高密度エクスペリエンス(HDX)導入ガイド
リリース 8.0 の高密度エクスペリエンスの機能
リリース 8.0 の高密度エクスペリエンスの機能

リリース 8.0 の高密度エクスペリエンスの機能

ここでは、詳細な次のトピックを網羅:

パケットの検出しきい値のレシーバ起動

パケットの検出しきい値(RX-SOP)レシーバ起動は、 AP 無線がパケットを復調と解釈する dBm の Wi-Fi 信号レベルが決まります。 より高い RX-SOP レベル、危険が少なく無線で、より小型でレシーバ セル サイズは。 セル サイズを縮小して、私たちはクライアントが最高のデータ レートを使用して最も近いアクセス ポイントに接続されていることを保障します。 これは、スタジアムおよび AP ごとに接続された複数のクライアント デバイスの大規模な教室などの高密度環境に最適です。 高密度環境では、小さなセル サイズ、ほど。

より高い RSSI 値を持つ RX-SOP 価値の向上、パケット専用 AP 無線によって解釈されます。 これは、上記の図に示すように、セル サイズが減少しますが、すべてのクライアントが高い RSSI 値と接続されていることを保障します。

次は 802.11 パケットを受信する AP の例です。 設定された RS-SOP 弱い RSSI で受信されたすべてのフレームは WiFi 以外フレームとして許容される RSSI 値のパケットだけが解釈され、分類、無線によって解釈されません。 解釈されないパケットは非 WiFi 干渉として扱われ、 AP でノイズとして検出されます。

この例では、 RX-SOP しきい値は低に設定されるため、 -84 dBm で送信される認証要求が解釈されませんが、同じメッセージは -36 dBm で送信されると解釈されます。

表 1 RX-SOP テンプレートのしきい値
802.11 帯域 高しきい値 中しきい値 低しきい値 自動
5 GHz -76 dBm -78 dBm -80 dBm デフォルトを使用
2.4 GHz -79 dBm -82 dBm -85 dBm デフォルトを使用

RX-SOP デフォルトしきい値は自動で、RX-SOP しきい値が無線機のデフォルト値に設定されることを意味します。


(注)  


RX-SOP は次の AP でサポートされます:
  • 1552

  • 1570

  • 1600

  • 1700

  • 2600、 2700

  • 3500、 3600、 3700


WLC GUI による設定 RX-SOP

  1. グローバル レベルの RX-SOP しきい値を設定するには、[Wireless] >[Advanced] > [Rx Sop Threshold]を選択します。

  2. 異なる値は 2.4 GHz と 5 GHz 帯域を選択できます。 この値は、すべての AP 用に設定されます。 RF プロファイルはこれらの設定を上書きできます。

RF プロファイルによる設定 RX-SOP

  1. WLC GUI から新しい RF プロファイルを作成するには、[Wireless] > [RF Profile] に移動してから、[New] をクリックします。

  2. RF プロファイル名を入力し、帯域幅を選択します。 別のプロファイルは、 2.4 GHz 帯域と 5 GHz 帯域に適用する必要があります。

  3. [High Density] タブを選択して、必要な RX-SOP しきい値を選択します。


    (注)  


    既存の RF プロファイルは RX-SOP しきい値を含むように変更できます。 RX-SOP に新しいプロファイルだけを作成する必要はありません。


  4. RF プロファイルは、 AP グループに適用する必要があります。 [WLAN] > [Advanced] > [AP Groups] に移動してから、新しいグループを追加するか、既存のグループを変更します。

  5. [RF Profile] タブで、必要な RX-SOP しきい値を持つプレバンド RF プロファイルを選択します。

AP グループ設定を完了するには、 WLAN を追加し、[AP]を選択するなどの追加手順が必要です。 これらの手順はこのマニュアルの一部として一覧に表示されません。

WLC CLI による設定 RX-SOP

config 802.11<a/b> rx-sop threshold <level>
               
auto           Revert 802.11a radio receiver SOP to auto
high           Set 802.11a radio receiver SOP to high
low            Set 802.11a radio receiver SOP to low
medium         Set 802.11a radio receiver SOP to medium

ローミングの最適化

スティッキ:クライアントの問題

クライアントは、「スティッキ」により強力な信号強度を得られる近い AP 接続に移動せず、ローミングしないときに表示されます。 上の図に示すように、最適なローミングがディセーブルの場合、クライアントを例にとって非常に弱い信号強度に AP と、迫られます:-86 dB 以下の。 したがって、低信号強度は通信時間の干渉に増やすに導入し、全体的なパフォーマンスが減少します。

ソリューション:シスコが最適化されたローミング:

シスコは積極的にクライアントを切断して、ローミングのアドレスをスティッキ クライアント チャレンジ最適化されたので、クライアントをイネーブルにすると、その近く AP にローミングするにより強力な接続を提供します。 また、モニタリング データ RSSI パケットおよびクライアントのアソシエーションを適用することにより、 RSSI が設定されたしきい値未満の場合、この機能を実行中に達成します。 上の図に示すように、最適なローミングがイネーブルの場合、 -80 dB よりも信号強度の下部にクライアントがアソシエーション解除を受信し、次のことを実現します。
  • クライアントは、最適な接続を受信し、エクスペリエンスを維持します。
  • 通信時間の干渉を削減して、各 AP セルの全体的なパフォーマンスが向上します。


(注)  


クライアント RSSI 値がアソシエーション解除のしきい値を 6 dBm にするときに、クライアントが AP に再参加できます。 Data RSSI しきい値が -80 dBm である場合、 RSSI 値が -74 dBm に増加するとクライアントが再構築されます。


表 2  最適な移動機能の説明
機能 説明 デフォルト
最適化されたローミングのイネーブル化 最適化されたローミングはデフォルトでディセーブルです。 これはつまり、帯域ごとにイネーブルにすることもできます a/ac/n b/g/n、または両方でイネーブルにできるようにします。 ディセーブル
最適化されたローミングしきい値パラメータのセット 最適化されたローミングしきい値は、保持検出しきい値と共有されます。

最適化されたローミングに使用する 3 個のフィールドの説明:

  1. データ RSSI 値。これはデータ パケット RSSI 値がかなり低いかどうかを決定するしきい値です。 この値以下で受信したパケットは、最適化されたローミングしきい値未満に考慮されます。

  2. カバレッジ例外レベルの割合。これはデータ RSSI 値未満に受信できるデータ パケットの割合を示します。 このパーセンテージを超えると、クライアントのアソシエーションが解除されます。

  3. 受信データ パケットの数。これはクライアントのアソシエーション解除をトリガーするために受信する必要のあるパケットの最小数です。

デフォルトでは、データ RSSI 値が -80 dBm にセットされ、カバレッジ例外レベルは 25% で、デフォルトのパケット数は 50 です。

最適化されたローミングがイネーブルの場合 5 第 2 期間の少なくとも 50 パケットの 25% 以上 -80 以下のデータ RSSI の場合はデフォルトで、 AP は 90 秒の報告期間が過ぎるとクライアントとのアソシエーションを解除。

-80 dBm/25%/50 パケット
最適化されたローミング間隔

AP がクライアントの統計情報を報告する間隔。 この値は 90 秒に設定されています。

90
最適化されたローミングのデータレートしきい値

最適化されたローミング機能の目的は、レガシーのデータ レートで接続されているクライアントに影響を与えます。 これらは通信時間の大部分を使用してクライアントです。

この値は、このデータ レート以下に接続されたクライアントに最適化されたローミング機能を適用します。 デフォルトで最適化されたローミングがすべてのクライアントに適用されることを意味します。これはディセーブルです。

ディセーブル

WLC GUI から設定の最適化されたローミング

  1. グローバル レベルで最適化されたローミングを設定するには、[Wireless] > [Advanced] > [Optimized Roaming] を選択します。

  2. ページの、最適化されたローミング モード選択で、最適化されたローミング間隔、データ レートしきい値が表示されます。 異なる値を 802.11a/n/ac と 802.11b/g/n 無線を選択できます。

  3. 最適化ローミング RSSI しきい値を変更するには、[Wireless] > [802.11a/n/ac] または [802.11b/g/n] > [RRM] > [Coverage] に移動します。

データ RSSI 値とカバレッジ例外レベルの割合は WLC GUI または WLC CLI を使用して設定することもできます(次のセクションの WLC CLI コマンドを参照)。 受信データ パケット カウントは WLC CLI からしか設定できません。

これらの値は、 RF プロファイルで設定できます。 RF プロファイルが適用される場合、 RF プロファイル値は設定値が全体的に上書きします。

最適化されたローミング統計を表示するには、[Monitor] > [Statistics] > [Optimized Roaming] を選択します。

WLC CLI から設定の最適化されたローミング

最適化されたローミング:イネーブル
config advanced 802.11<a/b> optimized-roaming <enable/disable>
               
enable         Enable 802.11a OptimizedRoaming
disable        Disable 802.11a OptimizedRoaming            
データの設定 RSSI しきい値:
config advanced 802.11<a/b> coverage data rssi-threshold <dBm>
-60 to -90
カバレッジ例外レベルの割合の設定:
config advanced 802.11<a/b> coverage data fail-percentage <percent>
               
<percent>      1 to 100
受信データ パケット数の設定:
config advanced 802.11<a/b> coverage packet-count <num-packets>
               
<num-packets>      1 to 255
最適化されたローム間隔:
config advanced 802.11<a/b> optimized-roaming interval <seconds>

Configure the reporting interval of 802.11a/b Optimized-Roaming
最適化されたローミング データ レートのしきい値:
config advanced 802.11<a/b> optimized-roaming datarate <mbps>
Enter a rate of either 6, 9, 12, 18, 24, 36, 48 or 54, or 0 for disable

設定例


(注)  


WLAN カバレッジ保持ごとに検出は、最適化されたローミングに参加するすべての WLAN 上でイネーブルにする必要があります。


RF プロファイルの動的なチャネル割り当て

8.0 リリースにより、 RF プロファイルの動的なチャネル割り当てを設定する機能をサポートします。 これは、次のように非常に強力です:

  • 複数の国でサポートされている WLC の AP の特定のグループへの国ごとにサポートされるチャネルを割り当てます。
  • 混合チャネル(802.11n/ac 40/80 MHz)環境を管理します。
  • 物理領域別 Channel Assignment 異なるチャネルは物理的な場所に基づいて AP グループに割り当てることができます。

AP グループに異なる RF 特性を適用する RF プロファイルで、ネットワーク管理者。 これは、同じ物理 WLC に接続されたアクセス ポイントの完全にカスタマイズされた RF 環境を可能にします。

次の例では、多数のクライアントで大規模な会議室をカバーする AP 高密度 RF プロファイルが割り当てられます。 高密度 RF プロファイルは再利用のチャネルを最小限に抑え、セル サイズを縮小するには TX 電力を削減下位の低いクライアントを排除するために低いデータ レートをディセーブルにするには、 40 MHz のチャネルを使用します。

RF プロファイル 2 の AP は少ない密度の社内オフィスのスペースに配置されます。 セル サイズ以上、 80 MHz のチャネル幅が使用され、 TX 電力が大きくなります。

以前のリリースでは、次の機能が RF プロファイルでサポートされました:
  • データ レート
  • 伝送パワー コントロールのしきい値
  • 最大/最小値です。
  • High Density Configurations
    • パケットしきい値の開始
    • Clear Channel Assessment (CCA しきい値)
    • WLAN/Radio に従ってクライアントの制限
  • スタジアムのビジョンの設定
    • マルチキャスト データ レート
  • Out-Of-Box AP コンフィギュレーション
  • 帯域は[Configurations]を選択します
  • ロード バランシングの設定
  • カバレッジ ホールの軽減設定
リリース 8.0 では、次の DCA およびトラップしきい値設定がサポートされます:
  • DCA の設定
    • 回避、外部 AP 干渉の
    • Channel Width
    • DCA チャネル リスト
  • Thresholds:
    • クライアント
    • Interference
    • ノイズ
    • Utilization

RF グループにチャネルを割り当てること

私たちは RF グループに、チャネルを割り当てることができます。 これにより、ネットワーク管理者は選択可能に DCA が APS グループで選択できるチャネルです。 管理者は、建物の階は UNII-1 チャネル、階、および UNII-3 を使用するために UNII-2 を使用するために 3 階だけを使用するように設定できます。

既存の RF プロファイルを編集したり、新しい RF プロファイルを作成できます。 [Wireless] > [RF Profile] > [Edit RF Profile Name] > [RRM]タグを選択します。

ユーザがこの RF プロファイルに設定された優先チャネルを選択します。


(注)  


  • 対象のチャネルとの国番号は WLC で全体的にイネーブルにする必要があります。 指定した国コードの一部ではないチャネルはここに取り外すことができません。
  • ブリッジ モード AP の WLC は、複数の国コードが選択されないようにしません。
  • チャネルは、コントローラのグローバルな DCA でプロファイルで使用できるようにする必要があります。
  • 802.11a/b DCA チャネルまたは帯域幅(20/40/80)を変更するにはネットワークを無効にします。
  • RF プロファイルと AP グループは、 RF グループのコントローラにある必要があります。
  • DCA の感度を伝送し、チャネル割り当て間隔はグローバル WLC のレベルでのみ設定できます。

RF グループ、チャネル幅の割り当て

異なるチャネル幅は異なる RF グループに割り当てることができます。 これにより、ネットワーク管理者は APS グループごとの 20/40/80 MHz チャネル幅を取り外すことができます。

既存の RF プロファイルを編集したり、新しい RF プロファイルを作成できます。 [Wireless] > [RF Profile] > [Edit RF Profile Name] > [RRM]タグを選択します