インターフェイス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE リリース 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
インターフェイス グループの設定
インターフェイス グループの設定

インターフェイス グループの設定

このモジュールで説明する内容は、次のとおりです。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

インターフェイス グループについて

インターフェイス グループは、インターフェイスの論理的なグループです。 インターフェイス グループを使用すると、同じインターフェイス グループを複数の WLAN で設定するユーザ設定や、AP グループごとに WLAN インターフェイスを上書きすることが容易になります。 インターフェイス グループには隔離済みまたは隔離済みでないインターフェイスを排他的に含めることができます。 1 つのインターフェイスを複数のインターフェイス グループに含めることができます。

WLAN は、インターフェイスまたはインターフェイス グループに関連付けることができます。 インターフェイス グループの名前とインターフェイスの名前を同じにすることはできません。

この機能を使用すると、クライアントを特定のサブネットに、そのサブネットが接続している外部コントローラに基づいて関連付けることができます。 必要に応じて、外部コントローラの MAC と特定のインターフェイスまたはインターフェイス グループ(外部マップ)との間のマッピングを維持するように、アンカー コントローラ WLAN を設定できます。 このマッピングが設定されていない場合は、その外部コントローラ上のクライアントは、WLAN に設定されているインターフェイス グループからをラウンドロビン方式で VLAN を割り当てられます。

インターフェイス グループには AAA Override を設定することもできます。 この機能では、現行のアクセス ポイント グループと AAA Override アーキテクチャが拡張され、アクセス ポイント グループと AAA Override が、インターフェイスがマッピングされているインターフェイス グループ WLAN よりも優先されるように設定できます。 これは、インターフェイス グループを使用した複数のインターフェイスに対して行われます。

この機能により、ネットワーク管理者はゲスト アンカー制限を設定できます。それにより、外部ロケーションにいる無線ゲスト ユーザは、同じアンカー コントローラ内から、外部ロケーションとコントローラ上の複数のサブネットのうちの 1 つの IP アドレスを取得できます。

コントローラは、クライアントが DHCP を使用して IP アドレスを受け取ることができない場合に VLAN をダーティとしてマークします。 VLAN インターフェイスは、次の 2 つの方法に基づいてダーティとしてマークされます。

積極的な方法:クライアントによるアソシエーションあたり 1 回ずつエラーがカウントされる場合に、1 つのクライアントでエラーが 3 回発生するか、3 つのクライアントでエラーが発生したときに、コントローラが VLAN をダーティ インターフェイスとしてマークします。

消極的な方法:クライアントによるアソシエーションあたり 1 回ずつエラーがカウントされる場合に、3 つ以上のクライアントでエラーが発生したときのみ、コントローラが VLAN をダーティ インターフェイスとしてマークします。

インターフェイス グループの作成

はじめる前に

端末を設定した後で、次のコマンドを使用して、インターフェイス グループを作成します。

手順の概要

    1.    vlan group groupname vlan-list 1-256

    2.    wlan wlanname 1 wlanname

    3.    client vlan vlangrp1


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1vlan group groupname vlan-list 1-256
     

    所定のグループ名で VLAN グループを作成し、コマンドに一覧表示されているすべての VLAN を追加します。 グループ内の VLAN の推奨数は 128 です。

     
    ステップ 2wlan wlanname 1 wlanname
     

    WLAN の VLAN グループへのマッピングをイネーブルにします。

     
    ステップ 3client vlan vlangrp1
     

    WLAN に VLAN グループをマッピングします。

     

    WLAN への VLAN グループの追加

    手順の概要

      1.    conf t

      2.    wlan wlanname 1 wlanname

      3.    client vlan vlangrp1

      4.    end


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 conf t


      例:  

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2wlan wlanname 1 wlanname


      例: 

      WLAN の VLAN グループへのマッピングをイネーブルにします。

       
      ステップ 3client vlan vlangrp1
       

      WLAN に VLAN グループをマッピングします。

       
      ステップ 4end


      例: 

      EXEC モードに戻ります。

       

      トランク ポートの設定

      はじめる前に

      トランク ポートとしてコントローラ ポートを設定したら、VLAN を設定する必要があります。 まずトランク ポートを設定してから、トランク ポートに VLAN を関連付けることを推奨します。

      手順の概要

        1.    show wireless interface summary

        2.    show run int te1/0/1

        3.    interface TenGigabitEthernet1/0/1

        4.    switchport trunk allowed vlan 1-10

        5.    switchport mode trunk

        6.    nmsp attachment suppress

        7.    end


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1show wireless interface summary


        例:  

        コントローラのすべてのワイヤレス インターフェイスを表示します。

         

        ステップ 2show run int te1/0/1


        例: 

        コントローラで使用できる実行コンフィギュレーションを表示します。

         
        ステップ 3interface TenGigabitEthernet1/0/1


        例:interface TenGigabitEthernet1/0/1  

        10 ギガビット イーサネットを設定します。

         
        ステップ 4switchport trunk allowed vlan 1-10
         

        トランク ポートを設定します。

         
        ステップ 5switchport mode trunk
         

        トランクとしてスイッチ ポート モードを設定します。

         
        ステップ 6nmsp attachment suppress
         

         

        ステップ 7end
         

        EXEC モードに戻ります。

         

        VLAN インターフェイスの設定(GUI)

        はじめる前に

        Web UI を使用してコントローラに VLAN を設定できます。 これを行うには、Web UI のこのモジュールに定義された手順に従う必要があります。

        手順の概要

          1.    [Configuration] > [Controller] > [System] > [Interfaces] > [VLAN Summary] を選択します。

          2.    表の VLAN ID フィールドをクリックして、選択した VLAN の詳細を表示します。

          3.    値を入力します。

          4.    [Apply] をクリックします。

          5.    新しい VLAN を作成するには、[New] をクリックします。

          6.    VLAN を削除するには、VLAN サマリ ページのチェックボックスをオンにして、[Remove] をクリックします。


        手順の詳細
          ステップ 1   [Configuration] > [Controller] > [System] > [Interfaces] > [VLAN Summary] を選択します。

          このページは、コントローラのすべての VLAN と詳細を表示します。

          ステップ 2   表の VLAN ID フィールドをクリックして、選択した VLAN の詳細を表示します。

          [Edit VLAN details] ページが表示されます。

          ステップ 3   値を入力します。
          ステップ 4   [Apply] をクリックします。
          ステップ 5   新しい VLAN を作成するには、[New] をクリックします。
          ステップ 6   VLAN を削除するには、VLAN サマリ ページのチェックボックスをオンにして、[Remove] をクリックします。

          インターフェイス グループ設定の機能履歴と情報

          コマンド履歴

          リリース

          変更内容

          Cisco IOS XE 3.2SE

          このコマンドが導入されました。