システム管理構成ガイド、Cisco IOS XE Release 3E(Cisco WLC 5700 シリーズ)
802.11 パラメータおよび帯域選択の設定
802.11 パラメータおよび帯域選択の設定

目次

802.11 パラメータおよび帯域選択の設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

帯域選択の制約事項、802.11 帯域とパラメータ

  • 帯域選択が有効になっている WLAN では、ローミングの遅延が発生するので、音声やビデオのような、遅延に敏感なアプリケーションはサポートされません。

  • 帯域選択は、Cisco Aironet 1040、1140、1250、1260、2600、3500、3600、 シリーズ アクセス ポイントでのみ使用できます。

  • 帯域選択が動作するのは、コントローラに接続されたアクセス ポイントに対してのみです。 コントローラに接続しない FlexConnect アクセス ポイントは、リブート後に帯域選択を実行しません。

  • 帯域選択アルゴリズムによるデュアル バンド クライアントの誘導は、同じアクセス ポイントの 2.4 GHz 無線から 5 GHz 無線へに限られます。このアルゴリズムが機能するのは、アクセス ポイントで 2.4 GHz と 5 GHz の両方の無線が稼働している場合のみです。

  • コントローラ上で帯域選択とアグレッシブ ロード バランシングの両方を有効にすることができます。 これらは独立して動作し、相互に影響を与えることはありません。

  • コントローラ GUI またはコントローラ CLI を使用して、帯域選択とクライアント ロード バランシングをグローバルで有効または無効にすることはできません。 ただし、特定の WLAN の帯域選択とクライアント ロード バランシングを有効または無効にできます。 帯域選択とクライアント ロード バランシングは、デフォルトではグローバルで有効になっています。

帯域選択、802.11 帯およびパラメータに関する情報

帯域選択

帯域選択によって、デュアルバンド(2.4 GHz および 5 GHz)動作が可能なクライアントの無線を、混雑の少ない 5 GHz アクセス ポイントに移動できます。 2.4 GHz 帯域は、混雑していることがあります。 この帯域のクライアントは一般に、Bluetooth デバイス、電子レンジ、およびコードレス電話機からの干渉を受けるだけでなく、他のアクセス ポイントからの同一チャネル干渉も発生します。802.11b/g では、重複しないチャネルが 3 つしかないからです。 これらの干渉の原因を防止して、ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させるには、controllerで帯域選択を設定できます。

帯域選択は、デフォルトではグローバルで有効になっています。

帯域選択のしくみは、クライアントへのプローブ応答を規制するというものです。 5 GHz チャネルへクライアントを誘導するために、2.4 GHz チャネルでのクライアントへのプローブ応答を遅らせます。

802.11 帯域

自国の法的な規制基準を遵守するために、コントローラの 802.11b/g/n(2.4GHz)帯域と 802.11a/n(5GHz)帯域を設定できます。 デフォルトでは、802.11b/g/n と 802.11a/n の両方がイネーブルになっています。

コントローラが 802.11g トラフィックだけを許可するように設定されている場合、802.11b クライアント デバイスはアクセス ポイントに正常に接続できますが、トラフィックを送信できません。 802.11g トラフィック専用にコントローラを設定する場合、必須として 11g レートをマークする必要があります。

802.11n パラメータ

この項では、ネットワーク上の 802.11n デバイス(Cisco Aironet 1140 および 3600 シリーズ アクセス ポイントなど)を管理する手順を説明します。 802.11n デバイスでは、2.4GHz 帯域と 5GHz 帯域をサポートしており、高スループット データ レートを提供します。

802.11n の高スループット データ レートは、すべての 802.11n アクセス ポイントで使用できます。この場合、WLAN で WMM が使用されていることと、レイヤ 2 暗号化なしであるか WPA2/AES 暗号化が有効化されていることが必要です。


(注)  


Cisco 802.11n AP は、偽の wIPS アラームをトリガーする可能性がある誤ったビーコン フレームを断続的に送信する場合があります。 これらのアラームを無視することをお勧めします。 この問題は Cisco 802.11n AP の 1140、1250、2600、3500、および 3600 で確認されています。

802.11h パラメータ

802.11h では、チャネルの変更がクライアント デバイスに通知されます。また、クライアント デバイスの送信電力を制限できるようになっています。

802.11 帯とそのパラメータを設定する方法

帯域選択の設定(CLI)

手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    wireless client band-select cycle-count cycle_count

    3.    wireless client band-select cycle-threshold milliseconds

    4.    wireless client band-select expire suppression seconds

    5.    wireless client band-select expire dual-band seconds

    6.    wireless client band-select client-rssi client_rssi

    7.    end

    8.    wlan wlan_profile_name wlan_ID SSID_network_name band-select

    9.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    Controller# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 wireless client band-select cycle-count cycle_count


    例:
    Controller(config)# wireless client band-select cycle-count 3
     

    帯域選択のプローブ サイクル カウントを設定します。

    cycle_count パラメータには、1 ~ 10 の範囲内の値を入力できます。

     

    ステップ 3wireless client band-select cycle-threshold milliseconds


    例:
    Controller(config)# wireless client band-select cycle-threshold 5000
     

    新規スキャン周期の時間のしきい値を設定します。

    milliseconds パラメータには、しきい値として 1 ~ 1000 の範囲内の値を入力できます。

     

    ステップ 4wireless client band-select expire suppression seconds


    例:
    Controller(config)# wireless client band-select expire suppression 100
     

    抑制の期限切れを帯域幅選択に設定します。

    seconds パラメータには、抑制期間として 10 ~ 200 の範囲内の値を入力できます。

     

    ステップ 5wireless client band-select expire dual-band seconds


    例:
    Controller(config)# wireless client band-select expire dual-band 100
     

    デュアル バンドの期限を設定します。

    seconds パラメータには、デュアル バンド用に 10 ~ 300 の範囲内の値を入力できます。

     

    ステップ 6wireless client band-select client-rssi client_rssi


    例:
    Controller(config)# wireless client band-select client-rssi 40
     

    クライアント RSSI しきい値を設定します。

    client_rssi パラメータには、プローブに応答するクライアント RSSI の最小 dBm として 20 ~ 90 の範囲内の値を入力できます。

     

    ステップ 7end


    例:
    Controller(config)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

     
    ステップ 8wlan wlan_profile_name wlan_ID SSID_network_name band-select


    例:
    Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
    Controller(config-wlan)# band-select
     

    特定の WLAN で帯域選択を設定します。

    wlan_ID パラメータには、1 ~ 512 の範囲内の値を入力できます。

    SSID_network_name パラメータには、最大 32 文字の英数字を入力できます。

     

    ステップ 9end


    例:
    Controller(config)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

     

    802.11 帯域の設定(CLI)

    802.11 帯およびパラメータを設定できます。

    手順の概要

      1.    configure terminal

      2.    ap dot11 5ghz shutdown

      3.    ap dot11 24ghz shutdown

      4.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} beaconperiod time_unit

      5.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} fragmentation threshold

      6.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} dtpc

      7.    wireless client association limit number interval milliseconds

      8.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} rate rate {disable | mandatory | supported}

      9.    no ap dot11 5ghz shutdown

      10.    no ap dot11 24ghz shutdown

      11.    ap dot11 24ghz dot11g

      12.    end


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 configure terminal


      例:
      Controller# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2ap dot11 5ghz shutdown


      例:
      Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
       

      802.11a 帯域をディセーブルにします。

      (注)     

      802.11a ネットワーク パラメータを設定する前に、802.11a 帯域をディセーブルにする必要があります。

       

      ステップ 3ap dot11 24ghz shutdown


      例:
      Controller(config)# ap dot11 24ghz shutdown
       

      802.11b 帯域をディセーブルにします。

      (注)     

      802.11b ネットワーク パラメータを設定する前に、802.11b 帯域をディセーブルにする必要があります。

       

      ステップ 4ap dot11 {5ghz | 24ghz} beaconperiod time_unit


      例:
      Controller(config)# ap dot11 5ghz beaconperiod 500
       

      アクセス ポイントによる SSID のブロードキャスト レートを指定します。

      ビーコン間隔は時間単位(TU)で測定されます。 1 TU は 1024 マイクロ秒です。 20 ~ 1000 ミリ秒ごとにビーコンを送信するように、アクセス ポイントを設定できます。

       

      ステップ 5ap dot11 {5ghz | 24ghz} fragmentation threshold


      例:
      Controller(config)# ap dot11 5ghz fragmentation 300
       

      パケットを断片化するサイズを指定します。

      しきい値は、256 ~ 2346 バイト(両端の値を含む)です。 接続不良や多くの無線干渉が発生している領域では、この値を小さくします。

       

      ステップ 6ap dot11 {5ghz | 24ghz} dtpc


      例:
      Controller(config)# ap dot11 5ghz dtpc 
      Controller(config)# no ap dot11 24ghz dtpc
       

      アクセスポイントによる、チャネルのアドバタイズ、ビーコンの電力レベル送信、応答プローブをイネーブルにします。

      デフォルト値はイネーブルです。 Dynamic Transmit Power Control(DTPC; 送信電力の動的制御)を使用するクライアント デバイスは、アクセス ポイントからチャネルおよび電力レベル情報を受信して、自身の設定を自動的に調整します。 たとえば、主に日本で使用されているクライアント デバイスをイタリアに移送し、そこのネットワークに join した場合、チャネルと電力設定の自動調整を DTPC に任せることができます。
      (注)     

      Cisco IOS ソフトウェアを実行しているアクセス ポイントでは、この機能はワールド モードと呼ばれます。

      このコマンドの no 形式は、802.11a または 802.11b DTPC 設定をディセーブルにします。

       

      ステップ 7wireless client association limit number interval milliseconds


      例:
      Controller(config)# wireless client association limit 50 interval 1000
       

      設定できるクライアントの最大数を指定します。

      単一アクセス ポイント スロットの、所定の間隔内におけるアソシエーション要求の最大数を設定できます。 設定できるアソシエーション制限の範囲は 1 ~ 100 です。

      アソシエーション要求制限間隔は 100 ~ 10000 ミリ秒です。

       

      ステップ 8ap dot11 {5ghz | 24ghz} rate rate {disable | mandatory | supported}


      例:
      Controller(config)# ap dot11 5ghz rate 36 mandatory
       
      データをコントローラとクライアント間で送信できる速度を指定します。
      • [disabled]:クライアントが通信に使用するデータ レートを指定するように定義します。

      • [mandatory]:クライアントがコントローラのアクセス ポイントにアソシエートするにはこのデータ レートをサポートする必要があると定義します。

      • [supported]:アソシエートしたクライアントは、このデータ レートをサポートしていれば、このレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。

      • [rate]:データが送信されるレートを指定します。 802.11a、802.11b 帯域では、データは 1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、または54 Mbps のレートで送信されます。

       

      ステップ 9no ap dot11 5ghz shutdown


      例:
      Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
       

      802.11a 帯域をイネーブルにします。

      (注)     

      デフォルト値はイネーブルです。

       

      ステップ 10no ap dot11 24ghz shutdown


      例:
      Controller(config)# no ap dot11 24ghz shutdown
       

      802.11b 帯域をイネーブルにします。

      (注)     

      デフォルト値はイネーブルです。

       

      ステップ 11ap dot11 24ghz dot11g


      例:
      Controller(config)# ap dot11 24ghz dot11g
       

      802.11g ネットワークのサポートをイネーブルまたはディセーブルにします。

      デフォルト値はイネーブルです。 このコマンドは、802.11b 帯域が有効になっている場合のみ使用できます。 この機能を無効にすると、802.11b 帯域は 802.11g をサポートせずに有効になります。

       

      ステップ 12end


      例:
      Controller(config)# end
       

      特権 EXEC モードに戻ります。

       

      802.11 帯域の設定(GUI)


        ステップ 1   [Configuration] > [Wireless] > [802.11a/n/ac] > [Network] または [Configuration] > [Wireless] > [802.11b/g/n] > [Network] を選択し、[Global Parameters] ページを開きます。
        ステップ 2   [802.11a/n/ac (or 802.11b/g) Network Status] チェックボックスをオンにして、802.11a または 802.11b/g 帯域を有効にします。 帯域を無効にするには、チェックボックスをオフにします。 デフォルト値はイネーブルです。 802.11a 帯域と 802.11b/g 帯域の両方を有効にすることができます。
        ステップ 3   ステップ 2 で 802.11b/g 帯域を有効にした場合、802.11g ネットワーク サポートを有効にするときは、[802.11g Support] チェックボックスをオンにします。 デフォルト値はイネーブルです。 この機能を無効にすると、802.11b 帯域は 802.11g をサポートせずに有効になります。
        ステップ 4   20 ~ 1000 ミリ秒の範囲内の値を [Beacon Period] テキスト ボックスに入力して、アクセス ポイントが SSID のブロードキャストを行う周期を指定します。 デフォルト値は 100 ミリ秒です。
        (注)     

        コントローラ内でのビーコン周期はミリ秒の単位で示されます。 ビーコン周期の単位には、単位時間(TU)も使用できます。その場合は、1 TU が 1024 マイクロ秒、または 100 TU が 102.4 ミリ秒になります。 ビーコン間隔がコントローラ内で 100 ミリ秒として示されている場合、これは単に 102.4 ミリ秒を丸めた値です。 一部の無線におけるハードウェアの制限により、ビーコン間隔がたとえば 100 TU であっても、その間隔は 102 TU に調整されます。これは、約 104.448 ミリ秒になります。 ビーコン周期が TU で表現される場合、その値は、最も近い 17 の倍数に調整されます。

        ステップ 5   256 ~ 2346 バイトの範囲内の値を [Fragmentation Threshold] テキスト ボックスに入力して、パケットをフラグメントするサイズを指定します。 接続不良や多くの無線干渉が発生している領域では、この値を小さくします。
        ステップ 6   アクセス ポイントが自身のチャネルと送信電力レベルを、CCX クライアントのビーコンおよびプローブ応答でアドバタイズするようにします。 [DTPC Support] チェックボックスをオンにします。 有効にしない場合には、このチェックボックスをオフにします。 デフォルト値はイネーブルです。

        Dynamic Transmit Power Control(DTPC; 送信電力の動的制御)を使用するクライアント デバイスは、アクセス ポイントからチャネルおよび電力レベル情報を受信して、自身の設定を自動的に調整します。 たとえば、主に日本で使用されているクライアント デバイスをイタリアに移送し、そこのネットワークに join した場合、チャネルと電力設定の自動調整を DTPC に任せることができます。

        (注)     

        Cisco IOS ソフトウェアを実行しているアクセス ポイントでは、この機能はワールド モードと呼ばれます。

        (注)     

        DTPC と 801.11h 電力制約を同時に有効にすることはできません。

        ステップ 7   1 ~ 200 の範囲内の値を [Maximum Allowed Client] テキスト ボックスに入力して、最大許容クライアント数を指定します。 デフォルト値は 200 です。
        ステップ 8   アクセス ポイントとクライアントとの間のデータ送信レートを指定するには、[Data Rates] のオプションを使用します。 次のデータ レートが使用可能です。
        • 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、および 54Mbps

        • 802.11b/g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、または 54Mbps

        各データ レートに対して、次のオプションのいずれかを選択します。

        • [Mandatory]:クライアントは、このコントローラ上のアクセス ポイントにアソシエートするにはこのデータ レートをサポートしている必要があります。

        • [Supported]:アソシエートしたクライアントは、このデータ レートをサポートしていれば、このレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。

        • [Disabled]:通信に使用するデータ レートは、クライアントが指定します。

        ステップ 9   [Apply(適用)] をクリックします。
        ステップ 10   [Save Configuration] をクリックします。

        802.11n のパラメータの設定(CLI)

        手順の概要

          1.    configure terminal

          2.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n

          3.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n mcs tx rtu

          4.    wlanwlan_profile_name wlan_ID SSID_network_name wmm require

          5.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} shutdown

          6.    {ap | no ap} dot11 {5ghz | 24 ghz} dot11n a-mpdu tx priority {all | 0-7}

          7.    no ap dot11 {5ghz | 24ghz} shutdown

          8.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n guard-interval {any | long}

          9.    ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n rifs rx

          10.    end


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 configure terminal


          例:
          Controller# configure terminal
           

          グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 2ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n
           

          ネットワークで 802.11n サポートをイネーブルします。

          このコマンドの no 形式は、ネットワーク上の 802.11n サポートをディセーブルにします。

           

          ステップ 3ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n mcs tx rtu


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n mcs tx 20
           

          データをアクセス ポイントとクライアント間で送信できる変調および符号化方式(MCS)レートを指定します。 mcs tx パラメータには、0 ~ 23 の値が設定できます。

          このコマンドの no 形式は、設定された MCS レートをディセーブルに設定します。

           

          ステップ 4wlanwlan_profile_name wlan_ID SSID_network_name wmm require


          例:
          Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
          Controller(config-wlan)# wmm require
           

          WLAN で WMM をイネーブルにし、設定した 802.11n データ レートを使用します。

          require パラメータは、クライアント デバイスに WMM の使用を要求します。 WMM をサポートしていないデバイスは WLAN に join できません。

           

          ステップ 5ap dot11 {5ghz | 24ghz} shutdown


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
           

          ネットワークをディセーブルにします。

           

          ステップ 6{ap | no ap} dot11 {5ghz | 24 ghz} dot11n a-mpdu tx priority {all | 0-7}


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n a-mpdu tx priority all
           

          802.11n パケットに使用する集約方法を指定します。

          集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。 集約の方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU; 集約 MAC プロトコル データ ユニット)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU; 集約 MAC サービス データ ユニット)の 2 つがあります。 A-MPDU と A-MSDU は、両方ともソフトウェアで実行されます。

          集約方法は、アクセス ポイントからクライアントへのトラフィックのタイプごとに指定できます。

          次の表は、トラフィック タイプごとに割り当てられる優先レベル(0 ~ 7)の説明です。

          表 1 トラフィック タイプの優先レベル

          ユーザ プライオリティ

          トラフィック タイプ

          0

          ベスト エフォート

          1

          背景情報

          2

          予備

          3

          エクセレント エフォート

          4

          制御された負荷

          5

          ビデオ、遅延およびジッターは 100 ミリ秒未満

          6

          音声、遅延およびジッターは 100 ミリ秒未満

          7

          ネットワーク制御

          各優先レベルを個別に設定するか、all パラメータを使用して一度にすべての優先レベルを設定できます。 トラフィックが A-MPDU 送信または A-MSDU 伝送を使用するよう、プライオリティ レベルを設定できます。

          • 他のオプションとともに ap コマンドを使用すると、そのプライオリティ レベルに関連付けられたトラフィックは、A-MPDU 送信に関連付けらます。

          • 他のオプションとともに no ap コマンドを使用すると、そのプライオリティ レベルに関連付けられたトラフィックは、A-MSDU 送信に関連付けられます。

            クライアントが使用する集約方法に合わせて優先度を設定します。 デフォルトでは、A-MPDU は、優先レベル 0、4、および 5 に対して有効になっており、それ以外は無効になっています。 デフォルトでは、A-MPDU は、6 と 7 以外のすべての優先度に対して有効になっています。

           

          ステップ 7no ap dot11 {5ghz | 24ghz} shutdown


          例:
          Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
           

          ネットワークを再度イネーブルにします。

           

          ステップ 8ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n guard-interval {any | long}


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n guard-interval long
           

          ネットワークのガード間隔を設定します。

           

          ステップ 9ap dot11 {5ghz | 24ghz} dot11n rifs rx


          例:
          Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n rifs rx
           

          ネットワークの Reduced Interframe Space(RIFS)を設定します。

           

          ステップ 10end


          例:
          Controller(config)# end
           

          特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

           

          802.11n パラメータの設定(GUI)


            ステップ 1   [Configuration] > [Wireless] > [802.11a/n/ac or 802.11b/g/n] > [High Throughput (802.11n)] と選択して [802.11n/ac (5 GHz or 2.4 GHz) Throughput] ページを開きます。
            ステップ 2   [Enable 11n] チェックボックスをオンにして、ネットワーク上での 802.11n サポートを有効にします。 デフォルト値はイネーブルです。
            ステップ 3   必要なレートのチェックボックスをオンにして、アクセス ポイントとクライアントの間のデータ送信に使用可能な変調および符号化方式(MCS)レートを指定します。 使用できるデータ レートは次のとおりです。これらは、チャネル幅 20MHz、ショート ガード インターバルを使用した場合の計算値です。
            • 0(7 Mbps)

            • 1(14 Mbps)

            • 2(21 Mbps)

            • 3(29 Mbps)

            • 4(43 Mbps)

            • 5(58 Mbps)

            • 6(65 Mbps)

            • 7(72 Mbps)

            • 8(14 Mbps)

            • 9(29 Mbps)

            • 10(43 Mbps)

            • 11(58 Mbps)

            • 12(87 Mbps)

            • 13(116 Mbps)

            • 14(130 Mbps)

            • 15(144 Mbps)

            • 16(22 Mbps)

            • 17(43 Mbps)

            • 18(65 Mbps)

            • 19(87 Mbps)

            • 20(130 Mbps)

            • 21(173 Mbps)

            • 22(195 Mbps)

            • 23(217 Mbps)

            • 選択したレートをクライアントがサポートしていれば、アソシエートしたクライアントはそのレートを使用してアクセス ポイントと通信することができます。 ただし、クライアントがこのレートを使用できなくても、アソシエートは可能です。 MCS 設定では、使用する空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レートの値を定めます。

            ステップ 4   [Apply(適用)] をクリックします。
            ステップ 5   次の手順に従って、WLAN 上で WMM を有効にすることにより、設定した 802.11n データ レートを使用します。
            1. [WLANs] を選択して、[WLANs] ページを開きます。
            2. WMM モードを設定する WLAN の ID 番号をクリックします。
            3. [WLANs] > [Edit] ページが表示されたら、[QoS] タブを選択して [WLANs > Edit (Qos)] ページを開きます。
            4. クライアント デバイスに WMM の使用を要求するには [WMM Policy] ドロップダウン リストから [Required] を選択し、使用を許可するには [Allowed] を選択します。 WMM をサポートしていないデバイスは WLAN に join できません。

              [Allowed] を選択した場合は、WMM をサポートしていないデバイスが WLAN に join できますが、802.11n レートによるメリットはありません。

            5. [Apply(適用)] をクリックします。
            ステップ 6   [Save Configuration] をクリックします。
            (注)     

            アクセス ポイントが 802.11n をサポートしているかどうかを判断するには、[802.11a/n(または 802.11b/g/n)Cisco APs > Configure] ページまたは [802.11a/n(または 802.11b/g/n)AP Interfaces > Details] ページの [11n Supported] テキスト ボックスを確認します。


            802.11h のパラメータの設定(CLI)

            手順の概要

              1.    configure terminal

              2.    ap dot11 5ghz shutdown

              3.    {ap | no ap} dot11 5ghz channelswitch mode switch_mode

              4.    ap dot11 5ghz power-constraint value

              5.    no ap dot11 5ghz shutdown

              6.    end


            手順の詳細
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 configure terminal


              例:
              Controller# configure terminal
               

              グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 2ap dot11 5ghz shutdown


              例:
              Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
               

              802.11a ネットワークをディセーブルにします。

               

              ステップ 3{ap | no ap} dot11 5ghz channelswitch mode switch_mode


              例:
              Controller(config)# ap dot11 5ghz channelswitch mode 0
               

              アクセス ポイントの、新しいチャネルに切り替わった際のアナウンス機能をイネーブルまたはディセーブルにします。

              channelswitch パラメータには 0 または 1 を入力できます。チャネルが実際に切り替えられるまで送信を制限する場合は 0 を入力し、制限しない場合は 1 を入力します。 デフォルト値はディセーブルです。

               

              ステップ 4ap dot11 5ghz power-constraint value


              例:
              Controller(config)# ap dot11 5ghz power-constraint 200
               

              802.11h 電力制限値を 0 から 255 の範囲で設定します。

              value パラメータのデフォルト値は 3 dB です。

               

              ステップ 5no ap dot11 5ghz shutdown


              例:
              Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
               

              802.11a ネットワークを再度イネーブルします。

               

              ステップ 6end


              例:
              Controller(config)# end
               

              特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

               

              802.11h のパラメータの設定(GUI)


                ステップ 1   次の手順で、802.11 帯域を無効にします。
                1. [Configuration] > [Wireless] > [802.11a/n/ac] > [Network] の順に選択して、[802.11a/n/ac Global Parameters] ページを開きます。
                2. [802.11a Network Status] チェックボックスをオフにします。
                3. [Apply(適用)] をクリックします。
                ステップ 2   [Configuration] > [Wireless] > [802.11a/n/ac] > [DFS (802.11h)] を選択して、[802.11h Global Parameters] ページを開きます。
                ステップ 3   [Power Constraint] 領域で、ローカル電力制約を入力します。 有効な範囲は 0 dBm ~ 30 dBm です。
                ステップ 4   [Channel Switch Announcement] 領域で、チャネル スイッチ通知モードを開始します。 1 または 0 の値を入力できます。
                ステップ 5   [Apply(適用)] をクリックします。
                ステップ 6   次の手順に従って、802.11a 帯域を有効にします。
                1. [Wireless] > [802.11a/n/ac] > [Network] の順に選択して、[802.11a/n/ac Global Parameters] ページを開きます。
                2. [802.11a Network Status] チェックボックスをオンにします。
                3. [Apply(適用)] をクリックします。
                ステップ 7   [Save Configuration] をクリックします。

                帯域選択、802.11 帯およびパラメータの構成時の設定のモニタリング

                帯域選択と 802.11 帯を使用した構成時の設定のモニタリング コマンド

                このセクションでは、帯域選択および 802.11 帯の新しいコマンドについて説明します。

                次のコマンドは、コントローラの帯域選択と 802.11 帯、およびパラメータのモニタリングに使用できます。

                表 2 帯域選択と 802.11 帯を使用した構成時の設定のモニタリング コマンド

                コマンド

                目的

                show ap dot11 5ghz network

                802.11a 帯域ネットワーク パラメータ、802.11a 運用率、802.11n MCS 設定および 802.11n ステータス情報を表示します。

                show ap dot11 24ghz network

                802.11b 帯域ネットワーク パラメータ、802.11b/g 運用率、802.11n MCS 設定および 802.11n ステータス情報を表示します。

                show wireless dot11h

                802.11h 設定パラメータを表示します。

                show wireless band-select

                帯域選択構成時の設定を表示します。

                例:5 GHz 帯域の構成時の設定の表示

                Controller# show ap dot11 5ghz network
                802.11a Network : Enabled
                11nSupport : Enabled
                  802.11a Low Band : Enabled
                  802.11a Mid Band : Enabled
                  802.11a High Band : Enabled
                
                802.11a Operational Rates
                  802.11a 6M : Mandatory
                  802.11a 9M : Supported
                  802.11a 12M : Mandatory
                  802.11a 18M : Supported
                  802.11a 24M : Mandatory
                  802.11a 36M : Supported
                  802.11a 48M : Supported
                  802.11a 54M : Supported
                802.11n MCS Settings:
                  MCS 0 : Supported
                  MCS 1 : Supported
                  MCS 2 : Supported
                  MCS 3 : Supported
                  MCS 4 : Supported
                  MCS 5 : Supported
                  MCS 6 : Supported
                  MCS 7 : Supported
                  MCS 8 : Supported
                  MCS 9 : Supported
                  MCS 10 : Supported
                  MCS 11 : Supported
                  MCS 12 : Supported
                  MCS 13 : Supported
                  MCS 14 : Supported
                  MCS 15 : Supported
                  MCS 16 : Supported
                  MCS 17 : Supported
                  MCS 18 : Supported
                  MCS 19 : Supported
                  MCS 20 : Supported
                  MCS 21 : Supported
                  MCS 22 : Supported
                  MCS 23 : Supported
                802.11n Status:
                  A-MPDU Tx:
                    Priority 0 : Enabled
                    Priority 1 : Disabled
                    Priority 2 : Disabled
                    Priority 3 : Disabled
                    Priority 4 : Enabled
                    Priority 5 : Enabled
                    Priority 6 : Disabled
                    Priority 7 : Disabled
                  A-MSDU Tx:
                    Priority 0 : Enabled
                    Priority 1 : Enabled
                    Priority 2 : Enabled
                    Priority 3 : Enabled
                    Priority 4 : Enabled
                    Priority 5 : Enabled
                    Priority 6 : Disabled
                    Priority 7 : Disabled
                Guard Interval : Any
                  Rifs Rx : Enabled
                Beacon Interval : 100
                CF Pollable mandatory : Disabled
                CF Poll Request Mandatory : Disabled
                CFP Period : 4
                CFP Maximum Duration : 60
                Default Channel : 36
                Default Tx Power Level : 1
                DTPC Status : Enabled
                Fragmentation Threshold : 2346
                Pico-Cell Status : Disabled
                Pico-Cell-V2 Status : Disabled
                TI Threshold : 0
                Legacy Tx Beamforming setting : Disabled
                Traffic Stream Metrics Status : Disabled
                Expedited BW Request Status : Disabled
                EDCA profile type check : default-wmm
                Call Admision Control (CAC) configuration
                Voice AC
                  Voice AC - Admission control (ACM) : Disabled
                  Voice Stream-Size : 84000
                  Voice Max-Streams : 2
                  Voice Max RF Bandwidth : 75
                  Voice Reserved Roaming Bandwidth : 6
                  Voice Load-Based CAC mode : Enabled
                  Voice tspec inactivity timeout : Enabled
                CAC SIP-Voice configuration
                  SIP based CAC : Disabled
                  SIP Codec Type : CODEC_TYPE_G711
                  SIP call bandwidth : 64
                  SIP call bandwith sample-size : 20
                Video AC
                  Video AC - Admission control (ACM) : Disabled
                  Video max RF bandwidth : Infinite
                  Video reserved roaming bandwidth : 0
                

                例:24 GHz 帯域の構成時の設定の表示

                Controller# show ap dot11 24ghz network
                802.11b Network : Enabled
                11gSupport : Enabled
                11nSupport : Enabled
                
                  802.11b/g Operational Rates
                  802.11b 1M : Mandatory
                  802.11b 2M : Mandatory
                  802.11b 5.5M : Mandatory
                  802.11g 6M : Supported
                  802.11g 9M : Supported
                  802.11b 11M : Mandatory
                  802.11g 12M : Supported
                  802.11g 18M : Supported
                  802.11g 24M : Supported
                  802.11g 36M : Supported
                  802.11g 48M : Supported
                  802.11g 54M : Supported
                802.11n MCS Settings:
                  MCS 0 : Supported
                  MCS 1 : Supported
                  MCS 2 : Supported
                  MCS 3 : Supported
                  MCS 4 : Supported
                  MCS 5 : Supported
                  MCS 6 : Supported
                  MCS 7 : Supported
                  MCS 8 : Supported
                  MCS 9 : Supported
                  MCS 10 : Supported
                  MCS 11 : Supported
                  MCS 12 : Supported
                  MCS 13 : Supported
                  MCS 14 : Supported
                  MCS 15 : Supported
                  MCS 16 : Supported
                  MCS 17 : Supported
                  MCS 18 : Supported
                  MCS 19 : Supported
                  MCS 20 : Supported
                  MCS 21 : Supported
                  MCS 22 : Supported
                  MCS 23 : Supported
                802.11n Status:
                  A-MPDU Tx:
                    Priority 0 : Enabled
                    Priority 1 : Disabled
                    Priority 2 : Disabled
                    Priority 3 : Disabled
                    Priority 4 : Enabled
                    Priority 5 : Enabled
                    Priority 6 : Disabled
                    Priority 7 : Disabled
                  A-MSDU Tx:
                    Priority 0 : Enabled
                    Priority 1 : Enabled
                    Priority 2 : Enabled
                    Priority 3 : Enabled
                    Priority 4 : Enabled
                    Priority 5 : Enabled
                  Priority 6 : Disabled
                    Priority 7 : Disabled
                  Guard Interval : Any
                  Rifs Rx : Enabled
                Beacon Interval : 100
                CF Pollable Mandatory : Disabled
                CF Poll Request Mandatory : Disabled
                CFP Period : 4
                CFP Maximum Duration : 60
                Default Channel : 11
                Default Tx Power Level : 1
                DTPC Status : true
                Call Admission Limit : 105
                G711 CU Quantum : 15
                ED Threshold : -50
                Fragmentation Threshold : 2346
                PBCC Mandatory : Disabled
                Pico-Cell Status : Disabled
                Pico-Cell-V2 Status : Disabled
                RTS Threshold : 2347
                Short Preamble Mandatory : Enabled
                Short Retry Limit : 7
                Legacy Tx Beamforming setting : Disabled
                Traffic Stream Metrics Status : Disabled
                Expedited BW Request Status : Disabled
                EDCA profile type : default-wmm
                Call Admision Control (CAC) configuration
                Voice AC
                  Voice AC - Admission control (ACM) : Disabled
                  Voice Stream-Size : 84000
                  Voice Max-Streams : 2
                  Voice Max RF Bandwidth : 75
                  Voice Reserved Roaming Bandwidth : 6
                  Voice Load-Based CAC mode : Enabled
                  Voice tspec inactivity timeout : Enabled
                CAC SIP-Voice configuration
                  SIP based CAC : Disabled
                  SIP Codec Type : CODEC_TYPE_G711
                  SIP call bandwidth : 64
                  SIP call bandwith sample-size : 20
                Video AC
                  Video AC - Admission control (ACM) : Disabled
                  Video max RF bandwidth : Infinite
                  Video reserved roaming bandwidth : 0

                例:802.11h パラメータの状態の確認

                Controller# show wireless dot11h
                Power Constraint: 0
                Channel Switch: 0
                Channel Switch Mode: 0

                例:帯域選択設定の確認

                Controller# show wireless band-select
                Band Select Probe Response    : per WLAN enabling
                Cycle Count                  : 2
                Cycle Threshold (millisec)   : 200
                Age Out Suppression (sec)    : 20
                Age Out Dual Band (sec)      : 60
                Client RSSI (dBm)            : 80

                帯域選択、802.11 帯およびパラメータの設定例

                例:帯域選択の設定

                次に、帯域選択の新規スキャン周期のプローブ サイクル カウントおよび時間しきい値を設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# wireless client band-select cycle-count 3
                Controller(config)# wireless client band-select cycle-threshold 5000
                Controller(config)# end
                
                次に、抑制の期限を帯域選択に設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# wireless client band-select expire suppression 100 
                Controller(config)# end
                
                次に、デュアル バンドの期限を帯域選択に設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# wireless client band-select expire dual-band 100
                Controller(config)# end
                
                次に、クライアント RSSI しきい値を帯域選択に設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# wireless client band-select client-rssi 40
                Controller(config)# end
                
                次に、特定の WLAN 上で帯域選択を設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
                Controller(config-wlan)# band-select
                Controller(config)# end
                

                例:802.11 帯設定

                次に、ビーコン間隔、フラグメンテーション、および動的な送信電力コントロールを使用して 802.11 帯を設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 24ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz beaconperiod 500
                Controller(config)# ap dot11 5ghz fragmentation 300
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dtpc
                Controller(config)# wireless client association limit 50 interval 1000
                Controller(config)# ap dot11 5ghz rate 36 mandatory
                Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# no ap dot11 24ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 24ghz dot11g
                Controller(config)#end
                

                例:802.11n 設定

                次に、集約方法を使って 5 GHz 帯域の 802.11n パラメータを設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n mcs tx 20
                Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
                Controller(config-wlan)# wmm require\
                Controller(config-wlan)# exit
                Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n a-mpdu tx priority all
                Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)#exit
                
                次に、5 GHz 帯域でガード インターバルを設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n mcs tx 20
                Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
                Controller(config-wlan)# wmm require\
                Controller(config-wlan)# exit
                Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n guard-interval long
                Controller(config)#end
                
                次に、5 GHz 帯域で RIFS を設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n mcs tx 20
                Controller(config)# wlan wlan1 25 ssid12
                Controller(config-wlan)# wmm require\
                Controller(config-wlan)# exit
                Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz dot11n rifs rx
                Controller(config)#end
                

                例:802.11h 設定

                次に、制限伝送を使用して、アクセス ポイントをいつ新しいチャネルに切り替えるかをアナウンスするために、そのアクセス ポイントを設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz channelswitch mode 0
                Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)#end
                
                次に、5 GHz 帯域で 802.11h 電力制限を設定する例を示します。
                Controller# configure terminal
                Controller(config)# ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)# ap dot11 5ghz power-constraint 200
                Controller(config)# no ap dot11 5ghz shutdown
                Controller(config)#end
                
                

                802.11 パラメータおよび帯域選択に関する追加情報

                関連ドキュメント

                関連項目 マニュアル タイトル
                システム管理コマンド

                System Management Command Reference(システム管理コマンド リファレンス)、Cisco IOS XE Release 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)

                標準および RFC

                標準/RFC タイトル
                なし

                MIB

                MIB MIB のリンク
                本リリースでサポートするすべての MIB

                選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

                http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

                シスコのテクニカル サポート

                説明 リンク

                シスコのサポート Web サイトでは、シスコの製品やテクノロジーに関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルやツールをはじめとする豊富なオンライン リソースを提供しています。

                お使いの製品のセキュリティ情報や技術情報を入手するために、Cisco Notification Service(Field Notice からアクセス)、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードなどの各種サービスに加入できます。

                シスコのサポート Web サイトのツールにアクセスする際は、Cisco.com のユーザ ID およびパスワードが必要です。

                http:/​/​www.cisco.com/​support

                802.11 パラメータおよび帯域選択設定の機能履歴と情報

                リリース 機能情報
                Cisco IOS XE 3.2SE この機能が導入されました。