ハイ アベイラビリティ構成ガイド、Cisco IOS XE Release 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)
コントローラ スタックの管理
コントローラ スタックの管理
発行日;2013/12/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

コントローラ スタックの管理

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されている機能がすべてサポートされていない場合があります。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、http:/​​/​​www.cisco.com/​​go/​​cfn にアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

コントローラ スタック設定の前提条件

コントローラを固定する前に次のことを確認する必要があります。

  • コントローラがスタック ケーブルを使用して接続されていることを確認します。 使用するスタック ケーブルの詳細については、コントローラ スタックの項の情報を参照してください。
  • アクティブ ユニットのほかにスタックできるのは、1 台のコントローラだけです。
  • どのコントローラをアクティブおよびスタンバイ状態にするかは、ご使用の優先順位に基づいて決まります。
  • スタックのコントローラが Cisco IOS Software リリース 3.3 以降で動作することを確認します。
  • スタック内のコントローラのライセンスを確認する必要があります。詳細については、『Cisco 5700 Series Wireless Controller Installation Guide』を参照してください。
  • スタック内のコントローラで使用されているライセンスを確認します。 アクティブ コントローラには有効なライセンスがあり、スタンバイ コントローラには有効なライセンスまたは HA SKU ライセンスがあるのが理想的です。 コントローラのライセンスの詳細については、ハードウェア ガイドを参照してください
.

コントローラ スタック設定の制約事項

スタック内のコントローラが同じ Cisco IOS ソフトウェア リリース バージョンとライセンスであることを確認する必要があります。

コントローラ スタックの情報

コントローラ スタックには、StackWise-480 ポートを介して接続されたスタック構成対応コントローラを設置できます。これは、スタックにアクティブ コントローラとスタンバイ コントローラという 2 つのメンバを持てることを意味しています。 スタック メンバは StackWise-480 テクノロジーを使用して、統合システムとして連動します。 アクティブ コントローラが使用できなくなった場合、スタンバイ コントローラがアクティブ コントローラの役割を担い、スタックは継続して動作します。

アクティブ コントローラには、コントローラ スタックの保存済みの実行コンフィギュレーション ファイルが格納されています。 コンフィギュレーション ファイルには、コントローラ スタックのシステム レベルの設定と、スタック メンバのインターフェイス レベルの設定が含まれます。 スタック メンバは、バックアップ目的でこれらのファイルの現在のコピーをすべて保持します。 スタック内のコントローラは Cisco StackWise-480 テクノロジーを使用して、各スタック メンバ スイッチと、統合された完全集中型の制御および管理プレーンによって、大規模なネットワーク設計の操作を効率化するための、堅牢な分散フォワーディング アーキテクチャを提供します。

スタック内では、スタンバイ ユニットの状態がメンバからホット スタンバイに変わると、アクティブ ユニット内のすべての設定がスタンバイ ユニットに同期されます。 したがって、同期前にユニットで使用可能だったすべてのスタートアップ コンフィギュレーションは失われます。 スタンバイ ユニットのスタートアップ コンフィギュレーションを再度必要とする場合、設定を後で再利用するため、ユニットのスタートアップ コンフィギュレーションを二次記憶装置であるフラッシュ メモリに保存します。

スタック内でユニットを接続するには、次の Cisco StackWise-480 および Cisco StackPower ケーブルを使用する必要があります。

スタック ケーブル 説明
STACK-T1-50CM Cisco StackWise-480 50 cm スタッキング スペア ケーブル
STACK-T1-1M Cisco StackWise-480 1 m スタッキング スペア ケーブル
STACK-T1-3M Cisco StackWise-480 3 m スタッキング スペア ケーブル
CAB-SPWR-30CM Cisco Catalyst 3850 StackPower 30 cm スペア ケーブル
CAB-SPWR-150CM Cisco Catalyst 3850 StackPower 150 cm スペア ケーブル

スタック内では、スタンバイ ユニットの状態がメンバからホット スタンバイに変わると、アクティブ ユニット内のすべての設定がスタンバイ ユニットに同期されます。 したがって、同期前にユニットで使用可能だったすべてのスタートアップ コンフィギュレーションは失われます。 スタンバイ ユニットのスタートアップ コンフィギュレーションを再度必要とする場合、設定を後で再利用するため、ユニットのスタートアップ コンフィギュレーションを二次記憶装置であるフラッシュ メモリに保存します。

コントローラ スタックを使用すると、両方のコントローラの 6 つすべてのコントローラ ポートが組み合わされ、12 ポートを使用できるようになります。 コントローラ ポートの帯域幅は 10 Gb イーサネット ポートです。ただし、12 ポートの組み合わせの場合、コントローラでは、60 Gbps スループットのみ使用可能です。 これらのポートは、EtherChannel、Flex Link、またはリンク集約グループ(LAG)を形成するよう組み合わせることもできます。

コントローラ スタックの設定

手順の概要

    1.    スタック ケーブルを使用して、実行中の 2 台のコントローラを接続します。

    2.    両方のコントローラに同時に電源投入して起動するか、1 台のコントローラに電源投入して起動します。

    3.    ユニットで EtherChannel または LAG を設定します。 Etherchannel、LAG、LACP の導入タイプはご使用のネットワーク設計に基づきます。

    4.    設定された Etherchannel のステータスを表示するには、show etherchannel summary コマンドを実行します。

    5.    LACP の設定

    6.    アクティブ コントローラのコンソールでスタック情報表示用のコマンドを実行し、冗長ハイ アベイラビリティ ペアの存在を確認します。


手順の詳細
    ステップ 1   スタック ケーブルを使用して、実行中の 2 台のコントローラを接続します。
    ステップ 2   両方のコントローラに同時に電源投入して起動するか、1 台のコントローラに電源投入して起動します。

    コントローラが正常起動し、ハイ アベイラビリティ ペアを形成します。

    ステップ 3   ユニットで EtherChannel または LAG を設定します。 Etherchannel、LAG、LACP の導入タイプはご使用のネットワーク設計に基づきます。
    ステップ 4   設定された Etherchannel のステータスを表示するには、show etherchannel summary コマンドを実行します。

    設定が正常に終了すると、指定されたポートすべてが単一のチャネルにバンドルされ、show etherchannel summary コマンドでリストに出力されます。

    ステップ 5   LACP の設定
    ステップ 6   アクティブ コントローラのコンソールでスタック情報表示用のコマンドを実行し、冗長ハイ アベイラビリティ ペアの存在を確認します。

    スイッチ スタックのメンバーシップ

    スタンドアロン スイッチは、 としても動作するスタック メンバーを 1 つだけ持つスイッチ スタックです。 スタンドアロン スイッチを別のスイッチと接続して、2 つのスタック メンバで構成され、一方が であるスイッチ スタックを構築できます。 スタンドアロン スイッチを既存のスイッチ スタックに接続して、スタック メンバーシップを増やすこともできます。

    スタック メンバー番号

    新しい(つまり、スイッチ スタックに参加していない、またはスタック メンバー番号が手動で割り当てられていない)スイッチには、デフォルト スタック メンバー番号(1)が割り当てられた状態で出荷されます。 このスイッチがスイッチ スタックに参加すると、デフォルト スタック メンバー番号は、スタック内で使用可能な、一番小さいメンバー番号に変更されます。

    同じスイッチ スタック内のスタック メンバーは、同じスタック メンバー番号を持つことはできません。 スタンドアロン スイッチを含む各スタック メンバーは、番号を手動で変更するか、番号がスタック内の別のメンバーによってすでに使用されていないかぎり、自分のメンバー番号を保持します。

    • switch current-stack-member-number renumber new-stack-member-number EXEC コマンドを使用して手動でスタック メンバー番号を変更した場合は、その番号がスタック内の他のメンバーに未割り当てなときにだけ、そのスタック メンバーのリセット後(または、reload slot stack-member-number 特権 EXEC コマンドの使用後)に、新たな番号が有効となります。 スタック メンバ番号を変更するもう 1 つの方法は、SWITCH_NUMBER 環境変数を変更することです。 番号がスタック内の別のメンバによって使用されている場合、スイッチはスタック内で使用可能な最小の番号を選択します。 手動でスタック メンバーの番号を変更し、新たなメンバー番号にインターフェイス レベルの設定が関連付けられていない場合は、スタック メンバーをデフォルト設定にリセットします。 プロビジョニングされたスイッチでは、switch current-stack-member-number renumber new-stack-member-number EXEC コマンドを使用できません。 使用すると、コマンドは拒否されます。
    • スタック メンバーを別のスイッチ スタックへ移動した場合、スタック メンバーは、自分の番号がスタック内の別のメンバーによって使用されていないときにだけ、その番号を保持します。 この番号が使用されている場合、スイッチはスタック内で使用可能な最小の番号を選択します。
    • スイッチ スタックをマージした場合、新たな のスイッチ スタックに参加したスイッチは、スタック内で使用可能な最小の番号を選択します。

    ハードウェア インストレーション ガイドに記載されているとおり、Stack モードのスイッチ ポート LED を使用して、各スタック メンバーのスタック メンバー番号を目で見て確認できます。

    スタック メンバーのプライオリティ値

    スタック メンバのプライオリティ値が高いほど、 として選択され、自分のスタック メンバ番号を保持できる可能性が高くなります。 プライオリティ値は 1 ~ 15 の範囲で指定できます。 デフォルトのプライオリティ値は 1 です。 show switch EXEC コマンドを使用すると、スタック メンバーのプライオリティ値を表示できます。


    (注)  


    にしたいスイッチには、最高のプライオリティ値を割り当てることを推奨します。 これにより、再選択が発生したときにそのスイッチを として選択させられます。


    スタック メンバのプライオリティ値を変更するには、switch stack-member-number priority new priority-value EXEC コマンドを使用します。

    新しいプライオリティ値はすぐに有効となりますが、現在の には影響しません。 新たなプライオリティ値は、現在の またはスイッチ スタックのリセット時に、どのスタック メンバが新たな として選択されるかを決定する場合に影響を及ぼします。

    選択と再選択

    すべてのスタック メンバは、アクティブ スイッチまたはスタンバイ スイッチにすることができます。 アクティブ スイッチが使用できなくなった場合、スタンバイ スイッチがアクティブ スイッチになります。

    アクティブ スイッチは、次のイベントのいずれかが発生しないかぎり、役割を維持します。

    • スイッチ スタックがリセットされた。
    • アクティブ スイッチがスイッチ スタックから削除された。
    • アクティブ スイッチがリセットされたか、電源が切れた。
    • アクティブ スイッチに障害が発生した。
    • 電源の入ったスタンドアロン スイッチまたはスイッチ スタックが追加され、スイッチ スタック メンバーシップが増えた。

    は、次にリストした順番で、いずれかのファクタに基づいて選択または再選択されます

    1. 現在 であるスイッチ。
    2. 最高のスタック メンバ プライオリティ値を持つスイッチ

      (注)  


      にしたいスイッチには、最高のプライオリティ値を割り当てることを推奨します。 これにより、再選択が発生したときにそのスイッチを として選択させられます。


    3. 起動時間が最短のスイッチ。
    4. MAC アドレスが最小のスイッチ

    (注)  


    新しいスタンバイ スイッチを選択または再選択する場合の要素は、アクティブ スイッチの選択または再選択の場合と同様で、アクティブ スイッチを除くすべての参加スイッチに適用されます。

    選択後、新しいアクティブ スイッチは数秒後に使用可能になります。 その間、スイッチ スタックはメモリ内の転送テーブルを使用してネットワークの中断を最小限に抑えます。 新たなアクティブ スイッチが選択され、リセットされている間、他の使用可能なスタック メンバーの物理インターフェイスには何も影響はありません。

    以前のアクティブ スイッチが使用可能になっても、アクティブ スイッチとしての役割を継続することはありません

    スイッチ スタック全体の電源を入れるかリセットした場合、一部のスタック メンバがアクティブ スイッチ選択に参加しない場合があります。 同じ 2 分の間に電源が投入されたスタック メンバは、アクティブ スイッチの選択に参加し、アクティブ スイッチとして選択される可能性があります。 120 秒間経過後に電源が投入されたスタック メンバは、この初回の選択には参加しないで、スタック メンバになります。 アクティブ スイッチの選択に影響する電源の注意事項については、スイッチのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

    ハードウェア インストレーション ガイドに記載されているとおり、スイッチの ACTV LED を使用して、そのスイッチがアクティブ スイッチかどうかを確認できます。

    永続的 MAC アドレスのイネーブル化

    この手順は任意です。


    (注)  


    この機能を設定するためにコマンドを入力すると、設定の結果を記述した警告メッセージが表示されます。 この機能は慎重に使用してください。 古い の MAC アドレスを同じドメイン内で使用すると、トラフィックが失われることがあります。
    手順の概要

      1.    configure terminal

      2.    stack-mac persistent timer [0 | time-value]

      3.    end

      4.    copy running-config startup-config


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1configure terminal


      例:
      Controller# configure terminal
      
      
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2 stack-mac persistent timer [0 | time-value]


      例:
      Controller(config)# stack-mac persistent timer 7
      
      
       

      スタック マスターが変更された後、スタック MAC アドレスが新しいスタック マスターの MAC アドレスに変更されるまでの遅延時間をイネーブルにします。 この間に以前のスタック マスターがスタックに再加入した場合、スタックはその MAC アドレスをスタック MAC アドレスとして使用します。

      時間は 0 ~ 60 分の範囲で指定できます。

      • 約 4 分というデフォルトの遅延を設定するには、値を指定しないでコマンドを入力します。 必ず値を入力することを推奨します。 値を指定しないでコマンドを入力すると、実行コンフィギュレーション ファイルには、遅延時間は明示タイマー値 4 分として書き込まれます。
      • 現在のスタック マスターの MAC アドレスを無期限に使用し続けるには、0 を入力します。 スタック MAC アドレスを現在のスタック マスターの MAC アドレスにただちに変更するための no stack-mac persistent timer コマンドを入力するまで、前のスタック マスターのスタック MAC アドレスが使用されます。
      • スタック MAC アドレスが新しいスタック マスターの MAC アドレスに変更されるまでの時間を設定するには、time-value に 1 ~ 60 分の範囲内の値を入力します。 設定された時間が過ぎるまで、または no stack-mac persistent timer コマンドを入力するまで、以前のスタック マスターのスタック MAC アドレスが使用されます。
      (注)     

      新しいスタック マスターが引き継いでから有効期間が切れる前に、no stack-mac persistent timer コマンドを入力すると、スイッチ スタックは現在のスタック マスター MAC アドレスに移ります。

       
      ステップ 3end


      例:
      Controller(config)# end
      
      
       

      特権 EXEC モードに戻ります。

       
      ステップ 4copy running-config startup-config


      例:
      Controller# copy running-config startup-config
      
      
       

      (任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

       

      スタック メンバー番号の割り当て

      この任意の作業は、 からのみ使用できます。

      手順の概要

        1.    switch current-stack-member-number renumber new-stack-member-number

        2.    reload slot stack-member-number


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 switch current-stack-member-number renumber new-stack-member-number


        例:
        Controller# switch 3 renumber 4
        
        
         

        スタック メンバの現在のスタック メンバ番号と新たなメンバ番号を指定します。 指定できる範囲は 1 ~ 2 です。

        show switch ユーザ EXEC コマンドを使用すると、現在のスタック メンバー番号を表示できます。

         
        ステップ 2 reload slot stack-member-number


        例:
        Controller# reload slot 4
        
        
         

        スタック メンバをリセットします。

         

        スタック メンバー プライオリティ値の設定

        この任意の作業は、 からのみ使用できます。

        手順の概要

          1.    switch stack-member-number priority new-priority-number

          2.    reload slot stack-member-number


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 switch stack-member-number priority new-priority-number


          例:
          Controller# switch 3 priority 2
          
          
           

          show switch ユーザ EXEC コマンドを使用すると、現在のプライオリティ値を表示できます。

          新しいプライオリティ値はすぐに有効となりますが、現在の には影響しません。 新たなプライオリティ値は、現在の またはスイッチ スタックのリセット時に、どのスタック メンバが新たな として選択されるかを決定する場合に影響を及ぼします。

           
          ステップ 2 reload slot stack-member-number


          例:
          Controller# reload slot 3
          
          
           

          スタック メンバのスタック メンバ番号と、新しいプライオリティを指定します。 スタック メンバ番号の有効範囲は 1 ~ 9 です。 プライオリティ値の範囲は 1 ~ 15 です。

          show switch ユーザ EXEC コマンドを使用すると、現在のプライオリティ値を表示できます。

          新しいプライオリティ値はすぐに有効となりますが、現在のアクティブ スイッチには影響しません。 新たなプライオリティ値は、現在のアクティブ スイッチまたはスイッチ スタックのリセット時に、どのスタック メンバが新たなアクティブ スイッチとして選択されるかを決定する場合に影響を及ぼします。

           

          スイッチ スタック内の非互換スイッチの表示

          手順の概要

            1.    show switch


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 show switch


            例:
            Controller# show switch
            
            
             

            スイッチ スタック内の非互換スイッチを表示します([Current State] が [V-Mismatch] で表示されます)。 [V-Mismatch] 状態は、非互換ソフトウェアのスイッチを示します。 と同じライセンス レベルで実行されていないスイッチには、[Lic-Mismatch] と出力表示されます

            ライセンス レベルの管理については、System Management Configuration Guide (Catalyst 3850 Switches)System Management Configuration Guide (Cisco WLC 5700 Series) を参照してください。

             

            スイッチ スタックでの互換性のないスイッチのアップグレード

            手順の概要

              1.    software auto-upgrade

              2.    copy running-config startup-config


            手順の詳細
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1software auto-upgrade


              例:
              Controller# software auto-upgrade
              
              
               

              スイッチ スタック内の互換性のないスイッチをアップグレードします。または、バンドル モードのスイッチをインストール済みモードに変更します。

               
              ステップ 2copy running-config startup-config


              例:
              Controller# copy running-config startup-config
              
              
               

              (任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。