インターフェイス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE リリース 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
AP マネージャ インターフェイスの設定
AP マネージャ インターフェイスの設定

AP マネージャ インターフェイスの設定

このモジュールで説明する内容は、次のとおりです。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

アクセス ポイント管理インターフェイス設定の前提条件

コントローラに AP マネージャ インターフェイスを設定する前に、ポートごとに別個の動的 AP マネージャ インターフェイスを設定していることを確認する必要があります。

AP マネージャ インターフェイス設定の制約事項

  • IPv4 :管理インターフェイスおよび AP マネージャ インターフェイスの MAC アドレスは、ベース LAG MAC アドレスと同じです。

  • 使用可能なディストリビューション システム ポートが 1 つだけの場合は、ディストリビューション システム ポート 1 を使用してください。

  • コントローラでは複数の LAG を設定できます。

  • AP マネージャ インターフェイスを設定する必要はありません。 管理インターフェイスはデフォルトで、AP マネージャ インターフェイスのように動作するので、アクセス ポイントはこのインターフェイスで join できます。

  • リンク集約(LAG)が有効化されているときは、AP マネージャ インターフェイスは 1 つだけ設定することができます。 ただし、LAG が無効の場合は、1 つ以上の AP マネージャ インターフェイスを作成できます。通常は 1 つの物理ポートにつき 1 つです。

  • AP マネージャ インターフェイスに対するポート冗長化はサポートされません。 AP マネージャ インターフェイスをバックアップ ポートにマッピングすることはできません。

AP マネージャ インターフェイスについて

IPv4 を使用して設定されたコントローラには 1 つ以上の AP マネージャ インターフェイスがあります。このインターフェイスは、Lightweight アクセス ポイントがコントローラに join した後でコントローラとアクセス ポイントの間で行われるすべてのレイヤ 3 通信に使用されます。

(注)  


IPv6 を使用して設定されたコントローラには 1 つの AP マネージャしかなく、管理インターフェイスに適用されます。 管理インターフェイス上で設定された AP マネージャは削除できません。
AP マネージャの IP アドレスは、コントローラからアクセス ポイントへの CAPWAP パケットのトンネル発信元、およびアクセス ポイントからコントローラへの CAPWAP パケットの宛先として使用されます。

(注)  


コントローラはジャンボ フレームの送信をサポートしていません。 フラグメンテーションおよび再構成を必要とする AP にコントローラから CAPWAP パケットが送信されないようにするには、クライアント側で MTU/MSS を減らします。

AP マネージャ インターフェイスは、どのディストリビューション システム ポートを介して通信するときも、できる限り多くの Lightweight アクセス ポイントのアソシエーションおよび通信を行うために、レイヤ 3 ネットワーク全体のアクセス ポイントの CAPWAP または LWAPP join メッセージを受信します。

これに対し、コントローラはアクセス ポイントに CAPWAP join response を返し、アクセス ポイントはコントローラに join できるようになります。 アクセス ポイントがコントローラに join すると、コントローラによって構成、ファームウェア、制御トランザクション、およびデータ トランザクションが管理されます。

アクセス ポイントがリブートを実行するか、コントローラから切断されると、アクセス ポイントの join に関する統計情報はコントローラから維持されます。 ただし、この統計情報は、コントローラがリブートまたは切断を実行すると失われます。

IPv6 を使用して設定されたコントローラは動的 AP マネージャをサポートしません。 デフォルトでは、管理インターフェイスは、AP マネージャ インターフェイスと同様に動作します。 リンク集約(LAG)が IPv6 AP ロード バランシングに使用されます。

AP マネージャ インターフェイスへの AP join の設定

はじめる前に

これに対し、コントローラはアクセス ポイントに CAPWAP join response を返し、アクセス ポイントはコントローラに join できるようになります。 アクセス ポイントがコントローラに join すると、コントローラによって構成、ファームウェア、制御トランザクション、およびデータ トランザクションが管理されます。

アクセス ポイントがリブートを実行するか、コントローラから切断されると、アクセス ポイントの join に関する統計情報はコントローラから維持されます。 ただし、この統計情報は、コントローラがリブートまたは切断を実行すると失われます。

手順の概要

    1.    conf t

    2.    wireless ap-manager interface vlan vlan-ID

    3.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1conf t
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2wireless ap-manager interface vlan vlan-ID
     

    アクセス ポイントをイネーブルにして、IP アドレスを受信して、指定した VLAN に join します。

    選択したインターフェイスに AP マネージャをマッピングします。

     
    ステップ 3end
     

    EXEC モードに戻ります。

     

    設定されたアクセス ポイントの join 管理インターフェイスの表示

    はじめる前に

    次の手順を使用して、コントローラとして設定されたアクセス ポイントの join インターフェイスを表示できます。

    手順の概要

      1.    show ap summary

      2.    show ap name

      3.    show ap name apname config general

      4.    show wireless interface summary


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1show ap summary 

      インターフェイスに設定されているすべてのアクセス ポイントの概要を表示します。

       
      ステップ 2show ap name 

      インターフェイスに設定されているすべてのアクセス ポイントの概要を表示します。

       
      ステップ 3show ap name apname config general 

      アクセス ポイントのすべての一般的なパラメータ設定を表示します。

       
      ステップ 4show wireless interface summary 

      コントローラのすべてのワイヤレス管理および AP マネージャ インターフェイスを表示します。

       

      AP マネージャ インターフェイス設定の機能履歴と情報

      コマンド履歴

      リリース

      変更内容

      Cisco IOS XE 3.2SE

      このコマンドが導入されました。