Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

show コマンド

ここでは、VideoStream 設定に関する情報を表示するための show コマンドについて示します。

show 802.11

802.11a、802.11b/g、または 802.11h の基本的なネットワーク設定を表示するには、show 802.11 コマンドを使用します。

show 802.11{ a | b | h}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a の基本的なネットワーク設定を表示する例を示します。


>  show 802.11a
802.11a Network.................................. Enabled
11nSupport....................................... Enabled
      802.11a Low Band........................... Enabled
      802.11a Mid Band........................... Enabled
      802.11a High Band.......................... Enabled
802.11a Operational Rates
    802.11a 6M Rate.............................. Mandatory
    802.11a 9M Rate.............................. Supported
    802.11a 12M Rate............................. Mandatory
    802.11a 18M Rate............................. Supported
    802.11a 24M Rate............................. Mandatory
    802.11a 36M Rate............................. Supported
    802.11a 48M Rate............................. Supported
    802.11a 54M Rate............................. Supported
802.11n MCS Settings:
    MCS 0........................................ Supported
    MCS 1........................................ Supported
    MCS 2........................................ Supported
    MCS 3........................................ Supported
    MCS 4........................................ Supported
    MCS 5........................................ Supported
    MCS 6........................................ Supported
    MCS 7........................................ Supported
    MCS 8........................................ Supported
    MCS 9........................................ Supported
    MCS 10....................................... Supported
    MCS 11....................................... Supported
    MCS 12....................................... Supported
    MCS 13....................................... Supported
    MCS 14....................................... Supported
    MCS 15....................................... Supported
802.11n Status:
    A-MPDU Tx:
        Priority 0............................... Enabled
        Priority 1............................... Disabled
        Priority 2............................... Disabled
        Priority 3............................... Disabled
        Priority 4............................... Disabled
        Priority 5............................... Disabled
        Priority 6............................... Disabled
        Priority 7............................... Disabled
Beacon Interval.................................. 100
CF Pollable mandatory............................ Disabled
CF Poll Request mandatory........................ Disabled
--More-- or (q)uit
CFP Period....................................... 4
CFP Maximum Duration............................. 60
Default Channel.................................. 36
Default Tx Power Level........................... 0
DTPC Status..................................... Enabled
Fragmentation Threshold.......................... 2346
TI Threshold..................................... -50
Legacy Tx Beamforming setting.................... Disabled
Traffic Stream Metrics Status.................... Enabled
Expedited BW Request Status...................... Disabled
World Mode....................................... Enabled
EDCA profile type................................ default-wmm
Voice MAC optimization status.................... Disabled
Call Admission Control (CAC) configuration
Voice AC:
   Voice AC - Admission control (ACM)............ Disabled
   Voice max RF bandwidth........................ 75
   Voice reserved roaming bandwidth.............. 6
   Voice load-based CAC mode..................... Disabled
   Voice tspec inactivity timeout................ Disabled
   Voice Stream-Size............................. 84000
   Voice Max-Streams............................. 2
Video AC:
   Video AC - Admission control (ACM)............ Disabled
   Video max RF bandwidth........................ Infinite
   Video reserved roaming bandwidth.............. 0

次に、802.11h の基本的なネットワーク設定を表示する例を示します。


>  show 802.11h
802.11h ......................................... powerconstraint : 0
802.11h ......................................... channelswitch : Disable
802.11h ......................................... channelswitch mode : 0

関連コマンド

show ap stats

show ap summary

show client summary

show network

show network summary

show port

show wlan

show 802.11 media-stream

マルチキャスト ダイレクトの設定状態を表示するには、show 802.11 media-stream コマンドを使用します。

show 802.11 { a | b | h} media-stream media_stream_name

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

h

802.11h ネットワークを指定します。

media_stream_name

指定されたメディア ストリーム名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メディア ストリームの設定を表示する例を示します。


> show 802.11a media-stream rrc
Multicast-direct................................. Enabled
Best Effort...................................... Disabled
Video Re-Direct.................................. Enabled
Max Allowed Streams Per Radio.................... Auto
Max Allowed Streams Per Client................... Auto
Max Video Bandwidth.............................. 0
Max Voice Bandwidth.............................. 75
Max Media Bandwidth.............................. 85
Min PHY Rate..................................... 6000
Max Retry Percentage............................. 80

関連コマンド

show media-stream group summary

メディア ストリーム設定の表示コマンド

show media-stream コマンドを使用して、マルチキャスト ダイレクトの設定状態を表示します。

show media-stream client

特定のメディア ストリーム クライアントまたは一連のクライアントの詳細を表示するには、show media-stream client コマンドを使用します。

show media-stream client { media-stream_name | summary}

構文の説明

media-stream_name

詳細が表示されるメディア ストリーム クライアントの名前。

summary

一連のメディア ストリーム クライアントの詳細を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メディア ストリーム クライアントの要約を表示する例を示します。


> show media-stream client summary
Number of Clients................................ 1
Client Mac         Stream Name  Stream Type  Radio WLAN  QoS    Status
-----------------  -----------  -----------  ----  ----  ------ -------
00:1a:73:dd:b1:12  mountainview  MC-direct    2.4   2     Video  Admitted

関連コマンド

show media-stream group summary

show media-stream group detail

特定のメディア ストリーム グループの詳細を表示するには、show media-stream group detail コマンドを使用します。

show media-stream group detail media-stream_name

構文の説明

media-stream_name

メディア ストリーム グループの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メディア ストリーム グループ設定の詳細を表示する例を示します。


> show media-stream group detail abc
Media Stream Name................................ abc
Start IP Address................................. 227.8.8.8
End IP Address................................... 227.9.9.9
 RRC Parameters
 Avg Packet Size(Bytes).......................... 1200
 Expected Bandwidth(Kbps)........................ 300
 Policy.......................................... Admit
 RRC re-evaluation............................... periodic
 QoS............................................. Video
 Status.......................................... Multicast-direct
 Usage Priority.................................. 5
 Violation....................................... drop

関連コマンド

show media-stream group summary

show media-stream group summary

メディア ストリームとクライアント情報のサマリーを表示するには、show media-stream group summary コマンドを使用します。

show media-stream group summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、メディア ストリーム グループのサマリーを表示する例を示します。


> show media-stream group summary
Stream Name   Start IP       End IP         Operation Status
------------- -------------- -------------- ----------------
abc           227.8.8.8      227.9.9.9      Multicast-direct

関連コマンド

show 802.11 media-stream client

show media-stream client

show media-stream group detail

コンフィギュレーション コマンド

ここでは、コントローラで VideoStream を設定するための config コマンドについて示します。

config 802.11 cac video acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対してビデオ コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、config 802.11 cac video acm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video acm { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

ビデオ CAC 設定をイネーブルにします。

disable

ビデオ CAC 設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークのビデオ CAC をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11 cac video acm enable

次に、802.11b ネットワークのビデオ CAC をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11 cac video acm disable

関連コマンド

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video cac-method

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションの Call Admission Control(CAC)方式を設定するには、config 802.11 cac video cac-method コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video cac-method { static | load-based}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

static

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションのスタティック CAC 方式をイネーブルにします。

スタティックまたは帯域幅ベースの CAC を使用して、クライアントは、新しいビデオ要求を受け入れるためにどの程度の帯域幅と共有メディア時間が必要であるかを指定することができ、その結果、要求に対処できるかどうかを判別するためのアクセス ポイントを使用できるようになります。

load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC 方式をイネーブルにします。

負荷ベースの CAC またはダイナミック CAC で取り入れられている測定方式では、それ自体からのすべてのトラフィック タイプによって同一チャネル アクセス ポイントで消費される帯域幅や、同一チャネルの干渉によって消費される帯域幅が考慮されています。 負荷ベースの CAC では、PHY およびチャネル欠陥の結果発生する追加の帯域幅消費も対象となります。 アクセス ポイントは、コールをサポートするのに十分なだけの未使用帯域幅がチャネルにある場合に限り、新規のコールを許可します。

SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。

コマンド デフォルト

スタティック。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

ビデオ CAC は、ユニキャスト ビデオ CAC と MC2UC CAC の 2 つのパートで構成されています。 ユニキャスト ビデオ CAC だけが必要な場合は、スタティック モードだけを設定します。 MC2UC CAC だけが必要な場合は、スタティックまたは負荷ベースの CAC を設定します。 SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。

次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションのスタティック CAC 方式をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video cac-method static

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac media-stream

config 802.11 cac multimedia

debug cac

config 802.11 cac video load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションに対して負荷ベースの Admission Control(CAC)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac video load-based コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video load-based { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC をイネーブルにします。

負荷ベースの CAC またはダイナミック CAC で取り入れられている測定方式では、それ自体からのすべてのトラフィック タイプによって同一チャネル アクセス ポイントで消費される帯域幅や、同一チャネルの干渉によって消費される帯域幅が考慮されています。 負荷ベースの CAC では、PHY およびチャネル欠陥の結果発生する追加の帯域幅消費も対象となります。 アクセス ポイントは、コールをサポートするのに十分なだけの未使用帯域幅がチャネルにある場合に限り、新規のコールを許可します。

disable

802.11a または 802.11b/g ネットワークのビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC 方式をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

ビデオ CAC は、ユニキャスト ビデオ CAC と MC2UC CAC の 2 つのパートで構成されています。 ユニキャスト ビデオ CAC だけが必要な場合は、スタティック モードだけを設定します。 MC2UC CAC だけが必要な場合は、スタティックまたは負荷ベースの CAC を設定します。 SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。


(注)  


SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。


次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションに対して負荷ベースの CAC の方式をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video load-based enable

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac media-stream

config 802.11 cac multimedia

config 802.11 cac video cac-method

debug cac

config 802.11 cac video max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でクライアントに割り当てられる最大帯域幅のうち、ビデオ アプリケーション用に使用する割合を設定するには、config 802.11 cac video max-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 クライアントが指定値に達すると、このネットワーク上での新しいコールはアクセス ポイントで拒否されます。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域でビデオ アプリケーションに割り当てられる最大帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac video max-bandwidth 50

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac media-stream

802.11a、802.11b ネットワークのメディア ストリーム Call Admission Control(CAC)の音声とビデオのパラメータを設定するには、config 802.11 cac media-stream コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac media-stream multicast-direct { max-retry-percent retry-percentage | min-client-rate dot11-rate}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

multicast-direct

マルチキャスト直接メディア ストリーム用の CAC パラメータを設定します。

max-retry-percent

マルチキャスト直接メディア ストリームに許可される最大再試行回数の割合を設定します。

retry-percentage

マルチキャスト直接メディア ストリームに許可される最大再試行回数の割合。

min-client-rate

マルチキャスト直接メディア ストリーム用のクライアントに最小のデータ送信レートを設定します。

dot11-rate

マルチキャスト直接メディア ストリーム用のクライアントへの最小のデータ送信レート。 クライアントが実行できる kbps 単位のレート。

伝送データ レートがこのレートを下回ると、ビデオが起動しないか、クライアントが不良クライアントとして分類される可能性があります。 不良クライアント ビデオは、より良いエフォートの QoS のために降格されたり、拒否される可能性があります。 使用可能なデータ レートは、6000、9000、12000、18000、24000、36000、48000、54000、および 11n レートです。

コマンド デフォルト

最大再試行回数の割合のデフォルト値は 80 です。 80 を超えると、ビデオが開始されないか、クライアントが不良クライアントとして分類される場合があります。 不良クライアント ビデオは、より良いエフォートの QoS のために降格されたり、拒否されたりします。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークの 90 としてマルチキャスト直接メディア ストリームの最大試行回数の割合を設定する例を示します。

> config 802.11 cac media-stream multicast-direct max-retry-percent 90

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac multimedia

debug cac

config 802.11 cac multimedia

802.11a および 802.11b ネットワークの CAC メディア音声およびビデオ品質パラメータを設定するには、config 802.11 cac multimedia コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac multimedia max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に Wi-Fi Multimedia(WMM)クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合を設定します。

bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に WMM クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合。 クライアントが指定値に達すると、アクセス ポイントはこの無線帯域での新しいコールを拒否します。 範囲は 5 ~ 85% です。

コマンド デフォルト

デフォルト値は 85 % です。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して Call Admission Control(CAC)コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に WMM クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合を設定する例を示します。

> config 802.11 cac multimedia max-bandwidth 80

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

debug cac

config 802.11 cac video roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上での最大割り当て帯域幅のうち、ビデオ クライアントのローミング用に予約する割合を設定するには、config 802.11 cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video roam-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

コントローラは、指定された帯域幅をビデオ クライアントのローミング用に最大割り当て帯域幅から予約します。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、帯域割り当てが行われないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM がイネーブルになっているすべての WLAN をディセーブルにします。
  • config 802.11 {a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11 {a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11 {a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域でビデオ クライアントのローミングに予約された最大割り当て帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac video roam-bandwidth 10

関連コマンド

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video sip

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションを使用する非トラフィック仕様(TSPEC)用のビデオ コール アドミッション制御(CAC)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac video sip コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video sip { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

802.11a または 802.11b/g ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をイネーブルにします。

非 TSPEC SIP クライアントのビデオ CAC をイネーブルにすると、Facetime コールおよびビデオ コールなどのアプリケーションを使用できます。

disable

802.11a または 802.11b/g ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11 {a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。
  • config wlan call-snoop enable wlan_id コマンドを入力して、SIP クライアントが配置されている WLAN でのコール スヌーピングをイネーブルにします。

次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video sip enable

関連コマンド

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信したコール アドミッション制御(CAC)の Wi-Fi マルチメディア(WMM)トラフィック仕様(TSPEC)の非アクティブ タイムアウトを処理または無視するには、config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video tspec-inactivity-timeout { enable | ignore}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

ab

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理します。

ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを無視します。

コマンド デフォルト

無効になっています(ignore)。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、アクセス ポイントから受信した TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージへの応答を処理する方法を示します。


> config 802.11a cac video tspec-inactivity-timeout enable

次に、アクセス ポイントから受信した TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージへの応答を無視する方法を示します。


> config 802.11a cac video tspec-inactivity-timeout ignore

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac voice acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対して帯域幅ベースの音声コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、config 802.11 cac voice acm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice acm { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

帯域幅ベースの CAC をイネーブルにします。

disable

帯域幅ベースの CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、帯域幅ベースの CAC をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11c cac voice acm enable

次に、帯域幅ベースの CAC をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11b cac voice acm disable

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でクライアントに割り当てられる最大帯域幅のうち、音声アプリケーション用に使用する割合を設定するには、config 802.11 cac voice max-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 クライアントが指定値に達すると、このネットワーク上での新しいコールはアクセス ポイントで拒否されます。

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域で音声アプリケーション用に割り当てられる最大帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11a cac voice max-bandwidth 50

関連コマンド

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 tsm

config wlan save

show wlan

show wlan summary

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で音声クライアントのローミングに予約されるコール アドミッション制御(CAC)の最大割り当て帯域幅の割合を設定するには、config 802.11 cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice roam-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

0 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

85 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 コントローラは、指定された帯域幅を音声クライアントのローミング用に最大割り当て帯域幅から予約します。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域で音声クライアントのローミング用に予約された最大割り当て帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac voice roam-bandwidth 10

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した Wi-Fi マルチメディア(WMM)トラフィック仕様(TSPEC)の非アクティブ タイムアウトを処理または無視するには、config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice tspec-inactivity-timeout { enable | ignore}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理します。

ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを無視します。

コマンド デフォルト

無効になっています(ignore)。

使用上のガイドライン

コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、アクセス ポイントから受信した音声 TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージをイネーブルにする方法を示します。



> config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout enable

関連コマンド

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice acm

config 802.11cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対して負荷ベースの CAC をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac voice load-based コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice load-based { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

負荷ベースの CAC をイネーブルにします。

disable

負荷ベースの CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、音声負荷ベースの CAC パラメータをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a cac voice load-based enable

次に、音声負荷ベースの CAC パラメータをディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a cac voice load-based disable

関連コマンド

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice max-calls


(注)  


SIP コール スヌーピング機能がディセーブルであるか、SIP ベースのコール アドミッション制御(CAC)の要件が満たされない場合は、config 802.11 cac voice max-calls コマンドを使用しないでください。


無線でサポートされる音声コールの最大数を設定するには、config 802.11 cac voice max-calls コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice max-calls number

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

number

無線ごとに許可するコールの数。

コマンド デフォルト

0 (コール数の最大数は制限されません)。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、無線でサポートされる音声コールの最大数を設定する例を示します。


> config 802.11 cac voice max-calls 10

関連コマンド

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice sip bandwidth


(注)  


SIP 帯域幅とサンプリング間隔は、SIP ベースのコール アドミッション制御(CAC)である場合に、コール帯域幅あたりの計算に使用されます。


802.11a または 802.11b/g ネットワークにコールごとに必要な帯域幅を設定するには、config 802.11 cac voice sip bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice sip bandwidth bw_kbps sample-interval number_msecs

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bw_kbps

帯域幅(kbps 単位)。

sample-interval

SIP コーデックのパケット化間隔を指定します。

number_msecs

ミリ秒単位のパケット化のサンプリング間隔。 SIP コーデックのサンプリング間隔は 20 秒です。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、SIP コーデックの帯域幅と音声パケット化間隔を設定する例を示します。

> config 802.11 cac voice sip bandwidth 10 sample-interval 40

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice sip codec

Call Admission Control(CAC)コーデック名とサンプル間隔をパラメータとして設定し、802.11a または 802.11b/g ネットワークに対するコールごとに必要な帯域幅を計算するには、config 802.11 cac voice sip codec コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice sip codec { g711 | g729} sample-interval number_msecs

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

g711

SIP G711 コーデックに CAC パラメータを指定します。

g729

SIP G729 コーデックに CAC パラメータを指定します。

sample-interval

SIP コーデックのパケット化間隔を指定します。

number_msecs

ミリ秒単位のパケット化間隔。 SIP コーデック値のサンプリング間隔は 20 秒です。

コマンド デフォルト

g711。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM がイネーブルになっているすべての WLAN をディセーブルにします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、SIP G711 コーデックのパラメータとしてコーデック名とサンプリング間隔を設定する例を示します。

> config 802.11a cac voice sip codec g711 sample-interval 40

次に、SIP G729 コーデックのパラメータとしてコーデック名とサンプリング間隔を設定する例を示します。


> config 802.11a cac voice sip codec g729 sample-interval 40

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice stream-size

802.11a または 802.11b/g ネットワーク用に指定されたデータ レートで集約音声 Wi-Fi マルチメディア(WMM)のトラフィック仕様(TSPEC)ストリーム数を設定するには、config 802.11 cac voice stream-size コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice stream-size stream_size number mean_datarate max-streams mean_datarate

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

stream-size

ストリームの最大データ レートを設定します。

stream_size

ストリーム サイズの範囲は 84000 ~ 92100 です。

number

音声ストリームの数(1 ~ 5)。

mean_datarate

平均データ レートを設定します。

max-streams

音声ストリームの平均データ レートを設定します。

mean_datarate

音声ストリームの平均データ レート(84 ~ 91.2 Kbps)。

コマンド デフォルト

デフォルトのストリーム数は 2 で、ストリームの平均データ レートは 84 Kbps です。

使用上のガイドライン

コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、ストリーム サイズ 5 および平均データ レート 85000 kbps の集約音声トラフィック仕様のストリームを設定する例を示します。


> config 802.11 cac voice stream-size 5 max-streams size 85

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

config advanced 802.11 edca-parameters

802.11a ネットワーク上で、特定の Enhanced Distributed Channel Access(EDCA; 拡張型分散チャネル アクセス)プロファイルを有効にするには、config advanced 802.11 edca-parameters コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} edca-parameters { wmm-default | svp-voice | optimized-voice | optimized-video-voice | custom-voice}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

wmm-default

Wi-Fi Multimedia(WMM)デフォルト パラメータを有効にします。 音声サービスまたはビデオ サービスがネットワーク上に展開されていない場合に、このオプションを選択します。

svp-voice

Spectralink 音声優先パラメータを有効にします。 通話の質を向上するため、ネットワークに Spectralink 電話技術を実装している場合に、このオプションを選択します。

optimized-voice

EDCA 音声最適化パラメータを有効にします。 Spectralink 以外の音声サービスをネットワーク上で展開している場合に、このオプションを選択します。

optimized-video-voice

EDCA 音声/ビデオ最適化パラメータを有効にします。 ネットワーク上で音声サービスとビデオ サービスを両方とも展開する場合に、このオプションを選択します。

(注)     

ビデオ サービスを展開する場合は、アドミッション制御(Admission Control Managment(ACM))を無効にする必要があります。

custom-voice

802.11a のカスタム音声 EDCA パラメータをイネーブルにします。 このオプションの EDCA パラメータは、このプロファイルが適用された場合、6.0 WMM EDCA パラメータとも一致します。

コマンド デフォルト

wmm-default。

次に、Spectralink 音声優先パラメータをイネーブルにする例を示します。

> config advanced 802.11 edca-parameters svp-voice

関連コマンド

show 802.11a

config advanced 802.11b edca-parameters

メディア ストリームのコンフィギュレーション コマンド

config media-stream コマンドを使用して、メディア ストリームの設定を行います。

config 802.11 media-stream multicast-direct

802.11 ネットワークのメディア ストリーム マルチキャスト ダイレクト パラメータを設定するには、config 802.11 media-stream multicast-direct コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} media-stream multicast-direct { admission-besteffort { enable | disable} | { client-maximum | radio-maximum} { value | no-limit } | enable | disable}

構文の説明

802.11a

802.11a ネットワークを指定します。

802.11b

802.11b/g ネットワークを指定します。

admission-besteffort

ベスト エフォート キューにメディア ストリームを許可します。

enable

2.4 GHz または 5 GHz 帯域でマルチキャスト ダイレクトを有効にします。

disable

2.4 GHz または 5 GHz 帯域でマルチキャスト ダイレクトを無効にします。

client-maximum

クライアントで許可されるストリームの最大数を指定します。

radio-maximum

2.4 GHz または 5 GHz 帯域で許可されるストリームの最大数を指定します。

value

クライアント、または 2.4 GHz または 5 GHz 帯域で許可されるストリームの数(1 ~ 20)。

no-limit

クライアント、または 2.4 GHz または 5 GHz 帯域で許可されるストリームの数を無制限に指定します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

802.11 ネットワークでメディア ストリーム マルチキャスト ダイレクト パラメータを設定する前に、ネットワークが非動作であることを確認します。

次に、802.11a ネットワークでメディア ストリーム マルチキャスト ダイレクト設定を有効にする例を示します。


> config 802.11a media-stream multicast-direct enable

次に、ベスト エフォート キューにメディア ストリームを許可する例を示します。


> config 802.11a media-stream multicast-direct admission-besteffort enable

次に、クライアントで許可される最大ストリーム数を設定する例を示します。


> config 802.11a media-stream multicast-direct client-maximum 10

関連コマンド

config 802.11 media-stream video-redirect

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config 802.11 media-stream video-redirect

802.11 ネットワークのメディア ストリーム ビデオ リダイレクトを設定するには、config 802.11 media-stream video-redirect コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} media-stream video-redirect { enable | disable}

構文の説明

802.11a

802.11a ネットワークを指定します。

802.11b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

トラフィック リダイレクションを有効にします。

disable

トラフィック リダイレクションを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

802.11 ネットワークのメディア ストリーム ビデオ リダイレクションを設定する前に、ネットワークが非動作であることを確認します。

次に、802.11a ネットワークでメディア ストリーム トラフィック リダイレクションを有効にする例を示します。


> config 802.11a media-stream video-redirect enable

関連コマンド

config 802.11 media-stream multicast-redirect

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream multicast-direct

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを設定するには、config media-stream multicast direct コマンドを使用します。

config media-stream multicast-direct { enable | disable}

構文の説明

enable

メディア ストリームを有効にします。

disable

メディア ストリームを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを使用するには、負荷ベースのコール アドミッション制御(CAC)が実行されている必要があります。

次に、メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクト設定を有効にする例を示します。


> config media-stream multicast-direct enable

次に、メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクト設定を無効にする例を示します。


> config media-stream multicast-direct disable

関連コマンド

config 802.11 media-stream video-redirect

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream message

メッセージ設定のさまざまなパラメータを設定するには、config media-stream message コマンドを使用します。

config media-stream message { state [ enable | disable] | url url | email email | phone phone_number | note note}

構文の説明

state

メディア ストリーム メッセージの状態を指定します。

enable

(任意)セッション アナウンス メッセージの状態を有効にします。

disable

(任意)セッション アナウンス メッセージの状態を無効にします。

url

URL を設定します。

url

セッション アナウンス URL。

email

電子メール ID を設定します。

email

セッション アナウンスの電子メールを指定します。

phone

電話番号を設定します。

phone_number

セッション アナウンスの電話番号。

note

メモを設定します。

note

セッション アナウンスのメモ。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを使用するには、負荷ベースのコール アドミッション制御(CAC)が実行されている必要があります。

次に、セッション アナウンスメント メッセージの状態を有効にする例を示します。


> config media-stream message state enable

次に、セッション アナウンスの電子メール アドレスを設定する例を示します。


> config media-stream message mail abc@co.com

関連コマンド

config media-stream

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream add

さまざまなグローバル メディア ストリーム設定を行うには、config media-stream add コマンドを使用します。

config media-stream add multicast-direct media_stream_name start-IP end-IP [ template { very coarse | coarse | ordinary | low-resolution | med-resolution | high-resolution} | detail { bandwidth packet-size { periodic| initial}} qos priority { drop | fallback}

構文の説明

multicast-direct

マルチキャスト ダイレクト設定のメディア ストリームを指定します。

media_stream_name

メディア ストリームの名前。

start-IP

IP マルチキャストの宛先開始アドレス。

end-IP

IP マルチキャストの宛先終了アドレス。

template

(任意)テンプレートからのメディア ストリームを設定します。

very coarse

非常に粗いテンプレートを適用します。

coarse

粗いテンプレートを適用します。

ordinary

通常のテンプレートを適用します。

low-resolution

低解像度のテンプレートを適用します。

med-resolution

通常の解像度のテンプレートを適用します。

high-resolution

高解像度のテンプレートを適用します。

detail

特定のパラメータでメディア ストリームを設定します。

bandwidth

予想される最大ストリーム帯域幅。

packet-size

平均パケット サイズ。

periodic

定期的なアドミッション評価を指定します。

initial

最初のアドミッション評価を指定します。

qos

AIR QoS クラス(ビデオのみ)。

priority

メディア ストリームの優先順位。

drop

ストリームが定期的な再評価でドロップされるように指定します。

fallback

定期的な再評価でストリームがベスト エフォート クラスに降格されるかどうかを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを使用するには、負荷ベースのコール アドミッション制御(CAC)が実行されている必要があります。

次に、新しいメディア ストリームを設定する例を示します。

> config media-stream add multicast-direct abc 227.8.8.8 227.9.9.9 detail 2 150 periodic video 1 drop

関連コマンド

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream admit

メディア ストリーム グループのトラフィックを許可するには、config media-stream admit コマンドを使用します。

config media-stream admit media_stream_name

構文の説明

media_stream_name

メディア ストリームのグループ名。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム グループのトラフィックを許可しようとすると、IGMP スヌーピングを無効にして再度有効にすることを求めるプロンプトが表示されます。また、マルチキャスト トラフィックの異常がすべてのクライアントに対して発生する場合があります。

次に、メディア ストリーム グループのトラフィックを許可する例を示します。


> config media-stream admit MymediaStream

関連コマンド

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream deny

メディア ストリーム グループのトラフィックをブロックするには、config media-stream deny コマンドを使用します。

構文の説明

media_stream_name

メディア ストリームのグループ名。

config media-stream deny media_stream_name

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム グループのトラフィックをブロックしようとすると、IGMP スヌーピングを無効にして再度有効にすることを求めるプロンプトが表示されます。また、マルチキャスト トラフィックの異常がすべてのクライアントに対して発生する場合があります。

次に、メディア ストリーム グループのトラフィックをブロックする例を示します。


> config media-stream deny MymediaStream

関連コマンド

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config media-stream delete

さまざまなグローバル メディア ストリーム設定を行うには、config media-stream delete コマンドを使用します。

config media-stream delete media_stream_name

構文の説明

media_stream_name

メディア ストリームの名前。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを使用するには、負荷ベースのコール アドミッション制御(CAC)が実行されている必要があります。

次に、abc という名前のメディア ストリームを設定する例を示します。


> config media-stream delete abc

関連コマンド

show 802.11a media-stream name

show media-stream group summary

show media-stream group detail

config wlan media-stream

無線 LAN メディア ストリームのマルチキャスト ダイレクトを設定するには、config wlan media-stream コマンドを使用します。

config wlan media-stream multicast-direct { wlan_id | all} { enable | disable}

構文の説明

multicast-direct

無線 LAN メディア ストリームのマルチキャスト ダイレクトを設定します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

all

すべてのメディア ストリームで無線 LAN を設定します。

enable

ユニキャスト変換するグローバル マルチキャストを有効にします。

disable

ユニキャスト変換するグローバル マルチキャストを無効にします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

メディア ストリーム マルチキャスト ダイレクトを使用するには、負荷ベースのコール アドミッション制御(CAC)が実行されている必要があります。 WLAN Quality of Service(QoS)を gold または platinum のいずれかに設定する必要があります。

次に、WLAN ID 2 によってグローバル マルチキャスト ダイレクト メディア ストリームを有効にする例を示します。


> config wlan media-stream multicast-direct 2 enable

関連コマンド

config wlan

config wlan qos

show wlan