WLAN コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE リリース 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)
アクセス ポイント グループの設定
アクセス ポイント グループの設定

アクセス ポイント グループの設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このマニュアルの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

AP グループを設定するための前提条件

次に、controllerでアクセス ポイント グループを作成するための前提条件を示します。
  • VLAN またはサブネットにサービスを提供するルータ上で、必要なアクセス コントロール リスト(ACL)を定義する必要があります。

  • アクセス ポイント グループ VLAN では、マルチキャスト トラフィックがサポートされます。 ただし、クライアントがあるアクセス ポイントから別のアクセス ポイントにローミングする場合、IGMP スヌーピングが有効になっていないと、クライアントによってマルチキャスト トラフィックの受信が停止されることがあります。

アクセス ポイント グループの設定に関する制約事項

  • AP グループ テーブル内の WLAN に対するインターフェイス マッピングが、WLAN インターフェイスと同じであるとします。 WLAN インターフェイスが変更されると、AP グループ テーブル内の WLAN に対するインターフェイス マッピングも新しい WLAN インターフェイスに変わります。

    AP グループ テーブル内の WLAN に対するインターフェイス マッピングが、WLAN に定義されたインターフェイスと異なるとします。 WLAN インターフェイスが変更されても、AP グループ テーブル内の WLAN に対するインターフェイス マッピングは新しい WLAN インターフェイスに変わりません。

  • controller上の設定をクリアすると、アクセス ポイント グループのすべてが非表示となります。ただし、デフォルトのアクセス ポイント グループである「default-group」(自動的に作成される)は例外です。

  • デフォルトのアクセス ポイント グループには、最大 16 の WLAN を関連付けることができます。 デフォルトのアクセス ポイント グループの WLAN ID は、16 以下である必要があります。 大規模なデフォルトのアクセス ポイント グループ内で ID が 16 以上の WLAN が作成されると、WLAN SSID はブロードキャストされません。 デフォルトのアクセス ポイント グループのすべての WLAN ID で ID が 16 以下であることが必要です。 16 を超える ID を含む WLAN は、カスタム アクセス ポイント グループに割り当てることができます。

アクセス ポイント グループについて

controller上に最大 512 の WLAN を作成した後では、さまざまなアクセス ポイントに WLAN を選択的に公開(アクセス ポイント グループを使用して)することで、ワイヤレス ネットワークをより適切に管理できます。 一般的な展開では、WLAN 上のすべてのユーザはcontroller上の 1 つのインターフェイスにマップされます。 したがって、WLAN に関連付けられているすべてのユーザは、同じサブネットまたは VLAN に存在します。 しかし、複数のインターフェイス間で負荷を分散すること、またはアクセス ポイント グループを作成して、個々の部門(たとえばマーケティング部門)などの特定の条件に基づくグループ ユーザへと負荷を分配することを選択できます。 さらに、ネットワーク管理を簡素化するために、これらのアクセス ポイント グループを別個の VLAN で設定できます。

アクセス ポイント グループの設定方法

アクセス ポイント グループの作成

はじめる前に

この操作を実行するには、管理者特権が必要です。

手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    ap group ap-group-name

    3.    wlan wlan-name

    4.    (任意) vlan vlan-name

    5.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    Controller# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2ap group ap-group-name


    例:
    Controller(config)# ap group my-ap-group
     

    アクセス ポイント グループを作成します。

     
    ステップ 3wlan wlan-name


    例:
    Controller(config-apgroup)# wlan wlan-name
     

    WLAN に AP グループを関連付けます。

     
    ステップ 4vlan vlan-name


    例:
    Controller(config-apgroup)# vlan test-vlan
     
    (任意)

    VLAN にアクセス ポイント グループを割り当てます。

     
    ステップ 5end


    例:
    Controller(config)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。 また、Ctrl+Z キーを押しても、グローバル コンフィギュレーション モードを終了できます。

     

    次に、AP グループを作成する例を示します。

    Controller# configure terminal
    Controller(config-apgroup)# ap group test-ap-group-16
    Controller(config-wlan-apgroup)# wlan test-ap-group-16
    Controller(config-wlan-apgroup)# vlan VLAN1300             
    

    AP グループへのアクセス ポイントの割り当て

    はじめる前に

    この操作を実行するには、管理者特権が必要です。

    手順の概要

      1.    ap name ap-name ap-group-name ap-group


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 ap name ap-name ap-group-name ap-group


      例:
      Controller# ap name 1240-101 ap-groupname apgroup_16
       

      アクセス ポイント グループにアクセス ポイントを割り当てます。 次のキーワードと引数があります。

      • name:このキーワードに続く引数がcontrollerに関連付けられている AP の名前であることを指定します。

      • ap-name:AP グループに関連付ける AP です。

      • ap-group-name:このキーワードに続く引数が設定されてcontrollerいる AP グループの名前を指定します。

      • ap-groupcontroller で設定するアクセス ポイント グループの名前です。

       

      アクセス ポイント グループの表示

      はじめる前に

      この操作を実行するには、管理者特権が必要です。

      手順の概要

        1.    show ap groups [extended]


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 show ap groups [extended]


        例:
        Controller# show ap groups
         

        controllerで設定された AP グループを表示します。 extended キーワードは、システムで詳細に定義されているすべての AP グループ情報を表示します。

         

        その他の関連資料

        関連資料

        関連項目 マニュアル タイトル
        WLAN コマンド WLAN コマンド リファレンス、Cisco IOS XE リリース 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)
        Lightweight アクセス ポイント コンフィギュレーション Lightweight アクセス ポイント コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE リリース 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)
        Lightweight アクセス ポイント コマンド Lightweight アクセス ポイント コマンド リファレンス、Cisco IOS XE リリース 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)

        エラー メッセージ デコーダ

        説明 リンク

        このリリースのシステム エラー メッセージを調査し解決するために、エラー メッセージ デコーダ ツールを使用します。

        https:/​/​www.cisco.com/​cgi-bin/​Support/​Errordecoder/​index.cgi

        MIB

        MIB MIB のリンク
        本リリースでサポートするすべての MIB

        選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

        http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

        テクニカル サポート

        説明 リンク

        シスコのサポート Web サイトでは、シスコの製品やテクノロジーに関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルやツールをはじめとする豊富なオンライン リソースを提供しています。

        お使いの製品のセキュリティ情報や技術情報を入手するために、Cisco Notification Service(Field Notice からアクセス)、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードなどの各種サービスに加入できます。

        シスコのサポート Web サイトのツールにアクセスする際は、Cisco.com のユーザ ID およびパスワードが必要です。

        http:/​/​www.cisco.com/​support

        アクセス ポイント グループの機能履歴と情報

        次の表で、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

        機能名 リリース 機能情報
        AP グループ数 Cisco IOS XE 3.2SE この機能が導入されました。