Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0
802.3 ブリッジの設定
802.3 ブリッジの設定

802.3 ブリッジの設定

802.3 ブリッジの設定

802.3 ブリッジの設定について

コントローラでは、802.3 のフレームおよびそれらを使用するアプリケーションをサポートしています。このようなアプリケーションには、キャッシュ レジスタやキャッシュ レジスタ サーバなどがあります。 ただし、これらのアプリケーションをコントローラとともに使用するには、802.3 のフレームがコントローラ上でブリッジされている必要があります。

Cisco Prime Network Control System を使用して 802.3 ブリッジを設定することもできます。 手順については、『Cisco Prime Network Control System コンフィギュレーション ガイド』を参照してください。

802.3 ブリッジの制限

  • 802.3 Raw フレームのサポートを有効にすると、IP 上では実行されないアプリケーションの非 IP フレームをコントローラがブリッジできるようになります。

    802.3 Raw フレームには、宛先 MAC アドレス、送信元 MAC アドレス、総パケット長、およびペイロードが含まれます。

  • デフォルトでは、Cisco 5500 シリーズ コントローラでは、すべての非 IPv4 パケット(AppleTalk、IPv6 など)がブリッジされます。 ACL を使用してこれらのプロトコルのブリッジングをブロックすることもできます。

802.3 ブリッジの設定

802.3 ブリッジの設定(GUI)


    ステップ 1   [Controller] > [General] の順に選択して、[General] ページを開きます。
    ステップ 2   802.3 ブリッジをコントローラ上で有効にする場合は、[802.3 Bridging] ドロップダウン リストから [Enabled] を選択し、無効にする場合は [Disabled] を選択します。 デフォルト値は [Disabled] です。
    ステップ 3   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
    ステップ 4   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。

    802.3 ブリッジの設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、すべての WLAN の 802.3 ブリッジの現在のステータスを表示します。

      show network

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、すべての WLAN でグローバルに 802.3 ブリッジを有効または無効にします。

      config network 802.3-bridging {enable | disable}

      デフォルト値は [disabled] です。

      ステップ 3   次のコマンドを入力して、変更を保存します。

      save config


      802.3X のフロー制御の有効化

      802.3X のフロー制御は、デフォルトでは無効にされています。 有効にするには、config switchconfig flowcontrol enable コマンドを入力します。