Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0
802.11 帯域の設定
802.11 帯域の設定

802.11 帯域の設定

802.11 帯域の設定

802.11 帯域の設定について802.11 帯域

自国の法的な規制基準を遵守するために、コントローラの 802.11b/g/n(2.4GHz)帯域と 802.11a/n/ac(5GHz)帯域を設定できます。 デフォルトでは、802.11b/g/n と 802.11a/n/ac の両方がイネーブルになっています。

コントローラが 802.11g トラフィックだけを許可するように設定されている場合、802.11b クライアント デバイスはアクセス ポイントに正常に接続できますが、トラフィックを送信できません。 802.11g トラフィック専用にコントローラを設定する場合、必須として 11g レートをマークする必要があります。

802.11 帯域の設定(GUI)


    ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n/ac] または [802.11b/g/n] > [Network] を選択して、[Global Parameters] ページを開きます。
    ステップ 2   [802.11a(または 802.11b/g)Network Status] チェックボックスをオンにして、802.11a または 802.11b/g 帯域を有効にします。 帯域を無効にするには、チェックボックスをオフにします。 デフォルト値はイネーブルです。 802.11a 帯域と 802.11b/g 帯域の両方を有効にすることができます。
    ステップ 3   ステップ 2 で 802.11b/g 帯域を有効にした場合、802.11g ネットワーク サポートを有効にするときは、[802.11g Support] チェックボックスをオンにします。 デフォルト値はイネーブルです。 この機能を無効にすると、802.11b 帯域は 802.11g をサポートせずに有効になります。
    ステップ 4   20 ~ 1000 ミリ秒の範囲内の値を [Beacon Period] テキスト ボックスに入力して、アクセス ポイントが SSID のブロードキャストを行う周期を指定します。 デフォルト値は 100 ミリ秒です。
    (注)     

    コントローラ内でのビーコン period はミリ秒の単位で示されます。 ビーコン周期の単位には、単位時間(TU)も使用できます。その場合は、1 TU が 1024 マイクロ秒、または 100 TU が 102.4 ミリ秒になります。 ビーコン間隔がコントローラ内で 100 ミリ秒として示されている場合、これは単に 102.4 ミリ秒を丸めた値です。 一部の無線におけるハードウェアの制限により、ビーコン間隔がたとえば 100 TU であっても、その間隔は 102 TU に調整されます。これは、約 104.448 ミリ秒になります。 ビーコン周期が TU で表現される場合、その値は、最も近い 17 の倍数に調整されます。

    ステップ 5   256 ~ 2346 バイトの範囲内の値を [Fragmentation Threshold] テキスト ボックスに入力して、パケットをフラグメントするサイズを指定します。 接続不良や多くの無線干渉が発生している領域では、この値を小さくします。
    ステップ 6   アクセス ポイントが自身のチャネルと送信電力レベルを、CCX クライアントのビーコンおよびプローブ応答でアドバタイズするようにします。 [DTPC Support] チェックボックスをオンにします。 有効にしない場合には、このチェックボックスをオフにします。 デフォルト値はイネーブルです。

    Dynamic Transmit Power Control(DTPC; 送信電力の動的制御)を使用するクライアント デバイスは、アクセス ポイントからチャネルおよび電力レベル情報を受信して、自身の設定を自動的に調整します。 たとえば、主に日本で使用されているクライアント デバイスをイタリアに移送し、そこのネットワークに追加した場合、チャネルと電力設定の自動調整を DTPC に任せることができます。

    (注)     

    シスコ IOS ソフトウェアを実行しているアクセス ポイントでは、この機能はワールド モードと呼ばれます。

    (注)     

    DTPC と 801.11h 電力制約を同時に有効にすることはできません。

    ステップ 7   1 ~ 200 の範囲内の値を [Maximum Allowed Client] テキスト ボックスに入力して、最大許容クライアント数を指定します。 デフォルト値は 200 です。
    ステップ 8   [RSSI Low Check] チェックボックスをオンまたはオフにして、RSSI Low Check 機能を有効または無効にします。
    ステップ 9   [RSSI Threshold] の値を入力します。

    デフォルト値は -80 dBm です。

    ステップ 10   アクセス ポイントとクライアントとの間のデータ送信レートを指定するには、[Data Rates] のオプションを使用します。 次のデータ レートが使用可能です。
    • 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、および 54Mbps

    • [802.11b/g]:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、または 54Mbps

    各データ レートに対して、次のオプションのいずれかを選択します。

    • [Mandatory]:クライアントは、このコントローラ上のアクセス ポイントにアソシエートするにはこのデータ レートをサポートしている必要があります。

    • [Supported]:アソシエートしたクライアントは、このデータ レートをサポートしていれば、このレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。

    • [Disabled]:通信に使用するデータ レートは、クライアントが指定します。

    ステップ 11   [Apply] をクリックします。
    ステップ 12   [Save Configuration] をクリックします。

    802.11 帯域の設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、802.11a 帯域を無効にします。

      config 802.11a disable network

      (注)     

      802.11a 帯域を無効にしてから、この項の 802.11a ネットワーク パラメータを設定してください。

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、802.11b/g 帯域を無効にします。

      config 802.11b disable network

      (注)     

      802.11b 帯域を無効にしてから、この項の 802.11b ネットワーク パラメータを設定してください。

      ステップ 3   次のコマンドを入力して、アクセス ポイントが SSID のブロードキャストを行うレートを指定します。

      config {802.11a | 802.11b} beaconperiod time_unit

      time_unit は、単位時間(TU)でのビーコン間隔です。 1 TU は 1024 マイクロ秒です。 20 ~ 1000 ミリ秒ごとにビーコンを送信するように、アクセス ポイントを設定できます。

      ステップ 4   次のコマンドを入力して、パケットをフラグメントするサイズを指定します。

      config {802.11a | 802.11b} fragmentation threshold

      threshold の値は、256 ~ 2346 バイト(両端の値を含む)です。 接続不良や多くの無線干渉が発生している領域では、この値を小さくします。

      ステップ 5   次のコマンドを入力して、アクセス ポイントが自身のチャネルと送信電力レベルをビーコンおよびプローブ応答でアドバタイズするようにします。

      config {802.11a | 802.11b } dtpc {enable | disable}

      デフォルト値はイネーブルです。 Dynamic Transmit Power Control(DTPC; 送信電力の動的制御)を使用するクライアント デバイスは、アクセス ポイントからチャネルおよび電力レベル情報を受信して、自身の設定を自動的に調整します。 たとえば、主に日本で使用されているクライアント デバイスをイタリアに移送し、そこのネットワークに追加した場合、チャネルと電力設定の自動調整を DTPC に任せることができます。

      (注)     

      シスコ IOS ソフトウェアを実行しているアクセス ポイントでは、この機能はワールド モードと呼ばれます。

      ステップ 6   次のコマンドを入力して、設定可能な最大許容クライアント数を指定します。

      config {802.11a | 802.11b} max-clients max_allow_clients

      有効な範囲は 1 ~ 200 です。

      ステップ 7   次のコマンドを入力して、RSSI Low Check 機能を設定します。 config 802.11{a | b} rssi-check {enable | disable}
      ステップ 8   次のコマンドを入力して、RSSI しきい値を設定します。 config 802.11{a | b} rssi-threshold value-in-dBm
      (注)     

      デフォルト値は -80 dBm です。

      ステップ 9   次のコマンドを入力して、コントローラとクライアントとの間のデータ送信レートを指定します。

      config {802.11a | 802.11b} rate {disabled | mandatory | supported} rate

      値は次のとおりです。

      • disabled:通信に使用するデータ レートをクライアントが指定します。

      • mandatory:コントローラ上のアクセス ポイントにアソシエートするために、クライアントがこのデータ レートをサポートします。

      • supported:アソシエートしたクライアントは、このデータ レートをサポートしていれば、このレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。

      • rate:データが送信されるときのレートです。

        • 6、9、12、18、24、36、48、および 54Mbps(802.11a)

        • 1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、または 54Mbps(802.11b/g)

      ステップ 10   次のコマンドを入力して、802.11a 帯域を有効にします。

      config 802.11a enable network

      デフォルト値はイネーブルです。

      ステップ 11   次のコマンドを入力して、802.11b 帯域を有効にします。

      config 802.11b enable network

      デフォルト値はイネーブルです。

      ステップ 12   次のコマンドを入力して、802.11g ネットワーク サポートを有効または無効にします。

      config 802.11b 11gSupport {enable | disable}

      デフォルト値はイネーブルです。 このコマンドは、802.11b 帯域が有効になっている場合のみ使用できます。 この機能を無効にすると、802.11b 帯域は 802.11g をサポートせずに有効になります。

      ステップ 13   save config コマンドを入力して、変更を保存します。
      ステップ 14   次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g 帯域の設定を表示します。

      show {802.11a | 802.11b}

      以下に類似した情報が表示されます。

      
      802.11a Network............................... Enabled
      11nSupport.................................... Enabled
            802.11a Low Band........................... Enabled
            802.11a Mid Band........................... Enabled
            802.11a High Band.......................... Enabled
      802.11a Operational Rates
          802.11a 6M Rate.............................. Mandatory
          802.11a 9M Rate.............................. Supported
          802.11a 12M Rate............................. Mandatory
          802.11a 18M Rate............................. Supported
          802.11a 24M Rate............................. Mandatory
          802.11a 36M Rate............................. Supported
          802.11a 48M Rate............................. Supported
          802.11a 54M Rate............................. Supported
      ...
      Beacon Interval.................................. 100
      ...
      Default Channel............................... 36
      Default Tx Power Level........................ 1
      DTPC Status................................... Enabled
      Fragmentation Threshold....................... 2346
      Maximum Number of Clients per AP................. 200
      
      

      帯域選択の設定

      帯域選択の設定について帯域選択

      帯域選択によって、デュアルバンド(2.4 GHz および 5 GHz)動作が可能なクライアントの無線を、混雑の少ない 5 GHz アクセス ポイントに移動できます。 2.4 GHz 帯域は、混雑していることがあります。 この帯域のクライアントは一般に、Bluetooth デバイス、電子レンジ、およびコードレス電話機からの干渉を受けるだけでなく、他のアクセス ポイントからの同一チャネル干渉も発生します。802.11b/g では、重複しないチャネルが 3 つしかないからです。 これらの干渉の原因を防止して、ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させるには、switchcontrollerdeviceで帯域選択を設定できます。

      帯域選択は、デフォルトではグローバルで有効になっています。

      帯域選択のしくみは、クライアントへのプローブ応答を規制するというものです。 5 GHz チャネルへクライアントを誘導するために、2.4 GHz チャネルでのクライアントへのプローブ応答を遅らせます。

      帯域選択の制約事項帯域選択の制約事項、802.11 帯域とパラメータ

      • 帯域選択が有効になっている WLAN では、ローミングの遅延が発生するので、音声やビデオのような、遅延に敏感なアプリケーションはサポートされません。

      • 帯域選択は、Cisco Aironet 1040、1140、1250、1260、1600、2600、3500、3600、および 3700 シリーズ アクセス ポイントでのみ使用できます。

        (注)  


        OEAP 600 シリーズ アクセス ポイントは、帯域選択をサポートしません。


      • 帯域選択が動作するのは、コントローラに接続されたアクセス ポイントに対してのみです。 コントローラに接続しない FlexConnect アクセス ポイントは、リブート後に帯域選択を実行しません。

      • 帯域選択アルゴリズムによるデュアル バンド クライアントの誘導は、同じアクセス ポイントの 2.4 GHz 無線から 5 GHz 無線へに限られます。このアルゴリズムが機能するのは、アクセス ポイントで 2.4 GHz と 5 GHz の両方の無線が稼働している場合のみです。

      • コントローラ上で帯域選択とアグレッシブ ロード バランシングの両方を有効にすることができます。 これらは独立して動作し、相互に影響を与えることはありません。

      • コントローラ GUI またはコントローラ CLI を使用して、帯域選択とクライアント ロード バランシングをグローバルで有効または無効にすることはできません。 ただし、特定の WLAN の帯域選択とクライアント ロード バランシングを有効または無効にできます。 帯域選択とクライアント ロード バランシングは、デフォルトではグローバルで有効になっています。

      帯域選択の設定

      帯域選択の設定(GUI)


        ステップ 1   [Wireless] > [Advanced] > [Band Select] の順に選択して、[Band Select] ページを開きます。
        ステップ 2   [Probe Cycle Count] テキスト ボックスに、1 ~ 10 の値を入力します。 サイクル回数は、新しいクライアントの抑制サイクルの回数を設定します。 デフォルトのサイクル回数は 2 です。
        ステップ 3   [Scan Cycle Period Threshold (milliseconds)] テキスト ボックスに、スキャン サイクル期間しきい値を 1 ~ 1000 ミリ秒の値で入力します。 この設定は、クライアントからの新しいプルーブ要求が新しいスキャン サイクルから送信される間の時間閾値を決定します。 デフォルトのサイクル閾値は 200 ミリ秒です。
        ステップ 4   [Age Out Suppression (seconds)] テキスト ボックスに、10 ~ 200 秒の値を入力します。 エージング アウト抑制は、以前に認識されていた 802.11b/g/n クライアントをプルーニングするための期限切れ時間を設定します。 デフォルト値は 20 秒です。 この時間が経過すると、クライアントは新規とみなされて、プローブ応答抑制の対象となります。
        ステップ 5   [Age Out Dual Band (seconds)] テキスト ボックスに、10 ~ 300 秒の値を入力します。 エージング アウト期間は、以前に認識されていたデュアルバンド クライアントをプルーニングするための期限切れ時間を設定します。 デフォルト値は 60 秒です。 この時間が経過すると、クライアントは新規とみなされて、プローブ応答抑制の対象となります。
        ステップ 6   [Acceptable Client RSSI (dBm)] テキスト ボックスに、–20 ~ –90 dBm の値を入力します。 このパラメータにより、クライアントがプローブに応答するための最小 RSSI が設定されます。 デフォルト値は -80 dBm です。
        ステップ 7   [Apply] をクリックします。
        ステップ 8   [Save Configuration] をクリックします。
        ステップ 9   特定の WLAN 上で帯域選択を有効または無効にするには、[WLANs] > [WLAN ID] の順に選択します。 [WLANs > Edit] ページが表示されます。
        ステップ 10   [Advanced] タブをクリックします。
        ステップ 11   帯域選択を有効にする場合は、[Load Balancing and Band Select] テキスト領域で [Client Band Select] チェックボックスをオンにします。 帯域選択を無効にするには、チェックボックスをオフにしておいてください。 デフォルト値は [disabled] です。
        ステップ 12   [Save Configuration] をクリックします。

        帯域選択の設定(CLI)


          ステップ 1   次のコマンドを入力して、帯域選択用のプローブ サイクル回数を設定します。

          config band-select cycle-count cycle_count

          cycle_count パラメータには、1 ~ 10 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 2   次のコマンドを入力して、新しいスキャン サイクル期間用の時間しきい値を設定します。

          config band-select cycle-threshold milliseconds

          milliseconds パラメータには、しきい値として 1 ~ 1000 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 3   次のコマンドを入力して、帯域選択の失効抑制期間を設定します。

          config band-select expire suppression seconds

          seconds パラメータには、抑制期間として 10 ~ 200 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 4   次のコマンドを入力して、デュアル バンドの失効を設定します。

          config band-select expire dual-band seconds

          seconds パラメータには、デュアル バンド用に 10 ~ 300 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 5   次のコマンドを入力して、クライアント RSSI しきい値を設定します。

          config band-select client-rssi client_rssi

          client_rssi パラメータには、プローブに応答するクライアント RSSI の最小 dBm として 20 ~ 90 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 6   save config コマンドを入力して、変更を保存します。
          ステップ 7   次のコマンドを入力して、特定の WLAN 上の帯域選択を有効または無効にします。

          config wlan band-select allow {enable | disable} wlan_ID

          wlan_ID パラメータには、1 ~ 512 の範囲内の値を入力できます。

          ステップ 8   次のコマンドを入力して、設定を確認します。

          show band-select

          以下に類似した情報が表示されます。

          
          Band Select Probe Response....................... Enabled
             Cycle Count................................... 3 cycles
             Cycle Threshold............................... 300 milliseconds
             Age Out Suppression........................... 20 seconds
             Age Out Dual Band............................. 20 seconds
             Client RSSI................................... -30 dBm
          
          
          ステップ 9   save config コマンドを入力して、変更を保存します。