Lightweight Access Point Configuration Guide(Lightweight アクセス ポイント コンフィギュレーション ガイド)、Cisco IOS XE Release 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティの設定
アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティの設定

目次

アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティの設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティを設定するための前提条件

  • に接続されているすべてのアクセス ポイントに対してプライマリとセカンダリのバックアップ (プライマリ、セカンダリ、ターシャリのが指定されていないか応答がない場合に使用される)や、ハートビート タイマーおよびディスカバリ要求タイマーなどの各種タイマーを設定できます。 の障害検出時間を短縮するには、高速ハートビート間隔(とアクセス ポイントの間)をタイムアウト値を小さくして設定します。 高速ハートビート タイマーの期限(ハートビート間隔ごとの)を過ぎると、アクセス ポイントは最後のインターバルでからデータ パケットを受信したかどうかを判断します。 パケットが何も受信されていない場合、アクセス ポイントは高速エコー要求をへ送信します。

  • アクセス ポイントはバックアップ のリストを維持し、リスト上の各エントリに対して定期的に Primary discovery request を送信します。 アクセス ポイントがから新しい discovery response を受信すると、バックアップ のリストが更新されます。 Primary discovery request に 2 回連続で応答できなかったは、リストから削除されます。 アクセス ポイントのローカル に障害が発生した場合、プライマリ、セカンダリ、ターシャリ、プライマリ バックアップ、セカンダリ バックアップの順に、バックアップ のリストから使用可能なが選択されます。 アクセス ポイントはバックアップ リストで使用可能な最初のからの discovery response を待機し、プライマリ ディスカバリ要求タイマーで設定された時間内に応答を受信した場合は、このに join します。 制限時間に達すると、アクセス ポイントはを join できないものと見なし、リストで次に使用可能なからの discovery response を待ちます。

  • アクセス ポイントのプライマリ が再度オンラインになると、アクセス ポイントはバックアップ からアソシエート解除してプライマリ に再接続します。 アクセス ポイントはプライマリ にのみフォールバックします。設定されている使用可能なセカンダリ にはフォールバックしません。 たとえば、アクセス ポイントがプライマリ、セカンダリ、およびターシャリ で設定されている場合、プライマリおよびセカンダリ が応答しなくなるとターシャリ にフェールオーバーします。 プライマリ がダウンしている間、セカンダリ がオンラインに戻ると、アクセス ポイントはセカンダリ にフォール バックせず、ターシャリ への接続が維持されます。 アクセス ポイントは、プライマリ がオンラインに戻り、ターシャリ からプライマリ にフォール バックするまで待機します。 ターシャリ に障害が発生し、プライマリ がまだダウンしている場合、アクセス ポイントは使用可能なセカンダリ にフォール バックします。

  • バックアップ がプライオリティ レベルの高いアクセス ポイントからの join 要求を認識できるよう、また、プライオリティ レベルの低いアクセス ポイントを必要に応じてアソシエーション解除してポートを使用可能にできるよう無線ネットワークを設定できます。

  • この機能を設定する前に、ネットワークのフェールオーバー プライオリティをイネーブルにして個別のアクセス ポイントにプライオリティを割り当てる必要があります。

アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティを設定する際の制限

  • 高速ハートビート タイマーは、ローカル モードのアクセス ポイントにのみ設定できます。

  • フェールオーバーのプライオリティ レベルは、通常の無線ネットワークの運用中は無効です。 障害後に使用できるバックアップ ポートよりも多くのアソシエーション要求が発生する場合のみ有効となります。

  • デフォルトでは、すべてのアクセス ポイントはプライオリティ レベル 1 に設定されています。これは、最も低いプライオリティ レベルです。 このため、これよりも高いプライオリティ レベルを必要とするアクセス ポイントにのみ、プライオリティ レベルを割り当てる必要があります。

バックアップ の設定について

中央のロケーションにある単一のは、アクセス ポイントでローカルのプライマリ との接続を失った場合にバックアップとして機能できます。 中央および地方のは、同じモビリティ グループに存在する必要はありません。 ネットワーク上の特定のアクセス ポイントに対してプライマリ、セカンダリ、およびターシャリ を指定できます。 CLI を使用して、バックアップ の IP アドレスを指定できます。これにより、アクセス ポイントはモビリティ グループ外のをフェールオーバーできます。

アクセス ポイントのフェールオーバー プライオリティの設定

各コントローラには、定義された数のアクセス ポイント用通信ポートが装備されています。 未使用のアクセス ポイント ポートがある複数のコントローラが同じネットワーク上に展開されている場合、1 つのコントローラが故障すると、ドロップしたアクセス ポイントは、自動的に未使用のコントローラ ポートをポーリングして、そのポートにアソシエートします。

アクセス ポイントでの RFID トラッキングの最適化

RFID タグの監視とロケーション計算を最適化するには、802.11b/g アクセス ポイント無線用の 2.4GHz 帯域内で最高 4 つのチャネルでトラッキングの最適化を有効化できます。 この機能を使用して、通常、タグが動作するようにプログラムされているチャネル(チャネル 1、6、11 など)のみをスキャンすることができます。

とアクセス ポイント上の Unique Device Identifier の取得

Unique Device Identifier(UDI)規格は、すべてのシスコ製ハードウェア製品ファミリにわたって、一意に製品を識別するので、ビジネスおよびネットワーク運用を通じてシスコ製品を識別および追跡し、資産管理システムを自動化できます。 この規格は、すべての電子的、物理的、および標準のビジネス コミュニケーションにわたって一貫性があります。 UDI は、次の 5 つのデータ要素で構成されています。

  • 注文可能な製品 ID(PID)

  • 製品 ID のバージョン(VID)

  • シリアル番号(SN)

  • エンティティ名

  • 製品の説明

UDI は、工場出荷時にコントローラと Lightweight アクセス ポイントの EEPROM に記録されます。 UDI は、GUI または CLI のいずれかを使用して取得できます。

アクセス ポイントのバックアップ の設定方法

アクセス ポイントのバックアップ の設定(CLI)

手順の概要

    1.    enable

    2.    ap name Cisco_AP controller primary primary_controller_name [primary_controller_ip_address]

    3.    ap name Cisco_AP controller secondary secondary_controller_name [secondary_controller_ip_address]

    4.    ap name Cisco_AP controller tertiary tertiary_controller_name [tertiary_controller_ip_adress]

    5.    configure terminal

    6.    ap capwap backup primary primary_backup_controller_name primary_backup_controller_ip_address

    7.    ap capwap backup secondary secondary_backup_controller_name secondary_backup_controller_ip_address

    8.    ap capwap timers fast-heartbeat-timeout {local timeout_interval}

    9.    ap capwap timers heartbeat-timeout [interval]

    10.    ap capwap timers primary-discovery-timeout [interval]

    11.    ap capwap timers discovery-timeout [interval]

    12.    end

    13.    show ap name Cisco_AP config general

    14.    show wireless client timers


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    # enable
    
     

    特権 EXEC モードを開始します。

     
    ステップ 2 ap name Cisco_AP controller primary primary_controller_name [primary_controller_ip_address]


    例:
    # ap name AP02 controller primary 
    pricon 10.0.0.1
     

    特定のアクセス ポイントのプライマリ を設定します。

    (注)     

    ステップ 2 とステップ 4 の controller_ip_address 引数は任意です。 バックアップ が、アクセス ポイントが接続されている(プライマリ )モビリティ グループの外にある場合、プライマリ、セカンダリ、またはターシャリ にそれぞれ IP アドレスを入力する必要があります。 各コマンドで、controller_name および controller_ip_address は同じプライマリ、セカンダリ、またはターシャリ に属す必要があります。 そうでない場合、アクセス ポイントはバックアップ に join できません。

     
    ステップ 3 ap name Cisco_AP controller secondary secondary_controller_name [secondary_controller_ip_address]


    例:
    # ap name AP02 controller secondary
     seccon 10.0.0.2
     

    特定のアクセス ポイントのセカンダリ を設定します。

     
    ステップ 4 ap name Cisco_AP controller tertiary tertiary_controller_name [tertiary_controller_ip_adress]


    例:
    # ap name AP02 controller tertiary
     tercon 10.0.0.3
     

    特定のアクセス ポイントのターシャリ を設定します。

     
    ステップ 5 configure terminal


    例:
    # configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 6ap capwap backup primary primary_backup_controller_name primary_backup_controller_ip_address


    例:
    (config)# ap capwap backup primary
     advbackuppricon 10.0.0.3
     

    すべてのアクセス ポイントのプライマリ バックアップ を設定します。

    (注)     

    プライマリ バックアップ を削除するには、no ap capwap backup primary primary_backup_controller_name primary_backup_controller_ip_address コマンドを入力します。

     
    ステップ 7ap capwap backup secondary secondary_backup_controller_name secondary_backup_controller_ip_address


    例:
    (config)# ap capwap backup secondary
     advbackupseccon 10.0.0.4
     

    すべてのアクセス ポイントのセカンダリ バックアップ を設定します。

    (注)     

    セカンダリ バックアップ を削除するには、no ap capwap backup secondary secondary_backup_controller_name secondary_backup_controller_ip_address コマンドを入力します。

     
    ステップ 8ap capwap timers fast-heartbeat-timeout {local timeout_interval}


    例:
    (config)# ap capwap timers
     fast-heartbeat-timeout local 5
     

    ローカル アクセス ポイントの高速ハートビート タイマーをイネーブルにします。

    (注)     

    timeout_Interval の範囲は 1 ~ 10 秒(両端の値を含む)です。 指定するハートビート間隔の値を小さくすると、の障害検出にかかる時間が短縮されます。 デフォルト値はディセーブルです。

    (注)     

    ローカル アクセス ポイントの高速ハートビート タイマーをディセーブルにするには、no ap capwap timers fast-heartbeat-timeout {local timeout_interval} コマンドを入力します。

     
    ステップ 9ap capwap timers heartbeat-timeout [interval]


    例:
    (config)# ap capwap timers
     heartbeat-timeout 15
     

    アクセス ポイントのハートビート タイマーを設定します。

    (注)     

    タイムアウト interval は 1 ~ 30 秒(両端の値を含む)です。 この値は、高速ハートビート タイマーの 3 倍以上の値である必要があります。 デフォルト値は 30 秒です。

    (注)     

    アクセス ポイントのハートビート タイマーをディセーブルにするには、no ap capwap timers heartbeat-timeout [interval] コマンドを入力します。

    注意       

    高遅延リンクと一緒に高速ハートビート タイマーを有効にしないでください。 高速ハートビート タイマーを有効にする必要がある場合、タイマー値を遅延よりも大きくする必要があります。

     
    ステップ 10ap capwap timers primary-discovery-timeout [interval]


    例:
    (config)# ap capwap timers
     primary-discovery-timeout 90
     

    アクセス ポイントのプライマリ ディスカバリ要求タイマーを設定します。

    (注)     

    タイムアウト interval は 30 ~ 3600 秒です。 デフォルトは 120 秒です。

    (注)     

    アクセス ポイントのプライマリ ディスカバリ要求タイマーをディセーブルにするには、no ap capwap timers primary-discovery-timeout [interval] コマンドを入力します。

     
    ステップ 11ap capwap timers discovery-timeout [interval]


    例:
    (config)# ap capwap timers
     discovery-timeout 9
     

    アクセス ポイントのディスカバリ タイマーを設定します。

    (注)     

    タイムアウト interval は 1 ~ 10 秒(両端の値を含む)です。 デフォルトは 10 秒です。

    (注)     

    アクセス ポイントのディスカバリ タイマーをディセーブルにするには、no ap capwap timers discovery-timeout [interval] コマンドを入力します。

     
    ステップ 12end


    例:
    (config)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

     
    ステップ 13show ap name Cisco_AP config general


    例:
    # show ap name AP02 config general
     

    アクセス ポイント コンフィギュレーション情報を表示します。

     
    ステップ 14show wireless client timers


    例:
    # show wireless client timers
     

    ワイヤレス クライアント タイマーの情報を表示します。

     

    アクセス ポイントのフェールオーバー プライオリティの設定方法

    アクセス ポイントのフェールオーバー プライオリティの設定(CLI)

    手順の概要

      1.    enable

      2.    configure terminal

      3.    ap capwap priority

      4.    end

      5.    ap name Cisco_AP {priority priority_value}


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      # enable
      
       

      特権 EXEC モードを開始します。

       
      ステップ 2 configure terminal


      例:
      # configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3ap capwap priority


      例:
      (config)# ap capwap priority
      
       

      アクセス ポイントのフェールオーバー プライオリティをイネーブルにします。

      (注)     

      アクセス ポイントのフェールオーバー プライオリティをディセーブルにするには、no ap capwap priority コマンドを入力します。

       
      ステップ 4end


      例:
      (config)# end
       

      特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

       
      ステップ 5ap name Cisco_AP {priority priority_value}


      例:
      # ap name AP02 priority 140
       

      アクセス ポイントのプライオリティを指定します。

      (注)     

      プライオリティ値のパラメータを 1 ~ 4 の値で入力できます。

       

      での Unique Device Identifier の取得(CLI)

      手順の概要

        1.    enable

        2.    show inventory

        3.    show inventory oid

        4.    show inventory raw


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 enable


        例:
        # enable
        
         

        特権 EXEC モードを開始します。

         
        ステップ 2show inventory
         

        の Unique Device Identifier(UDI)の文字列が表示されます。

         
        ステップ 3show inventory oid
         
        ベンダー固有のハードウェア登録 ID が表示されます。  
        ステップ 4show inventory raw
         
        コンテナ階層内のすべてのエンティティが表示されます。  

        フェールオーバー プライオリティ設定の監視(CLI)


        (注)  


        GUI を使用してこのタスクを実行する手順は現在利用できません。


        手順の概要

          1.    enable

          2.    show ap capwap summary


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 enable


          例:
          # enable
          
           

          特権 EXEC モードを開始します。

           
          ステップ 2show ap capwap summary


          例:
          # show ap capwap summary
           

          アクセス ポイント capwap のサマリーを表示します。 このコマンドを使用して、アクセス ポイント フェールオーバー プライオリティがネットワークで有効かどうかを確認できます。

           

          アクセス ポイントのバックアップ 、フェールオーバー プライオリティの設定の設定例

          アクセス ポイント コンフィギュレーション情報の表示:例

          次に、アクセス ポイント コンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

          # show ap name AP01 config general
          
          Cisco AP Identifier : 0
          Cisco AP Name : AP01
          Country Code : US - United States
          Regulatory Domain Allowed by Country : 802.11bg:-A
          802.11a:-A
          AP Country Code : US - United States
          AP Regulatory Domain : Unconfigured
          Switch Port Number : Te1/0/1
          MAC Address : 0000.2000.03f0
          IP Address Configuration : Static IP assigned
          IP Address : 9.9.9.16
          ...... ........
          ...... ........
          Primary Cisco Switch Name : 1-4404
          Primary Cisco Switch IP Address : 2.2.2.2
          Secondary Cisco Switch Name : 1-4404
          Secondary Cisco Switch IP Address : 2.2.2.2
          Tertiary Cisco Switch Name : 2-4404
          Tertiary Cisco Switch IP Address : 1.1.1.4

          ワイヤレス クライアント タイマー情報の表示

          次に、ワイヤレス クライアント タイマー情報を表示する例を示します。

          # show wireless client timers
          
          Authentication Response Timeout (seconds) : 10
          Rogue Entry Timeout (seconds) : 1300
          AP Heart Beat Timeout (seconds) : 30
          AP Discovery Timeout (seconds) : 10
          AP Local mode Fast Heartbeat (seconds) : 10 (enable)
          AP flexconnect mode Fast Heartbeat (seconds) : disable
          AP Primary Discovery Timeout (seconds) : 120

          アクセス ポイント CAPWAP サマリーの表示:例

          この例は、アクセス ポイントの CAPWAP サマリーを表示する方法を示しています。 このコマンドを使用して、アクセス ポイント フェールオーバー プライオリティがネットワークでイネーブルかどうかを確認できます。

          # show ap capwap summary
          
          AP Fallback : Enabled
          AP Join Priority : Disabled
          AP Master : Disabled
          Primary backup Controller Name :
          Primary backup Controller IP : 0.0.0.0
          Secondary backup Controller Name :
          Secondary backup Controller IP : 0.0.0.0