Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0
最大ローカル データベース エントリの設定
最大ローカル データベース エントリの設定

最大ローカル データベース エントリの設定

最大ローカル データベース エントリの設定について

コントローラを設定して、ユーザ認証情報を格納するために使用するローカル データベース エントリの最大数を指定できます。 データベース エントリには、ローカル管理ユーザ(ロビー アンバサダーを含む)、ローカル ネットワーク ユーザ(ゲスト ユーザを含む)、MAC フィルタ エントリ、除外リスト エントリ、およびアクセス ポイント認可リスト エントリが含まれます。 これらを合わせて、設定されている最大値を超えることはできません。

最大ローカル データベース エントリの設定(GUI)


    ステップ 1   [Security] > [AAA] > [General] の順に選択して、[General] ページを開きます。
    ステップ 2   [Maximum Local Database Entries] テキスト ボックスに、次回コントローラがリブートしたときにローカル データベースに追加できる最大エントリ数を入力します。 現在設定されている値が、テキスト ボックスの右側のカッコ内に表示されます。 有効な範囲は 512 ~ 2048 で、デフォルトの設定は 2048 です。

    [Number of Entries, Already Used] テキスト ボックスに、データベースに現存するエントリ数が表示されます。

    ステップ 3   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
    ステップ 4   [Save Configuration] をクリックして設定を保存します。

    最大ローカル データベース エントリの設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、次回コントローラがリブートしたときにローカル データベースに追加できる最大エントリ数を指定します。

      config database size max_entries

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、変更を保存します。

      save config

      ステップ 3   次のコマンドを入力して、データベース エントリの最大数およびデータベースの現在の内容を表示します。 show database summary