Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

show コマンド

show 802.11 extended

アクセス ポイント無線の拡張設定を表示するには、show 802.11 extended コマンドを使用します。

show 802.11 { a | b} extended

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

extended

802.11a/b 無線の拡張設定を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

この例では、無線の拡張設定を表示する例を示します。


> show 802.11a extended 
Default 802.11a band radio extended configurations:
    beacon period 300, range 60;
    multicast buffer 45, rate 200;
    RX SOP -80; CCA threshold -90;
AP0022.9090.b618 00:24:97:88:99:60
    beacon period 300, range 60; multicast buffer 45, rate 200;
    RX SOP -80; CCA threshold -77
AP0022.9090.bb3e 00:24:97:88:c5:d0
    beacon period 300, range 0; multicast buffer 0, rate 0;
    RX SOP -80; CCA threshold -0
ironRap.ddbf 00:17:df:36:dd:b0
    beacon period 300, range 0; multicast buffer 0, rate 0;
    RX SOP  -80; CCA threshold -0

show advanced 802.11 channel

自動チャネル割り当ての設定と統計情報を表示するには、show advanced 802.11 channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} channel

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、自動チャネル割り当ての設定および統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11a channel
Automatic Channel Assignment
  Channel Assignment Mode........................ AUTO
  Channel Update Interval........................ 600 seconds [startup]
  Anchor time (Hour of the day).................. 0
  Channel Update Contribution.................... SNI.
  Channel Assignment Leader...................... 00:1a:6d:dd:1e:40
  Last Run....................................... 129 seconds ago
  DCA Sensitivity Level: ...................... STARTUP (5 dB)
  DCA Minimum Energy Limit....................... -95 dBm
Channel Energy Levels
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Channel Dwell Times
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40,44,48,52,56,60,64,149,
    ............................................. 153,157,161
  Auto-RF Unused Channel List.................... 100,104,108,112,116,132,136,
    ............................................. 140,165,190,196
  DCA Outdoor AP option.......................... Enabled

関連コマンド

config advanced 802.11 channel add

config advanced 802.11 channel cleanair-event

config advanced 802.11 channel dca anchor-time

config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n

config advanced 802.11 channel dca interval

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

config advanced 802.11 channel foreign

config advanced 802.11 channel load

show advanced 802.11 coverage

カバレッジ ホール検出の設定と統計情報を表示するには、show advanced 802.11 coverage コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} coverage

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、カバレッジ ホール検出の統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11a coverage
Coverage Hole Detection
  802.11a Coverage Hole Detection Mode........... Enabled
  802.11a Coverage Voice Packet Count............ 100 packets
  802.11a Coverage Voice Packet Percentage....... 50%
  802.11a Coverage Voice RSSI Threshold.......... -80 dBm
  802.11a Coverage Data Packet Count............. 50 packets
  802.11a Coverage Data Packet Percentage........ 50%
  802.11a Coverage Data RSSI Threshold........... -80 dBm
  802.11a Global coverage exception level........ 25 %
  802.11a Global client minimum exception lev.... 3 clients

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

show advanced 802.11 coverage

show advanced 802.11 group

シスコの 802.11a または 802.11b 対応無線の RF グループ化を表示するには、show advanced 802.11 group コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} group

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、シスコの無線 RF グループ設定を表示する例を示します。


> show advanced 802.11a group
Radio RF Grouping
  802.11a Group Mode................................... AUTO
  802.11a Group Update Interval........................ 600 seconds
  802.11a Group Leader................................. xx:xx:xx:xx:xx:xx
    802.11a Group Member............................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
  802.11a Last Run..................................... 133 seconds ago

関連コマンド

config advanced 802.11 group-mode

show advanced 802.11 l2roam

802.11a または 802.11b/g レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示するには、show advanced 802.11 l2roam コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} l2roam { rf-param | statistics} mac_address}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

rf-param

レイヤ 2 周波数パラメータを指定します。

statistics

レイヤ 2 クライアントのローミング統計情報を指定します。

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11b l2roam rf-param

L2Roam 802.11bg RF Parameters.....................
    Config Mode.................................. Default
    Minimum RSSI................................. -85
    Roam Hysteresis.............................. 2
    Scan Threshold............................... -72
    Transition time.............................. 5

関連コマンド

config 802.11 l2roam rf-params

show advanced 802.11 logging

802.11a または 802.11b の RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示するには、show advanced 802.11 logging コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} logging

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示する例を示します。


> show advanced 802.11b logging
RF Event and Performance Logging
  Channel Update Logging......................... Off
  Coverage Profile Logging....................... Off
  Foreign Profile Logging........................ Off
  Load Profile Logging........................... Off
  Noise Profile Logging.......................... Off
  Performance Profile Logging.................... Off
  TxPower Update Logging......................... Off

関連コマンド

config advanced 802.11 logging channel

config advanced 802.11 logging coverage

config advanced 802.11 logging foreign

config advanced 802.11 logging load

config advanced 802.11 logging noise

config advanced 802.11 logging performance

show advanced 802.11 channel

show advanced 802.11 monitor

デフォルトのシスコの 802.11a または 802.11b 対応無線監視を表示するには、show advanced 802.11 monitor コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} monitor

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワークの無線監視を表示する例を示します。


> show advanced 802.11b monitor
Default 802.11b AP monitoring
  802.11b Monitor Mode........................... enable
  802.11b Monitor Channels....................... Country channels
  802.11b RRM Neighbor Discovery Type............ Transparent
  802.11b AP Coverage Interval................... 180 seconds
  802.11b AP Load Interval....................... 60 seconds
  802.11b AP Noise Interval...................... 180 seconds
  802.11b AP Signal Strength Interval............ 60 seconds

関連コマンド

config advanced 802.11 monitor load

config advanced 802.11 monitor mode

config advanced 802.11 monitor noise

config advanced 802.11 monitor signal

show advanced 802.11 profile

802.11a または 802.11b 対応 Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルを表示するには、show advanced 802.11 profile コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} profile { global | cisco_ap}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントを指定します。

cisco_ap

特定の Cisco Lightweight アクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a プロファイルのグローバル設定と統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11 profile global
Default 802.11a AP performance profiles
  802.11a Global Interference threshold.............. 10%
  802.11a Global noise threshold..................... -70 dBm
  802.11a Global RF utilization threshold............ 80%
  802.11a Global throughput threshold................ 1000000 bps
  802.11a Global clients threshold................... 12 clients
  802.11a Global coverage threshold.................. 12 dB
  802.11a Global coverage exception level............ 80%
  802.11a Global client minimum exception lev........ 3 clients

次に、特定のアクセス ポイント プロファイルの設定と統計情報を表示する例を示します。


>  show advanced 802.11 profile AP1
Cisco AP performance profile not customized

この応答は、この Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルがグローバルなデフォルト設定を使用しており、個別に設定されていないことを示しています。

関連コマンド

config advanced 802.11 profile clients

config advanced 802.11 profile customize

config advanced 802.11 profile foreign

config advanced 802.11 profile noise

show advanced 802.11 receiver

802.11a または 802.11b レシーバの設定と統計情報を表示するには、show advanced 802.11 receiver コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} receiver

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークの設定および統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11 receiver
802.11a Receiver Settings
  RxStart   : Signal Threshold........................... 15
  RxStart   : Signal Lamp Threshold...................... 5
  RxStart   : Preamble Power Threshold................... 2
  RxReStart : Signal Jump Status......................... Enabled
  RxReStart : Signal Jump Threshold...................... 10
  TxStomp : Low RSSI Status.............................. Enabled
  TxStomp : Low RSSI Threshold........................... 30
  TxStomp : Wrong BSSID Status........................... Enabled
  TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status................. Enabled
  RxAbort : Raw Power Drop Status........................ Disabled
  RxAbort : Raw Power Drop Threshold..................... 10
  RxAbort : Low RSSI Status.............................. Disabled
  RxAbort : Low RSSI Threshold........................... 0
  RxAbort : Wrong BSSID Status........................... Disabled
  RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status................. Disabled

関連コマンド

config advanced 802.11 profile clients

show advanced 802.11 summary

802.11a または 802.11b 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約を表示するには、show advanced 802.11 summary コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} summary

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b アクセス ポイント設定の要約を表示する例を示します。


> show advanced 802.11b summary
AP Name      MAC Address        Admin State  Operation State   Channel TxPower
------------ ------------------ ------------ ----------------- ------- --------
CJ-1240      00:21:1b:ea:36:60    ENABLED          UP           161      1( )
CJ-1130      00:1f:ca:cf:b6:60    ENABLED          UP           56*      1(*)

(注)  


チャネル番号または伝送レベルの横のアスタリスク(*)は、グローバルなアルゴリズム設定によって制御されていることを示します。


関連コマンド

config advanced 802.11 7920VSIEConfig

config advanced 802.11 channel add

config advanced 802.11 channel

show advanced 802.11 txpower

802.11a または 802.11b 自動伝送パワー割り当てを表示するには、show advanced 802.11 txpower コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} txpower

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b 伝送パワー コストの設定および統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11b txpower
Automatic Transmit Power Assignment
  Transmit Power Assignment Mode.................. AUTO
  Transmit Power Update Interval.................. 600 seconds
  Transmit Power Threshold........................ -65 dBm
  Transmit Power Neighbor Count................... 3 APs
  Transmit Power Update Contribution.............. SN.
  Transmit Power Assignment Leader................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
  Last Run........................................ 384 seconds ago

関連コマンド

config advanced 802.11 txpower-update

show advanced dot11-padding

ワイヤレス LAN コントローラの無線フレーム パディングの状態を表示するには、show advanced dot11-padding コマンドを使用します。

show advanced dot11-padding

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、無線フレーム パディングの状態を表示する例を示します。


> show advanced dot11-padding
dot11-padding.................................... Disabled

関連コマンド

config advanced dot11-padding

debug dot11

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station

show client ccx rm

Cisco Client eXtension(CCX)クライアントの無線管理レポート情報を表示するには、show client ccx rm コマンドを使用します。

show client ccx rm client_MAC { status | { report { chan-load | noise-hist | frame | beacon | pathloss}}}

構文の説明

client_MAC

クライアントのMACアドレス。

status

クライアントの CCX 無線管理ステータス情報を表示します。

report

クライアントの CCX 無線管理レポートを表示します。

chan-load

無線管理チャネル ロード レポートを表示します。

noise-hist

無線管理ノイズ ヒストグラム レポートを表示します。

beacon

無線管理ビーコン ロード レポートを表示します。

frame

無線管理フレーム レポートを表示します。

pathloss

無線管理パス損失レポートを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、クライアント無線管理ステータス情報を表示する例を示します。


> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac status
Client Mac Address............................... 00:40:96:15:21:ac
Channel Load Request............................. Enabled
Noise Histogram Request.......................... Enabled
Beacon Request................................... Enabled
Frame Request.................................... Enabled
Interval......................................... 30
Iteration........................................... 10


次に、クライアント無線管理ロード レポートを表示する例を示します。


> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report chan-load
Channel Load Report
Client Mac Address............................... 00:40:96:ae:53:bc
Timestamp........................................ 788751121
Incapable Flag................................... On
Refused Flag........................................ On
Chan CCA Busy Fraction
-----------------------
1 	194
2 	86 
3 	103
4 	0 
5 	178
6 	82 
7 	103
8 	95 
9 	13 
10 	222
11 	75


次に、クライアント無線管理ノイズ ヒストグラム レポートを表示する例を示します。


> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report noise-hist 
Noise Histogram Report
Client Mac Address............................... 00:40:96:15:21:ac
Timestamp........................................ 4294967295
Incapable Flag................................... Off
Refused Flag........................................ Off
Chan RPI0 RPI1 RPI2 RPI3 RPI4 RPI5 RPI6 RPI7


関連コマンド

config client ccx default-gw-ping

config client ccx dhcp-test

show client location-calibration summary

クライアントのロケーション調整要約情報を表示するには、show client lcoation-calibration summary コマンドを使用します。

show client location-calibration summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ロケーション調整要約情報を表示する例を示します。


> show client location-calibration summary
MAC Address Interval
----------- ----------
10:10:10:10:10:10 60
21:21:21:21:21:21 45

関連コマンド

show client summary

show client summary guest-lan

show wps ap-authentication summary

コントローラのアクセス ポイント ネイバー認証の設定を表示するには、show wps ap-authentication summary コマンドを使用します。

show wps ap-authentication summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Wireless Protection System(WPS)アクセス ポイント ネイバー認証のサマリーを表示する例を示します。


> show wps ap-authentication summary
AP neighbor authentication is <disabled>.
Authentication alarm threshold is 1.
RF-Network Name: <B1>

関連コマンド

config wps ap-authentication

show network

すべての WLAN の 802.3 ブリッジの現在のステータスを表示するには、show network コマンドを使用します。

show network

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ネットワークの詳細を表示する例を示します。


> show network 

関連コマンド

config network

show network summary

show network multicast mgid detail

show network multicast mgid summary

コンフィギュレーション コマンド

802.11-a のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11-a

アクセス ポイントの 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルを有効または無効にするには、config 802.11-a コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} { enable | disable} cisco_ap

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

enable

指定したアクセス ポイントに対してこの周波数の使用を有効にします。

disable

指定したアクセス ポイントに対してこの周波数の使用を無効にします。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、This example shows how to enable the ap_24 アクセス ポイントの 4.9-GHz Public Safety チャネルを有効にする例を示します。


> config 802.11-a

関連コマンド

show mesh public-safety

config 802.11-a antenna extAntGain

config 802.11-a txpower ap

config 802.11-a channel ap

config 802.11-a antenna extAntGain

アクセス ポイントに対して 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルの外部アンテナ ゲインを設定するには、config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} antenna extAntGain ant_gain cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

ant_gain

0.5 dBi 単位の値(例:2.5 dBi = 5)

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

global

すべてのチャネルにアンテナ ゲイン値を指定します。

channel_no

特定のチャネルのアンテナ ゲイン値。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを入力する前に config 802.11-a disable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後、config 802.11-a enable コマンドを使用して、シスコの 802.11 対応無線を再び有効にします。

次に、802.11-a49 外部アンテナ ゲインとして 10 dBiAP1 に設定する例を示します。


> config 802.11-a antenna extAntGain 10 AP1

関連コマンド

config 802.11-a

config 802.11-a channel ap

config 802.11-a txpower ap

show 802.11a

config 802.11-a channel ap

アクセス ポイントに対して 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルのチャネル特性を設定するには、config 802.11-a channel ap コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} channel ap cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

global

すべての 4.9 GHz および 5.8 GHz サブ帯域無線に対して動的なチャネル割り当て(DCA)を有効にします。

channel_no

特定のメッシュ アクセス ポイントのカスタム チャネル。 範囲は、4.9 GHz 帯域で 1~26、5.8 GHz で 149~165 です。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、チャネル プロパティを設定する例を示します。


> config 802.11-a channel ap

関連コマンド

config 802.11-a

config 802.11-a antenna extAntGain

config 802.11-a txpower ap

config 802.11-a txpower ap

アクセス ポイントに対して 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルの伝送パワー特性を設定するには、config 802.11-a txpower ap コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} txpower ap cisco_ap { global | power_level}

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

txpower

伝送パワー特性を設定します。

ap

アクセス ポイント チャネルを設定します。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

global

すべてのチャネルに伝送パワー値を適用します。

power_level

指定したメッシュ アクセス ポイントに対する伝送パワー値。 有効な値は 1~5 です。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、802.11-a49 伝送パワー レベルとして 4AP1 に設定する例を示します。


> config 802.11-a txpower ap 4 AP1

関連コマンド

config 802.11-a

config 802.11 channel ap

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11-abgn

アクセス ポイントのデュアル バンド無線パラメータを設定するには、config 802.11-abgn コマンドを使用します。

config 802.11-abgn { cleanair { enable | disable} { cisco_ap band band} | { enable | disable} { cisco_ap}}

構文の説明

cleanair

デュアル バンド無線に CleanAir を設定します。

enable

2.4 GHz と 5 GHz の両方の無線で CleanAir を有効にします。

disable

2.4 GHz と 5 GHz の両方の無線で CleanAir を無効にします。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

band

無線帯域を設定します。

band

2.4 GHz または 5 GHz となる無線帯域。

enable

アクセス ポイントのデュアル バンド無線を有効にします。

disable

アクセス ポイントのデュアル バンド無線を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

Cisco CleanAir 対応のアクセス ポイント無線のみが Cisco CleanAir に設定できます。

次に、アクセス ポイントの Cisco CleanAir を有効にする例を示します。

> config 802.11-abgn cleanair enable AP3600 band 5

関連コマンド

config 802.11-a49

config 802.11-a58

config 802.11a

config 802.11b

config 802.11h

802.11b のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11b コマンドを使用して、802.11b/g ネットワーク専用の設定を行います。

config 802.11b 11gSupport

Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11g ネットワークを有効または無効にするには、config 802.11b 11gSupport コマンドを使用します。

config 802.11b 11gSupport { enable | disable}

構文の説明

enable

802.11g ネットワークを有効にします。

disable

802.11g ネットワークを無効にします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

config 802.11b 11gSupport {enable | disable} コマンドを入力する前に、config 802.11 disable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を無効にします。

802.11g ネットワークのサポートを設定後、config 802.11 enable コマンドを使用して 802.11 無線を有効にします。


(注)  


個々の無線 LAN で 802.11a、802.11b および 802.11g ネットワークを無効にするには、config wlan radio コマンドを使用します。


次に、802.11g ネットワークを有効にする例を示します。


> config 802.11b 11gSupport enable
Changing the 11gSupport will cause all the APs to reboot when you enable 802.11b network.
Are you sure you want to continue? (y/n) n
11gSupport not changed!

関連コマンド

show sysinfo

show 802.11b

config 802.11b enable

config wlan radio

config 802.11b disable

config 802.11a disable

config 802.11a enable

config 802.11b preamble

サブクローズ 18.2.2.2 で定義されている 802.11b プリアンブルを long(遅いが信頼性が高い)または short(速いが信頼性が低い)に変更するには、config 802.11b preamble コマンドを使用します。

config 802.11b preamble { long | short}

構文の説明

long

long 802.11b プリアンブルを指定します。

short

short 802.11b プリアンブルを指定します。

コマンド デフォルト

short

使用上のガイドライン


(注)  


このコマンドを実装するには、保存して Cisco ワイヤレス LAN コントローラをリブート(システムをリセット)する必要があります。


SpectraLink 社の NetLink 電話など、一部のクライアント向けに Cisco ワイヤレス LAN コントローラを最適化するには、このパラメータを long に設定する必要があります。

このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

次に、802.11b プリアンブルを short に変更する例を示します。

  > config 802.11b preamble short
  > (reset system with save)

関連コマンド

show 802.11b

802.11h のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11h コマンドを使用して、802.11h ネットワーク専用の設定を行います。

config 802.11h channelswitch

802.11h チャネル スイッチ通知を設定するには、config 802.11h channelswitch コマンドを使用します。

config 802.11h channelswitch { enable mode value | disable}

構文の説明

enable

802.11h チャネル スイッチ通知をイネーブルにします。

mode

802.11h チャネル スイッチ通知モード。

value

802.11h チャネル スイッチ通知の値。

disable

802.11h チャネル スイッチ通知をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h スイッチ通知をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11h channelswitch disable

関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h powerconstraint

802.11h の電力制限値を設定するには、config 802.11h powerconstraint コマンドを使用します。

config 802.11h powerconstraint value

構文の説明

value

802.11h の電力制限値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h 電力制限を 5 に設定する例を示します。


> config 802.11h powerconstraint 5

関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h setchannel

802.11h チャネル通知を使用して新規チャネルを設定するには、config 802.11h setchannel コマンドを使用します。

config 802.11h setchannel cisco_ap

構文の説明

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h チャネルを使用して新しいチャネルを設定する例を示します。


> config 802.11h setchannel ap02

関連コマンド

show 802.11h

802.11 11n サポートのコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 11nsupport コマンドを使用して、802.11n ネットワークの設定を行います。

config 802.11 11nsupport

ネットワークで 802.11n のサポートを有効にするには、config 802.11 11nsupport コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワーク設定を指定します。

b

802.11b/g ネットワーク設定を指定します。

enable

802.11n サポートをイネーブルにします。

disable

802.11n サポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークで 802.11n サポートをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a 11nsupport enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

802.11n パケットに対して使用される集約方法を指定するには、config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport a-mpdu tx priority { 0-7 | all} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

0 ~ 7

0 ~ 7 の集約 MAC プロトコル データ ユニットの優先度を指定します。

all

すべての優先度を一度に設定します。

enable

優先度に関連付けられたトラフィックが A-MPDU 伝送を使用するように指定します。

disable

優先度に関連付けられたトラフィックが A-MSDU 伝送を使用するように指定します。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、優先度 0 がイネーブルになっています。

使用上のガイドライン

集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。 集約の方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU; 集約 MAC プロトコル データ ユニット)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU; 集約 MAC サービス データ ユニット)の 2 つがあります。 A-MPDU はソフトウェアで実行されますが、A-MSDU はハードウェアで実行されます。

トラフィック タイプごとに割り当てられた集約 MAC プロトコル データ ユニットの優先度は次のとおりです。

  • 1:バックグラウンド
  • 2:スペア
  • 0:ベスト エフォート
  • 3:エクセレント エフォート
  • 4:制御ロード
  • 5:ビデオ(100 ms 未満の遅延およびジッタ)
  • 6:音声(10 ms 未満の遅延およびジッタ)
  • 7:ネットワーク コントロール
  • all:すべての優先度を一度に設定します。

    (注)  


    クライアントが使用する集約方法に合わせて優先度を設定します。


次に、優先度に関連付けられたトラフィックが A-MSDU 伝送を使用するようにすべての優先度を設定する例を示します。


> config 802.11a 11nsupport a-mpdu tx priority all enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラを設定するには、config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport a-mpdu tx scheduler { enable | disable | timeout rt timeout-value}

構文の説明

enable

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラをイネーブルにします。

disable

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラをディセーブルにします。

timeout rt

A-MPDU 伝送集約スケジューラのリアルタイム トラフィック タイムアウトを設定します。

timeout-value

タイムアウト値はミリ秒単位です。 有効範囲は 1 ~ 1000 ミリ秒です。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドを入力する前に、802.11 ネットワークがディセーブルであることを確認します。

次に、A-MPDU 伝送集約スケジューラのリアルタイム トラフィック タイムアウトを 100 ミリ秒に設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler timeout rt 100

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport antenna

特定のアンテナを使用するようにアクセス ポイントを設定するには、config 802.11 11nsupport antenna コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport antenna cisco_ap { A | B | C | D} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a/n ネットワークを指定します。

b

802.11b/g/n ネットワークを指定します。

cisco_ap

アクセス ポイント。

A/B/C/D

アンテナ ポートを指定します。

enable

設定をイネーブルにします。

disable

設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、レガシー直交周波数分割多重化用の 1 つのアンテナに伝送を設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport antenna AP1 C enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport guard-interval

ガード間隔を設定するには、config 802.11 11nsupport guard-interval コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} 11nsupport guard-interval { any | long}

構文の説明

any

短期または長期ガード間隔をイネーブルにします。

long

長期ガード間隔のみをイネーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、長期ガード間隔を設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport guard-interval long

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport mcs tx

アクセス ポイントとクライアントの間でのデータの伝送に使用される Modulation and Coding Scheme(MCS)レートを指定するには、config 802.11 11nsupport mcs tx コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport mcs tx { 0-15} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport

802.11n デバイスのサポートを指定します。

mcs tx

次のように変調および符号化方式のデータ レートを指定します。

  • 0(7 Mbps)
  • 1(14 Mbps)
  • 2(21 Mbps)
  • 3(29 Mbps)
  • 4(43 Mbps)
  • 5(58 Mbps)
  • 6(65 Mbps)
  • 7(72 Mbps)
  • 8(14 Mbps)
  • 9(29 Mbps)
  • 10(43 Mbps)
  • 11(58 Mbps)
  • 12(87 Mbps)
  • 13(116 Mbps)
  • 14(130 Mbps)
  • 15(144 Mbps)

enable

この設定をイネーブルにします。

disable

この設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、MCS レートを指定する例を示します。


> config 802.11a 11nsupport mcs tx 5 enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport

config wlan wmm required

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport rifs

データ フレームとその確認応答の間に Reduced Interframe Space(RIFS)を設定するには、config 802.11 11nsupport rifs コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport rifs { enable | disable}

構文の説明

enable

802.11 ネットワークの RIFS をイネーブルにします。

disable

802.11 ネットワークの RIFS をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次の例では、RIFS をイネーブルにする方法を示します。


> config 802.11a 11nsupport rifs enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

802.11 アンテナのコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 antenna コマンドを使用して、さまざまな 802.11 ネットワーク上で Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線アンテナを設定します。

config 802.11 antenna diversity

802.11 アンテナのダイバーシティ オプションを設定するには、config 802.11 antenna diversity コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna diversity { enable | sideA | sideB} cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

ダイバーシティをイネーブルにします。

sideA

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポートに接続されている外部アンテナとの間のダイバーシティを指定します。

sideB

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの右ポートに接続されている外部アンテナとの間のダイバーシティを指定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワーク上の AP01 のアンテナ ダイバーシティをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a antenna diversity enable AP01

次に、Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポート(sideA)に接続されている外部アンテナを使用して、802.11a ネットワーク上の AP01 のダイバーシティを有効にする例を示します。


> config 802.11a antenna diversity sideA AP01

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna selection

show 802.11a

show 802.11b

config 802.11 antenna extAntGain

802.11 ネットワークの外部アンテナ ゲインを設定するには、config 802.11 antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna extAntGain antenna_gain cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna_gain

0.5 dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します(例:2.5 dBm = 5)。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

config 802.11 antenna extAntGain コマンドを入力する前に config 802.11 disable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後に、config 802.11 enable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を有効にします。

次に、802.11a 外部アンテナ ゲインとして 0.5 dBmAP1 に設定する例を示します。


> config 802.11 antenna extAntGain 1 AP1

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna selection

show 802.11a

show 802.11b

config 802.11 antenna mode

802.11 の 180 度セクター化カバレッジ パターンに 1 つの内部アンテナを使用する、または 802.11 の 360 度全方向性カバレッジ パターンに両方の内部アンテナを使用する Cisco Lightweight アクセス ポイントを設定するには、config 802.11 antenna mode コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna mode { omni | sectorA | sectorB} cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

omni

両方の内部アンテナを使用するように指定します。

sectorA

サイド A の内部アンテナだけを使用するように指定します。

sectorB

サイド B の内部アンテナだけを使用するように指定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワーク上でアクセス ポイント AP01 のアンテナを 360 度全方向性パターンに設定する例を示します。


> config 802.11 antenna mode omni AP01

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11 antenna diversity

config 802.11 antenna selection

show 802.11a

show 802.11b

config 802.11 antenna selection

802.11 ネットワーク上の Cisco Lightweight アクセス ポイントに対して内部アンテナまたは外部アンテナの使用を選択するには、config 802.11 antenna selection コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna selection { internal | external} cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

internal

内部アンテナを指定します。

external

外部アンテナを指定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、内部アンテナを使用する 802.11b ネットワーク上にアクセス ポイント AP02 を設定する例を示します。


> config 802.11a antenna selection internal AP02

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna diversity

show 802.11a

show 802.11b

802.11 のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 channel

802.11 ネットワークまたは単一アクセス ポイントで自動または手動チャネル選択を設定するには、config 802.11 channel コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} channel { global [ auto | once | off]} | ap { ap_name [ global | channel]}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

RRM によって自動的に設定される 802.11a 動作チャネルを指定し、既存の設定を上書きします。

auto

(任意)802.11a 無線のチャネルが無線リソース管理(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

(任意)チャネルが RRM によって一度だけ自動的に設定されるように指定します。

off

(任意)RRM による自動チャネル選択が無効化されるように指定します。

ap_name

アクセス ポイント名。

channel

アクセス ポイントで使用される手動チャネル番号。 サポートされるチャネルは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

単一 Lightweight アクセス ポイントで 802.11 チャネルを設定する場合、config 802.11 disable コマンドを入力して 802.11 ネットワークを無効にします。 config 802.11 channel コマンドを入力して、無線リソース管理(RRM)による自動チャネル選択を設定するか、手動で 802.11 無線のチャネルを設定し、config 802.11 enable コマンドを入力して 802.11 ネットワークを有効にします。


(注)  


アクセス ポイントでサポートされているチャネルについては、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。 パワー レベルおよび使用可能なチャネルは国コード設定によって定義されており、国別に規制されています。


次に、アベイラビリティおよび干渉に基づいて自動チャネル設定の 802.11a チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにする例を示します。


> config 802.11a channel global auto

次に、アベイラビリティおよび干渉に基づいて 802.11b チャネルを一度だけ設定する例を示します。


> config 802.11b channel global once

次に、802.11a 自動チャネル設定をオフにする例を示します。


> config 802.11a channel global off

次に、自動チャネルの設定でアクセス ポイント AP01 に 802.11b チャネルを設定する例を示します。


> config 802.11b AP01 channel global 

次に、デフォルトのチャネルとしてアクセス ポイント AP01 に 802.11a チャネル 36 を設定する例を示します。


> config 802.11a channel AP01 36

関連コマンド

show 802.11a

show 802.11a disable

show 802.11a enable

show 802.11b channel

config country

config 802.11 channel ap

アクセス ポイントの通信無線チャネルを設定するには、config 802.11 channel ap コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} channel ap cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

cisco_ap

Cisco アクセス ポイントの名前。

global

指定したアクセス ポイント上で自動 RF を有効にします。

channel_no

デフォルトのチャネル(1~26)。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワーク上のアクセス ポイント AP01 の自動 RF を有効にする例を示します。


> config 802.11b channel ap AP01 global

関連コマンド

show 802.11a

show 802.11a disable

show 802.11a enable

config 802.11b channel

config country

config 802.11 chan_width

特定のアクセス ポイントのチャネル幅を設定するには、config 802.11 chan_width コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} chan_width cisco_ap { 20 | 40}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

cisco_ap

アクセス ポイント。

20

20 MHz チャネルだけを使用する無線の通信を許可します。

20 MHz チャネルだけを使用して通信するレガシー 802.11a 無線、20 MHz 802.11n 無線、または 40 MHz 802.11n 無線の場合にこのオプションを選択します。

40

隣接する 2 つの 20 MHz チャネルを結合して使用する 40 MHz 802.11n 無線の通信を許可します。

コマンド デフォルト

デフォルトのチャネル幅は 20 です。

使用上のガイドライン

このパラメータは、プライマリ チャネルが静的に割り当てられている場合にだけ設定できます。


注意    


2.4 GHz 無線帯域内で 40 MHz チャネルを設定することは、重大な同一チャネル干渉を発生させる可能性があるため推奨されません。


20 または 40 MHz モードのアクセス ポイントの無線を静的に設定すると、グローバルに設定された DCA チャネル設定(config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n コマンドを使用して設定)が上書きされます。 このアクセス ポイントの無線に対する静的な設定をグローバルに戻すように変更すると、それまでアクセス ポイントで使用されていたチャネル幅がグローバルな DCA 設定で上書きされます。

次に、40 MHz チャネルを使用して 802.11 ネットワークでアクセス ポイント AP01 のチャネル幅を設定する例を示します。


> config 802.11 chan_width AP01 40

関連コマンド

config 802.11 11nsupport

config wlan wmm required

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11b disable

config 802.11b channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11 txPower

802.11 ネットワーク内のすべてのアクセス ポイントまたは単一アクセス ポイントに対して伝送パワー レベルを設定するには、config 802.11 txPower コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} txPower { global { power_level | auto | max | min | once } | ap cisco_ap}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての Lightweight アクセス ポイントに対して 802.11 伝送パワー レベルを設定します。

auto

(任意)シスコの 802.11 対応無線のパワー レベルが無線リソース管理(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

(任意)パワー レベルが RRM によって一度だけ自動的に設定されるように指定します。

power_level

(任意)アクセス ポイントに手動で設定する伝送パワー レベルの数値。

ap

指定した Lightweight アクセス ポイントに対して 802.11 伝送パワー レベルを設定します。

ap_name

アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

コマンドのデフォルト(globalauto)は RRM による自動設定用です。

使用上のガイドライン

サポートされる伝送パワーは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。 たとえば、1240 シリーズ アクセス ポイントは 8 レベル、1200 シリーズ アクセス ポイントは 6 レベルをサポートしています。 アクセス ポイントの最大伝送パワー限度については、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。 パワー レベルおよび使用可能なチャネルは国コード設定によって定義されており、国別に規制されています。

次に、すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 無線の伝送パワー レベルを自動的に設定する例を示します。


> config 802.11a txPower auto

次に、すべての Lightweight アクセス ポイントに 802.11b 無線の伝送パワーを手動でレベル 5 に設定する例を示します。


> config 802.11b txPower global 5

次に、アクセス ポイント AP1 で 802.11b 無線の伝送パワーを自動的に設定する例を示します。


> config 802.11b txPower AP1 global

次に、アクセス ポイント AP1 に 802.11a 無線の伝送パワーを手動でレベル 2 に設定する例を示します。


> config 802.11b txPower AP1 2

関連コマンド

show ap config 802.11a

config 802.11b txPower

拡張 802.11 のコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 コマンドを使用して、802.11a、802.11b/g ネットワークなどのサポートされる 802.11 ネットワークに対する詳細な設定およびデバイスの構成を行います。

config advanced 802.11 7920VSIEConfig

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 VISE パラメータを設定するには、config advanced 802.11 7920VSIEConfig コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} 7920VSIEConfig { call-admission-limit limit | 
 G711-CU-Quantum quantum}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

call-admission-limit

7920s のコール アドミッション制限を設定します。

G711-CU-Quantum

単一の G.711-20ms コールで使用されるチャネル使用率の単位の現在の数を示すインフラストラクチャによって提供される値を設定します。

limit

コール アドミッション制限(0 ~ 255)。 デフォルト値は 105 です。

quantum

G711 量子値。 デフォルト値は 15 です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、7920 VISE パラメータのコール アドミッション制限を設定する例を示します。

> config advanced 802.11 7920VSIEConfig call-admission-limit 4

拡張 802.11 チャネルのコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 channel コマンドを使用して、サポートされている 802.11 ネットワークに動的なチャネル割り当て(DCA)設定を行います。

config advanced 802.11 channel add

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加するには、config advanced 802.11 channel add コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel add channel_number

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

add

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加します。

channel_number

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストに追加するチャネル番号。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加する例を示します。


> config advanced 802.11 channel add 132

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

config advanced 802.11 channel cleanair-event

すべての 802.11 Cisco Lightweight アクセス ポイントにイベント駆動型の無線リソース管理(RRM)パラメータを設定するには、config advanced 802.11 channel cleanair-event コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel cleanair-event { enable | disable | sensitivity [ low | medium | high] | custom threshold threshold_value}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

cleanair イベント駆動 RRM パラメータを有効にします。

disable

cleanair イベント駆動 RRM パラメータを無効にします。

sensitivity

cleanair イベント駆動 RRM の感度を設定します。

low

(任意)低感度を指定します。

medium

(任意)中感度を指定します。

high

(任意)高感度を指定します。

custom

カスタム感度を指定します。

threshold

EDRRM AQ しきい値を指定します。

threshold_value

カスタムしきい値の数。

コマンド デフォルト

なし。

次に cleanair イベント駆動 RRM パラメータを有効にする例を示します。

> config advanced 802.11 channel cleanair-event enable

次に cleanair イベント駆動 RRM に高感度を設定する例を示します。

> config advanced 802.11 channel cleanair-event sensitivity high

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

config advanced 802.11 channel dca anchor-time

チャネルの動的割り当て(DCA)アルゴリズムの開始時刻を指定するには、config advanced 802.11 channel dca anchor-time コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel dca anchor-time value

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

value

0 ~ 23 の時刻。 この値は、午前 12 時から午後 11 時までの時間を表します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、チャネルの動的割り当てアルゴリズムが開始したときに遅延時間を設定する例を示します。


> config advanced 802.11 channel dca anchor-time 17

関連コマンド

config advanced 802.11 channel dca interval

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

config advanced 802.11 channel

config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n

5 GHz 帯域のすべての 802.11n 無線に、チャネルの動的割り当て(DCA)チャネル幅を設定するには、config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel dca chan-width-11n { 20 | 40}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

20

802.11n 無線のチャネル幅を 20 MHz に設定します。

40

802.11n 無線のチャネル幅を 40 MHz に設定します。

コマンド デフォルト

デフォルトのチャネル幅は 20 です。

使用上のガイドライン

40 を選択する場合は、config advanced 802.11 channel {add | delete} channel_number コマンドで少なくとも 2 つの隣接チャネルを設定します(たとえば、36 のプライマリ チャネルと 40 の拡張チャネル)。 1 つのチャネルしか設定しないと、そのチャネルは 40 MHz チャネル幅として使用されません。

グローバルに設定されている DCA チャネル幅設定を上書きするには、config 802.11 chan_width コマンドを使用して、特定のアクセス ポイントの無線を 20 または 40 MHz モードに静的に設定します。 後でこのアクセス ポイントの無線に対する静的な設定をグローバルに変更すると、それまでアクセス ポイントで使用されていたチャネル幅設定はグローバルな DCA 設定で上書きされます。

次に、802.11a ネットワーク自動チャネルのリストにチャネルを追加する例を示します。


> config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n 40

関連コマンド

config 802.11 chan_width

config advanced 802.11 dca interval

config advanced 802.11 dca sensitivity

show advanced 802.11 channel

config advanced 802.11 channel dca interval

チャネルの動的割り当て(DCA)が実行される頻度を指定するには、config advanced 802.11 channel dca interval コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel dca interval value

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

value

有効な値は 0、1、2、3、4、6、8、12、または 24 時間です。 0 の場合は 10 分になります(600 秒)。

コマンド デフォルト

0(10 分)。

使用上のガイドライン

コントローラが OfficeExtend アクセス ポイントしかサポートしていない場合は、最適なパフォーマンスを得るために、DCA 間隔を 6 時間に設定することをお勧めします。 OfficeExtend アクセス ポイントとローカル アクセス ポイントを組み合わせて展開している場合は、10 分から 24 時間までの範囲を使用できます。

次に、DCA アルゴリズムが実行される頻度の例を示します。


> config advanced 802.11 channel dca interval 8

関連コマンド

config advanced 802.11 dca anchor-time

config advanced 802.11 dca sensitivity

show advanced 802.11 channel

config advanced 802.11 channel dca min-metric

config advanced 802.11{ a | b} channel dca RSSI_value

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

RSSI_value

DCA がチャネルの変更をトリガーするために必要な最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)。 範囲は、-100 ~ -60 dBm です。

コマンド デフォルト

–95 dBm。

次に、DCA に 5 GHz 以上の RSSI エネルギー メトリックを設定する例を示します。

> config advanced 802.11a channel dca min-metric –80

上記の例では、DCA がチャネルの変更をトリガーするために、RSSI で少なくとも -80 dBm の干渉エネルギーを RRM が検出する必要があります。

関連コマンド

config advanced 802.11 dca interval

config advanced 802.11 dca anchor-time

show advanced 802.11 channel

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

チャネル変更の判定時の環境の変化(信号、負荷、ノイズ、干渉など)に対するチャネルの動的割り当て(DCA)アルゴリズムの感度を指定するには、config advanced 802.11 channel dca sensitivity コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel dcasensitivity { low | medium | high}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

low

環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は特に高くないことを指定します。 詳細については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

medium

環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は中程度であることを指定します。 詳細については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

high

環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度が高いことを指定します。 詳細については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

DCA の感度のしきい値は、次の表で示すように、無線帯域によって異なります。

トラブルシューティングに役立つように、このコマンドの出力には失敗したコールすべてのエラー コードが示されます。 次の表では、失敗したコールの考えられるエラー コードについて説明します。

表 1 DCA の感度のしきい値

感度

2.4 GHz DCA 感度しきい値

5 GHz DCA 感度しきい値

High

5 dB

5 dB

Medium

15 dB

20 dB

Low

30 dB

35 dB

次に、DCA アルゴリズムの感度の値を low に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 channel dca sensitivity low

関連コマンド

config advanced 802.11 dca interval

config advanced 802.11 dca anchor-time

show advanced 802.11 channel

config advanced 802.11 channel foreign

802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、無線リソース管理(RRM)によるチャネル選択時に外部 802.11a 干渉回避を考慮するか、無視するかを指定するには、config advanced 802.11 channel foreign コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel foreign { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

チャネル割り当てで、外部アクセス ポイント 802.11a 干渉回避を有効にします。

disable

チャネル割り当てで、外部アクセス ポイント 802.11a 干渉回避を無効にします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、RRM によるチャネル選択時に外部 802.11a 干渉が考慮されるようにする例を示します。


> config advanced 802.11a channel foreign enable

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel foreign

config advanced 802.11 channel load

802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、無線リソース管理(RRM)によるチャネル選択更新時にトラフィックの負荷を考慮するか、無視するかを指定するには、config advanced 802.11 channel load コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel load { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

チャネル割り当てで、Cisco Lightweight アクセス ポイント 802.11a 負荷回避を有効にします。

disable

チャネル割り当てで、Cisco Lightweight アクセス ポイント 802.11a 負荷回避を無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、RRM によるチャネル選択時にトラフィックの負荷が考慮されるようにする例を示します。


> config advanced 802.11 channel load enable

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel load

config advanced 802.11 channel noise

802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、無線リソース管理(RRM)によるチャネル選択更新時に 802.11a 以外のノイズを考慮するか、無視するかを指定するには、config advanced 802.11 channel noise コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel noise { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

チャネル割り当てで 802.11a 以外のノイズ回避を有効にします。 または無視します。

disable

チャネル割り当てで 802.11a 以外のノイズ回避を無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントについて、RRM によるチャネル選択時に 802.11a 以外のノイズが考慮されるようにする例を示します。


> config advanced 802.11 channel noise enable

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel noise

config advanced 802.11 channel outdoor-ap-dca

非 DFS チャネルのチェックを回避するために、コントローラを有効または無効にするには、config advanced 802.11 channel outdoor-ap-dca コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel outdoor-ap-dca { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク dca のリストのオプションを有効にします。

disable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク dca のリストのオプションを無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

config advanced 802.11{a | b} channel outdoor-ap-dca {enable | disable} コマンドは、1522 や 1524 などの屋外アクセス ポイントを持つ展開の場合にのみ適用されます。

次に、屋外アクセス ポイントで 802.11a dca のリスト オプションを有効にする例を示します。

> config advanced 802.11a channel outdoor-ap-dca enable

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel noise

config advanced 802.11 channel pda-prop

永続デバイスの伝播を有効または無効にするには、config advanced 802.11 channel pda-prop コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel pda-prop { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク DCA のリストのオプションを有効にします。

disable

屋外アクセス ポイントの 802.11 ネットワーク DCA のリストのオプションを無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、永続デバイスの伝播を有効または無効にする例を示します。


> config advanced 802.11 channel pda-prop enable

config advanced 802.11 channel update

802.11a 対応のすべての Cisco Lightweight アクセス ポイントを対象に、無線リソース管理(RRM)によるチャネル選択更新が開始されるようにするには、config advanced 802.11 channel update コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel update

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての 802.11a ネットワーク アクセス ポイントのチャネル選択の更新を開始する例を示します。


> config advanced 802.11a channel update

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

拡張 802.11 カバレッジのコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 coverage コマンドを使用して、サポートされている 802.11 ネットワークにカバレッジ ホールの検出設定を行います。

config advanced 802.11 coverage

カバレッジ ホール検出を有効または無効にするには、config advanced 802.11 coverage コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

カバレッジ ホールの検出を有効にします。

disable

カバレッジ ホールの検出を無効にします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

カバレッジ ホール検出を有効にすると、カバレッジが不完全な領域に位置する可能性のあるクライアントを持つアクセス ポイントがあるかどうかを、アクセス ポイントから受信したデータに基づいてコントローラが自動的に判断します。

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、802.11a ネットワーク上でカバレッジ ホールの検出を有効にする例を示します。


> config advanced 802.11a coverage enable

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 coverage exception global

アクセス ポイント上で、信号レベルが低くなっているにもかかわらず、別のアクセス ポイントにローミングできないクライアントの割合を指定するには、config advanced 802.11 coverage exception global コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage exception global percent

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

percent

クライアントの割合。 有効な値は 0 ~ 100 % です。

コマンド デフォルト

25 %。

使用上のガイドライン

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、信号レベルが低くなっているすべての 802.11a アクセス ポイントにクライアントの割合を指定する例を示します。


> config advanced 802.11 coverage exception global 50

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage fail-rate

アップリンクのデータ パケットまたは音声パケットの失敗率のしきい値を指定するには、config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage { data | voice} fail-rate percent

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

data

データ パケットのしきい値を指定します。

voice

音声パケットのしきい値を指定します。

percent

失敗率のパーセント。 有効な値は 1 ~ 100 % です。

コマンド デフォルト

20.

使用上のガイドライン

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、データ パケットの最小のアップリンク障害のしきい値を設定する例を示します。


> config advanced 802.11 coverage fail-rate 80

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage level global

アクセス ポイント上でデータまたは音声受信信号強度インジケータ(RSSI)しきい値以下の RSSI 値を持つクライアントの最小数を指定するには、config advanced 802.11 coverage level global コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage level global clients

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

clients

クライアントの最小数。 有効な値は 1 ~ 75 です。

コマンド デフォルト

3.

使用上のガイドライン

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、RSSI しきい値以下の RSSI 値をすべての 802.11a アクセス ポイントでクライアントの最小数を指定する例を示します。


> config advanced 802.11 coverage level global 60

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage packet-count

アップリンクのデータ パケットまたは音声パケットの最小失敗数のしきい値を指定するには、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage { data | voice} packet-count packets

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

data

データ パケットのしきい値を指定します。

voice

音声パケットのしきい値を指定します。

packets

パケットの最小数。 有効な値は 1 ~ 255 パケットです。

コマンド デフォルト

10.

使用上のガイドライン

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、アップリンク データ パケットに対して失敗数のしきい値を設定する例を示します。

> config advanced 802.11 coverage packet-count 100

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

アクセス ポイントで受信されるパケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)値を指定するには、config advanced 802.11 coverage rssi-threshold コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} coverage { data | voice} rssi-threshold rssi

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

data

データ パケットのしきい値を指定します。

voice

音声パケットのしきい値を指定します。

rssi

有効な値は –60 ~ –90 dBm です。

コマンド デフォルト

  • データ パケット:–80 dBm
  • 音声パケット:–75 dBm

使用上のガイドライン

入力した rssi 値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(カバレッジが不完全な領域)を特定するために使用されます。 入力した値よりも小さい RSSI 値を持つパケットが、アクセス ポイントのデータ キューまたは音声キューで受信されると、カバレッジ ホールの可能性が検出されます。

アクセス ポイントでは、5 秒ごとに RSSI が測定され、90 秒間隔でそれらがコントローラに報告されます。

5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage packet-count コマンドと config advanced 802.11 coverage fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラは、この情報を使用してカバレッジ ホールの真偽を判断し、ローミング ロジックが不完全なクライアントを除外します。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、config advanced 802.11 coverage level global コマンドおよび config advanced 802.11 coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラは、カバレッジ ホールを修正可能か判断し、適切ならば、その特定のアクセス ポイントの伝送パワー レベルを上げてカバレッジ ホールを解消します。

次に、802.11a アクセス ポイントが受信したデータ パケットに対して最小の受信信号強度インジケータを設定する例を示します。


> config advanced 802.11a coverage rssi-threshold -60

関連コマンド

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage

拡張 802.11 ロギングのコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 logging コマンドを使用して、サポートされている 802.11 ネットワークにレポート ログ設定を行います。

config advanced 802.11 logging channel

チャネル変更ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging channel コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging channel { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

logging channel

チャネル変更をロギングします。

on

802.11 チャネルのロギングを有効にします。

off

802.11 チャネルのロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a ロギング チャネル選択モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a logging channel on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging channel

config advanced 802.11 logging coverage

カバレッジ プロファイル ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging coverage コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging coverage { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 のカバレッジ プロファイル違反ロギングを有効にします。

off

802.11 のカバレッジ プロファイル違反ロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a カバレッジ プロファイル違反ロギング選択モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a logging coverage on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging coverage

config advanced 802.11 logging foreign

外部干渉プロファイル ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging foreign コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging foreign { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 外部干渉プロファイル違反ロギングを有効にします。

off

802.11 外部干渉プロファイル違反ロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a 外部干渉プロファイル違反ロギング選択モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a logging foreign on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging foreign

config advanced 802.11 logging load

802.11a 負荷プロファイル ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging load コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging load { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 負荷プロファイル違反ロギングを有効にします。

off

802.11 負荷プロファイル違反ロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a 負荷プロファイル ロギング モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11 logging load on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging load

config advanced 802.11 logging noise

802.11a ノイズ プロファイル ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging noise コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging noise { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 ノイズ プロファイル違反ロギングを有効にします。

off

802.11 ノイズ プロファイル違反ロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a ノイズ プロファイル ロギング モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a logging noise on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging noise

config advanced 802.11 logging performance

802.11a パフォーマンス プロファイル ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging performance コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging performance { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 パフォーマンス プロファイル違反ロギングを有効にします。

off

802.11 パフォーマンス プロファイル違反ロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a パフォーマンス プロファイル ロギング モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a logging performance on

関連コマンド

show advanced 802.11a logging

config advanced 802.11b logging performance

config advanced 802.11 logging txpower

802.11a 伝送パワー変更ロギング モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 logging txpower コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} logging txpower { on | off}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

on

802.11 伝送パワー変更のロギングを有効にします。

off

802.11 伝送パワー変更のロギングを無効にします。

コマンド デフォルト

Off(無効になっています)。

次に、802.11a 伝送パワー変更モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11 logging txpower off

関連コマンド

show advanced 802.11 logging

config advanced 802.11b logging power

拡張 802.11 監視のコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 monitor コマンドを使用して、サポートされている 802.11 ネットワークに監視設定を行います。

config advanced 802.11 monitor channel-list

802.11a ノイズ、干渉、および不正な監視チャネル リストを設定するには、config advanced 802.11 monitor channel-list コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor channel-list { all | country | dca}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

all

すべてのチャネルを監視します。

country

設定されている国コードで使用するチャネルを監視します。

dca

自動チャネル割り当てで使用するチャネルを監視します。

コマンド デフォルト

Country。

次に、設定されている国で使用するチャネルを監視する例を示します。


> config advanced 802.11 monitor channel-list country

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor coverage

config advanced 802.11 monitor coverage

カバレッジ測定間隔を 60 ~ 3,600 秒に設定するには、config advanced 802.11 monitor coverage コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor coverage seconds

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

seconds

60 ~ 3,600 秒のカバレッジ測定間隔。

コマンド デフォルト

180 秒。

次に、カバレッジ測定間隔を 60 秒に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 monitor coverage 60

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor

config advanced 802.11b monitor coverage

config advanced 802.11 monitor load

負荷測定間隔を 60 ~ 3,600 秒に設定するには、config advanced 802.11 monitor load コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor load seconds

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

seconds

60 ~ 3,600 秒の負荷測定間隔。

コマンド デフォルト

60 秒

次に、負荷測定間隔を 60 秒に設定する例を示します。

> config advanced 802.11 monitor load 60

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor

config advanced 802.11b monitor load

config advanced 802.11 monitor mode

802.11a アクセス ポイントの監視を有効または無効にするには、config advanced 802.11 monitor mode コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor mode { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

802.11 アクセス ポイントの監視を有効にします。

disable

802.11 アクセス ポイントの監視を無効にします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、802.11a アクセス ポイントの監視を有効にする例を示します。


> config advanced 802.11a monitor mode enable

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor

config advanced 802.11b monitor mode

config advanced 802.11 monitor ndp-type

802.11 アクセス ポイントの無線リソース管理ネイバー ディスカバリ プロトコル タイプを設定するには、config advanced 802.11 monitor ndp-type コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor ndp-type { protected | transparent}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

protected

Tx RRM で保護されたネイバー ディスカバリ プロトコルを指定します。

transparent

Tx RRM の透過的なネイバー ディスカバリ プロトコルを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

802.11 アクセス ポイント RRM ネイバー ディスカバリ プロトコル タイプを設定する前に、config 802.11 disable network コマンドを入力して、ネットワークを無効にしたことを確認します。

次に、802.11a アクセス ポイント RRM ネイバー ディスカバリ プロトコル タイプを protected として有効にする例を示します。


> config advanced 802.11 monitor ndp-type protected

関連コマンド

config advanced 802.11 monitor

config advanced 802.11 monitor mode

config advanced 802.11 disable

config advanced 802.11 monitor noise

802.11a ノイズ測定間隔を 60 ~ 3,600 秒に設定するには、config advanced 802.11 monitor noise コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor noise seconds

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

seconds

60 ~ 3,600 秒のノイズ測定間隔。

コマンド デフォルト

180 秒。

次に、ノイズ測定間隔を 120 秒に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 monitor noise 120

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor

config advanced 802.11b monitor noise

config advanced 802.11 monitor signal

信号測定間隔を 60 ~ 3,600 秒に設定するには、config advanced 802.11 monitor signal コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} monitor signal seconds

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

seconds

60 ~ 3,600 秒の信号測定間隔。

コマンド デフォルト

60 秒

次に、信号測定間隔を 120 秒に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 monitor signal 120

関連コマンド

show advanced 802.11a monitor

config advanced 802.11b monitor signal

拡張 802.11 プロファイルのコンフィギュレーション コマンド

ここでは、config advanced 802.11 profile コマンドについて説明します。

config advanced 802.11 profile foreign

外部 802.11a トランスミッタ干渉しきい値を 0 ~ 100 % に設定するには、config advanced 802.11 profile foreign コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} profile foreign { global | cisco_ap} percent

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての 802.11a 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイントを設定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

percent

0 ~ 100 % の外部 802.11a 干渉しきい値。

コマンド デフォルト

10.

次に、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントの外部 802.11a トランスミッタ干渉しきい値を 50 パーセントに設定する例を示します。


> config advanced 802.11a profile foreign global 50

次に、AP1 の外部 802.11a トランスミッタ干渉しきい値を 0 パーセントに設定する例を示します。


> config advanced 802.11 profile foreign AP1 0

関連コマンド

show advanced 802.11a profile

config advanced 802.11b profile foreign

config advanced 802.11 profile noise

802.11a 外部ノイズしきい値を -127 ~ 0 dBm に設定するには、config advanced 802.11 profile noise コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} profile noise { global | cisco_ap} dBm

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての 802.11a 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイントの特定のプロファイルを設定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

dBm

-127 ~ 0 dBm の 802.11a 外部ノイズしきい値。

コマンド デフォルト

–70 dBm。

次に、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントの 802.11a 外部ノイズしきい値を –127 dBm に設定する例を示します。


> config advanced 802.11a profile noise global -127

次に、AP1 の 802.11a 外部ノイズしきい値を 0 dBm に設定する例を示します。


> config advanced 802.11a profile noise AP1 0

関連コマンド

show advanced 802.11 profile

config advanced 802.11b profile noise

config advanced 802.11 profile throughput

Cisco Lightweight アクセス ポイントのデータレート スループットしきい値を 1,000 ~ 10,000,000 バイト/秒に設定するには、config advanced 802.11 profile throughput コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} profile throughput { global | cisco_ap} value

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての 802.11a 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイントの特定のプロファイルを設定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

value

802.11a 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイントのスループットしきい値(1,000 ~ 10,000,000 バイト/秒)。

コマンド デフォルト

1,000,000 バイト/秒。

次に、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントのデータ レートしきい値を 1,000 バイト/秒に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 profile throughput global 1000

次に、AP1 のデータ レートしきい値を 10,000,000 バイト/秒に設定する例を示します。


> config advanced 802.11 profile throughput AP1 10000000

関連コマンド

show advanced 802.11 profile

config advanced 802.11b profile data-rate

config advanced 802.11 profile utilization

RF 利用率のしきい値を 0 ~ 100 % に設定するには、config advanced 802.11 profile utilization コマンドを使用します。 オペレーティング システムがこのしきい値を超えた場合にトラップを生成します。

config advanced 802.11{ a | b} profile utilization { global | cisco_ap} percent

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

グローバルの Cisco Lightweight アクセス ポイント固有のプロファイルを設定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

percent

0 ~ 100 % の 802.11a の RF 利用率のしきい値。

コマンド デフォルト

80 %

次に、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントの RF 利用率のしきい値を 0 パーセントに設定する例を示します。


> config advanced 802.11 profile utilization global 0

次に、AP1 の RF 利用率のしきい値を 100 パーセントに設定する例を示します。


> config advanced 802.11 profile utilization AP1 100

関連コマンド

show advanced 802.11a profile

config advanced 802.11b profile utilization

802.11k および経由ローミングのコンフィギュレーション コマンド

ここではコントローラ上の 802.11k および経由ローミングの設定、表示、およびデバッグのコマンドについて説明します。

config assisted-roaming

コントローラ上に経由ローミング パラメータを設定するには、config assisted-roaming コマンドを使用します。

config assisted-roaming { denial-maximum count | floor-bias RSSI | prediction-minimum number_of_APs}

構文の説明

denial-maximum

アソシエーション拒否の最大カウントを設定します。

count

アクセス ポイントに送信されたアソシエーション リクエストが予測リストのどのアクセス ポイントにも一致しない場合に、クライアントがアソシエーションに拒否される最大回数。 範囲は 1 ~ 10 です。

floor-bias

同一フロア上のアクセス ポイントに RSSI バイアスを設定します。

RSSI

同一フロア上のアクセス ポイントに対する RSSI バイアス。 範囲は 5 ~ 25 です。 同一フロア上のアクセス ポイントにはより多くのプリファレンスがあります。

prediction-minimum

経由ローミング機能向けに最適化されたアクセス ポイントの最小数を設定します。

number_of_APs

経由ローミング機能向けに最適化されたアクセス ポイントの最小数。 範囲は 1 ~ 6 です。 クライアントに割り当てられた予測のアクセス ポイント数がこの値より小さい場合、経由ローミングは機能しません。

コマンド デフォルト

同一フロア上のアクセス ポイントのデフォルト RSSI バイアスは 15 dBm です。

使用上のガイドライン

802.11k では、クライアントはサービス セットの遷移に使用できる、既知のネイバー アクセス ポイントに関する情報を含むネイバー レポートを要求できるようになります。 ネイバー リストによって、アクティブ スキャンおよびパッシブ スキャンを行う必要性が低減されます。

次に、経由ローミング機能向けに最適化されたアクセス ポイントの最小数を設定する例を示します。

> config assisted-roaming prediction-minimum 4

関連コマンド

config wlan assisted-roaming

show assisted-roaming

debug 11k

config wlan assisted-roaming

WLAN で経由ローミングを設定するには、config wlan assisted-roaming コマンドを使用します。

config wlan assisted-roaming { neighbor-list | dual-list | prediction} { enable | disable} wlan_id

構文の説明

neighbor-list

WLAN の 802.11k ネイバー リストを設定します。

dual-list

WLAN のデュアル バンド 802.11k ネイバー リストを設定します。 デフォルトは、クライアントが現在関連付けられている帯域です。

prediction

WLAN の経由ローミング最適化の予測を設定します。

enable

WLAN の設定をイネーブルにします。

disable

WLAN の設定をディセーブルにします。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

コマンド デフォルト

802.11k ネイバー リストは、すべての WLAN に対してイネーブルです。

デフォルトでは、ネイバー リスト機能が WLAN に対してイネーブルな場合に、デュアル バンド リストはイネーブルになります。

使用上のガイドライン

経由ローミングの予測のリストをイネーブルにすると、警告が表示されます。また、WLAN でロード バランシングがすでにイネーブルになっている場合、ロード バランシングはその WLAN でディセーブルになります。

次に、WLAN の 802.11k ネイバー リストをイネーブルにする例を示します。

> config wlan assisted-roaming neighbor-list enable 1

関連コマンド

config assisted-roaming

show assisted-roaming

debug 11k

show assisted-roaming

経由ローミングと 802.11k 設定を表示するには、show assisted-roaming コマンドを使用します。

show assisted-roaming

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、経由ローミングと 802.11k 設定を表示する例を示します。

> show assisted-roaming
Assisted Roaming and 80211k Information:
Floor RSSI Bias.................................. 15 dBm
Maximum Denial................................... 2 counts
Minimium Optimized Neighbor Assigned............. 2 neighbors

Assisted Roaming Performance Chart:
Matching Assigned Neighbor....................... [0] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [1] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [2] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [3] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [4] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [5] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [6] = 0
Matching Assigned Neighbor....................... [7] = 0
No Matching Neighbor............................. [8] = 0
No Neighbor Assigned............................. [9] = 0

関連コマンド

config assisted-roaming

config wlan assisted-roaming

debug 11k

debug 11k

802.11k デバッグ オプションを設定するには、debug 11k コマンドを使用します。

debug 11k { all | detail | errors| events | history | optimization | simulation} { enable | disable}

構文の説明

all

すべての 802.11k メッセージのデバッグを設定します。

detail

802.11k 詳細のデバッグを設定します。

errors

802.11k エラーのデバッグを設定します。

events

すべての 802.11k イベントのデバッグを設定します。

history

すべての 802.11k 履歴のデバッグを設定します。 コントローラはクライアントのローミング履歴を収集します。

optimization

802.11k 最適化のデバッグを設定します。 ネイバー リストの最適化ステップを確認できます。

simulation

802.11k シミュレーション データのデバッグを設定します。 クライアント ローミング パラメータの詳細を表示し、オフラインのシミュレーションでのインポートを行うことができます。

enable

802.1k デバッグを有効にします。

disable

802.1k デバッグを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に 802.11k シミュレーション データのデバッグを有効にする例を示します。

> debug 11k simulation enable

関連コマンド

config assisted-roaming

config wlan assisted-roaming

show assisted-roaming

その他のコンフィギュレーション コマンド

ここでは、無線リソース管理(RRM)を設定するその他の config コマンドについて説明します。

config advanced 802.11 receiver

詳細なレシーバ設定を行うには、config advanced 802.11 receiver コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} receiver { default | rxstart jumpThreshold value}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

receiver

レシーバ設定を指定します。

default

デフォルトの詳細なレシーバ設定を指定します。

rxstartjumpThreshold

レシーバ起動信号を指定します。

value

ジャンプしきい値設定の値(0 ~ 127)。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ネットワークが有効なとき次にレシーバ パラメータを変更できないようにする例を示します。


> config advanced 802.11 receiver default

関連コマンド

config advanced 802.11b receiver

config advanced 802.11 edca-parameters

802.11a ネットワーク上で、特定の Enhanced Distributed Channel Access(EDCA; 拡張型分散チャネル アクセス)プロファイルを有効にするには、config advanced 802.11 edca-parameters コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} edca-parameters { wmm-default | svp-voice | optimized-voice | optimized-video-voice | custom-voice}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

wmm-default

Wi-Fi Multimedia(WMM)デフォルト パラメータを有効にします。 音声サービスまたはビデオ サービスがネットワーク上に展開されていない場合に、このオプションを選択します。

svp-voice

Spectralink 音声優先パラメータを有効にします。 通話の質を向上するため、ネットワークに Spectralink 電話技術を実装している場合に、このオプションを選択します。

optimized-voice

EDCA 音声最適化パラメータを有効にします。 Spectralink 以外の音声サービスをネットワーク上で展開している場合に、このオプションを選択します。

optimized-video-voice

EDCA 音声/ビデオ最適化パラメータを有効にします。 ネットワーク上で音声サービスとビデオ サービスを両方とも展開する場合に、このオプションを選択します。

(注)     

ビデオ サービスを展開する場合は、アドミッション制御(Admission Control Managment(ACM))を無効にする必要があります。

custom-voice

802.11a のカスタム音声 EDCA パラメータをイネーブルにします。 このオプションの EDCA パラメータは、このプロファイルが適用された場合、6.0 WMM EDCA パラメータとも一致します。

コマンド デフォルト

wmm-default。

次に、Spectralink 音声優先パラメータをイネーブルにする例を示します。

> config advanced 802.11 edca-parameters svp-voice

関連コマンド

show 802.11a

config advanced 802.11b edca-parameters

config advanced 802.11 factory

802.11a の詳細設定を工場出荷時のデフォルトにリセットするには、config advanced 802.11 factory コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} factory

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての 802.11a の詳細設定を工場出荷時のデフォルトに戻す例を示します。


> config advanced 802.11a factory

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11 group-member

802.11 静的 RF グループにメンバーを設定するには、をconfig advanced 802.11 group-member コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} group-member { add | remove} controller controller-ip-address

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

add

静的 RF グループにコントローラを追加します。

remove

静的 RF グループからコントローラを除外します。

controller

追加するコントローラの名前。

controller-ip-address

追加するコントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a 自動 RF グループにコントローラを追加する例を示します。

> config advanced 802.11a group-member add cisco-controller 209.165.200.225

関連コマンド

show advanced 802.11a group

config advanced 802.11 group-mode

config advanced 802.11 group-mode

802.11a の自動 RF グループ選択モードをオンまたはオフに設定するには、config advanced 802.11 group-mode コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} group-mode { auto | leader | off | restart}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

auto

802.11a RF グループ選択を自動更新モードに設定します。

leader

802.11a RF グループ選択をスタティック モードに設定し、グループ リーダーとしてこのコントローラを設定します。

off

802.11a RF グループ選択をオフに設定します。

restart

802.11a RF グループ選択を再起動します。

コマンド デフォルト

auto。

次に、802.11a の自動 RF グループ選択モードをオンにする例を示します。


> config advanced 802.11a group-mode auto

次に、802.11a の自動 RF グループ選択モードをオフにする例を示します。


> config advanced 802.11a group-mode off

関連コマンド

show advanced 802.11a group

config advanced 802.11 group-member

config advanced 802.11 tpc-version

無線の送信電力の制御(TPC)バージョンを設定するには、config advanced 802.11 tpc-version コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} tpc-version { 1 | 2}

構文の説明

1

強力な信号カバレッジおよび安定性を提供する TPC バージョン 1 を指定します。

2

音声コールが広く使用されるシナリオ用の TPC バージョン 2 を指定します。 干渉を最小にするために、送信電力が動的に調整されます。 これは、高密度のネットワークに適しています。 このモードでは、ローミングの遅延およびカバレッジ ホールのインシデントが多く発生する可能性があります。

コマンド デフォルト

無線のデフォルトの TPC のバージョンは 1 です。

次に、802.11a 無線の 1 として TPC のバージョンを設定する例を示します。


> config advanced 802.11a tpc-version 1

関連コマンド

config advanced 802.11 tpcv1-thresh

config advanced 802.11 tpcv1-thresh

無線の送信電力の制御(TPC)バージョン 1 のしきい値を設定するには、config advanced 802.11 tpcv1-thresh コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} tpcv1-thresh threshold

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g/n ネットワークを指定します。

threshold

50 dBm ~ 80 dBm の範囲のしきい値。

次に、802.11a 無線の TPC バージョン 1 でしきい値を -60 dBm として設定する例を示します。


> config advanced 802.11 tpcv1-thresh -60

関連コマンド

config advanced 802.11 tpc-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-intense

無線の送信電力の制御(TPC)バージョン 2 の算出の強度を設定するには、config advanced 802.11 tpcv2-intense コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} tpcv2-intense intensity

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g/n ネットワークを指定します。

intensity

1~100 の算出の強度。

次に、802.11a 無線の TPC バージョン 2 で算出の強度を 50 として設定する例を示します。


> config advanced 802.11 tpcv2-intense 50

関連コマンド

config advanced 802.11 tpc-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-per-chan

config advanced 802.11 tpcv2-per-chan

送信電力の制御バージョン 2 をチャネル単位で設定するには、config advanced 802.11 tpcv2-per-chan コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} tpcv2-per-chan { enable | disable}

構文の説明

enable

TPC バージョン 2 の設定をチャネル単位で有効にします。

disable

TPC バージョン 2 の設定をチャネル単位で無効にします。

次に、802.11a 無線の TPC バージョン 2 をチャネル単位で有効にする例を示します。


> config advanced 802.11 tpcv2-per-chan enable

関連コマンド

config advanced 802.11 tpc-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-intense

config advanced 802.11 tpcv2-thresh

無線の送信電力の制御(TPC)バージョン 2 のしきい値を設定するには、config advanced 802.11 tpcv2-thresh コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} tpcv2-thresh threshold

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

threshold

50 dBm ~ 80 dBm の範囲のしきい値。

次に、802.11a 無線の TPC バージョン 2 でしきい値を -60 dBm として設定する例を示します。


> config advanced 802.11a tpcv2-thresh -60

関連コマンド

config advanced 802.11 tpc-thresh

config advanced 802.11 tpcv1-thresh

config advanced 802.11 tpcv2-per-chan

config advanced 802.11 txpower-update

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 伝送パワーの更新を開始するには、config advanced 802.11 txpower-update コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} txpower-update

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a アクセス ポイントで 802.11a 伝送パワーの更新を開始する例を示します。


> config advanced 802.11 txpower-update

関連コマンド

config advance 802.11b txpower-update

config advanced dot11-padding

無線フレーム パディングを有効または無効にするには、config advanced dot11-padding コマンドを使用します。

config advanced dot11-padding { enable | disable}

構文の説明

enable

このコマンドをイネーブルにします。

disable

このコマンドをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、無線フレーム パディングをイネーブルにする例を示します。


> config advanced dot11-padding enable

関連コマンド

debug dot11

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station

show advanced dot11-padding

config client location-calibration

リンク集約を設定するには、config client location-calibration コマンドを使用します。

config client location-calibration { enable mac_address interval | disable mac_address}

構文の説明

enable

(任意)クライアントのロケーション調整をイネーブルにするよう指定します。

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

interval

秒単位の測定間隔。

disable

(任意)クライアントのロケーション調整をディセーブルにするよう指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、45 秒の測定間隔で、クライアント 37:15:85:2a のクライアント ロケーション調整をイネーブルにする例を示します。


> config client location-calibration enable 37:15:86:2a:Bc:cf 45

関連コマンド

show client location-calibration summary

config network rf-network-name

RF ネットワーク名を設定するには、config network rf-network-name コマンドを使用します。

config network rf-network-name name

構文の説明

name

RF ネットワーク名。 名前には最大 19 文字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、旅行者に RF ネットワーク名を設定する例を示します。


> config network rf-network-name travelers

関連コマンド

show network summary

debug コマンド

ここでは、コントローラの無線リソース管理(RRM)設定を管理する debug コマンドについて説明します。


注意    


デバッグ コマンドは、シスコ スタッフの指示の下に限り使用するように予約されています。 シスコ認定スタッフの指示以外でデバッグ コマンドを使用しないでください。


debug airewave-director

AireWave Director ソフトウェアのデバッグ オプションを設定するには、debug airwave-director コマンドを使用します。

debug airewave-director { all | channel | detail | error | group | manager | message | packet | power | profile | radar | rf-change} { enable | disable}

構文の説明

all

すべての Airewave Director ログのデバッグを設定します。

channel

Airewave Director チャネル割り当てプロトコルのデバッグを設定します。

detail

Airewave Director 詳細ログのデバッグを設定します。

error

Airewave Director エラー ログのデバッグを設定します。

group

Airewave Director グループ化プロトコルのデバッグを設定します。

manager

Airewave Director マネージャのデバッグを設定します。

message

Airewave Director メッセージのデバッグを設定します。

packet

Airewave Director パケットのデバッグを設定します。

power

Airewave Director 電力割り当てプロトコルおよびカバレッジ ホール検出のデバッグを設定します。

profile

Airewave Director プロファイル イベントのデバッグを設定します。

radar

Airewave Director レーダー検出/回避プロトコルのデバッグを設定します。

rf-change

Airewave Director rf 変更のデバッグを設定します。

enable

Airewave Director デバッグ設定を有効にします。

disable

Airewave Director デバッグ設定を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Airewave Director プロファイル イベントのデバッグを有効にする例を示します。


> debug airewave-director profile enable

関連コマンド

debug disable-all

show sysinfo

debug dot11

dot11 イベント デバッグ オプションを設定するには、debug dot11 コマンドを使用します。

debug dot11 { all | load-balancing | management | mobile | nmsp | probe | rldp | rogue | state} { enable | disable}

構文の説明

all

すべての 802.11 メッセージのデバッグを設定します。

load-balancing

802.11 ロード バランシング イベントのデバッグを設定します。

management

802.11 MAC 管理メッセージのデバッグを設定します。

mobile

802.11 のモバイル イベントのデバッグを設定します。

nmsp

802.11 NMSP インターフェイス イベントのデバッグを設定します。

probe

プローブのデバッグを設定します。

rldp

802.11 不正位置検出のデバッグを設定します。

rogue

802.11 不正イベントのデバッグを設定します。

state

802.11 モバイル状態遷移のデバッグを設定します。

enable

dot11 デバッグを有効にします。

disable

dot11 デバッグを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、dot11 デバッグ設定を有効にする例を示します。


> debug dot11 state enable
> debug dot11 mobile enable

関連コマンド

debug disable-all

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station