Lightweight Access Point Configuration Guide(Lightweight アクセス ポイント コンフィギュレーション ガイド)、Cisco IOS XE Release 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
Power over Ethernet の設定
Power over Ethernet の設定

Power over Ethernet の設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Power over Ethernet の設定について

Lightweight モードに変換されたアクセス ポイント(AP1262 など)アクセス ポイントが Cisco pre-Intelligent Power Management(pre-IPM)スイッチに接続されたパワー インジェクタで電源を供給されている場合、インライン パワーとも呼ばれる Power over Ethernet(PoE)を設定する必要があります。

Power over Ethernet の設定方法

Power over Ethernet の設定(CLI)

手順の概要

    1.    ap name Cisco_AP power injector installed

    2.    ap name Cisco_AP power injector override

    3.    ap name Cisco_AP power injector switch-mac-address switch_mac_address

    4.    show ap name Cisco_AP config general


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 ap name Cisco_AP power injector installed


    例:
    # ap name AP02 power injector installed
     

    PoE パワー インジェクタ状態をイネーブルにします。 アクセス ポイントは、パワー インジェクタがこの特定のスイッチ ポートに接続されていることを記憶します。 アクセス ポイントを再配置する場合、新しいパワー インジェクタの存在を検証した後で、このコマンドを再度入力する必要があります。

    (注)     

    ネットワークに、12 W アクセス ポイントへ直接接続すると過負荷を発生する可能性のある、従来のシスコ 6 W スイッチが装備されている場合には、このコマンドを入力します。 このコマンドを入力する前に Cisco Discovery Protocol(CDP)がイネーブルになっていることを確認します。 有効になっていない場合、このコマンドは失敗します。

     
    ステップ 2 ap name Cisco_AP power injector override


    例:
    # ap name AP02 power injector override
     

    セーフティ チェックを解除し、アクセス ポイントが他のスイッチ ポートに接続できるようにします。 ネットワークに、12 W アクセス ポイントに直接接続すると過負荷を発生する可能性のある従来のシスコ 6 W スイッチが装備されていない場合は、このコマンドを使用できます。 アクセス ポイントは、パワー インジェクタが常に接続されていることを前提としています。 アクセス ポイントを再配置した場合も、パワー インジェクタの存在を前提とします。

     
    ステップ 3 ap name Cisco_AP power injector switch-mac-address switch_mac_address


    例:
    # ap name AP02 power injector
     switch-mac-address 10a.2d.5c.3d
     

    パワー インジェクタが設置されたスイッチ ポートの MAC アドレスを設定します。

    (注)     

    接続スイッチ ポートの MAC アドレスがわかっていて、[Installed] オプションを使用して自動的に検出しない場合は、このコマンドを入力します。

     
    ステップ 4show ap name Cisco_AP config general


    例:
    # show ap name AP02 config general
     

    特定のアクセス ポイントの PoE 設定を含む共通の情報を表示します。

    (注)     

    アクセス ポイントが最大電力で動作していない場合、[Power Type/Mode] テキスト ボックスには、「degraded mode」と表示されます。

     

    Power over Ethernet の設定例

    Power over Ethernet 情報の表示:例

    次に、特定のアクセス ポイントの PoE 設定を含む共通の情報を表示する例を示します。

    # show ap name AP01 config general
    
    Cisco AP Identifier............... 1
    Cisco AP Name..................... AP1
    ...
    PoE Pre-Standard Switch........... Enabled
    PoE Power Injector MAC Addr....... Disabled
    Power Type/Mode................... PoE/Low Power (degraded mode)
    ...