ハイ アベイラビリティ構成ガイド、Cisco IOS XE Release 3SE(Cisco WLC 5700 シリーズ)
Web グラフィカル ユーザ インターフェイスの使用
Web グラフィカル ユーザ インターフェイスの使用
発行日;2013/12/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Web グラフィカル ユーザ インターフェイスの使用

Web GUI を使用するための前提条件

  • GUI を使用する PC では、Windows 7、Windows XP SP1 以降のリリースまたは Windows 2000 SP4 以降のリリースが稼働している必要があります。
  • コントローラ GUI は、Microsoft Internet Explorer version 10.x、Mozilla Firefox 20.x、Google Chrome 26.x と互換性があります。

Web GUI の使用に関する情報

Web ブラウザ、つまり、グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)は、各コントローラに組み込まれています。

サービス ポート インターフェイスまたは管理インターフェイスを使用して GUI にアクセスできますが、 サービス ポート インターフェイスの使用をお勧めします。 GUI のページ上部にある [Help] をクリックすると、オンライン ヘルプが表示されます。 オンライン ヘルプを表示するには、ブラウザのポップアップ ブロッカを無効にする必要があります。

Web GUI 機能

コントローラ Web GUI は、次の内容をサポートします。

設定ウィザード:IP アドレスおよびローカル ユーザ名/パスワードの初期設定または認証サーバ(必須特権 15)での認証の初期設定の後に、ワイヤレス構成の初期設定をウィザード方式で実行できます。 [Configuration] > [Wizard] でウィザードを開始し、次の 9 ステップに従って設定します。
  • 管理ユーザ
  • SNMP システムの概要
  • 管理ポート
  • ワイヤレス管理
  • RF モビリティと国番号
  • モビリティ設定
  • WLAN
  • 802.11 の設定
  • 時間の設定
[Monitor] タブ:
  • コントローラ、クライアント、アクセス ポイントの詳細の概要を表示します。
  • すべての無線および AP 接続統計情報を表示します。
  • アクセス ポイントの電波品質を表示します。
  • 全インターフェイス上の Cisco Discovery Protocol(CDP)ネイバーすべてのリストと、CDP トラフィック情報を表示します。
  • アクセスポイントを Friendly、Malicious、Ad Hoc、Classified、Unclassified に分類します。
[Configuration] タブ:
  • Web 設定ウィザードを使用して、すべての初期操作用にコントローラを設定できます。 ウィザードでは、ユーザの詳細や管理インターフェイスなどを設定できます。
  • システム、内部 DHCP サーバ、管理、モビリティ管理パラメータを設定できます。
  • コントローラ、WLAN、無線を設定できます。
  • コントローラにセキュリティ ポリシーを設定できます。
  • コントローラのオペレーティング システム ソフトウェアの管理コマンドにアクセスできます。

[Administration] タブでは、システム ログを設定できます。

コントローラのコンソール ポートの接続

はじめる前に

基本的な動作ができるようにコントローラコントローラ設定するには、VT-100 ターミナル エミュレーション プログラム(HyperTerminal、ProComm、Minicom、Tip など)を実行する PC にコントローラを接続する必要があります。


    ステップ 1   ヌルモデム シリアル ケーブルの一端をコントローラの RJ-45 コンソール ポートに接続し、もう一端を PC のシリアル ポートに接続します。
    ステップ 2   AC 電源コードをコントローラに接続し、アース付き 100 ~ 240 VAC、50/60 Hz の電源コンセントに差し込みます。 電源を入れます。 起動スクリプトによって、オペレーティング システム ソフトウェアの初期化(コードのダウンロードおよび電源投入時自己診断テスト)および基本設定が表示されます。 コントローラの電源投入時自己診断テストに合格した場合は、起動スクリプトによって設定ウィザードが実行されます。画面の指示に従って、基本設定を入力してください。
    ステップ 3   yes と入力します。 CLI セットアップ ウィザードの基本的な初期設定パラメータに進みます。 gigabitethernet 0/0 インターフェイスであるサービス ポートの IP アドレスを指定します。

    設定ウィザードで設定パラメータを入力した後、Web GUI にアクセスできます。 これで、コントローラにサービス ポートの IP アドレスが設定されました。


    Web GUI へのログイン


      ステップ 1   ブラウザのアドレス行にコントローラの IP アドレスを入力します。 接続をセキュリティで保護するには、https://ip-address と入力します。 接続をセキュリティで保護しない場合は、http://ip-address と入力します。
      ステップ 2   ユーザ名とパスワードを入力する画面が表示されたら、有効な値を入力して [OK] をクリックします。
      (注)     

      設定ウィザードで作成されたユーザ名およびパスワードでは、大文字と小文字が区別されます。 デフォルトのユーザ名は admin、デフォルトのパスワードは cisco です。

      [Accessing Cisco AIR-CT5760] ページが表示されます。

      [Accessing Cisco AIR-CT3850] ページが表示されます。


      Web モードおよびセキュア Web モードの有効化


        ステップ 1   [Configuration] > [Controller] > [Switch] > [Management] > [Protocol Management] > [HTTP-HTTPS] の順に選択します。

        [HTTP-HTTPS Configuration] ページが表示されます。

        ステップ 2   Web モード(ユーザが「http://ip-address」を使用してコントローラ GUI にアクセスできます)を有効にするには、[HTTP Access] ドロップダウン リストから [Enabled] を選択します。 有効にしない場合は、[Disabled] を選択します。 Web モード(HTTP)の接続は、セキュリティで保護されません。

        ステップ 3   セキュア Web モード(ユーザが「https://ip-address」を使用してコントローラ GUI にアクセスできます)を有効にするには、[HTTPS Access] ドロップダウン リストから [Enabled] を選択します。 有効にしない場合は、[Disabled] を選択します。 セキュア Web モード(HTTPS)の接続は、セキュリティで保護されています。
        ステップ 4   [IP Device Tracking] チェックボックスで、デバイスを追跡するよう選択します。
        ステップ 5   [Enable] チェックボックスで、トラストポイントをイネーブルにするよう選択します。
        ステップ 6   [Trustpoints] ドロップダウン リストからトラストポイントを選択します。
        ステップ 7   [HTTP Timeout-policy (1 to 600 sec)] テキスト ボックスに、ネットワーク セッションが非アクティブのためにタイム アウトするまでの時間数を入力します。

        有効な範囲は 1 ~ 600 秒です。

        ステップ 8   [Server Life Time (1 to 86400 sec)] テキスト ボックスにサーバのライフタイムを入力します。

        有効な範囲は 1 ~ 86400 秒です。

        ステップ 9   [Maximum number of Requests (1 to 86400)] テキスト ボックスに、サーバが受容できる接続要求の最大数を入力します。

        指定できる範囲は、1 ~ 86400 接続です。

        ステップ 10   [Apply] をクリックします。
        ステップ 11   [Save Configuration] をクリックします。

        コントローラ Web GUI の設定

        設定ウィザードでは、コントローラ上での基本的な設定を行うことができます。 このウィザードは、コントローラを購入した直後やコントローラを工場出荷時のデフォルトにリセットした後に実行します。 設定ウィザードは、GUI と CLI の両方の形式で使用できます。


          ステップ 1   PC をサービス ポートに接続し、コントローラと同じサブネットを使用するように IPv4 アドレスを設定します。 コントローラが IOS XE イメージでロードされ、サービス ポート インターフェイスは gigabitethernet 0/0 として設定されます。

          ステップ 2   Internet Explorer 10 以降、Firefox 2.0.0.11 以降、または Google Chrome をご使用の PC で開始し、ブラウザ ウインドウに管理インターフェイスの IP アドレスを入力します。 管理インターフェイスの IP アドレスは、gigabitethernet 0/0(別名サービス ポート インターフェイス)と同じです。 初めてログインするときは、HTTP のユーザ名およびパスワードを入力する必要があります。 デフォルトでは、ユーザ名は admin、パスワードは cisco です。

          サービス ポート インターフェイスを使用するとき、HTTP と HTTPS の両方を使用できます。 HTTPS はデフォルトでイネーブルになっており、HTTP をイネーブルにすることもできます。

          初めてログインするときは、[Accessing Cisco Switch Accessing Cisco Controller <Model Number> <Hostname>] ページが表示されます。

          ステップ 3   [Accessing Cisco SwitchAccessing Cisco Controller] ページで、[Wireless Web GUI] リンクをクリックして [コントローラweb GUI Home] ページにアクセスします。
          ステップ 4   [Configuration > Wizard] を選択して、コントローラの初期設定に必要なすべての手順を実行します。

          [Admin Users] ページが表示されます。

          ステップ 5   [Admin Users] ページで、このコントローラに割り当てられる管理者ユーザ名を [User Name] テキスト ボックスに、このコントローラに割り当てられる管理者パスワードを [Password] および [Confirm Password] テキスト ボックスに入力します。 [Next] をクリックします。

          デフォルトのユーザ名は admin、デフォルトのパスワードは cisco です。 コントローラに新しい管理者ユーザを作成することもできます。 ユーザ名とパスワードには、24 文字までの ASCII 文字を入力できます。

          [SNMP System Summary] ページが表示されます。

          ステップ 6   [SNMP System Summary] ページで、コントローラについて次の SNMP システム パラメータを入力し、[Next] をクリックします。
          • カスタマー定義のコントローラ位置を、[Location] テキストボックスに。
          • 電話番号と名前などカスタマー定義の連絡先情報を、[Contact] テキストボックスに。
          • [SNMP Global Trap] ドロップダウン リストで、さまざまな SNMP トラップに SNMP 通知を送る場合は [enabled] を、送らない場合は [disabled] を選択。
          • [SNMP Logging] ドロップダウン リストで、システム ログ メッセージを送信する場合は [enabled] を、送信しない場合は [disabled] を選択。
          (注)     

          SNMP トラップ サーバは、ディストリビューション ポートから(gigabitethernet0/0 サービスまたは管理インターフェイスを介さずに)到達可能である必要があります。

          [Management Port] ページが表示されます。

          ステップ 7   [Management Port] ページで、管理ポート インターフェイス(gigabitethernet 0/0)の次のパラメータを入力し、[Next] をクリックします。
          • サービス ポートへ割り当てたインターフェイス IP アドレスを [IP Address] テキスト ボックスに。
          • 管理ポート インターフェイスのネットワーク マスク アドレスを [Netmask] テキスト ボックスに。
          • 選択したポートの IPv4 ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)アドレスを、[IPv4 DHCP Server] テキスト ボックスに。

          [Wireless Management] ページが表示されます。

          ステップ 8   [Wireless Management] ページで、次のワイヤレス インターフェイス管理の詳細を入力し、[Next] をクリックします。
          • [Select Interface] ドロップダウン リストから、[interface—VLAN] または [Ten Gigabit Ethernet] を選択。
          • VLAN タグ ID(VLAN がない場合は 0)を、[VLAN id] テキスト ボックスに。
          • アクセス ポイントが接続されたワイヤレス管理インターフェイスの IP アドレスを、[IP Address] テキスト ボックスに。
          • ワイヤレス管理インターフェイスのネットワーク マスク アドレスを [Netmask] テキスト ボックスに。
          • DHCP IPv4 IP アドレスを [IPv4 DHCP Server] テキストボックスに。

          インターフェイスとして [VLAN] を選択する場合、[Switch Port Configuration] テキスト ボックスに表示された選択リストで、ポートをトランクまたはアクセス ポートとして指定できます。

          [RF Mobility and Country Code] ページが表示されます。

          ステップ 9   [RF Mobility and Country Code] ページで、[RF Mobility] テキスト ボックスに RF モビリティ ドメイン名を入力し、[Country Code] ドロップダウン リストから国番号を選択して、[Next] をクリックします。 GUI からは、1 個の国番号のみ選択できます。
          (注)      RF グルーピング パラメータおよびモビリティの設定前に、適切な内容のコンテンツを参照していることを確認してから、設定作業を継続します。

          [Mobility Configuration] ページが表示され、モビリティ グローバル コンフィギュレーション設定が表示されます。

          ステップ 10   [Mobility Configuration] ページで、次のモビリティ グローバル コンフィギュレーション設定を表示、入力して、[Next] をクリックします。
          • モビリティ コントローラが [Mobility Role] テキスト ボックスに表示されます。
          • モビリティ プロトコルのポート番号が [Mobility Protocol Port] テキスト ボックスに表示されます。
          • モビリティ グループ名が [Mobility Group Name] テキスト ボックスに表示されます。
          • DTLS がイネーブルかどうかが [DTLS Mode] テキスト ボックスに表示されます。 DTLS は、標準化過程にある TLS に基づくインターネット技術特別調査委員会(IETF)プロトコルです。
          • 802.11 無線のモビリティ ドメイン ID が [Mobility Domain ID for 802.11 radios] テキスト ボックスに表示されます。
          • コントローラに設定されたメンバの数が、[Mobility Domain Member Count] テキスト ボックスに表示されます。
          • コントローラを Mobility Oracle としてイネーブルにするには、[Mobility Oracle Enabled] チェック ボックスをオンにします。
            (注)     

            Mobility Oracle として設定できるのはコントローラだけです。 スイッチは Mobility Oracle として設定できません。

            Mobility Oracle は任意で、モビリティ ドメイン全体のクライアント データベースをメンテナンスします。
          • ピア コントローラに送信される ping 要求の間隔を、[Mobility Keepalive Interval (1-30)sec] テキスト ボックスに入力します(秒単位)。 有効範囲は 1 ~ 30 秒で、デフォルト値は 10 秒です。
          • ピア コントローラが到達不能と判断するまでにピアに送信される ping 要求の回数を、[Mobility Keepalive Count (3-20)] テキスト ボックスに入力します。 有効な範囲は 3 ~ 20 で、デフォルト値は 3 です。
          • モビリティ コントローラに設定可能な DSCP 値を、[Mobility Control Message DSCP Value (0-63)] テキスト ボックスに入力します。 有効な範囲は 0 ~ 63 で、デフォルト値は 0 です。

          [WLANs] ページが表示されます。

          ステップ 11   [Mobility Configuration] ページで、次のモビリティ グローバル コンフィギュレーション設定を表示、入力して、[Next] をクリックします。
          • [Mobility Role] ドロップダウン リストから、[Mobility Controller] または [Mobility Agent] を選択します。
            • [Mobility Agent] が選択された場合、モビリティ コントローラの IP アドレスを [Mobility Controller IP Address] テキスト ボックスに入力し、モビリティ コントローラの IP アドレスを [Mobility Controller Public IP Address] テキスト ボックスに入力します。
            • [Mobility Controller] が選択された場合、モビリティ コントローラの IP アドレスとモビリティ コントローラのパブリック IP アドレスがそれぞれのテキスト ボックスに表示されます。
          • モビリティ プロトコルのポート番号が [Mobility Protocol Port] テキスト ボックスに表示されます。
          • モビリティ スイッチ ピア グループ名が [Mobility Switch Peer Group Name] テキスト ボックスに表示されます。
          • DTLS がイネーブルかどうかが [DTLS Mode] テキスト ボックスに表示されます。 DTLS は、標準化過程にある TLS に基づくインターネット技術特別調査委員会(IETF)プロトコルです。
          • 802.11 無線のモビリティ ドメイン ID が [Mobility Domain ID for 802.11 radios] テキスト ボックスに表示されます。
          • ピア コントローラに送信される ping 要求の間隔を、[Mobility Keepalive Interval (1-30)sec] テキスト ボックスに入力します(秒単位)。 有効範囲は 1 ~ 30 秒で、デフォルト値は 10 秒です。
          • ピア コントローラが到達不能と判断するまでにピアに送信される ping 要求の回数を、[Mobility Keepalive Count (3-20)] テキスト ボックスに入力します。 有効な範囲は 3 ~ 20 で、デフォルト値は 3 です。
          • モビリティ コントローラに設定可能な DSCP 値を、[Mobility Control Message DSCP Value (0-63)] テキスト ボックスに入力します。 有効な範囲は 0 ~ 63 で、デフォルト値は 0 です。
          • 設定されたモビリティ スイッチ ピア グループのメンバ数が [Switch Peer Group Members Configured] テキスト ボックスに表示されます。

          [WLANs] ページが表示されます。

          ステップ 12   [WLANs] ページで、次の WLAN 設定パラメータを入力し、[Next] をクリックします。
          • WLAN ID を [WLAN ID] テキスト ボックスに。
          • クライアントが関連付けられる WLAN の SSID を [SSID] に。
          • クライアントが使用する WLAN の名前を [Profile Name] テキスト ボックスに。

          [802.11 Configuration] ページが表示されます。

          ステップ 13   [802.11 Configuration] ページで、[802.11a/n/ac] と [802.11b/g/n] チェックボックスのいずれかまたは両方をオンにして 802.11 無線をイネーブルにし、[Next] をクリックします。

          [Set Time] ページが表示されます。

          ステップ 14   [Set Time] ページで、コントローラの日付と時刻を次のパラメータに基づいて設定し、[Next] をクリックします。
          • コントローラの現在のタイムスタンプが [Current Time] テキスト ボックスに表示されます。
          • [Mode] ドロップダウン リストから、[Manual] と [NTP] のいずれかを選択します。 NTP サーバを使用する場合、コントローラに接続されたアクセス ポイントすべてが、使用できる NTP サーバ設定に基づいて時刻を同期します。
          • コントローラの日付を [Year]、[Month]、[Day] ドロップダウン リストから選択します。
          • [Hours]、[Minutes]、[Seconds] ドロップダウン リストから時刻を選択します。
          • [Zone] テキスト ボックスで時間帯を設定し、コントローラで設定された現在時刻との比較で必要なオフセット設定を [Offset] ドロップダウン リストから選択します。

          [Save Wizard] ページが表示されます。

          ステップ 15   [Save Wizard] ページで、ここまでのステップでコントローラに設定した内容を確認できます。設定値を変更する場合、[Previous] をクリックして該当ページに移動します。

          ウィザードを使用して作成されたコントローラのコンフィギュレーションは、すべてのウィザードの成功を示すメッセージが表示された場合にのみ保存できます。 [Save Wizard] ページでエラーが表示された場合、コントローラの初期設定のウィザードを再作成する必要があります。