして、フロアにモデルを適用します。


) このプロセスを、必要なモデルとフロアの数に応じて繰り返します。モデルをフロアに適用すると、そのフロアで実行される位置判定はすべて、キャリブレーション モデルから収集した特定の減衰データを使用して実行されます。


テストポイントを使用した要素の位置精度の分析

領域またはフロア マップ上にテストポイントを入力することで、不正なクライアント、不正でないクライアント、およびアセット タグの位置精度を分析できます。この機能を使用すると、アクセス ポイントによって自動的に、またはキャリブレーションによって手動で生成された位置情報を検証できます。


) 位置精度を確認することによって、既存のアクセス ポイントの能力を確認し、少なくとも 90% の確率で、10m 以内にある要素の真の位置を推定できます。



) このプロセスを開始する前に、分析する領域またはフロア内のすべての要素の MAC アドレスと位置を記録しておいてください。この情報は、マップ上にテストポイントを配置するときに必要です。キャリブレーション後に位置を分析する場合は、少なくともキャリブレーション中に入力されたのと同数の要素の位置精度を分析する必要があります。



) 位置精度のテストポイント機能を使用するには、Location Appliance と WCS の両方で [Advanced Debug] オプションを有効にする必要があります。


[Advanced Debug] オプションを有効にし、フロア マップにテストポイントを割り当てて、位置精度を確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Mobility] > [Mobility Service Engines] を選択します。

ステップ 2 表示される [All Location Servers] ページでサーバを選択します。

ステップ 3 そのロケーション サーバの [General Properties] ページの左側のサイドバー メニューで [System] > [Advanced Parameters] オプションを選択します(図 5-46 を参照)。

図 5-46 [Mobility Service Engine] > [Advanced Parameters]

ステップ 4 表示されるページで、[Advanced Parameters] セクションまでスクロールします。[Advanced Debug] チェックボックスをオンにして、この機能を有効にします。[Save] をクリックします。


) [Advanced Debug] チェックボックスがすでにオンになっている場合は、さらに操作を行う必要はありません。[Cancel] をクリックします。



 

選択した領域へのテストポイントの割り当て

ここでは、Maps レベルの Advanced Debug レベルを有効にし、選択した領域またはマップにテストポイントの割り当てを開始します。


ステップ 1 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

ステップ 2 [Select a command] ドロップダウン メニューから、[Properties] を選択します。

ステップ 3 [Maps > Properties] ページ(図 5-47 を参照)で、[Advanced Debug] ドロップダウン メニューから [Enable] を選択します。[OK] をクリックします。

図 5-47 [Maps > Properties] ページ

[Maps] 概要ウィンドウに戻ります。これで、選択した領域またはマップへテストポイントを割り当てる準備ができました。

ステップ 4 [Monitor] > [Maps] の順に選択します。表示されるマップの概要から、分析する領域またはフロアを選択します。

図 5-48 に示すページが表示されます。

図 5-48 [Monitor > Maps] ページで選択された領域またはフロア マップ

 

ステップ 5 [Select a command] ドロップダウン メニュー(右上)から、[Position TestPoint] を選択します。[GO] をクリックします。

テストポイントの割り当て用に、選択した領域またはフロアの空白のマップが表示されます(図 5-49 を参照)。

図 5-49 [Position TestPoint Assignment] ページ

 

ステップ 6 [Position Test Point] ページで、ドロップダウン メニューからロケーション サーバを選択し、(クライアント、タグ、不正アクセス ポイント、不正クライアントなどの)MAC アドレスのリストから MAC アドレスを選択します。


) 水平方向と垂直方向の座標を入力した場合は、[Save] の代わりに [Place TP] をクリックします。


ステップ 7 赤色の十字線のカーソル(左上)を、要素の実際の位置に対応するマップ上の位置に移動して、[Save] をクリックします。


) カーソルを使用する代わりに、アセット タグまたはクライアントの水平方向([Horz])と垂直方向([Vert])の座標を入力して、その位置を指定することもできます。


要素のテストポイント追加の成功およびその MAC アドレスを示すポップアップ ボックスが表示されます。

配置を完了すると、赤色の十字線のカーソルが左上に戻ります。これで、追加テストポイントをマークする準備ができました。

ステップ 8 分析に十分なデータを収集するまで 2 分待ちます。2 分以上待ってから、[Stop] をクリックします。


) 2 分間待たずに [Stop] をクリックしてしまうと、データの精度が低下します。


ステップ 9 マップに追加する各クライアントまたはアセット タグに対して、ステップ 6 および 7 を繰り返します。

ステップ 10 入力したテストポイントの位置精度を特定するには、[Analyze](右端) をクリックします。

ポップアップ ウィンドウが表示され、精度(%)のほか、この間に収集されたサンプル地点の数が示されます。

このテストを複数の要素に実行するには、MAC アドレスのリストから複数の MAC アドレスを選択して上記の手順を繰り返してください。


 

精度ツールを使用した精度テストの実施

精度テストを実施する 2 つの方法があります。

Scheduled Accuracy Testing:クライアントとタグが既に展開されており、無線 LAN にアソシエートされている場合に使用します。テストが定期的なスケジュール設定済みベースで実行できるようにクライアントとタグが既に事前に配置されている場合は、定期テストを設定して保存できます。

On demand Accuracy Testing:要素はアソシエートされているが、事前に配置されていない場合に使用します。オンデマンド精度テストを使用すると、多数のさまざまな位置のクライアントとタグの位置精度をテストできます。通常は、少数のクライアントとタグの位置精度をテストするために使用します。

両方のテストとも、シングル ウィンドウで設定および実行されます。


) スケジュール設定済みおよびオンデマンドの両方の位置精度のテスト機能を使用するには、Cisco WCS で [Advanced Debug] オプションを有効にする必要があります。


Cisco WCS で [Advanced Debug] オプションを有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco WCS で、[Monitor] > [Maps] の順にクリックします。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [Properties] を選択し、[GO] をクリックします。

ステップ 3 [Advanced Debug] ドロップダウン メニューから [Enabled] を選択します。[OK] をクリックします。


Advanced Debug がすでに有効になっている場合は、さらに操作を行う必要はありません。[Cancel] をクリックします。


これで、精度ツールを使用してアプライアンス上で位置精度テストを実行できます。


 

スケジュール設定済み精度テストを使用した現在の位置の検証

スケジュール設定済み精度テストを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Tools] > [Accuracy Tool] の順にクリックします。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [New Scheduled Accuracy Test] を選択します。

ステップ 3 テスト名を入力します。

ステップ 4 ドロップダウン メニューから領域の種類を選択します。

キャンパスは、デフォルトでルート領域として設定されています。この設定を変更する必要はありません。

ステップ 5 ドロップダウン メニューからビルディングを選択します。

ステップ 6 ドロップダウン メニューからフロアを選択します。

ステップ 7 日、時、分を入力して、テストの開始時間および終了時間を選択します。時間は、24 時間表記で入力します。


) テスト開始時間を入力する場合には、マップ上にテストポイントを配置するためにテスト開始前に十分な時間があることを確認します。


ステップ 8 [Results] タブのデータが保存されるのは 7 日間だけであるため、レポートを E メールで送信するか、[Accuracy Tests > Results] からテスト結果をダウンロードする必要があります。レポートは PDF 形式で示されます。


) 最新 7 日間のエントリだけが、[Results] ウィンドウに表示されます。7 日後、[Results] タブは表示されなくなります。



) [Email] オプションを選択する場合は、目的の電子メール アドレスに対して SMTP Mail Server を定義しておく必要があります。[Administrator] > [Settings] > [Mail Server] の順にクリックして、該当する情報を入力します。


ステップ 9 [Position Testpoints] をクリックします。MAC アドレスを持つフロア上のクライアントおよびタグすべてのリストと共にフロア マップが表示されます。

ステップ 10 位置精度を確認する各クライアントおよびタグの隣のチェックボックスをオンにします。

[MAC Address] チェックボックスをオンにすると、お互いにオーバーレイになっている 2 つのアイコンがマップ上に表示されます。

一方のアイコンは実際の位置を表し、もう一方のアイコンは報告された位置を表しています。


) 一覧表示されないクライアントまたはタグの MAC アドレスを入力するには、[Add New MAC] チェックボックスをオンにして MAC アドレスを入力し、[GO] をクリックします。その要素のアイコンがマップに表示されます。新しく追加された要素が別のフロアのロケーション サーバ上にある場合は、左端の隅(0, 0 の位置)にアイコンが表示されます。


ステップ 11 要素の実際の位置が報告された位置と同じではない場合、その要素の実際の位置アイコンをマップ上の正しい位置にドラッグします。実際の位置のアイコンだけをドラッグできます。

ステップ 12 すべての要素が配置されたら [Save] をクリックします。正常な精度テストを確認するパネルが表示されます。

ステップ 13 [OK] をクリックして、確認パネルを閉じます。[Accuracy Tests] 概要ウィンドウに戻ります。


) テストの開始直前は、精度テスト ステータスは [Scheduled] と表示されます。テストが処理中であると、ステータスに [Running] が表示され、テストが終了すると [Idle] が表示されます。テストが正常に終了しないと [Failure] ステータスが表示されます。


ステップ 14 位置精度テストの結果を表示するには、テスト名をクリックして表示されるページの [Results] タブを選択します。

ステップ 15 [Results] パネルで、[Saved Report] 見出しの下の [Download] リンクをクリックしてレポートを表示します。

Scheduled Location Accuracy Report に表示される概要は、次のとおりです。

さまざまなエラー範囲内の要素の割合を説明する概要の位置精度レポート

エラー距離ヒストグラム

累積エラー分散グラフ

エラー距離経時グラフ

位置精度がテストされた各 MAC アドレスの概要(実際の位置とエラー距離の記載付き)、および各 MAC の空間精度(実際の位置対計算された位置)と経時的エラー距離を示すマップの概要


 

オンデマンド精度テストを使用した位置精度のテスト

オンデマンド精度テストは、要素がアソシエートされているが、事前に配置されていない場合に実行します。オンデマンド精度テストを使用すると、多数のさまざまな位置のクライアントとタグの位置精度をテストできます。通常は、少数のクライアントとタグの位置精度をテストするために使用します。

オンデマンド精度テストを実行する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Tools] > [Accuracy Tool] の順にクリックします。

ステップ 2 [Select a Command] ドロップダウン メニューから [New On demand Accuracy Test] を選択します。

ステップ 3 テスト名を入力します。

ステップ 4 ドロップダウン メニューから領域の種類を選択します。

キャンパスは、デフォルトでルート領域として設定されています。この設定を変更する必要はありません。

ステップ 5 ドロップダウン メニューからビルディングを選択します。

ステップ 6 ドロップダウン メニューからフロアを選択します。

ステップ 7 テスト結果が [Accuracy Tests > Results] ウィンドウに表示されます。レポートは .pdf 形式になります。

ステップ 8 [Position Testpoints] をクリックします。座標(0,0)に赤色の十字線が付いたフロア マップが表示されます。

ステップ 9 特定の位置の位置精度と RSSI をテストするには、左側のドロップダウン メニューから [client] または [tag] のいずれかを選択します。選択したオプション([client] または [tag])のすべての MAC アドレスのリストが、オプションの右側のドロップダウン メニューに表示されます。

ステップ 10 ドロップダウン メニューから MAC アドレスを選択し、赤色の十字線をマップ位置とクライアントに移動して、マウスをそこに置きます。

ステップ 11 [Start] をクリックして、精度データの収集を開始します。

ステップ 12 [Stop] をクリックして収集を終了します。[Stop] をクリックする前に少なくとも 2 分間テストを実行してください。

ステップ 13 マップを描画する各テストポイントでステップ 9ステップ 12 を繰り返します。

ステップ 14 テストポイントのマッピングが終了したら、[Analyze] をクリックします。

ステップ 15 表示されるパネル上の [Results] タブを選択します。

[On-demand Accuracy Report] に表示される概要は、次のとおりです。

さまざまなエラー範囲内の要素の割合を説明する概要の位置精度レポート

エラー距離ヒストグラム

累積エラー分散グラフ


) [Accuracy Tests] 概要ページから精度テストのログをダウンロードできます。

そのためには、一覧表示されたテスト チェックボックスをオンにして、[Select a command] ドロップダウン メニューから [Download Logs] または [Download Logs for Last Run] のいずれかを選択し、[GO] をクリックします。

[Download Logs] オプションを選択した場合は、指定した精度テストのすべてのログがダウンロードされます。

[Download Logs for Last Run] オプションを選択した場合は、指定した精度テストの最新結果のログだけがダウンロードされます。