Lightweight Access Point Configuration Guide(Lightweight アクセス ポイント コンフィギュレーション ガイド)、Cisco IOS XE Release 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
再送信間隔および再試行回数の設定
再送信間隔および再試行回数の設定

再送信間隔および再試行回数の設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

アクセス ポイントの再送信間隔と再試行回数の設定の前提条件

  • 再送信間隔と再試行回数の両方とも、グローバルと特定のアクセス ポイント レベルで設定できます。 グローバル設定では、これらの設定パラメータがすべてのアクセス ポイントに適用されます。 また、特定のアクセス ポイント レベルで再送信間隔と再試行回数を設定すると、値はその特定のアクセス ポイントに適用されます。 アクセス ポイント固有の設定は、グローバル設定よりも優先されます。

再送信間隔および再試行回数に関する情報

とアクセス ポイントは、Control And Provisioning of Wireless Access Points(CAPWAP)の信頼性の高いトランスポート プロトコルを使用してパケットを交換します。 各要求に対して、応答が定義されています。 この応答を使用して、要求メッセージの受信を確認します。 応答メッセージは明示的に確認されません。したがって、応答メッセージが受信されない場合は、再送信間隔後に元の要求メッセージが再送信されます。 最大再送信回数が過ぎても要求が確認されないと、セッションが終了し、アクセス ポイントは別のに再びアソシエートされます。

アクセス ポイントの再送信間隔と再試行回数の設定方法

アクセス ポイントの再送信間隔と再試行回数の設定(CLI)

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ap capwap retransmit interval interval_time

    4.    ap capwap retransmit count count_value

    5.    end

    6.    ap name Cisco_AP capwap retransmit interval interval_time

    7.    ap name Cisco_AP capwap retransmit count count_value

    8.    show ap capwap retransmit


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    # enable
     

    特権 EXEC モードを開始します。

     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    # configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 ap capwap retransmit interval interval_time


    例:
    (config)# ap capwap retransmit interval 2
    
     

    すべてのアクセス ポイントに対してコントロール パケットの再送信間隔をグローバルに設定します。

    (注)     

    間隔パラメータの範囲は 2 ~ 5 です。

     
    ステップ 4ap capwap retransmit count count_value


    例:
    (config)# ap capwap retransmit count 3
    
     

    すべてのアクセス ポイントに対してコントロール パケットの再試行回数をグローバルに設定します。

    (注)     

    回数の範囲は 3 ~ 8 です。

     
    ステップ 5end


    例:
    (config)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

     
    ステップ 6ap name Cisco_AP capwap retransmit interval interval_time


    例:
    # ap name AP02 capwap retransmit
     interval 2
    
     

    ユーザが指定した個々のアクセス ポイントに対してコントロール パケットの再送信間隔を設定します。

    (注)     

    間隔の範囲は 2 ~ 5 です。

    (注)     

    ap name コマンドを使用するには、特権 EXEC モードにする必要があります。

     

    ステップ 7ap name Cisco_AP capwap retransmit count count_value


    例:
    # ap name AP02 capwap retransmit
     count 3
    
     

    ユーザが指定した個々のアクセス ポイントに対してコントロール パケットの再試行回数を設定します。

    (注)     

    再試行回数の範囲は 3 ~ 8 です。

     
    ステップ 8show ap capwap retransmit


    例:
    # show ap capwap retransmit
     

    CAPWAP の再送信の詳細を表示します。

     

    CAPWAP の最大伝送単位情報の表示(CLI)

    手順の概要

      1.    enable

      2.    show ap name Cisco_AP config general


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      # enable
      
       

      特権 EXEC モードを開始します。

       
      ステップ 2 show ap name Cisco_AP config general


      例:
      # show ap name Maria-1250 config general | include MTU
       

      の CAPWAP パスの最大伝送単位(MTU)を表示します。 MTU は、送信されるパケットの最大サイズ(バイト)を指定します。

       

      アクセス ポイントの再送信間隔と再試行回数の設定の設定例

      CAPWAP 再送信の詳細の表示:例

      次のコマンドを入力します。

      # show ap capwap retransmit
      Global control packet retransmit interval : 3
      Global control packet retransmit count : 5
      
      AP Name                           Retransmit Interval             Retransmit Count                
      --------------------------------- ------------------------------- --------------------------------
      3602a                             5                               3                              

      最大伝送単位情報の表示:例

      次に、の CAPWAP パスの最大伝送単位(MTU)を表示する例を示します。 MTU は、送信されるパケットの最大サイズ(バイト)を指定します。

      # show ap name cisco-ap-name config general | include MTU
      CAPWAP Path MTU.................................. 1500