インターフェイス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE リリース 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
動的インターフェイスの設定
動的インターフェイスの設定

動的インターフェイスの設定

このモジュールで説明する内容は、次のとおりです。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

動的インターフェイス設定の前提条件

controllerの動的インターフェイスを設定する際は、次の内容を確認する必要があります。

  • コントローラの動的インターフェイスと、そのコントローラに対して WLAN 内でローカルに存在するすべてのクライアントには、同一サブネット内の IP アドレスが割り当てられている必要があります。

  • 動的インターフェイスでは、タグ付きの VLAN を使用する必要があります。

動的インターフェイスの設定に関する制約事項

次の制限は、コントローラに動的インターフェイスを設定するときに適用されます。

  • コントローラ CPU から到達可能なサーバ(RADIUS サーバなど)と同じサブネットワーク内に動的インターフェイスを設定しないでください。設定すると、非対称ルーティングの問題が発生する可能性があります。

  • 動的 AP 管理がダイナミック VLAN で有効になると、有線クライアントは AP マネージャ インターフェイスの IP アドレスを使用して、Cisco WLC 2500 シリーズの管理インターフェイスにアクセスすることはできません。
  • コントローラは、動的インターフェイスとして設定されているサブネットからの送信元アドレスを持つ SNMP 要求には応答しません。

  • 動的インターフェイスとして設定されたサブネットから送信される SNMP 要求の場合、コントローラは応答しますが、その応答は会話を開始したデバイスに到達しません。

  • DHCP プロキシまたは RADIUS 送信元インターフェイスを使用している場合は、動的インターフェイスに有効なルーティング可能アドレスがあることを確認します。 コントローラ インターフェイス間で重複するアドレスはサポートされていません。

動的 AP 管理について

動的インターフェイスはデフォルトでは WLAN インターフェイスとして作成されます。 ただし、動的インターフェイスは、AP マネージャ インターフェイスとして設定できます。物理ポートごとに許可される AP マネージャ インターフェイスは 1 つです。 動的 AP 管理オプションを有効にした動的インターフェイスは、コントローラからアクセス ポイントへのパケットのトンネル発信元、およびアクセス ポイントからコントローラへの CAPWAP パケットの宛先として使用されます。 AP 管理の動的インターフェイスには固有の IP アドレスが必要で、通常は管理インターフェイスとして同じサブネットに設定されます。


(注)  


リンク集約(LAG)が有効化されているときは、AP マネージャ インターフェイスは 1 つだけ設定することができます。


コントローラ ポートごとに別々の動的 AP マネージャ インターフェイスを設定することをお勧めします。

動的インターフェイスの設定

はじめる前に

WLAN に使用するレイヤ 2 インターフェイスを作成する必要があります。

次の手順を使用して、動的インターフェイスを設定できます。

手順の概要

    1.    show VLAN

    2.    show int VLAN

    3.    configure terminal

    4.    wlan wlan-name wlan-ID wlan-SSID

    5.    client vlan vlan-name

    6.    show vlan

    7.    end

    8.    Show WLAN summary


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1show VLAN
     

    すべての VLAN を表示します。

     
    ステップ 2show int VLAN
     

    すべての VLAN インターフェイスを表示します。

     
    ステップ 3configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4 wlan wlan-name wlan-ID wlan-SSID
     

    WLAN を設定します。

     
    ステップ 5client vlan vlan-name
     

    クライアントの VLAN を設定します。

     
    ステップ 6show vlan
     

    WLAN のすべての VLAN を表示します。

     
    ステップ 7end
     

    コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 8Show WLAN summary
     

    設定されているすべての VLAN の概要を表示します。

     

    動的インターフェイス設定の機能履歴と情報

    コマンド履歴

    リリース

    変更内容

    Cisco IOS XE 3.2SE

    このコマンドが導入されました。