Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0
新しいモビリティの設定
新しいモビリティの設定

新しいモビリティの設定

新しいモビリティについて

新しいモビリティは、Cisco Catalyst 3850 シリーズ スイッチおよび Cisco 5760 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラなどのワイヤレス コントロール モジュール(WCM)を使用した統合アクセス コントローラと互換性のあるコントローラを有効にします。 新しいモビリティでは、Catalyst 3850 のモビリティ エージェント(MA)によって統合アクセス モードの 5508 または WiSM2 でモビリティ コントローラ(MC)機能を実行できます

Cisco 2500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco WiSM2、または Cisco 5760 ワイヤレス LAN コントローラは、Cisco Catalyst 3850 シリーズ スイッチによりモビリティ コントローラとして機能します。 モビリティ コントローラは、モビリティ エージェントとモビリティ Oracle から成る階層アーキテクチャの一部です。

Cisco Catalyst 3850 シリーズ スイッチのモビリティ エージェントのグループは、スイッチ ピア グループを形成できます。 Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco WiSM2、および Cisco 5760 ワイヤレス LAN コントローラの内部モビリティ エージェントは、独自のスイッチ ピア グループを形成します。 モビリティ コントローラ、モビリティ エージェントおよびモビリティ Oracle は単一の Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco WiSM2、および Cisco 5760 ワイヤレス LAN コントローラに設定できます。 各モビリティ コントローラは、複数のスイッチ ピア グループを持つことができるサブドメインを形成します。 Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco WiSM2、または Cisco 5760 ワイヤレス LAN コントローラは、デフォルトではモビリティ エージェントです。 ただし、Cisco Catalyst 3850 シリーズ スイッチは、モビリティ エージェントとモビリティ コントローラの両方として、またはモビリティ エージェントとしてのみ機能することができます。 デフォルトでは、新しいモビリティは無効になっています。

新しいモビリティを有効または無効にする場合は、設定を保存してコントローラをリブートする必要があります。

新しいモビリティの制約事項

  • 新しいモビリティは、Cisco 2500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ、および Cisco WiSM2 でのみサポートされます。

  • Mobility Controller と Mobility Oracle 間のキープアライブは DTLS 暗号化されません。

  • シームレスなモビリティの場合、コントローラは新しいモビリティまたは古いモビリティ(フラット モビリティ)のいずれかを使用する必要があります。

  • 2 種類のモビリティ間の相互運用性はサポートされていません。 コントローラを、リリース 7.5 から、新しいモビリティをサポートしていないリリース 7.4.100.0、7.3.101.0、7.2、7.0、またはそれ以前(7.3.112.0 以前のすべてのリリース)のコントローラ ソフトウェア リリースにダウングレードすると、コントローラは自動的にフラット モビリティ(古いモビリティ)に移行します。 これはモビリティ アーキテクチャの違い、およびフラット モビリティ(EOIP トンネル)と新しいモビリティ(CAPWAP トンネル)間の 非相互運用性が原因です。

  • Mobility Oracle のハイ アベイラビリティはサポートされていません。

  • リリース 7.6 では、モビリティ コントローラ機能は Cisco 8500 シリーズの WLC でサポートされていません。

    (注)  


    モビリティ Oracle 機能も Cisco 8500 シリーズの WLC でサポートされていません。
  • あるクライアントを初めてローカルとして関連付けて、その後で Cisco WLC 内に関連付けると、MA は MC に「handoff complete」メッセージを送信し、MC のクライアント データベースを更新します。 ただし、「handoff complete」メッセージは「DHCP REQD」ステートで送信されます。これは、最初クライアントの IP アドレスは 0.0.0.0 であるためです。 このイベントは、タイマーの期限切れによってトリガーされます。

  • IPv6 は、新しいモビリティではサポートされません。

新しいモビリティの設定(GUI)


    ステップ 1   [Controller] > [Mobility Management] > [Mobility Configuration] を選択し、コントローラ上で新しいモビリティを有効にして設定します。

    (注)     

    新しいモビリティを有効または無効にする場合は、設定を保存してコントローラをリブートする必要があります。

    ステップ 2   新しいモビリティを設定するには、[Enable New Mobility (Converged Access)] チェックボックスをオンまたはオフにします。
    (注)     

    新しいモビリティを有効にする場合は、設定を保存してコントローラをリブートする必要があります。

    ステップ 3   Mobility Oracle としてコントローラを設定するには、[Mobility Oracle] チェックボックスをオンまたはオフにします。
    (注)     

    Mobility Oracle はオプションであり、1 つの完全なモビリティ ドメインの下で、クライアント データベースを保持します。

    ステップ 4   モビリティ グループのマルチキャスト モードを設定するには、[Multicast Mode] チェックボックスをオンまたはオフにします。
    ステップ 5   [Multicast IP Address] テキスト ボックスに、スイッチのピア グループのマルチキャスト IP アドレスを入力します。
    ステップ 6   [Mobility Oracle IP Address] テキスト ボックスに、Mobility Oracle の IP アドレスを入力します。

    [Mobility Oracle] チェックボックスをオンにした場合、このフィールドには値を入力できません。

    ステップ 7   ネットワーク アドレス変換(NAT)がない場合は、[Mobility Controller Public IP Address] テキスト ボックスに、コントローラの IP アドレスを入力します。
    (注)      コントローラに NAT が設定されている場合は、パブリック IP アドレスがネットワーク アドレスに変換された IP アドレスです。
    (注)      新しいモビリティは IPv6 をサポートしません。
    ステップ 8   [Mobility Keep Alive Count] テキスト ボックスに、ピアが到達不能と判断されるまでに ping 要求をピア コントローラに送信する回数を入力します。 有効な範囲は 3 ~ 20 です。 デフォルト値は 3 です。
    ステップ 9   [Mobility Keep Alive Interval] テキスト ボックスに、ピア コントローラに送信する各 ping 要求の間隔を秒単位で入力します。 範囲は 1 ~ 30 秒です。 デフォルト値は 10 秒です。
    ステップ 10   [Mobility DSCP] テキスト ボックスに、モビリティ コントローラに対して設定できる DSCP 値を入力します。 範囲は 0 ~ 63 です。 デフォルト値は 0 です
    (注)     

    Mobility DSCP 値を設定している間、モビリティ コントロール ソケット(モビリティ ピア間でのみ交換され、データでない制御メッセージ)も更新されます。 設定値は、 IPv4 ヘッダーの ToS フィールドに反映する必要があります。 これは、設定されたモビリティ ピア間のみの通信に使用されるコントローラのグローバル設定です。

    ステップ 11   [Apply] をクリックします。
    ステップ 12   [Controller] > [Mobility Management] > [Switch Peer Group] を選択して、スイッチのピア グループに対してメンバを追加または削除します。

    このページには、すべてのスイッチのピア グループ、およびそれらの詳細(ブリッジ ドメイン ID、マルチキャスト IP アドレス、マルチキャスト モードのステータスなど)が表示されます。 必要に応じて、スイッチのピア グループ名をクリックして [Edit] ページに移動し、パラメータを更新します。

    ステップ 13   [Controller] > [Mobility Management] > [Mobility Controller] を選択して、すべてのモビリティ コントローラ、およびそれらの詳細(IP アドレス、MAC アドレス、クライアント数、リンク ステータスなど)を表示します。
    ステップ 14   [Controller] > [Mobility Management] > [Mobility Clients] を選択して、すべてのモビリティ クライアントおよびそれらのパラメータを表示します。
    ステップ 15   [Client MAC Address] および [Client IP Address] テキスト ボックスに、モビリティ クライアントの MAC アドレスと IP アドレスをそれぞれ入力します。
    ステップ 16   [Anchor MC IP Address] および [Anchor MC Public IP Address] テキスト ボックスに、アンカー モビリティ コントローラの IP アドレスとパブリック IP アドレスをそれぞれ入力します。
    ステップ 17   [Foreign MC IP Address] および [Foreign MC Public IP Address] テキスト ボックスに、外部 MC の IP アドレスとパブリック IP アドレスをそれぞれ入力します。
    ステップ 18   [Client Association Time] テキスト ボックスに、モビリティ クライアントをモビリティ コントローラに関連付ける時間を入力します。
    ステップ 19   [Client Entry Update Timestamp] テキスト ボックスに、クライアント エントリを更新するタイムスタンプを入力します。

    新しいモビリティの設定(CLI)

    • 次のコマンドを入力して、コントローラ上で新しいモビリティを有効または無効にします。

      config mobility new-architecture {enable | disable}

      (注)  


      新しいモビリティを有効または無効にする場合は、設定を保存してコントローラをリブートする必要があります。


    • 次のコマンドを入力して、Mobility Oracle を有効にするか、または外部 Mobility Oracle を設定します。

      config mobility oracle{enable| disable | ip ip_address}

      ここでの ip_address とは Mobility Oracle の IP アドレスです。 Mobility Oracle は 1 つの完全なモビリティ ドメインの下で、クライアント データベースを保持します。 これは、ステーション データベース、モビリティ コントローラへのインターフェイス、および NTP サーバで構成されます。 モビリティ ドメイン全体に Mobility Oracle は 1 つのみです。

    • 次のコマンドを入力して、スイッチのピア グループを作成または削除します。

      config mobility switchPeerGroup{create | delete} peer-group-name

      ここでの peer-group-name とはスイッチのピア グループの名前です。

    • 次のコマンドを入力して、フラット(古い)モビリティと新しいモビリティの互換性のためにメンバ スイッチの MAC アドレスを設定します。

      config mobility group member add ip_address{[group-name] | mac-address | [public-ip-address]}

      この ip_address とはメンバの IP アドレスです。

      group-name は、デフォルトのグループ名と異なる場合、メンバ スイッチ グループ名です。

      mac-address は、メンバ スイッチの MAC アドレスです。


      (注)  


      コントローラに NAT が設定されている場合は、パブリック IP アドレスがネットワーク アドレスに変換された IP アドレスです。

      (注)  


      新しいモビリティは IPv6 をサポートしません。

    • 次のコマンドを入力して、メンバを追加または削除し、スイッチのピア グループのブリッジ ドメイン ID と マルチキャスト アドレスを設定します。

      config mobility switchPeerGroup {bridge-domain-id peer-group-name bridge domain id | member {add | delete} IP_address [public_IP_address] peer-group-name | multicast-address peer-group-name multicast_IP_address}

      ここでの peer-group-name とはスイッチのピア グループの名前です。

      IP_address はスイッチのピア グループ メンバの IP アドレスです。

      public_IP_address はスイッチのピア グループ メンバのパブリック IP アドレスです。

    • 次のコマンドを入力して、Mobility Oracle に応じたモビリティ コントローラの詳細を表示します。

      show mobility oracle summary

    • 次のコマンドを入力して、Mobility Oracle クライアント データベースの要約と詳細を表示します。

      show mobility oracle client {summary | detail}

    • モビリティの統計情報を確認するには、次のコマンドを入力します。

      show mobility statistics

    • モビリティ設定を確認するには、次のコマンドを入力します。

      show mobility summary

    • 次のコマンドを入力して、変更を保存します。

      save config

    • 次のコマンドを入力して、モビリティ パケットのデバッグを有効または無効にします。

      debug mobility packet {enable | disable}

    • 次のコマンドを入力して、Mobility Oracle のイベントおよびエラーのデバッグを有効または無効にします。

      debug mobility oracle {events | errors} {enable| disable}