Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

show コマンド

この項では、モビリティの設定に関する情報を表示する show コマンドを示します。

モビリティ設定の表示コマンド

show mobility コマンドを使用して、モビリティ設定を表示します。

show mobility anchor

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの無線 LAN アンカー エクスポート リストを表示するには、または特定の WLAN または有線ゲスト LAN のモビリティ アンカーとして設定されたコントローラのリストとステータスを表示するには、show mobility anchor コマンドを使用します。

show mobility anchor [ wlan wlan_id | guest-lan guest_lan_id]

構文の説明

wlan

(任意)無線 LAN モビリティ グループの設定を表示します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

guest-lan

(任意)ゲスト LAN モビリティ グループの設定を表示します。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

Status フィールドの出力(例を参照)には、次のいずれかの値が表示されます。

  • UP:コントローラはアクセス可能で、データを渡すことができます。
  • CNTRL_PATH_DOWN:mpings に失敗しました。 コントロール パス経由でコントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。
  • DATA_PATH_DOWN:epings に失敗しました。 コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。
  • CNTRL_DATA_PATH_DOWN:mpings および epings の両方に失敗しました。 コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。

次に、モビリティ無線 LAN アンカー リストを表示する例を示します。


> show mobility anchor
Mobility Anchor Export List
 WLAN ID     IP Address            Status
 -------     ---------------       ------
 12           192.168.0.15         UP
 GLAN ID     IP Address            Status
 -------     ---------------       -------
 1           192.168.0.9           CNTRL_DATA_PATH_DOWN

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility foreign-map

show mobility summary

show mobility ap-list

モビリティ AP リストを表示するには、show mobility ap-list コマンドを使用します。

show mobility ap-list

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ AP リストを表示する例を示します。

> show mobility ap-list
AP Name                       AP Radio MAC address      Controller          Learnt From
-------------------------------  -----------------------   ---------------    ----------------
AP30e4.dbc5.38ab                   b8:62:1f:e5:33:10         9.7.104.10           Self


関連コマンド

config mobility group

debug mobility

show mobility anchor

config wlan mobility foreign-map

config mobility group member

config wlan mobility anchor

show mobility summary

show mobility foreign-map

モビリティ無線 LAN の外部マップ リストを表示するには、show mobility foreign-map コマンドを使用します。

show mobility foreign-map wlan wlan_id

構文の説明

wlan

モビリティ WLAN の外部マップ リストを表示します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ無線 LAN に外部マップ リストを取得する例を示します。


> show mobility foreign-map wlan 2
Mobility Foreign Map List
 WLAN ID               Foreign MAC Address                 Interface
 -------               -------------------                 ---------
   2                    00:1b:d4:6b:87:20                  dynamic-105

関連コマンド

debug mobility

show mobility anchor

config wlan mobility foreign-map

config mobility group member

config wlan mobility anchor

show mobility summary

show mobility group member

同じドメイン内のモビリティ グループ メンバの詳細を表示するには、show mobility group member コマンドを使用します。

show mobility group member hash

構文の説明

hash

同じドメイン内のモビリティ グループ メンバのハッシュ キーを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ グループ メンバのハッシュ キーを表示する例を示します。

> show mobility group member hash
Default Mobility Domain.......................... new-mob

 IP Address      Hash Key
---------------------------------------------------------

 9.2.115.68      a819d479dcfeb3e0974421b6e8335582263d9169

 9.6.99.10       0974421b6e8335582263d9169a819d479dcfeb3e

 9.7.7.7         feb3e0974421b6e8335582263d9169a819d479dc

関連コマンド

show certificate ssc

show mobility group member

config certificate ssc

config mobility group member hash

debug mobility

show mobility anchor

config wlan mobility foreign-map

config mobility group member

config wlan mobility anchor

show mobility summary

show mobility statistics

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの統計情報を表示するには、show mobility statistics コマンドを使用します。

show mobility statistics

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Mobility Manager の統計情報を表示する例を示します。


> show mobility statistics
Global Mobility Statistics
   Rx Errors..................................... 0
   Tx Errors..................................... 0
   Responses Retransmitted....................... 0
   Handoff Requests Received..................... 0
   Handoff End Requests Received................. 0
   State Transitions Disallowed.................. 0
   Resource Unavailable.......................... 0
Mobility Initiator Statistics
   Handoff Requests Sent......................... 0
   Handoff Replies Received...................... 0
   Handoff as Local Received..................... 2
   Handoff as Foreign Received................... 0
   Handoff Denys Received........................ 0
   Anchor Request Sent........................... 0
   Anchor Deny Received.......................... 0
   Anchor Grant Received......................... 0
   Anchor Transfer Received...................... 0
Mobility Responder Statistics
   Handoff Requests Ignored...................... 0
   Ping Pong Handoff Requests Dropped............ 0
   Handoff Requests Dropped...................... 0
   Handoff Requests Denied....................... 0
   Client Handoff as Local....................... 0
   Client Handoff as Foreign  ................... 0
   Client Handoff Inter Group ................... 0
   Anchor Requests Received...................... 0
   Anchor Requests Denied........................ 0
   Anchor Requests Granted....................... 0
   Anchor Transferred............................ 0

関連コマンド

config mobility group anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

debug mobility

show mobility anchor

show mobility summary

show mobility summary

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの要約情報を表示するには、show mobility summary コマンドを使用します。

show mobility summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

WLAN コントローラの中には、モビリティ セキュリティ モードが表示されないものがあります。

次に、Mobility Manager のサマリーを表示する例を示します。


> show mobility summary
Symmetric Mobility Tunneling (current) .......... Disabled
Symmetric Mobility Tunneling (after reboot) ..... Disabled
Mobility Protocol Port........................... 16666
Mobility Security Mode........................... Disabled
Default Mobility Domain.......................... snmp_gui
Multicast Mode .................................. Disabled
Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x66bd
Mobility Keepalive Interval...................... 10
Mobility Keepalive Count......................... 3
Mobility Group Members Configured................ 1
Mobility Control Message DSCP Value.............. 0
Controllers configured in the Mobility Group
MAC Address        IP Address       Group Name         Multicast IP 	Status
00:1b:d4:6b:87:20    1.100.163.70     snmp_gui         0.0.0.0	       Up

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

プロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)の表示コマンド

Mobile Access Gateway(MAG)と Local Mobility Anchor(LMA)の PMIPv6 情報を表示するには、show pmipv6 コマンドを使用します。

show pmipv6 domain

PMIPv6 ドメインのサマリー情報を表示するには、show pmipv6 domain コマンドを使用します。

show pmipv6 domain domain_name profile profile_name

構文の説明

domain_name

PMIPv6 ドメインの名前。 ドメイン名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

profile

PMIPv6 プロファイルを指定します。

profile_name

PMIPv6 ドメインに関連付けられたプロファイル名。 プロファイル名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

次に、PMIPv6 ドメインのサマリー情報を表示する方法を示します。

> show pmipv6 domain floor1 profile profile1
NAI: @vodfone.com
APN: Vodafone
LMA: Vodafonelma

NAI: *
APN: ciscoapn
LMA: ciscolma

関連コマンド

show pmipv6 profile summary

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config wlan pmipv6 profile-name

config pmipv6 domain

config pmipv6 add profile

show pmipv6 mag bindings

Mobile Access Gateway(MAG)のバインディング情報を表示するには、show pmipv6 mag binding コマンドを使用します。

show pmipv6 mag bindings [ lma lma_name | nai nai_string]

構文の説明

lma

(任意)Local Mobility Anchor(LMA)に対する MAG のバインディングの詳細を表示します。

lma_name

LMA の名前。 LMA 名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

nai

(任意)クライアントに対する MAG のバインディングの詳細を表示します。

nai_string

クライアントのネットワーク アクセス ID(NAI)。 NAI は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。 コロンを除くすべての特殊文字を使用できます。

次の例では、MAG バインディングを表示する方法を示します。

> show pmipv6 mag binding
[Binding][MN]: Domain: D1, Nai: MN1@cisco.com
        [Binding][MN]: State: ACTIVE
        [Binding][MN]: Interface: Management
        [Binding][MN]: Hoa: 0xE0E0E02, att: 3, llid: aabb.cc00.c800
        [Binding][MN][LMA]: Id: LMA1
        [Binding][MN][LMA]: lifetime: 3600
        [Binding][MN][GREKEY]: Upstream: 102, Downstream: 1

関連コマンド

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show pmipv6 mag globals

show pmipv6 mag stats

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 mag bri retries

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag binding maximum

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag replay-protection

config pmipv6 mag bri delay

show pmipv6 mag globals

Mobile Access Gateway(MAG)の PMIPv6 グローバル パラメータを表示するには、show pmipv6 mag globals コマンドを使用します。

show pmipv6 mag globals

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に MAG の PMIPv6 グローバル パラメータを表示する例を示します。

> show pmipv6 mag globals
Domain  : D1

MAG Identifier  : M1
        MAG Interface                   : Management
        Max Bindings                    : 10000
        Registration Lifetime           : 3600 (sec)
        BRI Init-delay time             : 1000 (msec)
        BRI Max-delay time              : 2000 (msec)
        BRI Max retries                 : 1
        Refresh time                    : 300 (sec)
        Refresh RetxInit time           : 1000 (msec)
        Refresh RetxMax time            : 32000 (msec)
        Timestamp option                : Enabled
        Validity Window                 : 7
        Peer#1:
                LMA Name: AN-LMA-5K      LMA IP: 209.165.201.10 
        Peer#2:
                LMA Name: AN-LMA         LMA IP: 209.165.201.4 
        Peer#3:
                LMA Name: AN-LMA         LMA IP: 209.165.201.4 

関連コマンド

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show pmipv6 mag stats

show pmipv6 mag bindings

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 mag bri retries

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag binding maximum

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag replay-protection

config pmipv6 mag bri delay

show pmipv6 mag stats

Mobile Access Gateway(MAG)の統計情報を表示するには、show pmipv6 mag stats コマンドを使用します。

show pmipv6 mag stats [ domain domain_name peer lma_name]

構文の説明

domain

(任意)ドメインの Local Mobility Anchor(LMA)の MAG 統計情報を表示します。

domain_name

PMIPv6 ドメインの名前。 ドメイン名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

peer

(任意)LMA の MAG 統計情報を表示します。

lma_name

LMA の名前。 LMA 名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

使用上のガイドライン

次の表に、LMA 統計情報の説明を示します。

表 1 LMA 統計情報の説明:

LMA 統計情報

説明

PBU Sent

MAG が LMA に送信する Proxy Binding Updates(PBU)の総数。

PBU は、MAG によってモバイル ノードの LMA に送信される要求メッセージです。このメッセージにより、モバイル ノードのインターフェイスと現在の気付アドレス(Proxy-CoA)間でバインディングが確立されます。

PBA Received

LMA から MAG が受信する Proxy Binding Acknowledgements(PBA)の総数。

PBA は、MAG から受信した PBU メッセージに対して、LMA から送信される応答メッセージです。

PBRI Sent

MAG が LMA に送信する Proxy Binding Revocation Indications(PBRI)の総数。

PBRI Received

MAG が LMA から受信する PBRI の総数。

PBRA Sent

MAG が LMA に送信する Proxy Binding Revocation Acknowledgements(PBRA)の総数。

PBRA Received

MAG が LMA から受信する PBRA の総数。

Number of Handoff

MAG と LMA 間のハンドオフの数。

次に、LMA の統計情報を表示する例を示します。

> show pmipv6 mag stats
[M1]: Total Bindings    : 1
[M1]: PBU Sent          : 7
[M1]: PBA Rcvd          : 4
[M1]: PBRI Sent         : 0
[M1]: PBRI Rcvd         : 0
[M1]: PBRA Sent         : 0
[M1]: PBRA Rcvd         : 0
[M1]: No Of handoff     : 0

関連コマンド

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show pmipv6 mag globals

show pmipv6 mag bindings

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 mag bri retries

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag binding maximum

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag replay-protection

config pmipv6 mag bri delay

show pmipv6 profile summary

PMIPv6 プロファイルのサマリーを表示するには、show pmipv6 profile summary コマンドを使用します。

show pmipv6 profile summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、PMIPv6 プロファイルのサマリーを表示する例を示します。

> show pmipv6 profile summary
	Profile Name				WLAN IDS (Mapped)
 ------------    -----------------
  Group1            6

関連コマンド

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config wlan pmipv6 profile-name

その他の show コマンド

この項では、モビリティの設定に関する情報を表示するその他の show コマンドを示します。

show advanced client-handoff

再試行後の自動クライアント ハンドオフ回数を表示するには、show advanced client-handoff コマンドを使用します。

show advanced client-handoff

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、再試行数の上限を超えた後に、クライアントの自動ハンドオフ モードを表示する例を示します。


> show advanced client-handoff
Client auto handoff after retries................  130

関連コマンド

config advanced client-handoff

config advanced 802.11 summary

show l2tp

レイヤ 2 トンネリング プロトコル(L2TP)セッションを表示するには、show l2tp コマンドを使用します。

show l2tp { summary | ip_address}

構文の説明

summary

すべての L2TP セッションを表示します。

ip_address

IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての L2TP セッションのサマリーを表示する例を示します。


> show l2tp summary
LAC_IPaddr LTid LSid RTid RSid ATid ASid State
---------- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -----

show wlan

特定の無線 LAN または外部アクセス ポイントの設定情報、または無線 LAN の要約情報を表示するには、show wlan コマンドを使用します。

show wlan { apgroups | summary | wlan_id | foreignAp }

構文の説明

apgroups

アクセス ポイント グループ情報を表示します。

summary

すべての無線 LAN の要約を表示します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

foreignAp

外部アクセス ポイントのサポート設定を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、wlan_id 1 の無線 LAN のサマリーを表示する例を示します。


> show wlan 1 
WLAN Identifier.................................. 1
Profile Name..................................... aicha
Network Name (SSID).............................. aicha
Status........................................... Enabled
MAC Filtering.................................... Disabled
Broadcast SSID................................... Enabled
AAA Policy Override.............................. Disabled
Network Admission Control
   Client Profiling Status ...................... Disabled
   DHCP ......................................... Disabled
   HTTP ......................................... Disabled
   Radius-NAC State.............................. Enabled
   SNMP-NAC State................................ Enabled
Quarantine VLAN................................ 0
Maximum number of Associated Clients............. 0
Maximum number of Clients per AP Radio........... 200
Number of Active Clients......................... 0
Exclusionlist Timeout............................ 60 seconds
Session Timeout.................................. 1800 seconds
User Idle Timeout................................ 300 seconds
User Idle Threshold.............................. 0 Bytes
NAS-identifier................................... Talwar1
CHD per WLAN..................................... Enabled
Webauth DHCP exclusion........................... Disabled
Interface........................................ management
Multicast Interface.............................. Not Configured
WLAN IPv4 ACL.................................... unconfigured
WLAN IPv6 ACL.................................... unconfigured
mDNS Status...................................... Disabled
mDNS Profile Name................................ unconfigured
DHCP Server...................................... Default
DHCP Address Assignment Required................. Disabled
Static IP client tunneling....................... Enabled
PMIPv6 Mobility Type............................. none
Quality of Service............................... Silver (best effort)
Per-SSID Rate Limits............................. Upstream      Downstream
Average Data Rate................................   0             0
Average Realtime Data Rate.......................   0             0
Burst Data Rate..................................   0             0
Burst Realtime Data Rate.........................   0             0
Per-Client Rate Limits........................... Upstream      Downstream
Average Data Rate................................   0             0
Average Realtime Data Rate.......................   0             0
Burst Data Rate..................................   0             0
Burst Realtime Data Rate.........................   0             0
Scan Defer Priority.............................. 4,5,6
Scan Defer Time.................................. 100 milliseconds
WMM.............................................. Allowed
WMM UAPSD Compliant Client Support............... Disabled
Media Stream Multicast-direct.................... Disabled
CCX - AironetIe Support.......................... Enabled
CCX - Gratuitous ProbeResponse (GPR)............. Disabled
CCX - Diagnostics Channel Capability............. Disabled
Dot11-Phone Mode (7920).......................... Disabled
Wired Protocol................................... None
Passive Client Feature........................... Disabled
IPv6 Support..................................... Disabled
Peer-to-Peer Blocking Action..................... Disabled
Radio Policy..................................... All
DTIM period for 802.11a radio.................... 1
DTIM period for 802.11b radio.................... 1
Radius Servers
   Authentication................................ Global Servers
   Accounting.................................... Global Servers
   Interim Update............................. Disabled
   Dynamic Interface............................. Disabled
Local EAP Authentication......................... Enabled (Profile 'Controller_Local_EAP')
Security
   802.11 Authentication:........................ Open System
    FT Support.................................... Disabled
   Static WEP Keys............................... Disabled
   802.1X........................................ Disabled
   Wi-Fi Protected Access (WPA/WPA2)............. Enabled
      WPA (SSN IE)............................... Enabled
         TKIP Cipher............................. Disabled
         AES Cipher.............................. Enabled
      WPA2 (RSN IE).............................. Enabled
         TKIP Cipher............................. Disabled
         AES Cipher.............................. Enabled
Auth Key Management
         802.1x.................................. Enabled
         PSK..................................... Disabled
         CCKM.................................... Enabled
         FT(802.11r)............................. Disabled
         FT-PSK(802.11r)......................... Disabled
									PMF-1X(802.11w)......................... Enabled
         PMF-PSK(802.11w)........................ Disabled
FT Reassociation Timeout......................... 20
FT Over-The-Air mode............................. Enabled
FT Over-The-Ds mode.............................. Enabled
      GTK Randomization.......................... Disabled
      SKC Cache Support.......................... Disabled
      CCKM TSF Tolerance......................... 1000
   Wi-Fi Direct policy configured................ Disabled
   EAP-Passthrough............................... Disabled
CKIP ......................................... Disabled
   IP Security................................... Disabled
   IP Security Passthru.......................... Disabled
   Web Based Authentication...................... Disabled
   Web-Passthrough............................... Disabled
   Conditional Web Redirect...................... Disabled
   Splash-Page Web Redirect...................... Disabled
   Auto Anchor................................... Disabled
   FlexConnect Local Switching................... Enabled
   flexconnect Central Dhcp Flag................. Disabled
   flexconnect nat-pat Flag...................... Disabled
   flexconnect Dns Override Flag................. Disabled
   FlexConnect Vlan based Central Switching ..... Disabled
   FlexConnect Local Authentication.............. Disabled
   FlexConnect Learn IP Address.................. Enabled
   Client MFP.................................... Optional
			PMF........................................... Disabled
   PMF Association Comeback Time................. 1
   PMF SA Query RetryTimeout..................... 200
   Tkip MIC Countermeasure Hold-down Timer....... 60
Call Snooping.................................... Disabled
Roamed Call Re-Anchor Policy..................... Disabled
SIP CAC Fail Send-486-Busy Policy................ Enabled
SIP CAC Fail Send Dis-Association Policy......... Disabled
KTS based CAC Policy............................. Disabled
Band Select...................................... Disabled
Load Balancing................................... Disabled
 Mobility Anchor List
 WLAN ID     IP Address            Status
 -------     ---------------       ------
802.11u........................................ Enabled
  Network Access type............................ Chargeable Public Network
  Internet service............................... Enabled
  Network Authentication type.................... Not Applicable
  HESSID......................................... 00:00:00:00:00:00
  IP Address Type Configuration
    IPv4 Address type............................  Available
    IPv6 Address type............................  Not Known

  Roaming Consortium List
    Index       OUI List     In Beacon
    -----   --------------   ---------
      1         313131       Yes
      2         DDBBCC       No
      3         DDDDDD       Yes
 Realm configuration summary
    Realm index.................................. 1
    Realm name................................... jobin
      EAP index.................................. 1
      EAP method................................. Unsupported
    Index   Inner Authentication           Authentication Method
    -----   --------------------           ---------------------
        1                Credential Type                   SIM
        2   Tunneled Eap Credential Type                   SIM
        3                Credential Type                   SIM
        4                Credential Type                  USIM
        5                Credential Type        Hardware Token
        6                Credential Type             SoftToken
  Domain name configuration summary
    Index  Domain name
    -------------------
        1   rom3
        2   ram
        3   rom1

Hotspot 2.0.................................... Enabled

  Operator name configuration summary
    Index   Language   Operator name
    -----   --------   -------------
        1        ros   Robin

  Port config summary
 Index   IP protocol   Port number   Status
    -----   -----------   -----------   -------
        1             1             0    Closed
        2             1             0    Closed
        3             1             0    Closed
        4             1             0    Closed
        5             1             0    Closed
        6             1             0    Closed
        7             1             0    Closed
 WAN Metrics Info
    Link status.................................. Up
    Symmetric Link............................... No
    Downlink speed............................... 4 kbps
    Uplink speed................................. 4 kbps

MSAP Services.................................. Disabled

次に、すべての WLAN のサマリーを表示する例を示します。


> show wlan summary
Number of WLANs.................................. 1

WLAN ID  WLAN Profile Name / SSID               Status    Interface Name        PMIPv6 Mobility
-------  -------------------------------------  --------  --------------------  ---------------
1        apsso / apsso                          Disabled  management            none

次に、外部アクセス ポイントのサポート設定を表示する例を示します。


> show wlan foreignap
Foreign AP support is not enabled.

次に、AP グループを表示する例を示します。


> show wlan apgroups 
Total Number of AP Groups........................ 1
Site Name........................................ APuser
Site Description................................. <none>
Venue Name....................................... Not configured
Venue Group Code..................................Unspecified
Venue Type Code...................................Unspecified
Language Code.................................... Not configured
AP Operating Class............................... 83,84,112,113,115,116,117,118,123
RF Profile
----------
2.4 GHz band..................................... <none>
5 GHz band....................................... <none>
WLAN ID          Interface          Network Admission Control          Radio Policy
-------          -----------        --------------------------         ------------
 14              int_4                Disabled                          All
AP Name             Slots  AP Model             Ethernet MAC       Location          Port  Country  Priority
------------------  -----  -------------------  -----------------  ----------------  ----  -------  --------
Ibiza                2     AIR-CAP2602I-A-K9    44:2b:03:9a:8a:73  default location  1     US       1
Larch                2     AIR-CAP3502E-A-K9    f8:66:f2:ab:23:95  default location  1     US       1

Zest                 2     AIR-CAP3502I-A-K9    00:22:90:91:6d:b6               ren  1     US       1

関連コマンド

config wlan

config wlan 7920-support

config wlan acl

config wlan interface

config wlan roamed-voice-client re-anchor

show logging

syslog ファシリティ ロギング パラメータとバッファの内容を表示するには、show logging コマンドを使用します。

show logging

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、現在の設定とバッファの詳細な内容を表示する例を示します。


> show logging
Logging to buffer :
- Logging of system messages to buffer :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 67227
 - Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to buffer ........... Disabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to console :
- Logging of system messages to console :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 0
 - Number of system messages dropped............. 88363
- Logging of debug messages to console .......... Enabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to syslog :
- Syslog facility................................ local0
- Logging of system messages to syslog :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 67227
 - Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to syslog ........... Disabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
- Number of remote syslog hosts.................. 0
  - Host 0....................................... Not Configured
  - Host 1....................................... Not Configured
  - Host 2....................................... Not Configured
Logging of traceback............................. Disabled
Logging of process information................... Disabled
Logging of source file informational............. Enabled
Timestamping of messages.........................
- Timestamping of system messages................ Enabled
 - Timestamp format.............................. Date and Time
- Timestamping of debug messages................. Enabled
 - Timestamp format.............................. Date and Time
 Logging buffer (67227 logged, 21136 dropped)
*Apr 03 09:48:01.728: %MM-3-INVALID_PKT_RECVD: mm_listen.c:5508 Received an invalid
packet from 1.100.163.51. Source member:0.0.0.0. source member unknown.
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DECODE_ERR: spam_lrad.c:1271 Error decoding discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DISC_OTAP_ERR: spam_lrad.c:5554 Ignoring OTAP discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20, OTAP is disabled
Previous message occurred 2 times.

関連コマンド

config logging syslog host

config logging syslog facility

config logging syslog level

コンフィギュレーション コマンド

この項では、モビリティを設定する config コマンドを示します。

モビリティのコンフィギュレーション コマンド

config mobility コマンドを使用して、モビリティ(ローミング)の設定を行います。

config mobility dscp

モビリティ コントローラ間の DSCP 値を設定するには、config mobility dscp コマンドを使用します。

config mobility dscp dscp_value

構文の説明

dscp_value

0~63 の DSCP 値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ コントローラ間の DSCP 値を 40 に設定する例を示します。


> config mobility dscp 40

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

config mobility group anchor

WLAN または有線ゲスト LAN に新しいモビリティ アンカーを作成するには、config mobility group anchor コマンドを使用します。

config mobility group anchor { add | delete} { wlan wlan_id | guest-lan guest_lan_id} anchor_ip

構文の説明

add

無線 LAN にモビリティ アンカーを追加または変更します。

delete

無線 LAN からモビリティ アンカーを削除します。

wlan

無線 LAN のアンカー設定を指定します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

guest-lan

ゲスト LAN のアンカー設定を指定します。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

anchor_ip

アンカー コントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

wlan_id または guest_lan_id は必ず指定し、無効にする必要があります。

1 つ目のモビリティ アンカーを設定するときに、WLAN または有線ゲスト LAN で自動アンカー モビリティを有効にします。 最後のアンカーを削除すると、自動アンカー モビリティ機能は無効になり、新しいアソシエーションに対しては標準のモビリティが再度使用されるようになります。

次に、無線 LAN ID 2 に IP アドレス 192.12.1.5 のモビリティ アンカーを追加する例を示します。


> config mobility group anchor add wlan 2 192.12.1.5

次に、無線 LAN から IP アドレス 193.13.1.15 のモビリティ アンカーを削除する例を示します。

> config mobility group anchor delete wlan 5 193.13.1.5

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility group domain

モビリティ ドメイン名を設定するには、config mobility group domain コマンドを使用します。

config mobility group domain domain_name

構文の説明

domain_name

ドメイン名。 ドメイン名は最大 31 文字で、大文字と小文字を区別します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ ドメイン名 lab1 を設定する例を示します。


> config mobility group domain lab1

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility group keepalive count

エラーが発生したモビリティ グループ(アンカー コントローラを含む)を検出するようにコントローラを設定するには、config mobility group keepalive count コマンドを使用します。

config mobility group keepalive count count

構文の説明

count

モビリティ グループ メンバに ping 要求を送信する回数。この回数を超えると、メンバにはアクセスできないと見なされます。 有効な範囲は 3 ~ 20 です。 デフォルトは 3 です。

コマンド デフォルト

3.

次に、モビリティ グループ メンバに ping 要求を送信する回数を 3 回に指定する方法の例を示します。この回数を超えると、メンバにはアクセスできないと見なされます。


> config mobility group keepalive count 3

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility group keepalive interval

エラーが発生したモビリティ グループ(アンカー コントローラを含む)を検出するようにコントローラを設定するには、config mobility group keepalive コマンドを使用します。

config mobility group keepalive interval

構文の説明

interval

モビリティ グループ メンバへの ping 要求の送信間隔。 範囲は 1 ~ 30 です。 デフォルト値は 10 秒です。

コマンド デフォルト

10 秒。

次に、モビリティ グループ メンバに送信する各 ping 要求の間隔を 10 秒に指定する例を示します。


> config mobility group keepalive 10

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility group member

モビリティ グループのメンバ リストでユーザの追加または削除を行うには、config mobility group member コマンドを使用します。

config mobility group member { add MAC IP_address [ group_name] | delete MAC IP _address | hash IP _address { key | none}}

構文の説明

add

リストでモビリティ グループ メンバを追加または変更します。

MAC

メンバ スイッチの MAC アドレス。

IP_address

メンバ スイッチの IP アドレス。

group_name

(任意)メンバ スイッチ グループ名(デフォルトのグループ名と異なる場合)。

delete

(任意)リストからモビリティ グループ メンバを削除します。

hash

認証のためにハッシュ キーを設定します。 メンバーが同じ仮想ドメインのコントローラである場合だけ、ハッシュ キーを設定できます。

key

仮想コントローラのハッシュ キー。 たとえば、a819d479dcfeb3e0974421b6e8335582263d9169 のようになります。

none

仮想コントローラの以前のハッシュ キーをクリアします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、リストにモビリティ グループ メンバを追加する例を示します。

> config mobility group member add 11:11:11:11:11:11 192.12.1.2

次に、同じドメインの仮想コントローラのハッシュ キーを設定する例を示します。

> config mobility group member hash 9.2.115.68 a819d479dcfeb3e0974421b6e8335582263d9169

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility group multicast-address

モビリティ リスト内の非ローカル グループに対して、マルチキャスト グループ IP アドレスを設定するには、config mobility group multicast-address コマンドを使用します。

config mobility group multicast-address group_name IP_address

構文の説明

group_name

メンバ スイッチ グループ名(デフォルトのグループ名と異なる場合)。

IP_address

メンバ スイッチの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、test という名前のグループに対して、マルチキャスト グループの IP アドレス 10.10.10.1 を設定する例を示します。


> config mobility group multicast-address test 10.10.10.1

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility multicast-mode

マルチキャスト モビリティ モードをイネーブルまたはディセーブルにするには、config mobility multicast-mode コマンドを使用します。

config mobility multicast-mode { enable | disable} local_group_multicast_address

構文の説明

enable

マルチキャスト モードをイネーブルにします。この場合、コントローラはマルチキャスト モードを使用して、Mobile Announce メッセージをローカル グループへ送信します。

disable

マルチキャスト モードをディセーブルにします。この場合、コントローラはユニキャスト モードを使用して、Mobile Announce メッセージをローカル グループへ送信します。

local_group_multicast_address

ローカル モビリティ グループの IP アドレス。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、ローカル モビリティ グループの IP アドレス 157.168.20.0 に対して、マルチキャスト モビリティ モードをイネーブルにする例を示します。


> config mobility multicast-mode enable 157.168.20.0

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility secure-mode

Cisco Wireless LAN Controller 間でやり取りするモビリティ メッセージにセキュア モードを設定するには、config mobility secure-mode コマンドを使用します。

config mobility secure-mode { enable | disable}

構文の説明

enable

モビリティ グループのメッセージ セキュリティをイネーブルにします。

disable

モビリティ グループのメッセージ セキュリティをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ メッセージのセキュア モードをイネーブルにする例を示します。


> config mobility secure-mode enable

関連コマンド

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config mobility statistics reset

モビリティの統計情報をリセットするには、config mobility statistics reset コマンドを使用します。

config mobility statistics reset

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、モビリティ グループの統計情報をリセットする例を示します。


> config mobility statistics reset

関連コマンド

config mobility group anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

PMIPv6 のコンフィギュレーション コマンド

コントローラの Mobile Access Gateway(MAG)モジュールで PMIPv6 パラメータを設定するには、config pmipv6 コマンドを使用します。 コントローラの MAG モジュールをイネーブルにし、PMIPv6 コマンドを設定するには、次の前提となるコマンドを設定する必要があります。

  • config pmipv6 domain:コントローラで MAG 機能をイネーブルにし、PMIPv6 ドメインを設定します。
  • config pmipv6 mag lma:MAG で Local Mobility Anchor(LMA)を設定します。
  • config pmipv6 add profile:PMIPv6 プロファイルを作成します。 このコマンドは、オープン認証が使用される場合にだけ必要です。

config pmipv6 domain

PMIPv6 を設定し、コントローラの Mobile Access Gateway(MAG)機能をイネーブルにするには、config pmipv6 domain コマンドを使用します。

config pmipv6 domain domain_name

構文の説明

domain_name

PMIPv6 ドメインの名前。 ドメイン名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、PMIPv6 WLAN のドメイン名を設定する例を示します。

> config pmipv6 domain floor1

関連コマンド

config pmipv6 add profile

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show wlan summary

config pmipv6 add profile

WLAN のプロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)プロファイルを作成するには、config pmipv6 add profile コマンドを使用します。 レルムまたは Service Set Identifier(SSID)に基づいて、PMIPv6 プロファイルを設定できます。

config pmipv6 add profile profile_name nai { user@realm | @realm | *} lma lma_name apn apn_name

構文の説明

profile_name

プロファイルの名前 プロファイル名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

nai

クライアントのネットワーク アクセス ID を指定します。

user@realm

user@realm 形式のクライアントのネットワーク アクセス ID。 NAI 名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

@realm

@realm 形式のクライアントのネットワーク アクセス ID。

*

すべてのネットワーク アクセス ID。 すべてのユーザに対して、SSID に基づいてプロファイルを用意できます。

lma

Local Mobility Anchor(LMA)を指定します。

lma_name

LMA の名前。 LMA 名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

apn

アクセス ポイントを指定します。

ap_name

アクセス ポイントの名前。 アクセス ポイント名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

コントローラがオープン認証を使用する場合、このコマンドは、PMIPv6 コンフィギュレーション コマンドを使用するための前提条件です。

次に、PMIPv6 プロファイルを作成する例を示します。

> config pmipv6 add profile profile1 nai @vodfone.com lma vodfonelma apn vodafoneapn 

関連コマンド

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

config pmipv6 delete

プロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)プロファイル、ドメイン、または Local Mobility Anchor(LMA)を削除するには、config pmipv6 delete コマンドを使用します。

config pmipv6 delete { profile profile_name nai { nai_id | all } | domain domain_name | lma lma_name}

構文の説明

profile

PMIPv6 プロファイルを指定します。

profile_name

PMIPv6 プロファイルの名前。 プロファイル名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

nai

モバイル クライアントのネットワーク アクセス ID(NAI)を指定します。

nai_id

モバイル クライアントのネットワーク アクセス ID。 NAI は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

all

すべての NAI を指定します。 すべての NAI を削除すると、プロファイルが削除されます。

domain

PMIPv6 ドメインを指定します。

domain_name

PMIPv6 ドメインの名前。 ドメイン名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

lma

LMA を指定します。

lma_name

LMA の名前。 LMA 名は最大 127 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ドメインを削除する例を示します。

> config pmipv6 delete lab1

関連コマンド

config pmipv6 add profile

config pmipv6 mag lma

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show wlan summary

config pmipv6 mag binding init-retx-time

Mobile Access Gateway(MAG)が Proxy Binding Acknowledgements(PBA)を受信しない場合、Proxy Binding Updates(PBU)間の初期タイム アウトを設定するには、config pmipv6 mag binding init-retx-time コマンドを使用します。

config pmipv6 mag binding init-retx-time units

構文の説明

units

MAG が PBA を受信しない場合の PBU 間の初期タイムアウト。 範囲は 100 ~ 65535 秒です。

コマンド デフォルト

1000 秒。

次に、MAG が PBA を受信しない場合に PBU 間の初期タイムアウトを設定する例を示します。

> config pmipv6 mag binding init-retx-time 500

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile_name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

config pmipv6 mag binding lifetime

Mobile Access Gateway(MAG)のバインディング エントリのライフタイムを設定するには、config pmipv6 mag binding lifetime コマンドを使用します。

config pmipv6 mag binding lifetime units

構文の説明

units

MAG のバインディング エントリのライフタイム。 バインディング ライフタイムは 4 秒の倍数であることが必要です。 範囲は 10 ~ 65535 秒です。

コマンド デフォルト

65535 秒。

使用上のガイドライン

コントローラのバインディング エントリのライフタイムを設定する前に、プロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)ドメインを設定する必要があります。

次に、コントローラのバインディング エントリのライフタイムを設定する例を示します。

> config pmipv6 mag binding lifetime 5000

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

config pmipv6 mag binding max-retx-time

Mobile Access Gateway(MAG)が Proxy Binding Acknowledgements(PBA)を受信しない場合、Proxy Binding Updates(PBU)間の最大タイム アウトを設定するには、config pmipv6 mag binding max-retx-time コマンドを使用します。

config pmipv6 mag binding max-retx-time units

構文の説明

units

MAG が PBA を受信しない場合の PBU 間の最大タイムアウト。 範囲は 100 ~ 65535 秒です。

コマンド デフォルト

32000 秒。

次に、MAG が PBA を受信しない場合に PBU 間の最大タイムアウトを設定する例を示します。

> config pmipv6 mag binding max-retx-time 50

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 add

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

config pmipv6 mag binding maximum

Mobile Access Gateway(MAG)のバインディング エントリの最大数を設定するには、config pmipv6 mag binding maximum コマンドを使用します。

config pmipv6 mag binding maximum units

構文の説明

units

MAG のバインディング エントリの最大数。 この番号は、MAG に接続されるユーザの最大数を示します。 範囲は 0 ~ 40000 です。

コマンド デフォルト

10000。

使用上のガイドライン

MAG のバインディング エントリの最大数を設定する前に、プロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)ドメインを設定する必要があります。

次に、MAG のバインディング エントリの最大数を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag binding maximum 20000

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config pmipv6 mag binding refresh-time

MAG バインディング エントリのリフレッシュ時間を設定するには、config pmipv6 mag binding refresh-time コマンドを使用します。

config pmipv6 mag binding refresh-time units

構文の説明

units

MAG のバインディング エントリのリフレッシュ時間。 バインディングのリフレッシュ時間は、4 の倍数である必要があります。 範囲は 4 ~ 65535 秒です。

コマンド デフォルト

300 秒

使用上のガイドライン

MAG のバインディング エントリのリフレッシュ時間を設定する前に、PMIPv6 ドメインを設定する必要があります。

次に MAG のバインディング エントリのリフレッシュ時間を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag binding refresh-time 500

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding maximum

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

config pmipv6 mag bri delay

MAG が Binding Revocation Indication(BRI)メッセージを再送信するまでに待機する時間の最大時間または最小時間を設定するには、config pmipv6 mag bri delay コマンドを使用します。

config pmipv6 mag bri delay { min | max} time

構文の説明

min

MAG が BRI メッセージを再送信するまでに待機する最小時間を指定します。

max

MAG が BRI メッセージを再送信するまでに待機する最大時間を指定します。

time

コントローラが BRI メッセージを再送信するまでに待機する最大時間または最小時間。 指定できる範囲は 500 ~ 65535 ミリ秒です。

コマンド デフォルト

MAG が BRI メッセージを再送信するまでに待機する最大時間のデフォルト値は 2 秒です。

MAG が BRI メッセージを再送信するまでに待機する最小時間のデフォルト値は 1 秒です。

次に、MAG が BRI メッセージを再送信するまでに待機する最大時間を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag bri delay min 500

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag bri retries

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config pmipv6 mag bri retries

MAG が Binding Revocation Acknowledgement(BRA)メッセージを受信する前に、Binding Revocation Indication(BRI)メッセージを再送信する最大回数を設定するには、config pmipv6 mag bri retries コマンドを使用します。

config pmipv6 mag bri retries retries

構文の説明

retries

MAG が BRA メッセージを受信する前に、BRI メッセージを再送信する最大回数。 有効な範囲は 1 ~ 10 秒です。

コマンド デフォルト

1 秒

次に、MAG が再試行する最大回数を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag bri retries 5

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 mag lma

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config pmipv6 mag lma

Mobile Access Gateway(MAG)で Local Mobility Anchor(LMA)を設定するには、config pmipv6 mag lma コマンドを使用します。

config pmipv6 mag lma lma_name ipv4-address address

構文の説明

lma_name

LMA の名前。 LMA 名は、LMA を一意に識別する NAI または文字列にすることができます。

ipv4-address

LMA の IP アドレスを指定します。

address

LMA の IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドは、MAG で PMIPv6 のパラメータを設定するための前提条件です。

次に MAG で LMA を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag lma vodafonelma ipv4-address 209.165.200.254

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

show pmipv6 mag stats

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

show mag globals

config pmipv6 mag replay-protection

受信した Proxy Binding Acknowledgement(PBA)のタイムスタンプとリプレイ保護の現在時刻間の最大時間差を設定するには、config pmipv6 mag replay-protection コマンドを使用します。

config pmipv6 mag replay-protection { timestamp window time | sequence-no sequence | mobile-node-timestamp mobile_node_timestamp }

構文の説明

timestamp

PBA メッセージのタイムスタンプを指定します。

window

受信した PBA メッセージのタイムスタンプと現在時刻間の最大時間差を指定します。

time

受信した PBA メッセージのタイムスタンプと現在時刻間の最大時間差(ミリ秒単位)。 範囲は 1 ~ 300 ミリ秒です。

sequence-no

(任意)Proxy Binding Update メッセージのシーケンス番号を指定します。

sequence

(任意)Proxy Binding Update メッセージのシーケンス番号。

mobile_node_timestamp

(任意)モバイル ノードのタイムスタンプを指定します。

mobile_node_timestamp

(任意)モバイル ノードのタイムスタンプ。

コマンド デフォルト

300 ミリ秒。

使用上のガイドライン

このリリースは、タイムスタンプ オプションだけをサポートしています。

次に、受信した PBA メッセージのタイムスタンプと現在時刻間の最大時間差(ミリ秒単位)を設定する例を示します。

> config pmipv6 mag replay-protection timestamp window 200

関連コマンド

config pmipv6 mag binding lifetime

config pmipv6 mag binding refresh-time

config pmipv6 mag binding init-retx-time

config pmipv6 mag binding max-ret-time

config pmipv6 add

config pmipv6 delete

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

無線 LAN プロキシ モビリティ IPv6(PMIPv6)のコンフィギュレーション コマンド

WLAN の PMIPv6 を設定するには、config wlan pmipv6 コマンドを使用します。

config wlan pmipv6 default-realm

PMIPv6 WLAN のデフォルト レルムを設定するには、config wlan pmipv6 default-realm コマンドを使用します。

config wlan pmipv6 default-realm { default-realm-name | none } wlan_id

構文の説明

default-realm-name

WLAN のデフォルトのレルム名。

none

WLAN のレルム名をクリアします。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

次に、PMIPv6 WLAN のデフォルト レルム名を設定する例を示します。

> config wlan pmipv6 default-realm XYZ 6

関連コマンド

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 mobility-type

config pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

config wlan pmipv6 mobility-type

WLAN のモビリティのタイプを設定するには、config wlan pmipv6 mobility-type コマンドを使用します。

config wlan pmipv6 mobility-type { none | pmipv6 | mixed } { wlan_id | all }

構文の説明

none

簡易 IP モビリティで WLAN を設定します。

pmipv6

PMIPv6 モビリティで WLAN を設定します。

mixed

簡易 IP および PMIPv6 モビリティで WLAN を設定します。

all

すべての WLAN に対して、指定したモビリティのタイプをイネーブルにします。

wlan_id

1 ~ 512 の WLAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

モビリティのタイプを設定する場合は、WLAN をディセーブルにする必要があります。

次に、WLAN で PMIPv6 としてモビリティのタイプを設定する例を示します。

 > config wlan pmipv6 mobility-type pmipv6 16

関連コマンド

config wlan pmipv6 profile-name

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show wlan summary

show client summary

config wlan pmipv6 profile_name

PMIPv6 WLAN のプロファイル名を設定するには、config wlan pmipv6 profile_name コマンドを使用します。

config wlan pmipv6 profile_name profile_name wlan_id

構文の説明

profile_name

PMIPv6 WLAN のプロファイル名。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

これは PMIPv6 WLAN または SSID にプロファイル名をバインドします。 モバイル ノードをコントローラに関連付けるたびに、PMIPV6 モジュールのトリガーにプロファイル名および NAI が使用されます。 PMIPV6 モジュールは、LMA IP、APN、NAI など、すべてのプロファイル固有のパラメータを抽出し、PBU を ASR5K に送信します。

次に、PMIPv6 WLAN で ABC01 という名前のプロファイルを作成する例を示します。

> config wlan pmipv6 profile_name ABC01 16

関連コマンド

config wlan pmipv6 mobility-type

config wlan pmipv6 default-realm

config pmipv6 domain

show wlan summary

その他のコンフィギュレーション コマンド

この項では、モビリティを設定する他の config コマンドを示します。

config wlan mobility anchor

無線 LAN で MAC フィルタリングの状態を変更するには、config wlan mobility anchor コマンドを使用します。

config wlan mobility anchor { add | delete} wlan_id ip_address

構文の説明

add

無線 LAN で MAC フィルタリングをイネーブルにします。

delete

無線 LAN で MAC フィルタリングをディセーブルにします。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

ip_address

無線 LAN をアンカーするメンバ スイッチの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、WLAN ID 4 と IP アドレス 192.168.0.14:6 で、モビリティ無線 LAN アンカー リストを設定する例を示します。


> config wlan mobility anchor add 4 192.168.0.14

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config wlan mobility foreign-map

config wlan mobility foreign-map

外部コントローラのインターフェイスまたはインターフェイス グループを設定するには、config wlan mobility foreign-map コマンドを使用します。

config wlan mobility foreign-map { add | delete} wlan_id foreign_mac_address { interface_name | interface_group_name}

構文の説明

add

外部コントローラ マップにインターフェイスまたはインターフェイス グループを追加します。

delete

外部コントローラ マップからインターフェイスまたはインターフェイス グループを削除します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

foreign_mac_address

WLAN の外部スイッチの MAC アドレス。

interface_name

最大 32 文字の英数字のインターフェイス名。

interface_group_name

最大 32 文字の英数字のインターフェイス グループ名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、WLAN ID 4 の外部コントローラに対するインターフェイス グループと、WLAN 00:21:1b:ea:36:60 の外部スイッチの MAC アドレスを追加する例を示します。


> config wlan mobility foreign-map add 4 00:21:1b:ea:36:60 mygroup1

関連コマンド

config wlan mobility anchor

config mobility group member

debug mobility

show mobility anchor

show mobility summary

クリア、デバッグ、および ping コマンド

この項では、モビリティの configdebugping の各コマンドを示します。

clear stats mobility

Mobility Manager の統計情報をクリアするには、clear stats mobility コマンドを使用します。

clear stats mobility

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Mobility Manager の統計情報をクリアする例を示します。


> clear stats mobility
   Mobility stats cleared.

関連コマンド

clear transfer

clear download datatype

clear download filename

clear download mode

clear download serverip

clear download start

clear upload datatype

clear upload filename

clear upload mode

clear upload path

clear upload serverip

clear upload start

clear stats port

debug dot11

dot11 イベント デバッグ オプションを設定するには、debug dot11 コマンドを使用します。

debug dot11 { all | load-balancing | management | mobile | nmsp | probe | rldp | rogue | state} { enable | disable}

構文の説明

all

すべての 802.11 メッセージのデバッグを設定します。

load-balancing

802.11 ロード バランシング イベントのデバッグを設定します。

management

802.11 MAC 管理メッセージのデバッグを設定します。

mobile

802.11 のモバイル イベントのデバッグを設定します。

nmsp

802.11 NMSP インターフェイス イベントのデバッグを設定します。

probe

プローブのデバッグを設定します。

rldp

802.11 不正位置検出のデバッグを設定します。

rogue

802.11 不正イベントのデバッグを設定します。

state

802.11 モバイル状態遷移のデバッグを設定します。

enable

dot11 デバッグを有効にします。

disable

dot11 デバッグを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、dot11 デバッグ設定を有効にする例を示します。


> debug dot11 state enable
> debug dot11 mobile enable

関連コマンド

debug disable-all

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station

debug client

パッシブ クライアントがアクセス ポイントに正しく関連付けられ、パッシブ クライアントがコントローラで DHCP 必須状態に移行した場合にデバッグするには、debug client コマンドを使用します。

debug client mac_address

構文の説明

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、MAC アドレス 00:0d:28:f4:c0:45 のパッシブ クライアントをデバッグする例を示します。


> debug client 00:0d:28:f4:c0:45

関連コマンド

debug disable-all

show capwap reap association

show capwap reap status

debug mobility

無線モビリティの問題をデバッグするには、debug mobility コマンドを使用します。

debug mobility {{ directory | handoff | multicast} { enable | disable} | 
 keep-alive { enable | disable}} IP_address

構文の説明

directory

無線モビリティのエラー メッセージのデバッグを開始します。

handoff

無線モビリティ パケットのデバッグを開始します。

multicast

マルチキャスト モビリティ パケットのデバッグを開始します。

enable

無線モビリティ機能のデバッグをイネーブルにします。

disable

無線モビリティ機能のデバッグをディセーブルにします。

keep-alive

無線モビリティのキープアライブ メッセージのデバッグを開始します。

IP_address

無線モビリティ クライアントの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ワイヤレス モビリティ パケットのデバッグをイネーブルにする例を示します。


> debug mobility handoff enable

関連コマンド

config guest-lan mobility anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

config wlan mobility anchor

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

eping

2 台のコントローラ間のモビリティ Ethernet over IP(EoIP)データ パケット通信をテストするには、eping コマンドを使用します。

eping mobility_peer_IP_address

構文の説明

mobility_peer_IP_address

モビリティ グループに属するコントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドは、管理インターフェイス上のモビリティ データ トラフィックをテストします。


(注)  


この PING テストは、インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)ベースではありません。 「ping」という用語は、エコー要求とエコー応答メッセージを示すために使用されます。


次に、EoIP データ パケットをテストし、モビリティ グループに属するコントローラの IP アドレスを 172.12.35.31 に設定する例を示します。


> eping 172.12.35.31

関連コマンド

mping

config logging buffered debugging

show logging

debug mobility handoff enable

mping

2 台のコントローラ間のモビリティ UDP 制御パケット通信をテストするには、mping コマンドを使用します。

mping mobility_peer_IP_address

構文の説明

mobility_peer_IP_address

モビリティ グループに属するコントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このテストは、モビリティ UDP ポート 16666 で実行します。 このテストでは、管理インターフェイスを介してモビリティ制御パケットが到達できるかどうかを確認します。


(注)  


この PING テストは、インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)ベースではありません。 「ping」という用語は、エコー要求とエコー応答メッセージを示すために使用されます。


次に、モビリティ UDP コントロール パケット通信をテストし、モビリティ グループに属するコントローラの IP アドレスを 172.12.35.31 に設定する例を示します。


> mping 172.12.35.31

関連コマンド

eping

config logging buffered debugging

show logging

debug mobility handoff enable