Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。 ここでは、Cisco CleanAir コマンドについて説明します。内容は次のとおりです。

show コマンド

ここでは、コントローラの CleanAir 設定に関する情報を表示する show コマンドについて説明します。

show 802.11 cleanair

マルチキャスト ダイレクト設定の状態を表示するには、show 802.11 cleanair コマンドを使用します。

show 802.11{ a | b | h} cleanair config

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

config

ネットワークの cleanair の設定を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a cleanair の設定を表示する例を示します。


> show 802.11a cleanair
Clean Air Solution............................... Enabled
Air Quality Settings:
    Air Quality Reporting........................ Enabled
    Air Quality Reporting Period (min)........... 15
    Air Quality Alarms........................... Enabled
    Air Quality Alarm Threshold.................. 35 Interference Device Settings:
    Interference Device Reporting................ Enabled
    Interference Device Types:
        TDD Transmitter.......................... Disabled
        Jammer................................... Disabled
        Continuous Transmitter................... Disabled
        DECT-like Phone.......................... Disabled
        Video Camera............................. Disabled
        WiFi Inverted............................ Disabled
        WiFi Invalid Channel..................... Disabled
        SuperAG.................................. Disabled
        Radar.................................... Disabled
        Canopy................................... Disabled
        WiMax Mobile............................. Disabled
        WiMax Fixed.............................. Disabled
Interference Device Alarms................... Enabled
    Interference Device Types Triggering Alarms:
        TDD Transmitter.......................... Disabled
        Jammer................................... Disabled
        Continuous Transmitter................... Disabled
        DECT-like Phone.......................... Disabled
        Video Camera............................. Disabled
        WiFi Inverted............................ Disabled
        WiFi Invalid Channel..................... Disabled
        SuperAG.................................. Disabled
        Radar.................................... Disabled
        Canopy................................... Disabled
        WiMax Mobile............................. Disabled
        WiMax Fixed.............................. Disabled Additional Clean Air Settings:
    CleanAir Event-driven RRM State.............. Enabled
    CleanAir Driven RRM Sensitivity.............. Medium
    CleanAir Persistent Devices state............ Disabled

関連コマンド

config 802.11 cleanair alarm

config 802.11 cleanair device

config 802.11 cleanair air-quality summary

config 802.11 cleanair device ap

config 802.11 cleanair device type

show 802.11 cleanair air-quality summary

802.11 ネットワークの電波品質のサマリー情報を表示するには、show 802.11 cleanair air-quality summary コマンドを使用します。

show 802.11 { a | b | h} cleanair air-quality summary

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

summary

802.11 無線帯域電波品質情報のサマリーを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークの電波品質のサマリー情報を表示する例を示します。


> show 802.11a cleanair air-quality summary
AQ = Air Quality
DFS = Dynamic Frequency Selection
AP Name            Channel 	Avg AQ 	Min AQ 	Interferers 	DFS
------------------ ------- 	------ 	------ 	----------- 	---
CISCO_AP3500			 	 	36			95	 70			0
CISCO_AP3500					40			93	 75			0

関連コマンド

config 802.11 cleanair alarm

config 802.11 cleanair device

config 802.11 cleanair

config 802.11 cleanair device ap

config 802.11 cleanair device type

show 802.11 cleanair air-quality worst

802.11 ネットワークの最も低い電波品質の情報を表示するには、show 802.11 cleanair air-quality worst コマンドを使用します。

show 802.11{ a | b | h} cleanair air-quality worst

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

worst

802.11 ネットワークの最も深刻な電波品質の情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークの最も深刻な電波品質の情報を表示する例を示します。


> show 802.11 cleanair air-quality worst
AQ = Air Quality
DFS = Dynamic Frequency Selection
AP Name            Channel 	Avg AQ 	Min AQ 	Interferers 	DFS
------------------ ------- 	------ 	------ 	----------- 	---
CISCO_AP3500			 	 	1			83	 57			3		 5

関連コマンド

config 802.11 cleanair alarm

config 802.11 cleanair device

config 802.11 cleanair

config 802.11 cleanair device ap

config 802.11 cleanair device type

show 802.11 cleanair device ap

802.11 無線帯域のデバイス アクセス ポイントの情報を表示するには、show 802.11 cleanair device ap コマンドを使用します。

show 802.11 { a | b | h} cleanair device ap cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

cisco_ap

特定のアクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークのデバイス アクセス ポイントを表示する例を示します。

> show 802.11a cleanair device ap AP_3500
DC = Duty Cycle (%)
ISI = Interference Severity Index (1-Low Interference, 100-High Interference)
RSSI  = Received Signal Strength Index (dBm)
DevID = Device ID
No  ClusterID          DevID  Type 	 	 	 	 	 	 AP Name 			 	 	 	 	 ISI  RSSI 	 DC   Channel
--- ------------------ ------ ---------- --------------- ---- ----- ---- -------------
1   c2:f7:40:00:00:03  0x8001 DECT phone 	CISCO_AP3500 	1    -43 	 	 3 	 	 	149,153,157,161
2   c2:f7:40:00:00:51  0x8002 Radar		 	 	 CISCO_AP3500 	1    -81 		 	2 	 	153,157,161,165
3   c2:f7:40:00:00:03  0x8005 Canopy	 	 	 CISCO_AP3500 	2    -62	 	 	2 	 	 153,157,161,165

関連コマンド

config 802.11 cleanair alarm

config 802.11 cleanair device

config 802.11 cleanair

config 802.11 cleanair device air-quality summary

config 802.11 cleanair device type

show 802.11 cleanair device type

802.11 無線帯域の特定のアクセス ポイントによって検出されたすべての干渉デバイス タイプの情報を表示するには、show 802.11 cleanair device type コマンドを使用します。

show 802.11{ a | b | h} cleanair device type device_type

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

device_type

指定した無線帯域の干渉デバイスのタイプ。 デバイス タイプは次のいずれかです。

  • tdd-tx:Tdd トランスミッタのデバイス情報。
  • jammer:電波妨害デバイス情報。
  • cont-tx:連続トランスミッタのデバイス情報。
  • dect-like:Dect-like 電話デバイス情報。
  • video:ビデオ デバイス情報。
  • 802.11-inv:WiFi 反転デバイス情報。
  • 802.11-nonstd:非標準 WiFi デバイス情報。
  • superag:Superag デバイス情報。
  • canopy:Canopy デバイス情報。
  • wimax-mobile:WiMax モバイル デバイス情報。
  • wimax-fixed:WiMax 固定デバイス情報。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークに指定されたアクセス ポイントによって検出されたすべての干渉源情報を表示する例を示します。


> show 802.11a cleanair device type canopy
DC = Duty Cycle (%)
ISI = Interference Severity Index (1-Low Interference, 100-High Interference)
RSSI  = Received Signal Strength Index (dBm)
DevID = Device ID
No  ClusterID          DevID  Type 	 	 	 	 	 	 AP Name 			 	 	 	 	 ISI  RSSI 	 DC   Channel
--- ------------------ ------ ---------- --------------- ---- ----- ---- -------------
1c2:f7:40:00:00:03  0x8005 Canopy	 	 	 	 	 CISCO_AP3500 	2    -62	 	 	 2 	 	 153,157,161,165

show advanced 802.11 channel

自動チャネル割り当ての設定と統計情報を表示するには、show advanced 802.11 channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} channel

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、自動チャネル割り当ての設定および統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11a channel
Automatic Channel Assignment
  Channel Assignment Mode........................ AUTO
  Channel Update Interval........................ 600 seconds [startup]
  Anchor time (Hour of the day).................. 0
  Channel Update Contribution.................... SNI.
  Channel Assignment Leader...................... 00:1a:6d:dd:1e:40
  Last Run....................................... 129 seconds ago
  DCA Sensitivity Level: ...................... STARTUP (5 dB)
  DCA Minimum Energy Limit....................... -95 dBm
Channel Energy Levels
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Channel Dwell Times
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40,44,48,52,56,60,64,149,
    ............................................. 153,157,161
  Auto-RF Unused Channel List.................... 100,104,108,112,116,132,136,
    ............................................. 140,165,190,196
  DCA Outdoor AP option.......................... Enabled

関連コマンド

config advanced 802.11 channel add

config advanced 802.11 channel cleanair-event

config advanced 802.11 channel dca anchor-time

config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n

config advanced 802.11 channel dca interval

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

config advanced 802.11 channel foreign

config advanced 802.11 channel load

show ap auto-rf

Cisco Lightweight アクセス ポイントの自動 RF 設定を表示するには、show ap auto-rf コマンドを使用します。

show ap auto-rf 802.11{ a | b} cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクセス ポイントの自動 RF 情報を表示する例を示します。

> show ap auto-rf 802.11a AP1
Number Of Slots.................................. 2
AP Name.......................................... AP03
MAC Address...................................... 00:0b:85:01:18:b7
  Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
  Noise Information
    Noise Profile................................ PASSED
    Channel 36...................................  -88 dBm
    Channel 40...................................  -86 dBm
    Channel 44...................................  -87 dBm
    Channel 48...................................  -85 dBm
    Channel 52...................................  -84 dBm
    Channel 56...................................  -83 dBm
    Channel 60...................................  -84 dBm
    Channel 64...................................  -85 dBm
  Interference Information
    Interference Profile......................... PASSED
    Channel 36...................................  -66 dBm @  1% busy
    Channel 40................................... -128 dBm @  0% busy
    Channel 44................................... -128 dBm @  0% busy
    Channel 48................................... -128 dBm @  0% busy
    Channel 52................................... -128 dBm @  0% busy
    Channel 56...................................  -73 dBm @  1% busy
    Channel 60...................................  -55 dBm @  1% busy
    Channel 64...................................  -69 dBm @  1% busy
  Rogue Histogram (20/40_ABOVE/40_BELOW)
    Channel 36................................... 16/ 0/ 0
    Channel 40................................... 28/ 0/ 0
    Channel 44...................................  9/ 0/ 0
    Channel 48...................................  9/ 0/ 0
    Channel 52...................................  3/ 0/ 0
    Channel 56...................................  4/ 0/ 0
    Channel 60...................................  7/ 1/ 0
    Channel 64...................................  2/ 0/ 0
  Load Information
    Load Profile................................. PASSED
    Receive Utilization.......................... 0%
    Transmit Utilization......................... 0%
    Channel Utilization.......................... 1%
    Attached Clients............................. 1 clients
  Coverage Information
    Coverage Profile............................. PASSED
    Failed Clients............................... 0 clients
  Client Signal Strengths
    RSSI -100 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -92 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -84 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -76 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -68 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -60 dBm................................ 0 clients
    RSSI  -52 dBm................................ 0 clients
  Client Signal To Noise Ratios
    SNR    0 dBm................................. 0 clients
    SNR    5 dBm................................. 0 clients
    SNR   10 dBm................................. 0 clients
    SNR   15 dBm................................. 0 clients
    SNR   20 dBm................................. 0 clients
    SNR   25 dBm................................. 0 clients
    SNR   30 dBm................................. 0 clients
    SNR   35 dBm................................. 0 clients
    SNR   40 dBm................................. 0 clients
    SNR   45 dBm................................. 0 clients
  Nearby RADs
    RAD 00:0b:85:01:05:08 slot 0.................  -46 dBm on 10.1.30.170
    RAD 00:0b:85:01:12:65 slot 0.................  -24 dBm on 10.1.30.170
  Channel Assignment Information
    Current Channel Average Energy...............  -86 dBm
    Previous Channel Average Energy..............  -75 dBm
    Channel Change Count.........................  109
    Last Channel Change Time..................... Wed Sep 29 12:53e:34 2004
    Recommended Best Channel..................... 44
  RF Parameter Recommendations
    Power Level.................................. 1
    RTS/CTS Threshold............................ 2347
    Fragmentation Threshold...................... 2346
    Antenna Pattern.............................. 0

コンフィギュレーション コマンド

ここでは、コントローラの CleanAir を設定する config コマンドについて説明します。

config 802.11 cleanair

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対して CleanAir を有効または無効にするには、config 802.11 cleanair コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cleanair { alarm { air-quality { disable | enable | threshold alarm_threshold } | device { disable device_type | enable device_type | reporting { disable | enable} | unclassified { disable | enable | threshold alarm_threshold }} | device { disable device_type | enable device_type | reporting { disable | enable} | disable { network | cisco_ap} | enable { network | cisco_ap}}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

alarm

5 GHz cleanair アラームを設定します。

air-quality

5 GHz の電波品質のアラームを設定します。

enable

CleanAir の設定を有効にします。

disable

CleanAir の設定を無効にします。

threshold

5 GHz 電波品質のアラームしきい値を設定します。

alarm_threshold

電波品質のアラームしきい値(1 = 電波品質が悪い、100 = 電波品質がよい)。

device

5 GHz の CleanAir 干渉デバイスのアラームを設定します。

device_type

デバイス タイプ。 デバイス タイプは次のとおりです。

  • 802.11-nonstd:非標準の Wi-Fi チャネルを使用するデバイス。
  • 802.11-inv:スペクトラム反転 Wi-Fi 信号を使用するデバイス。
  • superag:802.11 SuperAG デバイス。
  • all:すべての干渉デバイス タイプ。
  • cont-tx:連続トランスミッタ。
  • dect-like:Digital Enhanced Cordless Communication(DECT)デジタル コードレス電話。
  • tdd-tx:TTY トランスミッタ。
  • jammer:電波妨害装置。
  • canopy:Canopy デバイス。
  • video:ビデオ カメラ。
  • wimax-mobile:WiMax モバイル。
  • wimax-fixed:WiMax 固定。

reporting

5 GHz の CleanAir 干渉デバイスのアラーム レポートを設定します。

unclassified

分類されていないカテゴリの重大度を超えた場合の 5 GHz 電波品質のアラームを設定します。

network

5 GHz Cisco AP。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、アクセス ポイント ap_24 の CleanAir 設定を有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair enable ap_24

関連コマンド

config 802.11 cleanair device

config 802.11 cleanair device

CleanAir 干渉デバイスのタイプを設定するには、config 802.11 cleanair device コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cleanair device { enable | disable | reporting { enable | disable}} device_type

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

干渉デバイス タイプに対して CleanAir レポートを有効にします。

disable

干渉デバイス タイプに対して CleanAir レポートを無効にします。

reporting

CleanAir 干渉デバイスのレポートを設定します。

enable

5 GHz Cleanair の干渉デバイスのレポートを有効にします。

disable

5 GHz Cleanair の干渉デバイスのレポートを無効にします。

device_type

干渉デバイスのタイプ。 デバイス タイプは次のとおりです。

  • 802.11-nonstd:非標準の WiFi チャネルを使用するデバイス。
  • 802.11-inv:スペクトラム反転 WiFi 信号を使用するデバイス。
  • superag:802.11 SuperAG デバイス。
  • all:すべての干渉デバイス タイプ。
  • cont-tx:連続トランスミッタ。
  • dect-like:Digital Enhanced Cordless Communication(DECT)デジタル コードレス電話。
  • tdd-tx:TTY トランスミッタ。
  • jammer:電波妨害装置。
  • canopy:Canopy デバイス。
  • video:ビデオ カメラ。
  • wimax-mobile:WiMax モバイル。
  • wimax-fixed:WiMax 固定。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、デバイス タイプ jammer の CleanAir レポートを有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair device enable jammer

次に、デバイス タイプ video の CleanAir レポートを無効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair device disable video

次に、CleanAir 干渉デバイスのレポートを有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair device reporting enable

関連コマンド

config 802.11 cleanair

config 802.11 cleanair alarm

電波品質アラームのトリガーを設定するには、config 802.11 cleanair alarm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cleanair alarm { air-quality { disable | enable | threshold alarm_threshold } | device { disable device_type | enable device_type | reporting { disable | enable } | unclassified { disable | enable | threshold alarm_threshold }}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

air-quality

5 GHz の電波品質のアラームを設定します。

disable

5 GHz 電波品質アラームを無効にします。

enable

5 GHz 電波品質のアラームを有効にします。

threshold

5 GHz 電波品質のアラームしきい値を設定します。

alarm_threshold

電波品質のアラームしきい値(1 = 電波品質が悪い、100 = 電波品質がよい)。

device

5 GHz の CleanAir 干渉デバイスのアラームを設定します。

all

すべてのデバイス タイプを一度に設定します。

reporting

5 GHz の CleanAir 干渉デバイスのアラーム レポートを設定します。

unclassified

分類されていないカテゴリの重大度を超えた場合の 5 GHz 電波品質のアラームを設定します。

device_type

デバイス タイプ。 デバイス タイプは次のとおりです。

  • 802.11-nonstd:非標準の Wi-Fi チャネルを使用するデバイス。
  • 802.11-inv:スペクトラム反転 Wi-Fi 信号を使用するデバイス。
  • superag:802.11 SuperAG デバイス。
  • all:すべての干渉デバイス タイプ。
  • cont-tx:連続トランスミッタ。
  • dect-like:Digital Enhanced Cordless Communication(DECT)デジタル コードレス電話。
  • tdd-tx:TTY トランスミッタ。
  • jammer:電波妨害装置。
  • canopy:Canopy デバイス。
  • video:ビデオ カメラ。
  • wimax-mobile:WiMax モバイル。
  • wimax-fixed:WiMax 固定。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、電波品質を監視する CleanAir アラームを有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair alarm air-quality enable

次に、デバイス タイプ video の CleanAir アラームを有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair alarm device enable video

次に、CleanAir 干渉デバイスのアラーム レポートを有効にする例を示します。


> config 802.11a cleanair alarm device reporting enable

関連コマンド

config 802.11 cleanair

config advanced 802.11 channel cleanair-event

すべての 802.11 Cisco Lightweight アクセス ポイントにイベント駆動型の無線リソース管理(RRM)パラメータを設定するには、config advanced 802.11 channel cleanair-event コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel cleanair-event { enable | disable | sensitivity [ low | medium | high] | custom threshold threshold_value}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

cleanair イベント駆動 RRM パラメータを有効にします。

disable

cleanair イベント駆動 RRM パラメータを無効にします。

sensitivity

cleanair イベント駆動 RRM の感度を設定します。

low

(任意)低感度を指定します。

medium

(任意)中感度を指定します。

high

(任意)高感度を指定します。

custom

カスタム感度を指定します。

threshold

EDRRM AQ しきい値を指定します。

threshold_value

カスタムしきい値の数。

コマンド デフォルト

なし。

次に cleanair イベント駆動 RRM パラメータを有効にする例を示します。

> config advanced 802.11 channel cleanair-event enable

次に cleanair イベント駆動 RRM に高感度を設定する例を示します。

> config advanced 802.11 channel cleanair-event sensitivity high

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

config advanced 802.11 channel pda-prop

永続デバイスの伝播を有効または無効にするには、config advanced 802.11 channel pda-prop コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel pda-prop { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク DCA のリストのオプションを有効にします。

disable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク DCA のリストのオプションを無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、永続デバイスの伝播を有効または無効にする例を示します。


> config advanced 802.11 channel pda-prop enable

config advanced 802.11 channel update

802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントを対象に、無線リソース管理(RRM)によるチャネル選択更新が開始されるようにするには、config advanced 802.11 channel update コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel update

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての 802.11a ネットワーク アクセス ポイントのチャネル選択の更新を開始する例を示します。


> config advanced 802.11a channel update

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

test コマンド

ここでは、CleanAir の test コマンドについて説明します。

test cleanair show

CleanAir の設定の詳細を表示するには、test cleanair show コマンドを使用します。

test cleanair show { aq all | idr { ap cisco_ap | all} | neighbors cisco_ap | summary }

構文の説明

aq all

すべての電波品質の情報を表示します。

idr

アクセス ポイントの 802.11a/n および 802.11b/g/n 無線帯域の干渉デバイスを表示します。

ap

1 つのアクセス ポイントの 802.11a/n および 802.11b/g/n 無線帯域の干渉デバイスを表示します。

cisco_ap

Cisco アクセス ポイントの名前

all

すべてのアクセス ポイントの 802.11a/n および 802.11b/g/n 無線帯域の干渉デバイスを表示します。

neighbors

アクセス ポイントのネイバーを表示します。

summary

CleanAir の設定のサマリーを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、CleanAir 設定のサマリーを表示する例を示します。

> test cleanair show summary
CleanAir system info:
Supported spectrum MMAP number = 500
Supported spectrum LMAP number = 500
Allocated SI entries           = 0 of 500
Allocated IDR cluster entries  = 0 of 10000
Allocated IDR device entries   = 0 of 40000
Virtual device support is enabled

次に、アクセス ポイントの干渉デバイスを表示する例を示します。

> test cleanair show idr ap AP_1240_floor1

Interference devices for AP_1240_floor1
Identified devices on slot 0
Identified devices on slot 1