Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。 ここでは、コントローラ コマンドを使用してメッシュ アクセス ポイントを制御および設定する方法について説明します。内容は次のとおりです。

メッシュ設定の表示コマンド

show mesh コマンドを使用して、屋外および屋内メッシュ アクセス ポイントの設定を表示します。

show mesh ap

メッシュ アクセス ポイントの設定を表示するには、show mesh ap コマンドを使用します。

show mesh ap { summary | tree}

構文の説明

summary

名前、モデル、ブリッジ仮想インターフェイス(BVI)の MAC アドレス、米国コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)の MAC アドレス、ホップ、ブリッジ グループ名を含むメッシュ アクセス ポイント情報の要約を表示します。

tree

名前、ホップ カウンタ、リンクの信号対雑音比(SNR)、ブリッジ グループ名を含むメッシュ アクセス ポイント情報の要約をツリー構成で表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、要約形式を表示する例を示します。


> show mesh ap summary
AP Name AP Model             BVI MAC              CERT MAC        Hop    Bridge Group Name
------------------  -------------------  -----------------  ------------------   -----  --
SB_RAP1 AIR-LAP1522AG-A-K9   00:1d:71:0e:d0:00  00:1d:71:0e:d0:00   0      sbox
SB_MAP1 AIR-LAP1522AG-A-K9   00:1d:71:0e:85:00  00:1d:71:0e:85:00   1      sbox
SB_MAP2 AIR-LAP1522AG-A-K9   00:1b:d4:a7:8b:00  00:1b:d4:a7:8b:00   2      sbox
SB_MAP3 AIR-LAP1522AG-A-K9   00:1d:71:0d:ee:00  00:1d:71:0d:ee:00   3      sbox
Number of Mesh APs............................... 4
Number of RAPs................................... 1
Number of MAPs................................... 3

次に、階層(ツリー)形式で設定を表示する例を示します。


> show mesh ap tree
 =======================================================
||  AP Name [Hop Counter, Link SNR, Bridge Group Name] ||
 =======================================================
[Sector 1]
----------
SB_RAP1[0,0,sbox]
  |-SB_MAP1[1,32,sbox]
    |-SB_MAP2[2,27,sbox]
      |-SB_MAP3[3,30,sbox]
----------------------------------------------------
Number of Mesh APs............................... 4
Number of RAPs................................... 1
Number of MAPs................................... 3
----------------------------------------------------

関連コマンド

config mesh alarm

config mesh astools

config mesh battery-state

show mesh astools stats

屋外メッシュ アクセス ポイントの孤立防止統計情報を表示するには、show mesh astools stats コマンドを使用します。

show mesh astools stats [ cisco_ap]

構文の説明

cisco_ap

(任意)指定されたメッシュ アクセス ポイントの孤立防止機能統計情報。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての屋外メッシュ アクセス ポイントの孤立防止統計情報を表示する例を示します。


> show mesh astools stats
Total No of Aps stranded : 0

次に、アクセス ポイント sb_map1 の孤立防止統計情報を表示する例を示します。


> show mesh astools stats sb_map1
Total No of Aps stranded : 0

関連コマンド

show mesh config

config mesh astools

show mesh stats

show mesh backhaul

現在のバックホールを調べるには、show mesh backhaul コマンドを使用します。

show mesh backhaul cisco_ap

構文の説明

cisco_ap

アクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、現在のバックホールを表示する例を示します。


> show mesh backhaul

現在のバックホールが 5 GHz の場合、出力は次のとおりです。


Basic Basic Attributes for Slot  0
    Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211g
    Radio Role................................... DOWNLINK ACCESS
    Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
    Operation State ............................. UP
      Current Tx Power Level .................... 1
If the current backhaul is 2.4 GHz, the output is as follows:
Basic Attributes for Slot  1
    Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211a
    Radio Subband................................ RADIO_SUBBAND_ALL
    Radio Role................................... DOWNLINK ACCESS
    Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
    Operation State ............................. UP
      Current Tx Power Level .................... 1
      Current Channel ........................... 165
      Antenna Type............................... EXTERNAL_ANTENNA
      External Antenna Gain (in .5 dBm units).... 0
Current Channel...................................6
Antenna Type......................................Externa_ANTENNA
External Antenna Gain (in .5 dBm units)...........0

関連コマンド

show mesh config

config mesh astools

show mesh stats

show mesh cac

メッシュ ネットワークで使用されているまたは使用可能なコール アドミッション制御(CAC)トポロジおよび帯域幅を表示するには、show mesh cac コマンドを使用します。

show mesh cac { summary | { bwused { voice | video} | access | callpath | rejected} cisco_ap}

構文の説明

summary

各メッシュ アクセス ポイントに使用する音声コールと音声帯域幅の総数を表示します。

bwused

ツリー トポロジで選択したアクセス ポイントの帯域幅を表示します。

voice

使用されているまたは使用可能なメッシュ トポロジおよび音声帯域幅を表示します。

video

使用されているまたは使用可能なメッシュ トポロジおよびビデオ帯域幅を表示します。

access

ツリー トポロジで進行中のアクセス音声コールを表示します。

callpath

メッシュ ツリーに分散されたコール帯域幅を表示します。

rejected

ツリー トポロジで帯域幅不足のために拒否された音声コールを表示します。

cisco_ap

メッシュ アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コール アドミッション制御の設定の概要を表示する例を示します。


> show mesh cac summary
AP Name              Slot#    Radio  BW Used/Max  Calls
-----------------  -------  -----  -----------  -----
SB_RAP1              0        11b/g   0/23437      0
                     1        11a     0/23437      0
SB_MAP1              0        11b/g   0/23437      0
                     1        11a     0/23437      0
SB_MAP2              0        11b/g   0/23437      0
                     1        11a     0/23437      0
SB_MAP3              0        11b/g   0/23437      0
                     1        11a     0/23437      0

次に、使用されているまたは使用可能なメッシュ トポロジおよび音声帯域幅を表示する例を示します。

> show mesh cac bwused voice SB_MAP1
AP Name                Slot#    Radio      BW Used/Max
-------------        -------  -----      -----------
    SB_RAP1              0      11b/g       0/23437
                         1      11a         0/23437
|   SB_MAP1              0      11b/g       0/23437
                         1      11a         0/23437
||  SB_MAP2              0      11b/g       0/23437
                         1      11a         0/23437
||| SB_MAP3              0      11b/g       0/23437
                         1      11a         0/23437

次に、ツリー トポロジで進行中のアクセス音声コールを表示する例を示します。


> show mesh cac access 1524_Map1
    AP Name             Slot#   Radio     Calls
    -------------      -------  -----    -----
    1524_Rap             0      11b/g      0
                         1      11a        0
                         2      11a        0
|   1524_Map1            0      11b/g      0
                         1      11a        0
                         2      11a        0
||  1524_Map2            0      11b/g      0
                         1      11a        0
                         2      11a        0

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

debug cac voice

show mesh client-access

バックホール クライアント アクセス設定を表示するには、show mesh client-access コマンドを使用します。

show mesh client-access

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メッシュ アクセス ポイントのバックホール クライアント アクセス設定を表示する例を示します。


> show mesh client-access
Backhaul with client access status: enabled
Backhaul with client access extended status(3 radio AP): disabled

関連コマンド

config mesh client-access

show mesh config

メッシュ設定を表示するには、show mesh config コマンドを使用します。

show mesh config

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、グローバル メッシュ設定を表示する例を示します。


> show mesh config 
Mesh Range....................................... 12000
Mesh Statistics update period.................... 3 minutes
Backhaul with client access status............... disabled
Backhaul with extended client access status...... disabled
Background Scanning State........................ enabled
Backhaul Amsdu State............................. disabled
Mesh Security
   Security Mode................................. EAP
   External-Auth................................. disabled
   Use MAC Filter in External AAA server......... disabled
   Force External Authentication................. disabled
Mesh Alarm Criteria
   Max Hop Count................................. 4
   Recommended Max Children for MAP.............. 10
   Recommended Max Children for RAP.............. 20
   Low Link SNR.................................. 12
   High Link SNR................................. 60
   Max Association Number........................ 10
   Association Interval.......................... 60 minutes
   Parent Change Numbers......................... 3
Parent Change Interval........................ 60 minutes
Mesh Multicast Mode.............................. In-Out
Mesh Full Sector DFS............................. enabled
Mesh Ethernet Bridging VLAN Transparent Mode..... disabled
Mesh DCA channels for serial backhaul APs........ enabled
Mesh Slot Bias................................... enabled

関連コマンド

show mesh stats

show mgmtuser

config mesh alarm

show mesh env

メッシュ ネットワークのグローバルまたは特定の環境の要約情報を表示するには、show mesh env コマンドを使用します。

show mesh env { summary | cisco_ap}

構文の説明

summary

グローバル環境の要約情報を表示します。

cisco_ap

環境の要約情報が要求されるアクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、グローバル環境の要約情報を表示する例を示します。


> show mesh env summary
AP Name             Temperature(C)  Heater   Ethernet  Battery
------------------  --------------  ------   --------  -------
ap1130:5f:be:90      N/A             N/A      DOWN     N/A
AP1242:b2.31.ea      N/A             N/A      DOWN     N/A
AP1131:f2.8d.92      N/A             N/A      DOWN     N/A
AP1131:46f2.98ac     N/A             N/A      DOWN     N/A
ap1500:62:39:70      -36             OFF      UP       N/A

次に、アクセス ポイントの環境の要約を表示する例を示します。


> show mesh env SB_RAP1
AP Name.......................................... SB_RAP1
AP Model......................................... AIR-LAP1522AG-A-K9
AP Role.......................................... RootAP
Temperature...................................... 21 C, 69 F
Heater........................................... OFF
Backhaul......................................... GigabitEthernet0
GigabitEthernet0 Status.......................... UP
    Duplex....................................... FULL
    Speed........................................ 100
    Rx Unicast Packets........................... 114754
    Rx Non-Unicast Packets....................... 1464
    Tx Unicast Packets........................... 9630
    Tx Non-Unicast Packets....................... 3331
GigabitEthernet1 Status.......................... DOWN
  POE Out........................................ OFF
Battery.......................................... N/A

関連コマンド

show mesh stats

show mesh neigh

特定のメッシュ アクセス ポイントのメッシュ ネイバーに関する要約または詳細情報を表示するには、show mesh neigh コマンドを使用します。

show mesh neigh { detail | summary} { cisco_ap | all}

構文の説明

detail

指定したメッシュ アクセス ポイントとそのネイバー間のチャネルおよび信号対雑音比(SNR)の詳細を表示します。

summary

指定したメッシュ アクセス ポイントのメッシュ ネイバーを表示します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

all

すべてのアクセス ポイントを表示します。


(注)  


AP 自体が all キーワードで設定されている場合、all キーワードのアクセス ポイントは、all という名前の AP よりも優先されます。


次に、アクセス ポイントのネイバーのサマリーを表示する例を示します。


> show mesh neigh summary RAP1
AP Name/Radio Mac Channel Rate  Link-Snr  Flags      State
----------------- ------- ----- -------- --------   --------
00:1D:71:0F:CA:00 157      54     6        0x0        BEACON
00:1E:14:48:25:00 157      24     1        0x0        BEACON
MAP1-BB00         157      54     41       0x11       CHILD BEACON


次に、アクセス ポイントの詳細なネイバー統計情報を表示する例を示します。


> show mesh neigh detail RAP1
AP MAC : 00:1E:BD:1A:1A:00 AP Name: HOR1522_MINE06_MAP_S_Dyke
backhaul rate 54
FLAGS : 860 BEACON
worstDv 255, Ant 0, channel 153, biters 0, ppiters 0
Numroutes 0, snr 0, snrUp 8, snrDown 8, linkSnr 8
adjustedEase 0, unadjustedEase 0
txParent 0, rxParent 0
poorSnr 0
lastUpdate 2483353214 (Sun Aug 4 23:51:58 1912)
parentChange 0
Per antenna smoothed snr values: 0 0 0 0
Vector through 00:1E:BD:1A:1A:00


次の表に、show mesh neigh detail コマンドに表示される出力フラグを示します。

表 1 show mesh neigh detail コマンドの出力フラグ

出力フラグ

説明

AP MAC

指定したメッシュ アクセス ポイントのメッシュ ネイバーの MAC アドレス。

AP Name

メッシュ アクセス ポイントの名前。

FLAGS

隣接を表示します。 表示される値は次のとおりです。

  • UPDATED:最近更新されたネイバー。
  • NEIGH:上位ネイバーの 1 つ。
  • EXCLUDED:ネイバーは現在除外されています。
  • WASEXCLUDED:ネイバーは除外リストから最近削除されました。
  • PERMSNR:永続的な SNR のネイバー。
  • CHILD:子のネイバー。
  • PARENT:親のネイバー。
  • NEEDUPDATE:最新のネイバーではないため更新が必要です。
  • BEACON:このネイバーからビーコンが聞こえました。
  • ETHER:イーサネットのネイバー。

worstDv

ネイバーから最も離れたディスタンス ベクトル。

Ant

ルートが受信されたアンテナ。

channel

ネイバーのチャネル。

biters

ブラック リストのタイムアウト残余数。

ppiters

潜在的な親のタイムアウト残余数。

Numroutes

ディスタンス ルートの数。

snr

信号対雑音比

snrUp

AP へのリンクの SNR。

snrDown

AP からのリンクの SNR。

linkSnr

リンクの計算された SNR。

adjustedEase

この AP を経由したルート AP への容易度。 現在の SNR およびしきい値および SNR 値に基づきます。

unadjustedEase

ホップ数を適切に適用した後の、この AP を経由したルート AP への容易度。

txParent

このノードが親の間に送信されるパケット。

rxparent

このノードが親の間に受信したパケット。

poorSnr

ノードから不良 SNR を受信するパケット。

lastUpdate

このネイバーについて最後に受信されたメッセージのタイムスタンプ

parentChange

このノードが最後に親になったとき。

per antenna smoother SNR values

SNR 値はアンテナ 0 だけに入力されます。

関連コマンド

show mesh config

show mesh env

show mesh path

メッシュ アクセス ポイントとそのネイバー間のリンクのチャネルおよび信号対雑音比(SNR)の詳細を表示するには、show mesh path コマンドを使用します。

show mesh path cisco_ap

構文の説明

cisco_ap

メッシュ アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、指定したリンク パスのチャネルおよび SNR の詳細を表示する例を示します。


> show mesh path mesh-45-rap1
AP Name/Radio Mac Channel Rate  Link-Snr  Flags      State
----------------- ------- ----- -------- --------   --------
MAP1-BB00         157      54     32       0x0       UPDATED NEIGH PARENT BEACON
RAP1              157      54     37       0x0        BEACON

関連コマンド

config mesh battery-state

config mesh client-access

config mesh range

config mesh linktest

show mesh stats

config mesh range

show mesh neigh

show mesh per-stats

特定のメッシュ アクセス ポイントのネイバーから送信されたパケットのパケット エラーのパーセンテージを表示するには、show mesh per-stats コマンドを使用します。

show mesh per-stats summary { cisco_ap | all}

構文の説明

summary

パケット エラー率の統計を表示します。

cisco_ap

メッシュ アクセス ポイントの名前。

all

すべてのメッシュ アクセス ポイントが表示されます。


(注)  


AP 自体が all キーワードで設定されている場合、all キーワードのアクセス ポイントは、all という名前の AP よりも優先されます。


使用上のガイドライン

パケット エラーのパーセンテージは 1(正常に送信されたパケット数を送信された合計パケット数で割った値)です。

次に、メッシュ アクセス ポイントのネイバーから送信されたパケットのパケット エラーのパーセンテージを表示する例を示します。


> show mesh per-stats summary ap_12
Neighbor MAC Address 00:0B:85:5F:FA:F0
Total Packets transmitted:              104833
Total Packets transmitted successfully: 104833
Total Packets retried for transmission: 33028
RTS Attempts:                           0
RTS Success:                            0
Neighbor MAC Address:                   00:0B:85:80:ED:D0
Total Packets transmitted:              0
Total Packets transmitted successfully: 0
Total Packets retried for transmission: 0
Neighbor MAC Address:                   00:17:94:FE:C3:5F
Total Packets transmitted:              0
Total Packets transmitted successfully: 0
Total Packets retried for transmission: 0
RTS Attempts:                           0
RTS Success:                            0

関連コマンド

config mesh linkdata

config mesh range

show mesh stats

show mesh neigh

show mesh config

show mesh public-safety

4.8 GHz Public Safety 設定を表示するには、show mesh public-safety コマンドを使用します。

show mesh public-safety

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、4.8 GHz Public Safety 設定を表示する例を示します。


> show mesh public-safety 
Global Public Safety status: disabled

関連コマンド

config mesh public-safety

config mesh security

show mesh ap

show mesh security-stats

show mesh stats

show mesh queue-stats

特定のメッシュ アクセス ポイントのクライアント アクセス キューのパケット数をタイプ別に表示するには、show mesh queue-stats コマンドを使用します。

show mesh queue-stats { cisco_ap | all}


(注)  


AP 自体が all キーワードで設定されている場合、all キーワードのアクセス ポイントは、all という名前の AP よりも優先されます。


構文の説明

cisco_ap

パケット キュー統計情報を表示したいアクセス ポイントの名前。

all

すべてのアクセス ポイントを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクセス ポイント ap417 のパケット キュー統計情報を表示する例を示します。


> show mesh queue-stats ap417
Queue Type Overflows Peak length Average length
---------- --------- ----------- --------------
Silver     0         1           0.000
Gold       0         4           0.004
Platinum   0         4           0.001
Bronze     0         0           0.000
Management 0         0           0.000

関連コマンド

config mesh client-access

config mesh multicast

show mesh client-access

show mesh config

show mesh stats

show mesh config

show mesh stats

show mgmtuser

show mesh security-stats

特定のアクセス ポイントのパケット エラー統計情報を表示するには、show mesh security-stats コマンドを使用します。

show mesh security-stats { cisco_ap | all}

構文の説明

cisco_ap

パケット エラー統計情報を表示したいアクセス ポイントの名前。

all

すべてのアクセス ポイントを表示します。


(注)  


AP 自体が all キーワードで設定されている場合、all キーワードのアクセス ポイントは、all という名前の AP よりも優先されます。


コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドは、特定アクセス ポイントとその子のパケット エラー統計情報と、アソシエーション、認証、再アソシエーション、再認証についての失敗、タイムアウト、および成功のカウントを表示します。

次に、アクセス ポイント ap417 のパケット エラー統計情報を表示する例を示します。


> show mesh security-stats ap417
AP MAC : 00:0B:85:5F:FA:F0
Packet/Error Statistics:
-----------------------------
x Packets 14, Rx Packets 19, Rx Error Packets 0
Parent-Side Statistics:
--------------------------
Unknown Association Requests 0
Invalid Association Requests 0
Unknown Re-Authentication Requests 0
Invalid Re-Authentication Requests 0
Unknown Re-Association Requests 0
Invalid Re-Association Requests 0
Child-Side Statistics:
--------------------------
Association Failures 0
Association Timeouts 0
Association Successes 0
Authentication Failures 0
Authentication Timeouts 0
Authentication Successes 0
Re-Association Failures 0
Re-Association Timeouts 0
Re-Association Successes 0
Re-Authentication Failures 0
Re-Authentication Timeouts 0
Re-Authentication Successes 0

関連コマンド

config mesh alarm

config mesh linkdata

config mesh linktest

config mesh security

show mesh stats

Cisco Lightweight アクセス ポイントのメッシュ統計情報を表示するには、show mesh stats コマンドを使用します。

show mesh stats cisco_ap

構文の説明

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクセス ポイントの統計情報を表示する例を示します。


> show mesh stats RAP_AP1
RAP in state Maint
rxNeighReq 759978, rxNeighRsp 568673
txNeighReq 115433, txNeighRsp 759978
rxNeighUpd 8266447 txNeighUpd 693062
tnextchan 0, nextant 0, downAnt 0, downChan 0, curAnts 0
tnextNeigh 0, malformedNeighPackets 244, poorNeighSnr 27901
blacklistPackets 0, insufficientMemory 0
authenticationFailures 0
Parent Changes 1, Neighbor Timeouts 16625

関連コマンド

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

config mesh linkdata

config mesh linktest

config mesh security

show mesh security-stats

config mesh config

config mesh client-access

show mesh per-stats

show mesh queue-stats

show advanced 802.11 channel

自動チャネル割り当ての設定と統計情報を表示するには、show advanced 802.11 channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} channel

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、自動チャネル割り当ての設定および統計情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11a channel
Automatic Channel Assignment
  Channel Assignment Mode........................ AUTO
  Channel Update Interval........................ 600 seconds [startup]
  Anchor time (Hour of the day).................. 0
  Channel Update Contribution.................... SNI.
  Channel Assignment Leader...................... 00:1a:6d:dd:1e:40
  Last Run....................................... 129 seconds ago
  DCA Sensitivity Level: ...................... STARTUP (5 dB)
  DCA Minimum Energy Limit....................... -95 dBm
Channel Energy Levels
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Channel Dwell Times
    Minimum...................................... unknown
    Average...................................... unknown
    Maximum...................................... unknown
  Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40,44,48,52,56,60,64,149,
    ............................................. 153,157,161
  Auto-RF Unused Channel List.................... 100,104,108,112,116,132,136,
    ............................................. 140,165,190,196
  DCA Outdoor AP option.......................... Enabled

関連コマンド

config advanced 802.11 channel add

config advanced 802.11 channel cleanair-event

config advanced 802.11 channel dca anchor-time

config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n

config advanced 802.11 channel dca interval

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

config advanced 802.11 channel foreign

config advanced 802.11 channel load

メッシュのコンフィギュレーション コマンド

configure mesh コマンドを使用して、メッシュ アクセス ポイントを設定します。

config mesh alarm

屋外メッシュ アクセス ポイントのアラーム設定を行うには、config mesh alarm コマンドを使用します。

config mesh alarm { max-hop | max-children | low-snr | high-snr | association | 
 parent-change count} value

構文の説明

max-hop

メッシュ ネットワーク上のトラフィックでアラームをトリガーするまでの最大ホップ カウントを設定します。 範囲は 1 ~ 16 です。

max-children

メッシュ ルート アクセス ポイント(RAP)に割り当てることのできるメッシュ アクセス ポイント(MAP)の最大数を設定します。この数を超えると、アラームがトリガーされます。 範囲は 1 ~ 16 です。

low-snr

信号対雑音比(SNR)の下限値を設定します。この値を下回ると、アラームがトリガーされます。 範囲は 1 ~ 30 です。

high-snr

SNR の上限値を設定します。この値を超えると、アラームがトリガーされます。 範囲は 1 ~ 30 です。

association

メッシュ アラームのアソシエーション数値を設定します。この値を超えると、アラームがトリガーされます。 範囲は 1 ~ 30 です。

parent-change count

MAP で RAP アソシエーションを変更できる回数を設定します。この回数を超えると、アラームがトリガーされます。 範囲は 1 ~ 30 です。

value

この値を上回る、または下回るとアラームが生成される、トリガー値。 有効な値は、コマンドごとに異なります。

コマンド デフォルト

コマンドおよび引数の値の範囲については、「構文の説明」の項を参照してください。

次に、最大ホップのしきい値を 8 に設定する例を示します。


> config mesh alarm max-hop 8

次に、SNR の上限しきい値を 25 に設定する例を示します。


> config mesh alarm high-snr 25

関連コマンド

config mesh client-access

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

config mesh full-sector-dfs

config mesh multicast

config mesh radius-server

config mesh security

config mesh slot-bias

show mesh security-stats

show mesh ap

config mesh slot-bias

show mesh stats

show mgmtuser

config mesh astools

屋外メッシュ アクセス ポイントの孤立防止機能をグローバルに有効または無効にするには、config mesh astools コマンドを使用します。

config mesh astools { enable | disable}

構文の説明

enable

すべての屋外メッシュ アクセス ポイントに対してこの機能を有効にします。

disable

すべての屋外メッシュ アクセス ポイントに対してこの機能を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての屋外メッシュ アクセス ポイントの孤立防止機能を有効にする例を示します。


> config mesh astools enable

関連コマンド

show mesh astools stats

show mesh config

show mesh security-stats

show mesh ap

config mesh slot-bias

show mesh stats

show mgmtuser

config mesh backhaul rate-adapt

屋内および屋外メッシュ アクセス ポイントに対してバックホール送信レート適応(ユニバーサル アクセス)をグローバルに設定するには、config mesh backhaul rate-adapt コマンドを使用します。

config mesh backhaul rate-adapt [ all | bronze | silver | gold | platinum] { enable | disable}

構文の説明

all

(任意)メッシュ アクセス ポイントでユニバーサル アクセス権限を許可します。

bronze

(任意)メッシュ アクセス ポイントでバックグラウンド レベルのクライアント アクセス権限が許可されます。

silver

(任意)メッシュ アクセス ポイントでベスト エフォート レベルのクライアント アクセス権限が許可されます。

gold

(任意)メッシュ アクセス ポイントでビデオ レベルのクライアント アクセス権限が許可されます。

platinum

(任意)メッシュ アクセス ポイントで音声レベルのクライアント アクセス権限が許可されます。

enable

メッシュ アクセス ポイントのこのバックホール アクセス レベルを有効にします。

disable

メッシュ アクセス ポイントのこのバックホール アクセス レベルを無効にします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、クライアント アクセスを持つメッシュ バックホールを config mesh client-access コマンドを使用して有効にする必要があります。


(注)  


この機能をイネーブルにすると、すべてのメッシュ アクセス ポイントがリブートします。


次にバックホール クライアント アクセスをベストエフォート レベルに設定する例を示します。


> config mesh backhaul rate-adapt silver

関連コマンド

show mesh config

show mesh ap

show mesh stats

config mesh backhaul slot

ダウンリンクのバックホールとしてスロットの無線を設定するには、config mesh backhaul slot コマンドを使用します。

config mesh backhaul slot slot_id { enable | disable} cisco_ap

構文の説明

slot_id

0~2 の間のスロット番号。

enable

ダウンリンクのバックホールとして入力されたスロットの無線を有効にします。

disable

ダウンリンクのバックホールとして入力されたスロットの無線を無効にします。

cisco_ap

バックホールを有効にするか、無効にする必要があるセクターのルート AP の名前。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

2.4 GHz の場合、スロット 0 と 1 のみが有効です。 スロット 0 が有効になっている場合、スロット 1 が自動的に無効になります。 スロット 0 が無効になっている場合、スロット 1 が自動的に有効になります。 config mesh backhaul slot コマンドは AP1522 にのみ適用されます。

次に、ルート AP myrootap1 の優先バックホールとしてスロット 1 を有効にする例を示します。

> config mesh backhaul slot 1 enable myrootap1

関連コマンド

show mesh config

show mesh ap

show mesh stats

config mesh battery-state

Cisco Aironet 1520 シリーズのメッシュ アクセス ポイントのバッテリ状態を設定するには、config mesh battery-state コマンドを使用します。

config mesh battery-state { enable | disable} { all | cisco_ap}

構文の説明

enable

1520 シリーズのメッシュ アクセス ポイントのバッテリ状態を有効にします。

disable

1520 シリーズのメッシュ アクセス ポイントのバッテリ状態を無効にします。

all

すべてのメッシュ アクセス ポイントにこのコマンドを適用します。

cisco_ap

特定のメッシュ アクセス ポイント。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次にバックホール クライアント アクセスをベストエフォート レベルに設定する例を示します。


> config mesh battery-state enable all

config mesh client-access

屋内または屋外のメッシュ アクセス ポイントでメッシュ バックホールへのクライアント アクセスを有効または無効にするには、config mesh client-access コマンドを入力します。

config mesh client-access { enable [ extended] | disable}

構文の説明

enable

メッシュ アクセス ポイントのバックホール 802.11a 無線経由での無線クライアント アソシエーションを許可します。

extended

(任意)1524 のシリアル バックホール アクセス ポイントに対する両方のバックホール無線上でクライアント アクセスを有効にします。

disable

802.11a 無線をバックホール トラフィックに制限し、802.11b/g 無線経由でのクライアント アソシエーションだけを許可します。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

バックホール インターフェイス(802.11a 無線)は、プライマリ イーサネット インターフェイスとして機能します。 バックホールはネットワーク内のトランクとして機能し、無線ネットワークと有線ネットワークとの間のすべての VLAN トラフィックを伝送します。 プライマリ イーサネット インターフェイスに必要な設定はありません。

この機能が有効の場合、Cisco Aironet 1520 シリーズ(152x)メッシュ アクセス ポイントで、802.11a 無線上で無線クライアント アソシエーションを許可します。つまり、152x メッシュ アクセス ポイントは、同一の 802.11a 無線経由でバックホール トラフィックと 802.11a クライアント トラフィックの両方を伝送できます。

この機能が無効の場合、152x は 802.11a 無線経由でバックホール トラフィックを伝送し、802.11b/g 無線経由でのクライアント アソシエーションだけを許可します。

次に、802.11a 無線上で無線クライアント アソシエーションを許可するために拡張されたクライアント アクセスを有効にする例を示します。


> config mesh client-access enable extended
Enabling client access on both backhaul slots
 Same BSSIDs will be used on both slots
 All Mesh AP will be rebooted
 Are you sure you want to start? (y/N)Y

次に、無線クライアント アソシエーションを 802.11b/g 無線に制限する例を示します。


> config mesh client-access disable
All Mesh AP will be rebooted
Are you sure you want to start? (Y/N) Y
Backhaul with client access is cancelled.

関連コマンド

show mesh config

show mesh ap

show mesh stats

show mesh client-access

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

メッシュ アクセス ポイントがイーサネット ブリッジ トラフィックの VLAN タグをどのように処理するかを設定するには、config mesh ethernet-bridging vlan-transparent コマンドを使用します。

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent { enable | disable}

構文の説明

enable

パケットをタグなしであるかのようにブリッジします。

disable

すべてのタグ付きパケットをドロップします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

デフォルトでは VLAN トランスペアレントが有効になっており、4.1.192.xxM リリースからリリース 5.2 へのソフトウェア アップグレードを円滑に実行できます。 リリース 4.1.192.xxM は VLAN タギングをサポートしていません。

次に、イーサネット パケットをタグなしとして設定する例を示します。


> config mesh ethernet-bridging vlan-transparent enable

次に、タグ付きイーサネット パケットをドロップする例を示します。


> config mesh ethernet-bridging vlan-transparent disable

関連コマンド

show mesh config

show mesh ap

show mesh stats

config mesh client-access

config mesh linkdata

config mesh linktest

config mesh multicast

show mesh client-access

config mesh full-sector-dfs

メッシュ アクセス ポイントでフルセクタの Dynamic Frequency Selection(DFS; 動的周波数選択)をグローバルに有効または無効にするには、config mesh full-sector-dfs コマンドを使用します。

config mesh full-sector-dfs { enable | disable}

構文の説明

enable

メッシュ アクセス ポイントの DFS を有効にします。

disable

メッシュ アクセス ポイントの DFS を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドは、レーダー信号の検出時にチャネル変更の調整を行うようにメッシュ セクターに指示します。 たとえば、メッシュ アクセス ポイント(MAP)がレーダー信号を検出すると、MAP はルート アクセス ポイント(RAP)に通知し、RAP はセクター変更を開始します。

このセクターに属するすべての MAP および RAP は新しいチャネルに移動します。これにより、現在のバックホール チャネルでレーダーが検出され、バックアップとして使用可能な他の有効な親が存在しない場合に、MAP が孤立する可能性を低減します。

各セクターの変更により、(DFS 標準で定められているように)ネットワークが 60 秒間応答を停止します。

30 分後には、RAP は以前に設定されたチャネルに戻ります。これは、RAP のチャネルでレーダーが頻繁に検出される場合、この RAP に別のチャネルを設定し、コントローラでレーダーの影響を受けたチャネルを除外することが重要であることを意味します。

次に、メッシュ アクセス ポイントでフルセクタの DFS を有効にする例を示します。


> config mesh full-sector-dfs enable

関連コマンド

config mesh battery-state

show mesh ap

show mesh stats

config mesh alarm

config mesh linkdata

config mesh linktest

config mesh client-access

config mesh range

show mesh security-stats

show mgmtuser

config mesh linkdata

アクセス ポイントの外部 MAC フィルタリングを有効にするには、config mesh linkdata コマンドを使用します。

config mesh linkdata destination_ap_name

構文の説明

destination_ap_name

MAC アドレス フィルタリングの宛先アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン


(注)  


config mesh linktest コマンドおよび config mesh linkdata コマンドは、同時に使用して、発信元アクセス ポイントと宛先アクセス ポイントで情報を照合するように設計されています。 この情報を取得するには、まず dest_ap 引数でデータのリンク元になるアクセス ポイントを指定して config mesh linktest コマンドを実行します。 このコマンドが完了して、同じ宛先アクセス ポイントをリスト表示する config mesh linkdata コマンドを実行すると、リンク データが表示されます(例を参照)。


デフォルトでは、MAC フィルタリングは、コントローラ上のローカル MAC フィルタを使用します。

外部 MAC フィルタ認証が有効であり、MAC アドレスがローカル MAC フィルタで検出されない場合には、外部 RADIUS サーバの MAC アドレスが使用されます。

MAC フィルタリングにより、外部サーバで定義されていないアクセスポイントの参加を防止して、不正なメッシュ アクセス ポイントからネットワークを保護します。

メッシュ ネットワーク内で外部認証を利用するには、次の設定が必要です。

  • AAA サーバとして使用する RADUIS サーバをコントローラで設定する必要があります。
  • コントローラも、RADIUS サーバで設定する必要があります。
  • 外部認証および認証用に設定されたメッシュ アクセス ポイントは、RADIUS サーバのユーザ リストに追加する必要があります。

次に、アクセス ポイント AP001d.710d.e300 での外部 MAC アドレス フィルタリングを有効にする例を示します。

> config mesh linkdata MAP2-1-1522.7400 AP001d.710d.e300 18 100 1000 30
LinkTest started on source AP, test ID: 0
[00:1D:71:0E:74:00]->[00:1D:71:0D:E3:0F]
Test config:  1000 byte packets at 100  pps for 30 seconds, a-link rate 18 Mb/s
In progress: | || || || || || || || || || || || || |
LinkTest complete
Results
=======
txPkts:             2977
txBuffAllocErr:        0
txQFullErrs:           0
Total rx pkts heard at destination:      2977
rx pkts decoded correctly:               2977
  err pkts: Total         0 (PHY 0 + CRC 0 + Unknown 0), TooBig 0, TooSmall 0
  rx lost packets:        0 (incr for each pkt seq missed or out of order)
  rx dup pkts:            0
  rx out of order:        0
avgSNR:    30, high:   33, low:    3
SNR profile         [0dB...60dB]
          0            6            0            0            0
          0            0            1            2           77
       2888            3            0            0            0
          0            0            0            0            0
    (>60dB)            0
avgNf:    -95, high:  -67, low:  -97
Noise Floor profile [-100dB...-40dB]
          0         2948           19            3            1
          0            0            0            0            0
          3            3            0            0            0
          0            0            0            0            0
    (>-40dB)           0
avgRssi:   64, high:   68, low:   63
RSSI profile        [-100dB...-40dB]
          0            0            0            0            0
          0            0            0            0            0
          0            0            0            0            0
          0            0            0            0            0
    (>-40dB)        2977
Summary PktFailedRate (Total pkts sent/recvd):                       0.000%
Physical layer Error rate (Total pkts with errors/Total pkts heard): 0.000%

次に、アクセス ポイント AP001d.71d.e300 の外部 MAC フィルタリングを有効にする例を示します。

> config mesh linkdata AP001d.710d.e300
[SD:0,0,0(0,0,0), 0,0, 0,0]
[SD:1,105,0(0,0,0),30,704,95,707]
[SD:2,103,0(0,0,0),30,46,95,25]
[SD:3,105,0(0,0,0),30,73,95,29]
[SD:4,82,0(0,0,0),30,39,95,24]
[SD:5,82,0(0,0,0),30,60,95,26]
[SD:6,105,0(0,0,0),30,47,95,23]
[SD:7,103,0(0,0,0),30,51,95,24]
[SD:8,105,0(0,0,0),30,55,95,24]
[SD:9,103,0(0,0,0),30,740,95,749]
[SD:10,105,0(0,0,0),30,39,95,20]
[SD:11,104,0(0,0,0),30,58,95,23]
[SD:12,105,0(0,0,0),30,53,95,24]
[SD:13,103,0(0,0,0),30,64,95,43]
[SD:14,105,0(0,0,0),30,54,95,27]
[SD:15,103,0(0,0,0),31,51,95,24]
[SD:16,105,0(0,0,0),30,59,95,23]
[SD:17,104,0(0,0,0),30,53,95,25]
[SD:18,105,0(0,0,0),30,773,95,777]
[SD:19,103,0(0,0,0),30,745,95,736]
[SD:20,105,0(0,0,0),30,64,95,54]
[SD:21,103,0(0,0,0),30,747,95,751]
[SD:22,105,0(0,0,0),30,55,95,25]
[SD:23,104,0(0,0,0),30,52,95,35]
[SD:24,105,0(0,0,0),30,134,95,23]
[SD:25,103,0(0,0,0),30,110,95,76]
[SD:26,105,0(0,0,0),30,791,95,788]
[SD:27,103,0(0,0,0),30,53,95,23]
[SD:28,105,0(0,0,0),30,128,95,25]
[SD:29,104,0(0,0,0),30,49,95,24]
[SD:30,0,0(0,0,0), 0,0, 0,0]

関連コマンド

show mesh config

show mesh ap

show mesh stats

config mesh client-access

config mesh alarm

config mesh linktest

config mesh multicast

show mesh client-access

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

config mesh radius-server

config mesh linktest

メッシュ アクセス ポイント間のクライアント アクセスを確認するには、config mesh linktest コマンドを使用します。

config mesh linktest source_ap { dest_ap | dest_MAC} datarate packet_rate packet_size duration

構文の説明

source_ap

発信元アクセス ポイント。

dest_ap

宛先アクセス ポイント。

dest_MAC

宛先 MAC アドレスです。

datarate

  • 802.11a 無線のデータ レート。 有効な値は 6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps です。
  • 802.11b 無線のデータ レート。 有効な値は、6、12、18、24、36、54、100 Mbps です。
  • 802.11n 無線のデータ レート。 有効な値は m0 ~ m15 間の MCS レートです。

packet_rate

パケット数/秒。 有効な範囲は 1 ~ 3000 ですが、推奨されるデフォルトは 100 です。

packet_size

(任意)バイト単位のパケット サイズ。 指定されていない場合、パケット サイズは 1500 バイトにデフォルト設定されます。

duration

(任意)秒単位のテスト期間。 有効な値は、10 ~ 300 秒です。 指定されていない場合、期間は 30 秒にデフォルト設定されます。

コマンド デフォルト

100 パケット/秒、1500 バイト、30 秒間。

使用上のガイドライン


(注)  


config mesh linktest コマンドおよび config mesh linkdata コマンドは、同時に使用して、発信元アクセス ポイントと宛先アクセス ポイントで情報を照合するように設計されています。 この情報を取得するには、まず dest_ap 引数でデータのリンク元になるアクセス ポイントを指定して config mesh linktest コマンドを入力します。 このコマンドが完了して、config mesh linkdata コマンドを入力すると、同じ宛先アクセス ポイントがリスト表示され、リンク データが表示されます。


リンクをオーバーサブスクライブするおそれのあるリンクテストを実行すると、次の警告メッセージが表示されます。

Warning! Data Rate (100 Mbps) is not enough to perform this link test on packet size (2000bytes) and (1000) packets per second. This may cause AP to disconnect or reboot. Are you sure you want to continue?

次に、メッシュ アクセス ポイント SB_MAP1SB_RAP236 Mbps20 fps100 フレーム サイズ15 秒間)のクライアント アクセスを確認する例を示します。

> config mesh linktest SB_MAP1 SB_RAP1 36 20 100 15
LinkTest started on source AP, test ID: 0
[00:1D:71:0E:85:00]->[00:1D:71:0E:D0:0F]
Test config:  100 byte packets at 20  pps for 15 seconds, a-link rate 36 Mb/s
In progress: | || || || || || |
LinkTest complete
Results
=======
txPkts:              290
txBuffAllocErr:        0
txQFullErrs:           0
Total rx pkts heard at destination:       290
rx pkts decoded correctly:
  err pkts: Total         0 (PHY 0 + CRC 0 + Unknown 0), TooBig 0, TooSmall 0
  rx lost packets:        0 (incr for each pkt seq missed or out of order)
  rx dup pkts:            0
  rx out of order:        0
avgSNR:    37, high:   40, low:    5
SNR profile         [0dB...60dB]
          0            1            0            0            1
          3            0            1            0            2
          8           27          243            4            0
          0            0            0            0            0
    (>60dB)            0
avgNf:    -89, high:  -58, low:  -90
Noise Floor profile [-100dB...-40dB]
          0            0            0          145          126
         11            2            0            1            0
          3            0            1            0            1
          0            0            0            0            0
    (>-40dB)           0
avgRssi:   51, high:   53, low:   50
RSSI profile        [-100dB...-40dB]
          0            0            0            0            0
          0            0            0            0            0
          0            0            0            0            0
          0            7          283            0            0
    (>-40dB)           0
Summary PktFailedRate (Total pkts sent/recvd):                       0.000%
Physical layer Error rate (Total pkts with errors/Total pkts heard): 0.000%

次の表に、config mesh linktest コマンドで表示される出力フラグを示します。

表 2 Config Mesh Linktest コマンドの出力フラグ

出力フラグ

説明

txPkts

ソースから送信されたパケット数。

txBuffAllocErr

発信元での linktest バッファ割り当てエラーの数(ゼロであると予想される)。

txQFullErrs

発信元での linktest キュー フル エラーの数(ゼロであると予想される)。

Total rx pkts heard at destination

宛先で受信された linktest パケットの数(txPkts と同じまたは近似値であると予想される)。

rx pkts decoded correctly

宛先で受信され正しくデコードされた linktest パケットの数(txPkts と同じまたは近似値であると予想される)。

err pkts: Total

エラーのある linktest パケットのパケット エラー統計情報。

rx lost packets

宛先で受信されない linktest パケットの総数。

rx dup pkts

宛先で受信した重複 linktest パケットの総数。

rx out of order

宛先で順序が入れ替わって受信された linktest パケットの総数。

avgNF

平均ノイズ フロア。

Noise Floor profile

ノイズ フロアのプロファイル(dB 単位)は負の数値です。

avgSNR

平均 SNR 値。

SNR profile [odb...60dB]

0~60 dB の間で受信したヒストグラムのサンプル。 SNR プロファイルの異なる列はバケット 0-3、3-6、6-9、最大 57-60 を下回るパケット数です。

avgRSSI

平均 RSSI 値。 平均の上限および下限 RSSI 値は正の数値です。

RSSI profile [-100dB...-40dB]

RSSI プロファイル(dB 単位)は負の数値です。

関連コマンド

config mesh battery-state

config mesh client-access

config mesh full-sector-dfs

config mesh linkdata

config mesh multicast

config mesh range

show mesh client-access

show mesh config

show mesh security-stats

show mesh stats

config mesh lsc

メッシュ アクセス ポイントのローカルで有効な証明書(LSC)を設定するには、config mesh lsc コマンドを使用します。

config mesh lsc { enable | disable}

構文の説明

enable

メッシュ アクセス ポイントの LSC を有効にします。

disable

メッシュ アクセス ポイントの LSC を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メッシュ アクセス ポイントの LSC を有効にする例を示します。


> config mesh lsc enable

関連コマンド

config certificate lsc

show certificate lsc

config mesh multicast

マルチキャスト モード設定を行って、メッシュ ネットワーク内のマルチキャスト送信を管理するには、config mesh multicast コマンドを使用します。

config mesh multicast { regular | in | in-out}

構文の説明

regular

ブリッジが有効に設定されているルート アクセス ポイント(RAP)およびメッシュ アクセス ポイント(MAP)によって、メッシュ ネットワーク全体とすべてのセグメントにビデオをマルチキャストします。

in

MAP によってイーサネット マップから RAP のイーサネット ネットワークに受信されたマルチキャスト ビデオを転送します。 これ以上の転送は行われないので、RAP で受信された LWAPP 以外のマルチキャストがメッシュ ネットワーク内の MAP イーサネット ネットワーク(マルチキャストの発生元)に送り返されることはありません。また、MAP-to-MAP マルチキャストは除外されているので、このようなマルチキャストは発生しません。

in-out

RAP と MAP をそれぞれを異なる方法でマルチキャストに設定します。

マルチキャスト パケットがイーサネット経由で MAP で受信された場合、RAP に送信されますが、他の MAP イーサネットには送信されません。MAP-to-MAP パケットはマルチキャストから除外されます。

マルチキャスト パケットがイーサネット経由で RAP で受信された場合、すべての MAP およびその個々のイーサネットワークに送信されます。 詳細については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

コマンド デフォルト

in-out モード。

使用上のガイドライン

コントローラ GUI を使用してメッシュ ネットワークのマルチキャストをイネーブルにすることはできません。

メッシュ マルチキャスト モードは、ブリッジが有効に設定されているアクセス ポイントのメッシュ アクセス ポイント(MAP)およびルート アクセス ポイント(RAP)がメッシュ ネットワーク内のイーサネット LAN 間でマルチキャストを送信する方法を決定します。 メッシュ マルチキャスト モードは、LWAPP マルチキャスト以外のトラフィックだけを管理します。 LWAPP マルチキャスト トラフィックは、別のメカニズムで管理されます。

コントローラ CLI を使用して 3 種類のメッシュ マルチキャスト モードを設定し、すべてのメッシュ アクセス ポイントでビデオ カメラ ブロードキャストを管理できます。 イネーブルになっている場合、これらのモードは、メッシュ ネットワーク内の不要なマルチキャスト送信を減少させ、バックホール帯域幅を節約します。

in-out モードを使用する場合、ネットワークを適切に区分けして、RAP が送信したマルチキャストを同一イーサネット セグメントの別の RAP が受信し、ネットワークに送り返さないようにすることが重要です。


(注)  


802.11b クライアントが CAPWAP マルチキャストを受信する必要がある場合、マルチキャストをメッシュ ネットワーク上だけでなく、コントローラ上でグローバルに有効にする必要があります(config network multicast global コマンドを使用)。 マルチキャストをメッシュ ネットワーク外の 802.11b クライアントに伝送する必要がない場合、グローバルなマルチキャスト パラメータを無効にする必要があります。


次に、ブリッジが有効に設定されている RAP および MAP によってメッシュ ネットワーク全体とすべてのセグメントにビデオをマルチキャストする例を示します。

> config mesh multicast regular

関連コマンド

config mesh battery-state

config mesh client-access

config mesh linktest

show mesh ap

config network multicast global

show mesh config

show mesh stats

config mesh parent preferred

メッシュ アクセス ポイントに対して優先される親を設定するには、config mesh parent preferred コマンドを使用します。

config mesh parent preferred cisco_ap { mac_address | none}

構文の説明

cisco_ap

子のアクセス ポイントの名前。

mac_address

優先される親の MAC アドレス。

none

設定された親をクリアします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

子の AP は、次の基準に基づいて優先される親を選択します。

  • 優先される親は最良の親です。
  • 優先される親には少なくとも 20 dB のリンク SNR があります(他の親はどんなに優れていても無視されます)。
  • 優先される親には 12 dB ~ 20 dB の範囲内のリンク SNR がありますが、他の親が非常に優れていることはありません(つまり、SNR が 20 % 以上優れている)。 SNR が 12 dB 未満の場合、設定は無視されます。
  • 優先される親はブラックリストに掲載されません。
  • 優先される親は、12 dB ~ 20 dB の範囲内の(DFS)のため、サイレント モードになりません。
  • 優先される親は同じブリッジ グループ名(BGN)に属します。 設定された優先される親が同じ BGN に属さず、他の親が利用可能でない場合、子はデフォルトの BGN を使用して親 AP に join します。

次に、メッシュ アクセス ポイント myap1 に対して MAC アドレスが 00:21:1b:ea:36:60 である優先される親を設定する例を示します。

> config mesh parent preferred myap1 00:21:1b:ea:36:60

次に、キーワード none を使用して、メッシュ アクセス ポイント myap1 に対して MAC アドレスが 00:21:1b:ea:36:60 である優先される親をクリアする例を示します。

> config mesh parent preferred myap1 00:21:1b:ea:36:60 none

関連コマンド

config mesh battery-state

config mesh client-access

config mesh linktest

show mesh ap

config network multicast global

show mesh config

show mesh stats

config mesh public-safety

メッシュ アクセス ポイント用に 4.9 GHz の Public Safety 帯域を有効または無効にするには、config mesh public-safety コマンドを使用します。

config mesh public-safety { enable | disable} { all | cisco_ap}

構文の説明

enable

4.9 GHz の Public Safety 帯域を有効にします。

disable

4.9 GHz の Public Safety 帯域を無効にします。

all

すべてのメッシュ アクセス ポイントにこのコマンドを適用します。

cisco_ap

特定のメッシュ アクセス ポイント。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

4.9 GHz は、公共安全(Public Safety)に関わる職員に使用が制限された認可周波数帯域です。

次に、すべてのメッシュ アクセス ポイントに 4.9 GHz の Public Safety 帯域を有効にする例を示します。


> config mesh public-safety enable all
4.9GHz is a licensed frequency band in -A domain for public-safety usage
 Are you sure you want to continue? (y/N) y

関連コマンド

config mesh range

config mesh security

show mesh ap

show mesh public-safety

show mesh security-stats

show mesh config

show mesh stats

config mesh radius-server

メッシュ アクセス ポイントの外部認証を有効または無効にするには、config mesh radius-server コマンドを入力します。

config mesh radius-server index { enable | disable}

構文の説明

index

RADIUS 認証方式。 オプションは次のとおりです。

  • メッシュ RADIUS サーバ設定に拡張認証プロトコル(EAP)を指定するには、eap と入力します。
  • メッシュ RADIUS サーバ設定に事前共有キー(PSK)を指定するには、psk と入力します。

enable

メッシュ アクセス ポイントの外部認証を有効にします。

disable

メッシュ アクセス ポイントの外部認証を無効にします。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、EAP が有効になっています。

次に、メッシュ アクセス ポイントの外部認証を有効にする例を示します。


> config mesh radius-server eap enable

関連コマンド

config mesh alarm

config mesh security

show mesh ap

show mesh security-stats

show mesh stats

config mesh range

屋外のメッシュ ルート アクセス ポイント(RAP)とメッシュ アクセス ポイント(MAP)の最大範囲をグローバルに設定するには、config mesh range コマンドを使用します。

config mesh range [ distance]

構文の説明

distance

(任意)メッシュ アクセス ポイントの最大動作範囲(150~132,000 フィート)。

コマンド デフォルト

12,000 フィート。

使用上のガイドライン

このコマンドを有効にすると、すべての屋外メッシュ アクセス ポイントがリブートします。 このコマンドは、屋内アクセス ポイントには影響しません。

次に、屋外メッシュ RAP と MAP の範囲を設定する例を示します。


> config mesh range 300
Command not applicable for indoor mesh. All outdoor Mesh APs will be rebooted
Are you sure you want to start? (y/N) y

関連コマンド

config mesh astools

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

show mesh ap

config mesh full-sector-dfs

config mesh linkdata

config mesh linktest

show mesh config

show mesh stats

config mesh secondary-backhaul

メッシュ ネットワークでセカンダリ バックホールを設定するには、config mesh secondary-backhaul コマンドを使用します。

config mesh secondary-backhaul { enable [ force-same-secondary-channel] | 
 disable [ rll-retransmit | rll-transmit]}

構文の説明

enable

セカンダリ バックホール設定を有効にします。

force-same-secondary- channel

(任意)セカンダリ バックホール メッシュ機能を有効にします。 最初のホップ ノードをルートとするすべてのアクセス ポイントが同じセカンダリ チャネルを持ち、2 番目以降のホップでのメッシュ アクセス ポイント(MAP)に対する自動または手動チャネル割り当てを無視するように強制します。

disable

セカンダリ バックホール設定を無効にします。

rll-transmit

(任意)2 番目以降のホップで Reliable Link Layer(RLL)を使用します。

rll-retransmit

(任意)信頼性向上のために RLL の再試行回数を増やします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン


(注)  


セカンダリ バックホール アクセス機能は、5.2 リリースの Cisco 1520 および 1524 屋内メッシュ アクセス ポイントではサポートされていません。


このコマンドは、断続的な干渉のためにプライマリ バックホールで送信できないトラフィックの一時的なパスとしてセカンダリ バックホール無線を使用します。

次に、セカンダリ バックホール無線を有効にし、最初のホップ ノードをルートとするすべてのアクセス ポイントが同じセカンダリ チャネルを持つように強制する例を示します。

> config mesh secondary-backhaul enable force-same-secondary-channel

関連コマンド

config mesh battery-state

config mesh backhaul slot

show mesh client-access

show mesh config

show mesh stats

config mesh security

メッシュ ネットワークのセキュリティ設定を行うには、config mesh security コマンドを使用します。

config mesh security {{{ rad-mac-filter | force-ext-auth} { enable | disable}} | eap | psk}

構文の説明

rad-mac-filter

メッシュ セキュリティ設定の RADIUS MAC アドレス フィルタを有効にします。

force-ext-auth

メッシュ セキュリティ設定の強制外部認証を無効にします。

enable

設定を有効にします。

disable

設定を無効にします。

eap

メッシュ セキュリティ設定に拡張認証プロトコル(EAP)を指定します。

psk

メッシュ セキュリティ設定に事前共有キー(PSK)を指定します。

コマンド デフォルト

EAP。

次に、すべてのメッシュ アクセス ポイントのセキュリティ オプションとして EAP を設定する例を示します。


> config mesh security eap

次に、すべてのメッシュ アクセス ポイントのセキュリティ オプションとして PSK を設定する例を示します。


> config mesh security psk

関連コマンド

config mesh alarm

config mesh client-access

show mesh ap

config mesh public-safety

show mesh security-stats

show mesh config

show mesh stats

config mesh radius-server

show mesh client-access

config mesh slot-bias

シリアル バックホール メッシュ アクセス ポイントのスロット バイアスを有効または無効にするには、config mesh slot-bias コマンドを使用します。

config mesh slot-bias { enable | disable}

構文の説明

enable

シリアル バックホール メッシュ AP のスロット バイアスを有効にします。

disable

シリアル バックホール メッシュ AP のスロット バイアスを無効にします。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、スロット バイアスが有効になっています。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用する場合、次のガイドラインに従ってください。

  • config mesh slot-bias コマンドはグローバル コマンドであるため、同じコントローラにアソシエートされたすべての 1524SB AP に適用できます。
  • スロット バイアスは、スロット 1 とスロット 2 の両方が使用可能である場合にのみ適用できます。 動的周波数選択(DFS)のため、スロット無線に利用可能なチャネルがない場合は、他のスロットがアップリンクとダウンリンク両方の役割を担います。
  • ハードウェアの問題のため、スロット 2 が利用可能でない場合でも、スロット バイアスは通常どおり機能します。 スロット バイアスを無効にするか、アンテナを修復して是正処置を実行する必要があります。

次に、シリアル バックホール メッシュ AP のスロット バイアスを無効にする例を示します。


> config mesh slot-bias disable

関連コマンド

config mesh alarm

config mesh client-access

show mesh ap

config mesh public-safety

show mesh security-stats

show mesh config

show mesh stats

config mesh radius-server

show mesh client-access

その他のコンフィギュレーション コマンド

ここでは、メッシュ アクセス ポイントを設定するその他の config コマンドについて説明します。

config 802.11-a antenna extAntGain

アクセス ポイントに対して 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルの外部アンテナ ゲインを設定するには、config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} antenna extAntGain ant_gain cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

ant_gain

0.5 dBi 単位の値(例:2.5 dBi = 5)

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

global

すべてのチャネルにアンテナ ゲイン値を指定します。

channel_no

特定のチャネルのアンテナ ゲイン値。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを入力する前に config 802.11-a disable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後、config 802.11-a enable コマンドを使用して、シスコの 802.11 対応無線を再び有効にします。

次に、802.11-a49 外部アンテナ ゲインとして 10 dBiAP1 に設定する例を示します。


> config 802.11-a antenna extAntGain 10 AP1

関連コマンド

config 802.11-a

config 802.11-a channel ap

config 802.11-a txpower ap

show 802.11a

config 802.11-a channel ap

アクセス ポイントに対して 4.9 GHz および 5.8 GHz Public Safety チャネルのチャネル特性を設定するには、config 802.11-a channel ap コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58} channel ap cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

802.11-a49

4.9 GHz Public Safety チャネルを指定します。

802.11-a58

5.8 GHz Public Safety チャネルを指定します。

cisco_ap

このコマンドを適用するアクセス ポイントの名前。

global

すべての 4.9 GHz および 5.8 GHz サブ帯域無線に対して動的なチャネル割り当て(DCA)を有効にします。

channel_no

特定のメッシュ アクセス ポイントのカスタム チャネル。 範囲は、4.9 GHz 帯域で 1~26、5.8 GHz で 149~165 です。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、チャネル プロパティを設定する例を示します。


> config 802.11-a channel ap

関連コマンド

config 802.11-a

config 802.11-a antenna extAntGain

config 802.11-a txpower ap

config 802.11 antenna diversity

802.11 アンテナのダイバーシティ オプションを設定するには、config 802.11 antenna diversity コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna diversity { enable | sideA | sideB} cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

ダイバーシティをイネーブルにします。

sideA

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポートに接続されている外部アンテナとの間のダイバーシティを指定します。

sideB

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの右ポートに接続されている外部アンテナとの間のダイバーシティを指定します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワーク上の AP01 のアンテナ ダイバーシティをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a antenna diversity enable AP01

次に、Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポート(sideA)に接続されている外部アンテナを使用して、802.11a ネットワーク上の AP01 のダイバーシティを有効にする例を示します。


> config 802.11a antenna diversity sideA AP01

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna selection

show 802.11a

show 802.11b

config 802.11 antenna extAntGain

802.11 ネットワークの外部アンテナ ゲインを設定するには、config 802.11 antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} antenna extAntGain antenna_gain cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna_gain

0.5 dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します(例:2.5 dBm = 5)。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

config 802.11 antenna extAntGain コマンドを入力する前に config 802.11 disable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後に、config 802.11 enable コマンドを使用してシスコの 802.11 対応無線を有効にします。

次に、802.11a 外部アンテナ ゲインとして 0.5 dBmAP1 に設定する例を示します。


> config 802.11 antenna extAntGain 1 AP1

関連コマンド

config 802.11 disable

config 802.11 enable

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna selection

show 802.11a

show 802.11b

config 802.11 beamforming

ネットワークまたは個々の無線に対してビームフォーミングを有効または無効にするには、config 802.11 beamforming コマンドを入力します。

config 802.11{ a | b} beamforming { global | ap ap_name} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

すべての Lightweight アクセス ポイントを指定します。

ap ap_name

Cisco アクセス ポイント名を指定します。

enable

ビームフォーミングを有効にします。

disable

ビームフォーミングを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

ネットワークに対してビームフォーミングを有効にすると、そのネットワーク タイプに対応するすべての無線に対してビームフォーミングが自動的に有効になります。

ビームフォーミングを使用する際は、次のガイドラインに従ってください。

  • ビームフォーミングは、レガシー直交周波数分割多重(OFDM)データ レート(6、9、12、18、24、36、48、および 54 mbps)でだけサポートされています。

    (注)  


    ビームフォーミングは、相補型符号変調(CCK)データ レート(1、2、5.5、および 11 Mbps)ではサポートされていません。


  • ビームフォーミングは、802.11n に対応したアクセス ポイント(AP1250 および AP1140)でだけサポートされます。
  • 送信用に 2 本以上のアンテナを有効にする必要があります。
  • 受信用に 3 本すべてのアンテナを有効にする必要があります。
  • OFDM レートを有効にする必要があります。 送信アンテナがアンテナ設定により 1 本に制限されている場合、あるいは OFDM レートが無効になっている場合、ビームフォーミングは使用されません。

次に、802.11a ネットワーク上でビームフォーミングを有効にする例を示します。


> config 802.11 beamforming global enable 

関連コマンド

show ap config {802.11a | 802.11b}

show 802.11a

config 802.11b beaconperiod

config 802.11a disable

config 802.11a enable

config 802.11 channel

802.11 ネットワークまたは単一アクセス ポイントで自動または手動チャネル選択を設定するには、config 802.11 channel コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} channel { global [ auto | once | off]} | ap { ap_name [ global | channel]}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

global

RRM によって自動的に設定される 802.11a 動作チャネルを指定し、既存の設定を上書きします。

auto

(任意)802.11a 無線のチャネルが無線リソース管理(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

(任意)チャネルが RRM によって一度だけ自動的に設定されるように指定します。

off

(任意)RRM による自動チャネル選択が無効化されるように指定します。

ap_name

アクセス ポイント名。

channel

アクセス ポイントで使用される手動チャネル番号。 サポートされるチャネルは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

単一 Lightweight アクセス ポイントで 802.11 チャネルを設定する場合、config 802.11 disable コマンドを入力して 802.11 ネットワークを無効にします。 config 802.11 channel コマンドを入力して、無線リソース管理(RRM)による自動チャネル選択を設定するか、手動で 802.11 無線のチャネルを設定し、config 802.11 enable コマンドを入力して 802.11 ネットワークを有効にします。


(注)  


アクセス ポイントでサポートされているチャネルについては、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。 パワー レベルおよび使用可能なチャネルは国コード設定によって定義されており、国別に規制されています。


次に、アベイラビリティおよび干渉に基づいて自動チャネル設定の 802.11a チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにする例を示します。


> config 802.11a channel global auto

次に、アベイラビリティおよび干渉に基づいて 802.11b チャネルを一度だけ設定する例を示します。


> config 802.11b channel global once

次に、802.11a 自動チャネル設定をオフにする例を示します。


> config 802.11a channel global off

次に、自動チャネルの設定でアクセス ポイント AP01 に 802.11b チャネルを設定する例を示します。


> config 802.11b AP01 channel global 

次に、デフォルトのチャネルとしてアクセス ポイント AP01 に 802.11a チャネル 36 を設定する例を示します。


> config 802.11a channel AP01 36

関連コマンド

show 802.11a

show 802.11a disable

show 802.11a enable

show 802.11b channel

config country

config 802.11 channel ap

アクセス ポイントの通信無線チャネルを設定するには、config 802.11 channel ap コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} channel ap cisco_ap { global | channel_no}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

cisco_ap

Cisco アクセス ポイントの名前。

global

指定したアクセス ポイント上で自動 RF を有効にします。

channel_no

デフォルトのチャネル(1~26)。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b ネットワーク上のアクセス ポイント AP01 の自動 RF を有効にする例を示します。


> config 802.11b channel ap AP01 global

関連コマンド

show 802.11a

show 802.11a disable

show 802.11a enable

config 802.11b channel

config country

config 802.11 disable

802.11 ネットワーク全体または個々のシスコの無線に対して無線伝送を無効にするには、config 802.11 disable コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} disable { network | cisco_ap}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

network

802.11a ネットワーク全体で伝送を無効にします。

cisco_ap

個々の Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、ネットワーク全体で伝送が有効化されています。

使用上のガイドライン


(注)  


さまざまな config 802.11 コマンドを使用する前に、次のコマンドを使用してネットワークを無効にする必要があります。


このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

次に、802.11a ネットワーク全体をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a disable network

次に、アクセス ポイント AP01 802.11b の伝送をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11b disable AP01

関連コマンド

show sysinfo

show 802.11a

config 802.11a enable

config 802.11b disable

config 802.11b enable

config 802.11a beaconperiod

config advanced 802.11 channel add

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加するには、config advanced 802.11 channel add コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} channel add channel_number

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

add

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加します。

channel_number

802.11 ネットワーク自動 RF チャネルのリストに追加するチャネル番号。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワーク自動 RF チャネルのリストにチャネルを追加する例を示します。


> config advanced 802.11 channel add 132

関連コマンド

show advanced 802.11a channel

config advanced 802.11b channel update

config advanced backup-controller primary

特定のコントローラのプライマリ バックアップ コントローラを設定するには、config advanced backup-controller primary コマンドを使用します。

config advanced backup-controller primary backup_controller_name backup_controller_ip_address

構文の説明

backup_controller_name

バックアップ コントローラの名前。

backup_controller_ip_address

バックアップ コントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

プライマリ バックアップ コントローラ エントリを削除するには、コントローラの IP アドレスとして 0.0.0.0 と入力します。

次に、プライマリ バックアップ コントローラを設定する例を示します。


> config advanced backup-controller primary Controller_1 10.10.10.10

関連コマンド

show advanced backup-controller

config advanced backup-controller secondary

特定のコントローラのセカンダリ バックアップ コントローラを設定するには、config advanced backup-controller secondary コマンドを使用します。

config advanced backup-controller secondary backup_controller_name backup_controller_ip_address

構文の説明

backup_controller_name

バックアップ コントローラの名前。

backup_controller_ip_address

バックアップ コントローラの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

セカンダリ バックアップ コントローラ エントリを削除するには、コントローラの IP アドレスとして 0.0.0.0 と入力します。

次に、セカンダリ バックアップ コントローラを設定する例を示します。

> config advanced backup-controller secondary Controller_1 10.10.10.10

関連コマンド

show advanced backup-controller

config certificate lsc

Locally Significant Certificate(LSC)証明書を設定するには、config certificate lsc コマンドを使用します。

config certificate lsc { enable | disable | ca-server http://url:port/path | ca-cert { add | delete} | 
 subject-params country state city orgn dept email | other-params keysize} |
 ap-provision { auth-list { add | delete} ap_mac | revert-cert retries}

構文の説明

enable

コントローラ上で LSC 証明書をイネーブルにします。

disable

コントローラ上で LSC 証明書をディセーブルにします。

ca-server

認証局(CA)サーバ設定を指定します。

http://url:port/path

CA サーバのドメイン名または IP アドレス。

ca-cert

CA 証明書データベースの設定を指定します。

add

CA サーバから CA 証明書を取得し、コントローラの証明書データベースに追加します。

delete

コントローラの証明書データベースから CA 証明書を削除します。

subject-params

デバイス証明書の設定を指定します。

country state city orgn dept email

認証局の国、州、市、組織、部門、および電子メール。

(注)     

Common Name(CN; 通常名)は、現在の MIC/Self-Signed Certificate(SSC; 自己署名証明書)形式の Cxxxx-MacAddr を使用してアクセス ポイントで自動的に生成されます。ここで、xxxx は製品番号です。

other-params

デバイスの証明書キーのサイズ設定を指定します。

keysize

384 ~ 2048 の値(ビット単位)。デフォルト値は 2048 です。

ap-provision

アクセス ポイント プロビジョニング リストの設定を指定します。

auth-list

プロビジョニング リストの許可設定を指定します。

ap_mac

プロビジョニング リストに追加する、またはプロビジョニング リストから削除するアクセス ポイントの MAC アドレス。

revert-cert

デフォルトの証明書に戻る前にアクセス ポイントが LSC を使用してコントローラへの接続を試行する回数。

retries

0 ~ 255 の値。デフォルト値は 3 です。

(注)     

再試行回数を 0 に設定した場合、アクセス ポイントが LSC 使用によるコントローラへの join に失敗すると、このアクセス ポイントはデフォルトの証明書を使用したコントローラへの join を試みません。 初めて LSC を設定する場合は、ゼロ以外の値を設定することが推奨されます。

コマンド デフォルト

keysize のデフォルト値は 2048 ビットです。 retries のデフォルト値は 3 です。

使用上のガイドライン

1 つの CA サーバだけを設定できます。 別の CA サーバを設定するには、config certificate lsc ca-server delete コマンドを使用して設定済みの CA サーバを削除した後、別の CA サーバを設定します。

アクセス ポイント プロビジョニング リストを設定する場合は、AP プロビジョニングを有効にしたときに(手順 8)プロビジョニング リストのアクセス ポイントだけがプロビジョニングされます。 アクセス ポイント プロビジョン リストを設定しない場合、コントローラに接続する MIC または SSC 証明書を持つすべてのアクセス ポイントが LSC でプロビジョニングされます。

次に、LSC 機能をイネーブルにする例を示します。


> config certificate lsc enable

次に、認証局(CA)サーバ設定の LSC 設定をイネーブルにする例を示します。

> config certificate lsc ca-server http://10.0.0.1:8080/caserver

次に、CA サーバから CA 証明書を取得し、コントローラの証明書データベースにそれを追加する例を示します。

> config certificate lsc ca-cert add

次に、2048 ビットのキー サイズの LSC 証明書を設定する例を示します。

> config certificate lsc keysize 2048

関連コマンド

config certificate

show certificate compatibility

show certificate lsc

show certificate summary

show local-auth certificates

config lsc mesh

メッシュ アクセス ポイントのローカルで有効な証明書(LSC)を有効にするには、config lsc mesh コマンドを使用します。

config lsc mesh { enable | disable}

構文の説明

enable

メッシュ アクセス ポイントの LSC を有効にします。

disable

メッシュ アクセス ポイントの LSC を無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メッシュ アクセス ポイントの LSC を有効にする例を示します。


> config lsc mesh enable

関連コマンド

show loginsession

config slot

さまざまなスロット パラメータを設定するには、config slot コマンドを使用します。

config slot slot_id { enable | disable | channel ap | chan_width | txpower ap | antenna extAntGain antenna_gain | rts} cisco_ap

構文の説明

slot_id

チャネルが割り当てられたスロットのダウンリンク無線。

enable

スロットを有効にします。

disable

スロットを無効にします。

channel

スロットにチャネルを設定します。

ap

1 個の 802.11a Cisco アクセス ポイントを設定します。

chan_width

スロットのチャネル幅を設定します。

txpower

スロットの Tx 電力を設定します。

antenna

802.11a アンテナを設定します。

extAntGain

802.11a 外部アンテナ ゲインを設定します。

antenna_gain

0.5 dBi 単位の外部アンテナ ゲイン値(例:2.5 dBi = 5)。

rts

アクセス ポイントに対して RTS/CTS を設定します。

cisco_ap

チャネルが設定されている Cisco アクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクセス ポイント abc のスロット 3 を有効にする例を示します。


> config slot 3 enable abc

次に、アクセス ポイント abc の RTS を設定する例を示します。


> config slot 2 rts abc

関連コマンド

show mesh ap

show mesh stats

controller コマンドによるメッシュ AP のトラブルシューティング

ここでは、メッシュ アクセス ポイントのトラブルシューティングを行う debug コマンドについて説明します。

debug mesh security

メッシュ セキュリティ問題のデバッグを開始するには、debug mesh security コマンドを使用します。

debug mesh security { all | events | errors} { enable | disable}

構文の説明

all

すべてのメッシュ セキュリティ メッセージをデバッグします。

events

メッシュ セキュリティ イベント メッセージをデバッグします。

errors

メッシュ セキュリティ エラー メッセージをデバッグします。

enable

メッシュ セキュリティ エラー メッセージのデバッグを有効にします。

disable

メッシュ セキュリティ エラー メッセージのデバッグを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メッシュ セキュリティ エラー メッセージのデバッグを有効にする例を示します。


> debug mesh security errors enable

関連コマンド

config mesh security

show mesh security-stats