Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0
802.11 パラメータの設定
802.11 パラメータの設定

802.11 パラメータの設定

802.11n パラメータの設定

802.11n パラメータの設定について802.11n パラメータ

この項では、ネットワーク上の 802.11n デバイス(Cisco Aironet 1140 および 3600 シリーズ アクセス ポイントなど)を管理する手順を説明します。 802.11n デバイスでは、2.4GHz 帯域と 5GHz 帯域をサポートしており、高スループット データ レートを提供します。

802.11n の高スループット データ レートは、すべての 802.11n アクセス ポイントで使用できます。この場合、WLAN で WMM が使用されていることと、レイヤ 2 暗号化なしであるか WPA2/AES 暗号化が有効化されていることが必要です。

リリース 7.4 より、802.11n 専用アクセス ポイントは、アソシエーション要求に関する高スループットの情報要素がないクライアントを除外できます。 802.11n 専用アクセス ポイントは、高スループットの情報要素(11n)がないクライアントからのアソシエーション要求を拒否します。

802.11n 高スループット モードでは、同じチャネルを使用する 802.11a/b/g ステーションがありません。 802.11a/b/g デバイスは 802.11n 高スループット モードのアクセス ポイントと通信できません。一方 802.11n 専用アクセス ポイントはビーコンまたは管理フレーム用に 802.11a/g レートを使用します。


(注)  


Cisco 802.11n AP は、偽の wIPS アラームをトリガーする可能性がある誤ったビーコン フレームを断続的に送信する場合があります。 これらのアラームを無視することをお勧めします。 この問題は Cisco 802.11n AP の 1140、1250、2600、3500、および 3600 で確認されています。

802.11n パラメータの設定(GUI)


    ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n/ac] または [802.11b/g/n] > [High Throughput] を選択して、(5 GHz または 2.4 GHz)の [High Throughput] ページを開きます。
    ステップ 2   [11n Mode] チェックボックスをオンにして、ネットワーク上での 802.11n サポートを有効にします。 デフォルト値はイネーブルです。

    802.11n と 802.11ac の両方のモードが有効になっているときに 802.11n モードを無効にする場合は、最初に 802.11ac モードを無効にします。

    ステップ 3   必要なレートのチェックボックスをオンにして、アクセス ポイントとクライアントの間のデータ送信に使用可能な変調および符号化方式(MCS)レートを指定します。 使用できるデータ レートは次のとおりです。これらは、チャネル幅 20MHz、ガード インターバル「short」の場合の計算値です。
    • 0(7 Mbps)

    • 1(14 Mbps)

    • 2(21 Mbps)

    • 3(29 Mbps)

    • 4(43 Mbps)

    • 5(58 Mbps)

    • 6(65 Mbps)

    • 7(72 Mbps)

    • 8(14 Mbps)

    • 9(29 Mbps)

    • 10(43 Mbps)

    • 11(58 Mbps)

    • 12(87 Mbps)

    • 13(116 Mbps)

    • 14(130 Mbps)

    • 15(144 Mbps)

      選択したレートをクライアントがサポートしていれば、アソシエートしたクライアントはそのレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。 MCS 設定では、使用する空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レートの値を定めます。

    ステップ 4   [Apply] をクリックします。
    ステップ 5   次の手順に従って、WLAN 上で WMM を有効にすることにより、設定した 802.11n データ レートを使用します。
    1. [WLANs] を選択して、[WLANs] ページを開きます。
    2. WMM モードを設定する WLAN の ID 番号をクリックします。
    3. [WLANs] > [Edit] ページが表示されたら、[QoS] タブを選択して [WLANs > Edit(QoS)] ページを開きます。
    4. クライアント デバイスに WMM の使用を要求するには [WMM Policy] ドロップダウン リストから [Required] を選択し、使用を許可するには [Allowed] を選択します。 WMM をサポートしていないデバイスは WLAN に接続できません。

      [Allowed] を選択した場合は、WMM をサポートしていないデバイスが WLAN に join できますが、802.11n レートによるメリットはありません。

    5. [Apply] をクリックします。
    ステップ 6   [Save Configuration] をクリックします。
    (注)     

    アクセス ポイントが 802.11n をサポートしているかどうかを判断するには、[802.11a/n/ac(または 802.11b/g/n)Cisco APs > Configure] ページまたは [802.11a/n/ac(または 802.11b/g/n)AP Interfaces > Details] ページの [11n Supported] テキスト ボックスを確認します。


    802.11n パラメータの設定(CLI)

    • 次のコマンドを入力して、ネットワーク上での 802.11n サポートを有効にします。

      config {802.11a | 802.11b} 11nsupport {enable | disable}

    • 次のコマンドを入力して、アクセス ポイントとクライアントの間のデータ送信に使用可能な変調および符号化方式(MCS)レートを指定します。

      config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx {0-15} {enable | disable}

    • 次の手順に従って、WLAN 上で WMM を有効にすることにより、設定した 802.11n データ レートを使用します。

      config wlan wmm {allow | disable | require} wlan_id

      require パラメータは、クライアント デバイスに WMM の使用を要求します。 WMM をサポートしていないデバイスは WLAN に接続できません。

      allow に設定した場合は、WMM をサポートしていないデバイスが WLAN に join できますが、802.11n レートによるメリットはありません。

    • 次の手順に従って、802.11n パケットに使用される集約方法を指定します。

      1. 次のコマンドを入力して、ネットワークを無効にします。

        config {802.11a | 802.11b} disable network

      2. 次のコマンドを入力して、集約方法を指定します。

        config {802.11a | 802.11b} 11nsupport {a-mpdu | a-msdu} tx priority {0-7 | all} {enable | disable}

        集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。 集約の方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU; 集約 MAC プロトコル データ ユニット)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU; 集約 MAC サービス データ ユニット)の 2 つがあります。 A-MSDU はハードウェアで実行されるため、デフォルトの方法になります。


        (注)  


        802.11ac の場合、すべてのパケットが A-MPDU です。 A-MSDU オプションは 802.11ac には適用されません。


        集約方法は、アクセス ポイントからクライアントへのトラフィックのタイプごとに指定できます。 次の表に、トラフィック タイプごとに割り当てられている優先レベル(0 ~ 7)を示します。

        表 1 トラフィック タイプの優先レベル

        User Priority(ユーザ優先度)

        トラフィック タイプ

        0

        ベスト エフォート

        1

        バックグラウンド

        2

        予備

        3

        エクセレント エフォート

        4

        制御された負荷

        5

        ビデオ、遅延およびジッタは 100 ミリ秒未満

        6

        音声、遅延およびジッタは 10 ミリ秒未満

        7

        ネットワーク制御

        各優先レベルを個別に設定するか、all パラメータを使用して一度にすべての優先レベルを設定できます。 enable コマンドを使用する場合は、その優先レベルにアソシエートされたトラフィックでは A-MPDU 送信が使用されます。 disable コマンドを使用する場合は、その優先レベルにアソシエートされたトラフィックでは A-MSDU 送信が使用されます。 クライアントが使用する集約方法に合わせて優先度を設定します。 デフォルトでは、A-MPDU は、優先レベル 0、4、および 5 に対して有効になっており、それ以外は無効になっています。 デフォルトでは、A-MSDU は、6 と 7 以外のすべての優先度に対して有効になっています。

      3. 次のコマンドを入力して、ネットワークを再び有効にします。

        config {802.11a | 802.11b} enable network

    • 次のコマンドを入力して、802.11n の 5 GHz の A-MPDU 送信集約スケジューラを設定します。

      config 802.11{a | b} 11nsupport a-mpdu tx scheduler {enable | disable | timeout rt timeout-value}

      タイムアウト値はミリ秒単位です。 有効範囲は 1 ~ 1000 ミリ秒です。

    • 次のコマンドを入力して、ネットワークのガード インターバルを設定します。 config 802.11{a | b} 11nsupport guard_interval {any | long}

    • 次のコマンドを入力して、ネットワークの Reduced Interframe Space(RIFS)を設定します。

      config 802.11{a | b} 11nsupport rifs rx {enable | disable}

    • 次のコマンドを入力して、変更を保存します。 save config

    • 次のコマンドを入力して、802.11 ネットワークの設定を表示します。

      show {802.11a | 802.11b}

    802.11h のパラメータの設定

    802.11h パラメータの設定について802.11h パラメータ

    802.11h では、チャネルの変更がクライアント デバイスに通知されます。また、クライアント デバイスの送信電力を制限できるようになっています。

    802.11h のパラメータの設定(GUI)


      ステップ 1   次の手順で、802.11 帯域を無効にします。
      1. [Wireless] > [802.11a/n] > [Network] の順に選択して、[802.11a Global Parameters] ページを開きます。
      2. [802.11a Network Status] チェックボックスをオフにします。
      3. [Apply] をクリックします。
      ステップ 2   [Wireless] > [802.11a/n] > [DFS(802.11h)] を選択して、[802.11h Global Parameters] ページを開きます。
      ステップ 3   [Power Constraint] 領域で、ローカル電力制約を入力します。 有効な範囲は 0 dBm ~ 30 dBm です。
      ステップ 4   アクセス ポイントが新しいチャネルに切り替えたときに新しいチャネル番号がアナウンスされるようにする場合は、[Channel Switch Announcement] 領域で、[Channel Announcement] チェックボックスをオンにします。チャネル アナウンスを無効にする場合は、このチェックボックスをオフにします。 デフォルト値は [disabled] です。
      ステップ 5   チャネル アナウンスを有効にした場合は、[Channel Quiet Mode] チェックボックスが表示されます。 現在のチャネルでのアクセス ポイントからの送信を停止する(クワイエット モード)には、このチェックボックスをオンにします。クワイエット モードを無効にするには、オフにします。 デフォルト値は [disabled] です。
      ステップ 6   [Apply] をクリックします。
      ステップ 7   次の手順に従って、802.11a 帯域を有効にします。
      1. [Wireless] > [802.11a/n] > [Network] の順に選択して、[802.11a Global Parameters] ページを開きます。
      2. [802.11a Network Status] チェックボックスをオンにします。
      3. [Apply] をクリックします。
      ステップ 8   [Save Configuration] をクリックします。

      802.11h のパラメータの設定(CLI)


        ステップ 1   次のコマンドを入力して、802.11a ネットワークを無効にします。

        config 802.11a disable network

        ステップ 2   次のコマンドを入力して、アクセス ポイントが新しいチャネルに切り替えたときの新しいチャネル番号のアナウンスを有効または無効にします。

        config 802.11h channelswitch {enable {loud | quiet} | disable}

        enable パラメータに quiet または loud を入力します。 待機モードが有効になっている場合、802.11h チャネル切り替えアナウンスを有効にできるすべてのクライアントは、パケット送信をただちに停止する必要があります。これは、干渉を減らすためにレーダーおよびクライアント デバイスも送信を終了する必要があることが AP によって検出されるためです。 デフォルトでは、チャネル切り替え機能は無効の状態です。

        ステップ 3   次のコマンドを入力して、802.11h チャネル アナウンスを使用する新しいチャネルを設定します。

        config 802.11h setchannel channel channel

        ステップ 4   次のコマンドを入力して、802.11h 電力制約値を設定します。

        config 802.11h powerconstraint value

        AP の電力レベルが一度に 1 だけ低下するように、3 dB 単位の値を使用します。

        ステップ 5   次のコマンドを入力して、802.11a ネットワークを有効にします。

        config 802.11a enable network

        ステップ 6   次のコマンドを入力して、802.11h パラメータのステータスを表示します。

        show 802.11h

        以下に類似した情報が表示されます。

        
        Power Constraint................................. 0
        Channel Switch................................... Disabled
        Channel Switch Mode.............................. 0

        

        802.11ac パラメータの設定

        802.11ac パラメータの設定に関する情報

        Cisco Aironet 3600 シリーズ アクセス ポイントと Cisco Aironet 3700 シリーズ アクセス ポイント用の 802.11ac 無線モジュールは、エンタープライズ クラスの信頼性と有線ネットワークと同様のパフォーマンスを提供します。 最大データ レート 1.3 Gbps に対応する 3 つの空間ストリームと 80 MHz 広帯域チャネルをサポートします。 これは、現在のハイエンドのエンタープライズ 802.11n アクセス ポイントの最大データ レートの 3 倍です。

        スロット 2 の 802.11ac 無線は、特定のパラメータを設定できるスレーブ無線です。 802.11ac はスレーブ無線であるため、スロット 1 の 802.11a/n メイン無線から多数のプロパティを継承します。 802.11ac 無線に設定できるパラメータは次のとおりです。
        • Admin status:有効または無効にできる無線のインターフェイス ステータス。 デフォルトでは、[Admin status] は有効になっています。 802.11n を無効にすると、802.11ac 無線も無効になります。

        • Channel width:20 MHz、40 MHz、80 MHz として RF のチャネル幅を選択できます。 80 MHz としてチャネル幅を選択する場合、[High Throughput] ページで 802.11ac モードを有効にする必要があります。


          (注)  


          スロット 2 の 802.11ac スレーブ無線で表示される [11ac Supported] フィールドのパラメータは設定できません。



        (注)  


        802.11ac 無線モジュールが搭載された Cisco Aironet 3600 シリーズ アクセス ポイントがモニタやスニファなどのサポートされていないモードになっている場合は、管理状態とチャネル幅が設定されません。
        ここでは、Cisco Aironet 3600 シリーズ アクセス ポイントや Cisco Aironet 3700 シリーズ アクセス ポイントなどの 802.11ac デバイスをネットワーク上で管理する手順を示します。

        (注)  


        802.11ac モジュールが搭載された AP3600 と AP3700 は 5 GHz 無線の最初の 8 つの WLAN のみをアドバタイズできます。


        802.11n 無線チャネルを変更すると、802.11ac チャネルも変更されます。

        Cisco WLC GUI で、802.11n 無線に接続された 802.11ac クライアントは 802.11an クライアントと表示され、802.11ac 無線に接続された 802.11ac クライアントは 802.11ac クライアントと表示されます。

        WLAN で WMM が有効であり機能している、または 802.11ac の WPA2/AES がサポートされていることを確認します。 そうではない場合、802.11ac クライアントであっても 802.11ac の速度を得られません。

        Cisco Aironet 3600 シリーズ アクセス ポイントの 802.11ac モジュールの詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11983/​products_​relevant_​interfaces_​and_​modules.htmlを参照してください。

        802.11ac サポートの制約事項

        • 802.11ac モジュールは、Cisco Aironet 3600 シリーズ アクセス ポイント、および Cisco Aironet 3700 シリーズ アクセス ポイントでのみサポートされています。

        • 組み込みの 5 GHz 無線がオフになると、802.11ac モジュールもオフになります。

        • 802.11ac モジュールのチャネル、電力値およびモードの設定は、AP の組み込み 5 GHz 無線と同じにする必要があります。 また、802.11ac モジュールは 802.11ac クライアントとしてのみ機能します。

        • 802.11ac モジュールのメイン チャネルは個別に変更できません。

        • この 802.11ac サポートは、次のコントローラ プラットフォームにだけ適用されます。
          • Cisco 2500 シリーズ Wireless LAN Controller

          • Cisco 5500 シリーズ Wireless LAN Controller

          • Cisco Flex 7500 シリーズ Wireless LAN Controller

          • Cisco 8500 シリーズ Wireless LAN Controller

        • コントローラは 802.11ac モジュールのハイ アベイラビリティをサポートしていません。 コントローラの 802.11ac 設定(802.11ac データ レートと 802.11ac グローバル モード)はスタンバイ コントローラと同期されません。 これにより、アクティブ コントローラでこれらの設定を明示的に無効にした場合に、クライアントのスループット変動および再アソシエーションが発生することがあります。

          さらに 802.11ac グローバル モード設定により、無線モジュールが有効かどうかがコントロールされます。 802.11ac グローバル モードが 1 台のコントローラ上のみで有効にされている場合、アクセス ポイントが 802.11ac グローバル モードが無効になっているコントローラとアソシエートすると、802.11ac モジュールは無効になる可能性があります。

        • AP をスタティックから自動チャネル割り当てに変更すると、デフォルトによって AP は無線と有効なチャネルによってサポートされる最適な帯域幅に移動します。 チャネル番号と帯域幅の割り当ては、次の DCA サイクルが開始されるまで最適ではない場合があります。

        • 802.11ac 無線では、TKIP を使用する SSID と TKIP+AES を使用する SSID は有効にされません。 したがって、5 GHz のすべてのクライアントは 802.11n 無線に関連付けられるはずです。

        802.11ac 高スループット パラメータの設定(GUI)


          ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n/ac] > [High Throughput (802.11n/ac)] を選択します。
          ステップ 2   [11ac mode] チェックボックスをオンにして、ネットワーク上での 802.11ac サポートを有効にします。
          (注)     

          802.11n モードが有効な場合にのみ 802.11ac ステータスを変更できます。

          ステップ 3   必要なレートのチェックボックスをオンにして、アクセス ポイントとクライアントの間のデータ送信に使用可能な変調および符号化方式(MCS)レートを指定します。

          MCS インデックス 8 および 9 は 802.11ac に固有です。 インデックス 9 の MCS データ レートを有効にすると、自動的に MCS インデックス 8 のデータ レートが有効になります。 MCS インデックス 9 が無効の場合にのみ、MCS インデックス 8 を有効または無効にできます。

          ステップ 4   [Apply] をクリックします。
          ステップ 5   [Save Configuration] をクリックします。

          802.11ac 高スループット パラメータの設定(CLI)

          • 次のコマンドを入力して、802.11ac サポートを有効または無効にします。

            config 802.11a 11acSupport {enable | disable}

          • 次のコマンドを入力して、MCS 送信速度を設定します。

            config 802.11a 11acSupport mcs tx {rate-8 | rate-9} ss spatial-stream-value {enable | disable}


            (注)  


            MCS インデックス 9 を持つ MCS データを有効にすると、MCS インデックス 8 を持つデータ レートが自動的に有効になります。