Cisco Prime Network Control System(WAN)1.1 ユーザ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/06/25 | 英語版ドキュメント(2012/06/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

はじめに

サポートされるブラウザ

について

ライセンスについて

デバイス数ライセンス

はじめに

Cisco Prime Network Control System(WAN)、略して Prime NCS(WAN)は Cisco LAN ソリューション ネットワーク管理ツールであり、Web ユーザ インターフェイスやコマンドライン インターフェイス(CLI)の機能を高めます。Prime NCS(WAN)を使用することで、ネットワーク管理者はポリシー プロビジョニング、ネットワーク最適化、トラブルシューティング、セキュリティ モニタリング、および有線 LAN システム管理についての単一のソリューションを得ることができます。堅牢なグラフィカル インターフェイスを使用することで、有線 LAN の展開と操作を簡素化し、コスト効率を上げることができます。

サポートされるブラウザ

Prime NCS(WAN)は、次のブラウザでサポートされています。

Microsoft Internet Explorer 8.0(Flash および Chrome プラグインあり)

Mozilla Firefox 7.0

Prime NCS(WAN)には Adobe Flash Player バージョン 11.0.1.152 が必要です。


) サードパーティ製のブラウザ拡張機能を有効にしないことを強くお勧めします。Internet Explorer では、[Tools] > [Internet Options] と選択して、[Advanced] タブの [Enable third-party browser extensions] チェック ボックスをオフにすると、サードパーティ製のブラウザ拡張機能を無効にできます。


Prime NCS(WAN)について

Prime NCS(WAN)の Web インターフェイスはライフサイクル ワークフローで構成され、 表 1-1 に示すようなハイレベルのタスク エリアがあります。

 

表 1-1 Prime NCS(WAN)のタスク エリア

タスク エリア
説明
使用者

Design

設計機能またはデバイス パターン、あるいは テンプレート 。[Design] エリアでは、設定テンプレートなど、再利用可能な設計パターンを作成できます。事前定義されたテンプレートを使用することも、独自のテンプレートを作成することもできます。パターンとテンプレートはライフサイクルの展開段階で使用されます。

ネットワーク エンジニア、設計者、およびアーキテクト

Deploy

あらかじめ定義した設計または テンプレート をネットワークに展開します。設計段階で作成したテンプレートを使用して、機能の展開方法を指定します。展開段階では、テンプレートに定義した設定を 1 つまたは複数のデバイスにプッシュできます。

NOC オペレータおよびサービス オペレータ

Operate

日単位でネットワークをモニタし、ネットワーク デバイス インベントリと設定管理に関連する他の毎日の操作または臨時の操作を実行します。[Operate] タブには、毎日のモニタリング、トラブルシューティング、保守、および操作に必要なダッシュボード、Device Work Center、およびツールが含まれています。

ネットワーク エンジニア、NOC オペレータ、サービス オペレータ

Administration

システム コンフィギュレーションの設定とデータ収集の設定を指定し、アクセス コントロールを管理します。

ネットワーク エンジニア

Tools

次を使用できます。

Prime NCS(WAN)には、システムとネットワークのヘルスをモニタし、問題のトラブルシューティングを行うために使用できるレポートが用意されています。

Prime NCS(WAN)Task Manager は、ジョブのステータス情報とスケジュール機能、およびバックグラウンド タスクについての情報を提供します。

すべてのユーザ

ライセンスについて

Prime NCS(WAN)のライセンスは、Prime NCS(WAN)で管理するネットワーク デバイスの数に基づいています。1 つの Prime NCS(WAN)デバイス ライセンスによって、Prime NCS(WAN)のすべての機能へのフルアクセスが提供され、設定された数のデバイスを管理できます。単一の基本ライセンスを購入したあとで、追加デバイスに対応するために必要に応じてアドオン ライセンスを購入してください。

Prime NCS(WAN)は、仮想アプライアンスから展開されます。License Center の標準 GUI を使用して新しいライセンスを追加します。それらの新しいライセンスは標準の Cisco Virtual Unique Device Identifier(VUDI)によってロックされます。

Prime NCS(WAN)のライセンスは SKU によって認識されます。SKU は通常、購入したソフトウェアまたはパッケージを明確に識別するために、それぞれの発注書と結び付けられています。

所有しているライセンスは、Licensing Center で [Administration] > [Licenses] を選択すると表示されます。

詳細については、 製品ライセンスの管理と更新を参照してください。

デバイス数ライセンス

Prime NCS(WAN)は、すべてのフィーチャーと機能が 1 つの層に含まれた単一層ライセンス構造を使用します。管理対象のデバイス数に基づいて、製品番号を購入することになります。製品番号を使用して、50、100、500、1000、2500、5000、または 10000 のデバイスをサポートできます。詳細については、 製品ライセンスの管理と更新を参照してください。